柿ぴーのつれづれ日記

食べるの大好き,旅行大好き,お菓子作り大好きな柿ぴーの日記(-△ー)ノ

「ファルカシュ・ガーボル」ピアノ・リサイタル

2018年04月27日 | コンサート・観劇など
「ファルカシュ・ガーボル」ピアノ・リサイタルのため岡山市のルネスホールへ。



チラシには『ハンガリー人ピアニスト~本物のリスト弾き~』と書いてあります。
経歴も色々と書いてありますが、私はそういうの良く分からないんで、
どんな演奏をされるのか楽しみなだけです

プログラムはオールリスト。

出てこられた第一印象は、優しそうな方、というものでした。
そして、演奏も、その印象そのものでした
見た目が頭に刷り込まれちゃったからかもしれませんが。

その音色は、とってもとっても優しくて、そしてあたたかく愛にあふれている感じ
まるでマシュマロタッチの空気につつまれているかのようです

ピアノの音って、こんなにきれいだったんだ、と改めて思いました。
それは彼が弾いているスタインウェイのピアノのせいなのか、
彼の弾き方のせいなのか、ホールのせいなのか、、、

辻井さんを天使だと思う私ですが、「あ、ここにも天使がおった」と思いました。
いや、天使というより、天使を見守るお兄さん・お姉さん・お父さん・お母さん、といった感じかな。

そして、ただ優しいだけじゃなくて、柔らかな中にもしっかりと芯がある音色。
聴いたことない曲だったり、おとなしめな曲だと眠くなっちゃうのですが、
そんなことも全くなく、ただただ、演奏に引き込まれました。

「彼の中には、この曲についての確たる物語があるんだろうな」と、強く感じた演奏でした。
奏でる音の一音一音が、物語を語りかけてくるようです。
なので、音楽を聴いているのに、まるで映画を観ているかのような気分になりました。

アンコールはショパンの英雄ポロネーズとリストの曲(曲名分からず)。

とっても素敵なリサイタルでした
ガーボルさんのファンになってしまいました
リサイタル終了後CD買っちゃった

今車の中で聴いてますが、やっぱりいいですーーー

2か月に1回くらいリサイタルして欲しいーーーー

コメント   この記事についてブログを書く
« 辻井さん、ロイヤル・リバプ... | トップ | アンサンブル・エアー PartⅡ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

コンサート・観劇など」カテゴリの最新記事