九里 【九里】を探して三千里

姉妹編【九里一族】に出会う旅に出かけよう!http://blog.goo.ne.jp/kunorikunori2
  

畠山重忠の曽祖父 平武綱 妻は源有光長女 

2022-09-23 | 畠山氏

平武綱 息・娘 ↓

  秩父重綱渋谷重家児玉経行室、武時

この武綱は、源頼義から「奧先陣譜代ノ勇士」に選ばれ、白旗を賜った人物でもあるそうだ。(wikipedia記事より)

 

曾孫であった畠山重忠が源頼朝に先陣を任されたわけが、ここで分かる。

けしてドラマのように「見栄えが良い」という理由からではない!

 

平家は一旦の恩、源氏は重代の恩」と述べて武綱の白旗・白弓袋を差し上げて頼朝の陣営に赴き、秩父一族の参陣を許した頼朝は、先祖の故事にならって重忠に先陣を命じている。(wikipedia)

 

この武綱は秩父武綱のことで、息の秩父重綱とその妻小野(横山党)も気になる人物である。

この重綱が「武蔵国留守所総検校職」を任され、代々続いて 

それが重忠の時代に北条時政に脅かされそうになり、結局その職を守るがために畠山氏が戦う羽目になったようである。

 

九里(その当時は中原氏)は、どこと接点があるのだろう。

まず、中原経久の息経重は九里となり、また一名(息か甥で、共に因幡国にいた。)は富木となった。

 

畠山重忠の娘と富木常忍の母とは縁戚である。(説…下記に詳細あり)

秩父重弘の娘が千葉常胤の室になり、息胤正を産んでいる。

その胤正の娘が富木常忍の母という説がある。

 

秩父重弘の兄弟江戸重継の母が関政家の娘であり、秀郷流太田氏一族となっている。

姉妹に太田行光の室がいる。

その富木常忍の一人目の妻は太田乗明の姉である。この秀郷流の太田氏とも関係があるのだろうか。

それとも三善氏系の太田氏であろうか。

 

また、秩父重綱の周辺人と中原富木九里とはいろいろと接点が見つかる。

小山氏も、児玉氏(有道氏)も しかりである。

 

秩父重綱ー重弘ー重能ー重忠(1164年生)

重忠の息 重秀(母は足立遠元娘)23歳没 1183年生

重忠の息 重保(母は北条時政娘)…と云う事は、時政の孫!

 

中原経久(蓮忍入道・九里氏の祖)が1257年に83歳で歿している片岡経久本人とすると、1174年生まれであり、畠山重忠より10歳年下となる。

富木常忍の母も同じ年か、1175年生まれと思う。

千葉胤正と畠山重忠が従兄弟となると、胤正の娘と重忠の娘はいとこ同士のこどもである。(年は20歳ほど違うが。)

 

その重忠の娘が日蓮の母となる梅菊という説がある。↓

https://genshu.nichiren.or.jp/genshu-web-tools/media.php?file=/media/shoho42-16.pdf&type=G&prt=1078

 

このような関係があって、常忍は船の上で出会った日蓮の支援者となったのかもしれない。(1250年前後)

 

梅菊は1194年に生まれたとして、畠山重忠が1164年生まれなので30歳の時の子どもとなる。

そして、梅菊の義理の母となりそうな「ぬきなの局」という方と、常忍の母(千葉胤正娘)も旧知の間柄であったようなのだ。

そこは、こちら ↓ 私もまだすべてに理解したわけではないのであるが、比企氏とも関係を感じるので、そうかもしれないと思う。

http://www.myoukakuji.com/html/telling/benkyonoto/index289.html

 

貫名氏が井伊氏、元の井氏とすれば、中原氏と同じく近江国にいた人であったかもしれない。

しかし、貫名氏と結婚する以前かもしれないが。


岡田重矩 と 同時代の 永田廣豊 奈良県宇陀郡史料

2022-09-22 | 永田氏

https://www.google.co.jp/books/edition/%E5%A5%88%E8%89%AF%E7%9C%8C%E5%AE%87%E9%99%80%E9%83%A1%E5%8F%B2%E6%96%99/9kqn3QUq4AYC?hl=ja&gbpv=1&dq=%E5%B2%A1%E7%94%B0%E9%87%8D%E7%9F%A9%E3%80%80%E6%B0%B8%E7%94%B0%E5%BB%A3%E8%B1%8A&pg=PP928&printsec=frontcover

 

同じ時代に同じ「用心」という職に就いていた二人。

養子をもう一度確認してみようと思う。

永田昌廣(称 宗富)ー永田廣昌ー永田廣豊(用心)= 永田廣満(佐々宗明二男が養子として入る)

 

永田廣満の息 ↓

二男 岡田重矩の養子となる(岡田重容のこと)

三男 佐々直賢の養子となる(佐々直期のこと)

岡田重容ー岡田重昌

岡田重昌の息 ↓ 

兄・岡田重禮

弟・岡田嘉膳(九里政敬

 

岡田嘉膳(九里政敬)の養父は佐々修政九里八郎右衛門修政

一見、岡田氏と佐々氏なのだが、共に永田氏の血が入っている。

 

九里八郎右衛門政敬ー政忠ー政得

 

この政得が敬三となり、私の高祖父となる。(もと文之丞)

敬三は、明治二年頃柏原藩を離れ商売を始めたようである。

敬三の行動がはっきりとわかるのは柏原藩史までしかない。

明治36年11月、北海道釧路に入って来た時には「米穀・雑貨商」であったので、はじめからお米を扱っていたのかもしれない。

敬三は厳しい寒さに身体がなじまなかったのか、またはインフルエンザか、次の年の一月に歿してしまう。

 

そこから、息子(大井家からの養子)九里圭治の大奮闘が始まる。妻は19歳 荻野りんであった。

 

 

 

                    

 

 


長田氏 と 永田氏

2022-09-18 | 佐々木氏

https://masakishibata.wordpress.com/2017/01/28/kanada-osada/

右上 沙沙貴神社 真ん中 長田町 金田小学校付近から斜め下 九里村

 

 

下記は、以前いただいた系図に【美濃国土岐郡に永田屋敷の跡】があるとのことで、下記は恵那郡のため当てはまらないかもしれないが、面白かったので載せます!(周囲には古墳の多いところです。)

https://www.asoview.com/spot/21210aj2200025207/

 

長島町永田に梅露庵という地名があります。

ここに西行法師が庵を結んだと伝えられている屋敷跡の平地が山の中に残されています。

平成15年に地元の永田区で公園として整備し、西行歌碑のあるシダレザクラとウメの名所として親しまれています。

 

*********

上総国の富木常忍の居たかもしれない場所、藻原のすぐ近くにも永田の地名が見える。

上に永田 本納(橘樹神社がある)下に 藻原

 

 

長田に関してしらべると神功皇后の「長田神社」に行きつくような気がする。

 

高嶋の永田、近江八幡の長田 そして永田胤信に長田胤信

(長田実経 が再び浮上してきた。)

 

愛智郡と高嶋郡のつながりを指摘している論文があったが、蒲生郡の近江八幡と高嶋郡もつながりがあるのではないだろうか?

 

蒲生郡にも、高嶋郡にも「船木庄」があり、また、高嶋郡永田には「長田神社」がある。

 


佐々木永田氏

2022-09-17 | 佐々木氏

胤信は【長田氏の祖】となっているではないか!

【永田氏】ではなく、【長田氏】である。

いままで【永田氏の祖】と思い込んでいたので、驚いている。(胤信)

 

永田氏系図(柏原織田家臣系譜)         👇定重

定綱ー信綱ー泰綱ー頼綱ー時信ー氏頼ー満高ー満経ー政頼ー高頼ー氏綱ー義賢・定重ー定正・正廣ー廣正ー廣豊ー廣満

 

web上の情報を集めてみると、以下のような記述が出てきた。

武家の佐々木満経の二男を養子として家を継がせ、三井備中守高久と称した。

佐々木満経の三男久綱は、栗太郡野村に分住し野村氏となる

 六角高頼 (?~?)六角政勝の子。妻は古河公方足利成氏の娘。子は氏綱

 六角氏綱 (?~?)六角高頼の子。母は古河公方足利成氏の娘。六角家は足利将軍家と敵対していたが、足利義澄により六角氏綱は赦免された。

さらに義澄の妹を娶り、婚姻同盟を結んだ。これは足利義澄が足利義稙に対抗するための措置である。後に足利義澄を近江岡山城に匿った。妻は足利政知の娘。子は定頼娘は二条晴良、京極材宗に嫁いだ。異説によると義久という男子がいたと云う

永田景弘 (?~?)六角重臣。刑部少輔。「六角氏式目」に署名。

 永田賢弘 (?~?)六角重臣。備中入道。「六角氏式目」に署名。

 

以下は佐々木哲学校からの記述である。

https://satetsu.seesaa.net/article/201112article_1.html

 

高島衆の永田氏惣領家は「四郎」「伊豆守」を名乗り、湖上交通を支配して六角氏からは自立しており、六角氏文書では「永田殿」と敬称された。また六角氏重臣永田備中家は仮名孫二郎が、愛智郡香庄所務を六角高頼から安堵された永田源次郎と連続しており子孫と推定できる。六角氏近臣団の一員として戦国期に急成長し、備中守高弘・備中守氏弘・刑部少輔某などが見え、六角氏式目の連署人に永田備中入道(賢弘)・永田刑部少輔(景弘)が列している。

織田信長の近江侵攻で、刑部少輔景弘は後藤・進藤氏らとともに観音寺城にこもって信長に呼応し、以後は江州衆として織田軍の一翼を担っている。それに対して永田惣領家ら高島七頭は幕府奉公衆として独立した勢力を維持し、足利義昭政権でも奉公衆として、三好三人衆が義昭邸を襲撃した際には高島七頭が撃退している。しかし信長に対抗して没落し多くは帰農したが、永田氏は前述のように護正院主を輩出して権益を維持した。また江州衆として織田軍に編成された永田刑部少輔は相撲奉行も勤めたことが『信長公記』に見える。明智光秀の乱で没落したが、のちに徳川家に仕えて幕府旗本として存続した。
 また平高望の四男良兼に始まる尾張国長田(おさだ)庄司の家系で永田氏と名乗った家系もあり尾張藩に仕えた永田氏はこの桓武平氏流長田氏の子孫が多いようである

 

永田氏と長田氏は混同されることが多く、とくに永田氏の本貫が『寛政重修諸家譜』に見られるように高島郡永田ではなく蒲生郡長田と思われ、また江戸時代には歌舞伎の演目でも佐々木盛綱・高綱兄弟が登場するほど佐々木氏は人気があったことから、長田氏の子孫も佐々木永田氏を名乗り、四つ目結紋を使用したと考えられる。このように永田氏のすべてが、必ずしも高島七頭や六角氏旧臣の永田氏とは限らない。これが系譜研究の難しいところである。

永田氏系図
胤信┬長綱(三郎左衛門)─┬有綱(三郎)
   │            └長隆(四郎)
   └貞綱(四郎)─長信(四郎)

 

ますます混乱する。

もしかすると、佐々木義賢の弟となったのは、永田氏ではなく、平井氏が永田氏となったのではないだろうか?

同年代に平井定重がいる。

平井定重====1560備中覚雲 ??
『定武の近親には備中守定重(覚雲)がおり、その子かとみられる備中守秀定という一族もいた。』とある。

http://wwr2.ucom.ne.jp/hetoyc15/keijiban/hirai1.htm

 

難しい。


岡田嘉膳=九里政敬 

2022-09-17 | 九里【只今の状況・まとめ】

今回改めて、調べてみると…

嘉膳の兄・岡田重禮との父は【岡田重昌】、祖父は【岡田重容】となる。

岡田重容は、実は【永田伝左衛門廣満二男】用心物頭であった。

 

この永田伝左衛門廣満は、見知った名前である。

佐々修政の父は【永田伝左衛門廣満三男】中老である。

 

つまり、

永田伝左衛門廣満二男 = 岡田重容 → 岡田重昌 → 岡田重禮・嘉膳

永田伝左衛門廣満三男 = 佐々直期 → 佐々修政=九里修政

 

直期は宗明の孫(宗淳の兄)であった。

 

永田伝左衛門廣満とは?を調べると、佐々宗明の息(二男)で、永田氏に養子に入った人物なのである。

廣満の父は永田伝左衛門廣豊(露白)用心郡町奉行 であり、遡っていくと高島郡にいた永田氏となる。

永田廣豊の女は九里政方に嫁いでいる。

 

絡み合った糸のようだが、永田氏が中心となって、佐々氏と九里氏、岡田氏と九里氏を結び付けていたのではないだろうか?

 

更に佐々木の方の系図に及び、私的に驚くべきことが見つかった。(この次に書こうと思う。)

 


丹波・丹後へ 

2022-09-17 | 九里【只今の状況・まとめ】

私の先祖は丹波柏原藩(かいばら・はん)に居た。

明治初期に柏原を離れ、神戸か大坂か堺あたりで米穀商になったと思われるのだが、はっきりとしない。

 

九里政敬(まさたか)は、岡田重禮の弟であったが幼いころに親を亡くし、佐々家から入った九里修政の養子となった。修は本当は【脩】

その岡田嘉膳が九里政敬となり、跡を継ぎその実孫が九里敬三で、私の高祖父となる。

(修政の妻のことが書かれていないため、はたして九里の妻であったかどうかまでは追跡できていない)

三百藩家臣人名事典 第5巻

(私記:下記の二人は兄弟である。)

人物名:
岡田 重礼
別名:
半四郎,十右衛門

 

人物名:
九里 政敬
別名:
嘉膳,八郎右衛門

 

*********

九里に入ってきた佐々の修政の父は永田氏、母が佐々氏である。

さらに修政の義理の妹(九里?)は荻野氏に嫁いでいる。

その荻野氏から、後に私の曾祖母となる人が来る。(九里りん)

 

(蛇足)九里の娘には丹後の宮津藩士「秋田岡氏」に嫁いだ人もいる。

 

さて、昨日主人が宮津に出張。

大阪から入ったので、よもや‥‥と思いその周辺を写真撮ってきて~~~と頼むと、不思議なことに2分後には写真が届いた。

その付近を通過中だったようである。(私は予定を知らなかったので、まさに偶然!)

 

柏原藩があったあたり??

 

大江は、蓮忍入道が地頭となった河守荘の近く。

 

 

さらに室尾谷観音寺も右奥の山か?

 

私も訪れてみたい!!!

 


久々に街の空気を吸いに‥‥ 聖徳太子様にも会ってくる!

2022-09-14 | 日記

改修中の北海道庁。日頃気が付かないデザインが見える。

 

 

チカホ(地下歩道空間)の巨大ポスター

 

美術館到着。

 

飛鳥時代の作品に魅了された!

 

そして聖徳太子はいろいろな時代にブームになって現れていたらしいこともわかってきた。

 

解説パネルがガラスの中の作品の横に有。

文字が小さめ且つ遠いため何処からともなく「小さくて良く見えない」が聞こえてくる。

 

学芸員様 どうか解説パネルの文字を大きくはっきりとした文字に、何かはっきりと見える工夫をお願いいたします!

久々に楽しい展覧会~~~後期も行こうと思います。

 

最近怖い夢を見ていたので「夢違観音様」に悪夢が良い夢となるようにお願いしてきました!

買ってきたグッズも私にしては多い。ツボにはまってしまって‥‥

 

聖徳太子伝暦. 巻上,下 / 平氏 撰
https://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/html/nu02/nu02_04583/index.html

https://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/nu02/nu02_04612/nu02_04612_0002/nu02_04612_0002.pdf

上記は江戸時代の印刷だが、

 

国宝法隆寺展では南北朝時代の物であった。読みやすい文字であった。

何故か後半に中大兄皇子のことについて、書かれていた。

 


大内氏 と 内藤氏 (2)そして 久利氏 と 九里氏

2022-09-14 | 日記

大内氏と内藤氏 同じ周防国。

内藤氏は大内氏に仕えていたようなのだ。

鎌倉で知り合ったのだろうか?

この大内氏は本当に平賀氏からの裔では「ない」のだろうか?

 

では、なぜ内藤氏は大内氏の配下に入ったのだろうか?

などなど調べているうちに【周防久利家文書】を見つけた。

久利も石見国ばかりではなく、周防にも居たのだ。

 

大内・内藤・久利 一見バラバラに見えるが、周防では密に繋がっているようである。

大内義隆のwikipediaに「第15代当主・大内義興の嫡男。母は正室内藤弘矩の娘」とある。

では「内藤弘矩」とは?(wikipedia)

内藤 弘矩(ないとう ひろのり)は、日本の室町時代後期の武将で、周防長門守護大名大内氏の家老として、代々長門守護代を務める内藤氏の当主。

 

内藤と久利では東大DBには出てこないのだが、大内義興と久利は出てくる。

 

久利清兵衛尉 宛 大内義興 永正八年 船岡山合戦の感状   とある。

 

久利敵方九里がいたことになる「船岡山合戦」

細川高国・大内義興の方に久利がいて、

細川政元・澄之(聡明丸)の方に九里がいた。

 

ヤレヤレ…の展開。

 


美しい~~~お月様 

2022-09-10 | 日記

    


重陽 九月九日 九里の日 → 中秋の名月 三角錐と四角錘の不思議

2022-09-09 | 日記

九月九日は重陽

Wikipedia 
陰陽思想では奇数は陽の数であり、陽数の極である9が重なる日であることから「重陽」と呼ばれる。奇数の重なる月日は陽の気が強すぎるため不吉とされそれを払う行事として節句が行なわれていたが、九は一桁の数のうち最大の「陽」であり、特に負担の大きい節句と考えられていた。後、陽の重なりを吉祥とする考えに転じ、祝い事となったものである。
 
世界大百科事典
重陽
ちょうよう
 

9月9日の節供。陽数(奇数)の極である9が月と日に重なることからいい,重九(ちようきゆう)ともいう。中国行事の渡来したもので,邪気を避け,寒さに向かっての無病息災,防寒の意味もあった。菊花宴ともいい,685年(天武14)を起源とするが,嵯峨天皇のときには,神泉苑に文人を召して詩を作り,宴が行われていることが見え,淳和天皇のときから紫宸殿で行われた。菊は霊薬といわれ,延寿の効があると信じられ,この日,菊酒を飲むことも行われた。また,茱萸(しゆゆ)(カワハジカミ)の袋を柱に菊とともにつけ,悪気を払う風習もあった。5月5日の薬玉を,この日に茱萸袋ととりかえるのが平安時代の後宮で行われている。また,宇多天皇のときをはじめとする菊綿(きくわた)と称する風流な慣習がある。8日の夜に綿を菊花にかぶせ,その露にぬれた菊の香のする綿で9日の朝,肌をぬぐうと,老をすてるといわれ,これを贈物としたことが《紫式部日記》などにくわしい。平安末期には,天皇の出席もなく,平座(ひらざ)が多くなった。
[山中 裕]

*** *** ***

一年で一番不吉な日だったとすると、その次の日からは吉に向かうしかないので、それはそれでよい事のような気もする。

 

今日は重陽で、明日はお月見~~♪

一年で一番好きな「中秋の名月」晴れて欲しいなぁ~~♬

 

今年は、お散歩で一緒になる方から「お団子」の作り方をお聞きし、作ってみた!

実は、お湯を入れすぎ柔らかくなりすぎたため、我が家初めてのお団子は15個ではなく、17個になってしまった。(笑)

本当は9個・4個・2個の15個だそうで、私は最後の段を崩れ防止で3個にし、黄色いお月さまを一番上につけた。

黄色は、お月さまには内緒だが‥‥カレー粉とシークヮーサーのエキスで。柔らかな色になって気に入っているが、少々カレーの香りが‥‥(笑)

大きな梨は、従姉妹から送られてきた稲城の梨です。ジューシーで美味しいです。

 

北海道で売っているお月見団子は三角錐

15個のお月見団子は四角錘

日本のどこかに、三角錐のルーツもあるはずです。ご存知の方、教えていただけますと嬉しいデス。

 

いびつ…