じかみ>の射撃ライフ

クレー射撃と狩猟ライフや仲間との楽しい出来事です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

07‘終猟と08‘開場

2008-02-17 19:21:08 | 射撃
みなさんのブログを拝見していますと、終猟との記事アップがありまして、それではと言う事もありまして、少し今猟期の反省をこめ、綴って見たいと思います。

初猟は、○竹さんとの鴨猟。

出足好調から始まり、猟の楽しさを久々に感じたようで、満面の笑みを浮かべていただきました。

その後、本格的な雪が年末まで無く、鴨猟はそこそこの状態、ヤマドリ猟は山からの落ちが悪く結局本猟期は、2羽止まり、(まったくだらしね~の一言です。)

仕事の都合もあり、一日中猟をすることも中々出来ず、キジも3羽、それでもその後の雪で、出勤前猟で鴨猟を楽しむことが出来ました。

うさぎ猟は、数回足を運び本格的な雪のお陰もあり5羽とまずまず好調かな


この写真は、うさぎ狩りの猟場です。そんなにキツイ山では無いので一度行って見たいと言う方がいれば、案内しますよ

鴨の捕獲数は、会った時にでも聞いてください。

やっぱり、猟は{一に足(とにかく出なきゃ!)二に犬、三に腕かな~?}

例外、川に鴨回収の為、一回だけ股下までハマル

落ちかけたこと、数回 

飼い犬メリー様に、そっぽを向かれたこと2回 


そんなこんなで、目出度く無事故で終猟

後は、併綴無許可譲受票使用要領書と、19第一種銃猟狩猟者登録証に必要事項を記載して分会長に届ければ、すべての終わりとなります。


そして、銃洗いの会‘In二本松 の開催を来週24日(日)に開催しますので、これを知った方は是非お越し下さい。
また当日は、「うさぎ鍋喰いに来たぞ!」と一声掛けてください。


さらに、昨日16日目出度く二本松総合射撃場が、開場しました。

早速、修理から戻った銃のためし撃ちがてら、本日行ってきました。
こちらは、雪でしたが二本松はいい具合でしたよ

ま~結果は、良いでしょう

ToTさんそれから、I手のTさん、遠くからお疲れさまでした。
また、ご一緒しましょう 





コメント (23)

うさぎの巻き狩り!!

2008-02-02 17:28:27 | 狩猟
久々のアップになります。

仕事の関係で、コメントがやっとの状態、気力が夜になると落ち込み更新したくても中々出来ませんでした。


ようやくトラップ銃が、我が手元に戻って8日がたち、射撃にも行きたいのですが、猟期も後少しですので猟をして頑張って食材確保に出かけています。

今年も、何かと機会を作り皆さんとの楽しい射撃会を開催すべく、できるだけの食材は確保できましたのでご安心ください。

状況的に今季猟果は、仕事の関係で一日中、猟をしている時間がほとんど無く朝だけの出猟がほとんどです。

それでも何とか鴨は、いい具合で、やまどりは下りが遅かったので不猟の年になっているのです。

さて、作日2月2日(土)は、分会恒例のうさぎの巻き狩りでした。

午前8:00分会長宅に集合し、打ち合わせの後、巻き狩りの現場へと向かいます。

8時まで、おいらだけ朝の鴨猟し、マガモ、カルガモを一羽づつ捕獲した後、分会長宅へ向かいます。

気温-3℃、無風、積雪80cm、天候快晴の状況で、巻き狩りには絶好のコンデション! 

巻き狩りとは、たぶん皆さんご存知だとは思いますが、ここで少しだけ手法を紹介します。

まず、今日の親方を決め、その方の指示で追矢と待矢に別れ、場所により何処に待矢が立ち、追矢は何処から追うのかの指示をし、誤射で待矢の人が、追矢の人に中らない様十分考慮して立ち位置までしっかり作戦会議をした上で始まるのです。

第一回目、おいらは追矢に回ります。(朝の内、寒いので動いた方が良いので!)

うさぎの足跡がいっぱいあり、何時飛び出してもおかしくない状態の中、待矢が立ち位置まで行く間、しばしの休息、でも寒いです。

時間まで、後5分、たばこに火をつけ一服していると、左側30mにうさぎがもの凄い速さで走ってきます。

待矢が、立ち位置に着いていれば、撃ってもいいのですが、まだだと林のうさぎが逃げることがあるので、普通なら見逃すところなのですが、親方の指示で見たら撃ての言葉を頂いていましたので、思いっきり賭けることにしました。

一発目、うさぎの後方に弾が・・・・  

二発目、しっかりリードを取りながらスイングでゲット! 

これには、後ろの分会長もです。

その後、追い出しの開始です。「ホーレ、ホレホレホー!」ブログ仲間みんなに聞こえるくらいの大声で声を出しながら前に進みうさぎを待矢のほうへ追い出して行きます。

面白いことに、掛け声はみんな微妙に違うのです。

「オーリャ、オーリャ、オー」とかける人「ホーイ、ホーイホイ」「オラオラオラ」さまざまで大変面白いですよ。

たまに、恐妻の名前の後にバカヤローとか言ってこのときばかりに憂さを晴らしている先輩狩猟者もいます。(いいのですかね~!)

そうして、一回目の追い出しにはうさぎは出ず、その先の林へ二回目と進みます。

二回目、追矢と待矢が交代し、おいらは待矢に回り、所定の位置へと移動していくと、寝うさぎが追矢のほうへ駆けていくのが見え、これは必ず戻ってくるなと言う核心がありました。

でも、端の追矢が、追って行く方向を中央の方へ進みだし、端から逃げて行くのが見えこちらには残念なことに来ませんでした。
追矢の重要な役割を、この時、痛感しました。

二回目の追い出しでは、一羽が中央の分会長にかかり見事ゲットでき、本日はこれで二羽目となりましたが、なにせ「老友会」でありますから雪の中を、三時間も歩けば疲労コンパイの表情が見て取れます。

本日の巻き狩りは、「これにて終了!」って、まだ、お昼になってませんが・・・・・

仕方ありません。なにせ老友会ですからね~



そんな訳で、「ひとまず解散!」の分会長の言葉、後は夕方の反省会で会いましょう!ですって、おいおい午後から何をすればいいのですか?


仕方ないので、メリー様と場所を変えヤマドリ猟に切り替え、またまた歩くこと一時間、水場の所でポイントしているのですが、中々前に進めず息絶え絶えの状態で「よし!」の号令、出ましたヤマドリ、綺麗な雄姿をみました。

息の上がった状態で、三発撃っても中るはずも無く、メリーがじっとおいらを見ているだけでした。 すんませんメリー様
帰りの車までの一時間、本当に疲れました。撃ち落せば鳥を咥え戻って擦り寄ってくるメリーが、今日はなんかおいらとの距離を置き冷たく感じたのは、気のせいでしょうか




今日3日、(日)東京に雪、こちらは小雪程度、昨日のつれないメリー様とまたまた、出猟

今日は、前回のうさぎとかめとじゃなく、うさぎとキジとヤマドリのいるいつもの所に出かけました。

二時間あまり歩いて、最後にようやくうさぎを取ることが出来ました。

流石のメリー様も帰りには、ハウスに上がるのもやっとの状態で、そうとう疲れたようです。お疲れメリー!

銃洗いの会、開催告知

うさぎ鍋、イン二本松 を来る2月24日(日)二本松総合射撃場にて開催します。
食べて見たい方、是非起こし下さい。
何の癖も無く、本当に美味しいと確信していますので、箸とおわんと鉄砲を持って集合してください。
あっ!後おにぎりくらいは準備してくださいね!











コメント (21)