虹色オリハルコン

人工的でお金を目標にした人生ではなく

自然と生命を豊かにすることを目標にした生き方を選ぶ

イベルメクチン治験開始 北里大病院

2020年09月18日 | パワーかフォースか・新型コロナウイルス

当ブログ、意識エネルギー至上主義なので、高いパワーを感じるものを応援します。
イベルメクチンは、COVID-19の治療薬候補の中でも、特に高いパワーの数値を示していたので期待が持てると、勝手ながら思っています。
 抗・新型コロナウイルス薬の意識エネルギー


以前より、イベルメクチンの治験の準備をしていた北里大学ですが、いよいよ始まるようです。
アビガンも、患者数が少ないなどの理由から治験が進まず承認できないままでした。
しかし今は以前よりPCR検査の数が増えて、陽性者の数も増え、無症状の患者でも調べることができます。
そういった意味でも、PCR検査の数をこなすことは、やはり必要なことだった、とあらためて思います。



OGPイメージ

イベルメクチン治験開始 北里大病院、新型コロナ

北里大学病院は17日、抗寄生虫薬「イベルメクチン」の新型コロナウイルス感染症への治療効果を調べる医師主導治験を始めたと発表した。国内の複数の...

日本経済新聞 電子版

 

2020/9/17 20:02

北里大学病院は17日、抗寄生虫薬「イベルメクチン」の新型コロナウイルス感染症への治療効果を調べる医師主導治験を始めたと発表した。国内の複数の病院で患者240人を対象に、PCR検査で陰性になるまでの期間が短くなるかを調べる。2021年3月末までに終了する予定だ。

治験は重症でない感染者にイベルメクチンを1回投与し、偽薬を投与する人と比べて効果をみる。症状が改善するかなども調べる。無症状の人も対象にする。

これまでに細胞を用いた実験で、イベルメクチンが新型コロナウイルスの増殖を抑えることが分かっている。

イベルメクチンは2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した北里大学の大村智特別栄誉教授が開発した。アフリカなどで寄生虫による感染症の撲滅に効果を上げている。これまでに数十億人規模で投与され、深刻な副作用の報告はない



今現在、アメリカ、ブラジル、インドに感染者が多いですね。
ヨーロッパが感染の嵐で死者数も激増していた頃、衛生状態や三密など対策が難しいことから南米同様、アフリカの特に途上国に感染が広がったらこの比ではないだろうと言われていました。


こちらのサイト、世界地図の所をごらんください。感染者の割合が地図に色分けされています。
  ↓
https://web.sapmed.ac.jp/canmol/coronavirus/index.html?y=1&rg=Africa


今のところ、アフリカ大陸、感染者は特に南アフリカに多いですが、危惧されていた割には、全体として世界に突出しているようには思えない。
単純に決めつけることはできませんが、アフリカ諸国は駆虫薬として日常的にイベルメクチンを利用できるからかしら?
・・・なんていいように考えすぎでしょうか。

コメント

電通と自民党のズブズブ

2020年09月17日 | 社会のニュースを考える

自民と電通のもちつもたれつの、べったりの関係性はずっと感じ続けていた。ようやくここまできた。
マスコミもスポンサーとの関係から電通には手を出せなかった。「赤旗」の調査能力はすごいなと思います。敵に回すと怖い?
広告代理店電通とそのグループ会社に流れたお金は19年間で100億円を超えていることがわかった。
詳しくはこちら。
  ↓



自民党の出す広報や冊子、ネットサポーターのワンパターンな言い回し。空気の作り方。
長期政権の油断なのか思考の幼さなのかはたまた、自民党の中枢に合わせたのか、雰囲気作りもどんどん劣化してきているみたい。
自民党の看板の劇画タッチの侍たち、自分たちに重ねているとしたら、これもまた思考の幼さ。
無恥なのかナルシストなのか。現実ではなく過去の夢想の世界で生きているのか、見てるこちらが恥ずかしい。但馬問屋さんのツイッターから。
   ↓


ちなみに日本の二大広告代理店のもう一つ、博報堂とは448万円の支出にとどまっており、2004年からは縁が切れているようだ。
その他の他社とも比べものにならない、巨額な支出について、そのほとんどが「宣伝広報費」に仕分けられているが、中身はブラックボックス、どのように使われたかはベールに包まれたままだという。






中身なんか空っぽだって、包み方次第でよく見える?



大手マスコミへの圧力、ネットやSNSの印象操作や監視、お金を大量投入すれば、情報や空気を作ってどうにでもなる、真実を嘘といい、嘘を真実と思わせる。
広告代理店の仕事は、どんな取り柄のない商品でも、好感度を上げるような映像や写真のイメージと、心をとらえそうなキャッチコピーにくるんで、別物の魅力的な商品に変えて、購買意欲をかき立てること。


スガ氏のような、底意地の悪い冷たい人物も、イメージ戦略で何とでもできる。
「秋田から集団就職で出てきた苦労人」「パンケーキの好きなかわいいおじさん」っていうコンセプトで行きましょう。

しかし、電通も同じマイナスの闇なので、これからは今までのようにはうまく行かないですよ。
パンケーキも河井案里さんとのおやつタイムがマスコミに流されまくっていた。集団就職の嘘もすぐばれちゃったし。
    ↓
<週刊文春>実家はカリスマ農家、父は町議、姉2人は教師  菅義偉「美談の裏側」 集団就職はフェイクだった(阿修羅)
 

しかも、デジタル担当相の平井卓也は電通出身者だよう。
こんな人が担当では、自民党のデジタル対策を信用できるわけがない。
ここまで来たら、マイナス闇フォース一掃内閣と名付けたい。
  ↓
OGPイメージ

デジタル担当相・平井卓也は古巣の電通を使って自民党のネット操作を始めた張本人! 自ら福島瑞穂に「黙れ、ばばあ!」の書き込み - 本と雑誌のニュースサイト/リテラ

 16日、ついに菅内閣が発足した。菅義偉首相は新内閣について昨日の会見で「国民のために働く内閣」と当たり前すぎることをアピールしていたが、さ...

本と雑誌のニュースサイト/リテラ

 



★関連記事 こちらもね。
自民党ネットサポーターズクラブ・虚偽で作られるネット世論

コメント

自民県連予備選で「菅直人」などの無効票

2020年09月15日 | 社会のニュースを考える

久しぶりに見出しを見て、噴き出しちゃった。でもジョークじゃなくて、真面目な話。
それ考えると、笑えないのか。

自民県連予備選で「菅直人」などの無効票 有権者は白け気味? 群馬 - 毎日新聞

自民県連予備選で「菅直人」などの無効票 有権者は白け気味? 群馬 - 毎日新聞

 安倍晋三首相の後継を決める自民党総裁選は14日、菅義偉官房長官の圧勝に終わった。群馬県連に割り当てられた3票は13日に実施された予備選の結...

毎日新聞

 

(抜粋)
 自民党総裁選に先立ち県連が13日に開票した予備選では無効票が45票あり、白票に加え、3人の候補者以外の名前が書かれた投票用紙も少なくなかった。野党の議員の名前なども含まれ、関係者は「総裁選が出来レースで白けたのかも」とこぼした。

 「菅直人」「ゲル長官」――。投票箱には、新総裁に決まった菅氏と名前の漢字が同じ立憲民主党の菅元首相や、一部で使われている石破茂氏の愛称が書かれていた。県内の現職の衆院議員や元議員のほか、今回の総裁選で一時立候補が取り沙汰された現職閣僚、県議の名前が書かれた投票用紙もあった。


ーーーーーーーーーーー

まともな意識があったら、しらけるのは当然。
自民の牙城・群馬県の自民党党員にも、まともな意識がある人が少しはいたことが、少しだけ救い。

スガ氏がリーダーとなったからといって、安倍政権下で政治を私物化したこと、公文書を改ざんさせ、真面目な公務員が自責の念にかられ心を病んで死を選ばざるをえなかったこと、公金で接待した自分の支持者らの名簿をシュレッダーにかけて捨ててしまったこと(反社会的勢力とのつながりも)、なかったことにはならないでしょう。
だって、もうみんな知っているんだもの。

地球儀を俯瞰する外交で、功を焦ってプーチンに足下を見られ、3000億円を払った上で国を売ったことも、なかったことにはならないでしょう。
   ↓
OGPイメージ

北方領土交渉が窮地 ロシア「領土損なう行為」に刑事罰 下院通過:東京新聞 TOKYO Web

【モスクワ=小柳悠志】ロシアで発効した改正憲法に「領土割譲の禁止」の条文が盛り込まれたことを受け、領土割譲につながる行為に刑事罰を科す...

東京新聞 TOKYO Web

 


こちらも・・「この勝ち方は危うい」「勝ちすぎ。人事の不満は不協和音の元になる」
   ↓
OGPイメージ

「派閥の重荷」前途多難=菅自民総裁、看板倒れ憂慮も―識者

自民党総裁選で圧勝した菅義偉官房長官は、「地方出身・たたき上げ」「非世襲・無派閥」が金看板だが、専門家は「独自色を出すのは容易でない」と指摘...

gooニュース

 
 

コメント

脱・新自由主義社会をわかりやすく解説 by えだのん

2020年09月14日 | 立憲民主党を応援

自民党総裁選。2位に付いた岸田さん。やはり石破2位を阻止するために、スガ陣営は岸田さんに票を流したのかもしれない。今となってはどっちでもいいことだけど。




日曜の番組で田中秀征氏(個人的にはこの人のことは全然評価してない)が、立憲民主党に対して「新自由主義批判」したり「立憲主義」を掲げていることを、そんな難しい言葉を使うなって言ってました。

話は漢字ではなくてひらがなで・・・と枝野さんは周囲から言われたそうです。
私もそういえば、もう10数年前に初めて「新自由主義」「ネオリベ」とか聞いたときは、よくわからなかったから、最近政治に興味持った人は、新自由、新しい自由?何のこと?と思う人もいらっしゃるかもしれない。
是非、上の枝野さんの話を聞いていただきたいです。

小泉純一郎、竹中平蔵(現パソナ会長)の「民でできることは民に」「改革」という美辞麗句の元、郵政民営化されたのがその象徴のような気がする。
行き過ぎた競争によって、労働力や、かけるコストに無理が出てきて実質悪くなる、とか、負けたものは弱いが故に悪いのだ、自己責任、みたいな感じ。なんだか嫌だなあと思ったものだ。

枝野さんのお互い様、支え合う社会はその逆を行く。

こちらも。







新政権ができましたが、安倍政権の延長、身内には優しくても国民に冷たい社会にならないだろうか。
国民に「自助・共助・(公助)・絆」の責任が押しつけられないだろうか。
枝野さんの言葉を聞くと、この社会に血が通う感じがする。

コメント

自民党終焉第二幕第二章 闇に飲み込まれた岸田

2020年09月13日 | パワーかフォースか

自民総裁選 優位の菅陣営「岸田氏に票分けも・・・」(2020年9月8日)


自民総裁選 優位の菅陣営「岸田氏に票分けも…」|テレ朝news


スガ陣営は石破氏が二位であれば、「安倍政権への不満票を集めた」と見られる警戒感から、岸田に票を分け与えようとしている、らしい。
岸田さんは、かつて安倍の後任としての自覚があったときは、一桁のフォースだった。
ところがはしごを外されてからは、恐れずに安倍批判を言い出して20Fという今となっては普通のフォースに上がった・・・のに、今日調べたら、またマイナスに限りなく近い0.1Fになった。
スガ、岸田陣営の関係性に何があったのかわからないとしても、意識エネルギーの数値は、何かあったことを示唆しているように感じます。

マイナスの闇では、何をやっても裏目に出ると言うことは、なんども申し上げているように、スガ政権ができても失敗は続くと思います。
彼らの終焉が少しずつ近づいてきているのでしょう。


自民党終焉の作法
自民党終焉の第二幕
コメント