HOME BASE BLOG

ベース君が感じたままに高知の不動産物件を随時御紹介してまいります。

春ウララ

2009年03月21日 17時50分03秒 | Weblog



春ウララ 


イイ天気の土曜日は いかがお過ごしでしょうか



今日は午前中に 来月取引があるお客さまに「取引」の説明と手続きの説明をさせていただきました。




「不動産の取引」というのは 言うまでもなく「引渡し」となります。





「所有権移転と同時に金銭の授受」が基本になります。






実際には 司法書士に頼むのが9割以上ですので

お客様が直接 法務局へ行って「登記」をするという作業はありません。



ボクも 10数年やってきて 未だに お客様がご自分でやられる というのは

一回もアリマセン




できないことはないと思いますが




住宅ローンを使う場合は 難しいと思います。





できるで あろう事は





ご自分の土地に 家を建てた場合は できますネ




しかし その家も 住宅ローンを使って建てた場合は・・・・・

銀行さんが OKなら できますが


たぶんOKは難しい と思います。







さて話はもどって

「不動産取引」は いかにスムーズに終わらすか が大事なポイントです。






簡単な様で 実は簡単ではなく




銀行と司法書士とお客様 



その三者を 流れるように まとめなければなりません






「お金のやり取りだけで 簡単でしょう」  と思われるかもしれませんが



それは横で見ている人の言い分で


ほとんどの方が





「売る」のも「買う」のも 初めての人同士なのです






今まで「不動産取引」を経験した方もおられると思いますが




「簡単におわったよね~~」と思われた方は




その時 お世話してくださった不動産業者さんの“腕” が 良かったからだと思います。 良かったですネ。






長話になりましたが そんな段取りをしてまして





午後からは お世話になっている業者さんが「オープンハウス」をしていたので


「陣中見舞い」に




手ぶらで行って来ました




    「コーヒーとかお茶 でいいですかあ?」 と聞くと






    「全部あるので いいですよ 見に来るだけ見に来てください」



と言われたので・・・・





その後は 自分の所の「オープンハウス」へ交代で行ってました










いい天気で 気持ちよかったです。











今日訓:「お花見」をしたいなあ    




           







  今日もお構いなければ押していただけますか
コメント