ケニチのブログ

ケニチが日々のことを綴っています

水野順子「責めないしがみつかない投げ出さない」

2018-09-06 | その他
 先日買った本を読み終えた.水野順子・著『責めない しがみつかない 投げ出さない』.

 仕事とプライベートの両面で,よりよく過ごすためのちょっとしたコツを提案するライフバランス指南書.女性向けに書かれているが,男の僕が読んではいけないということはないだろう.内容としては,単なる気の持ち方から,具体的な行動を伴うものまで多様でありながら,いずれもごくありふれたアドバイスで,とくに新しい発想があるわけではない.とはいえ,むやみに積極性をあおることはなく,終始穏やかな雰囲気を持っており,精神的に弱っているときにも,また気軽な読み物として楽しむぶんにも,おそらく悪くない一冊だ.ただし,読み手にすり寄ってくるようなベタベタとした文体は鬱陶しく,全体の印象を損なっている観はある.


水野順子: 責めない しがみつかない 投げ出さない
ディスカヴァー・トゥエンティワン,2014,
ISBN978-4-7993-1452-4
コメント

山口めろん「アイドルだって人間だもん!」

2017-07-20 | その他
 先日買った本を読み終えた.山口めろん・著『アイドルだって人間だもん!』.

 著者本人の苦くも楽しかった三年間のアイドル活動の実態を独白するライトエッセイ.収入の少なさにあえぐ貧困生活の様子や,オタクたちとの不思議な交流の数々には,なかなか笑わせるものがあるが,アイドル業界の内情に迫るような踏み込んだ内容は一切なく,やや肩透かしの感じも.


山口めろん: 『アイドルだって人間だもん!』
2015,創芸社,
ISBN978-4-88144-212-8
コメント

J.スー『私たちがプロボーズされないのには、101の理由があってだな』

2016-03-18 | その他
 先日買った本を読み終えた.J.スー著『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』.

 「未婚のプロ」を自称する著者が,どういう行動や考えが結婚を遠ざけているのか,自嘲的に分析するライト・エッセー集.通読した感触としては,どうすればプロポーズされるのかを語りながらも,ところどころで結婚より楽しい生活の送り方へ脱線していくところが面白かった.また,結婚即幸せという幻想への警告にも一貫されており,恋愛指南書としては異質である.終章で,厖大なエッセーを改めてジャンル分けして,大まかに振り返ることができるようにした点に好感.


ジェーン・スー: 『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』
ポプラ社,2013,
ISBN978-4-591-13620-1
コメント

中山順司『お父さんがキモい理由を説明するね』

2015-07-10 | その他
 先日買った本を読み終えた.中山順司著『お父さんがキモい理由を説明するね』.

 タイトルの強烈さをよそに,本筋は至ってマジメ.著者と中学生の娘の恋愛トークに始まり,反抗期について,夢について,学問について,死についてなど,次第に家族全員を巻き込みながら,巨大なテーマをとことん話し合う.その内容はとくに目新しいところはないのだが,生身の人間同士の,しかも普段なかなか真剣に向き合うことのない親子の会話としては極めてリアルで,またところどころで娘さんのほうが核心に迫っていたりと,読んでいて楽しい一冊だった.


中山順司: 『お父さんがキモい理由を説明するね —父と娘がガチでトークしました—』
リンダパブリッシャーズ,2014,
ISBN978-4-8030-0532-5
コメント

あくびはどうして伝染するのか

2014-06-12 | その他
 先日買った本を読み終えた.R.プロヴァイン・著『あくびはどうして伝染するのか』.

 ここでは,あくびや笑いなどの伝染性をテーマに,人間の種々の行動に隠された本能的・発達論的意義について詳細な考察をあたえる.著者自身が行なった膨大な実験はユニークで興味を引くが,肝心の結論は裏付けに乏しく,いずれも憶測の域を出ないのは残念.


ロバート.R.プロヴァイン=赤松眞紀訳: 『あくびはどうして伝染するのか ―人間のおかしな行動を科学する―』
青土社,2013,
ISBN978-4-7917-6734-2
コメント