虹色オリハルコン

人工的でお金を目標にした人生ではなく

自然と生命を豊かにすることを目標にした生き方を選ぶ

官邸主導で攻撃兵器選定・戦前の亡霊が国を治めている世界

2018年11月14日 | 憲法改悪、集団的自衛権反対

かすむ専守防衛
官邸主導で攻撃兵器選定




13日の東京新聞1面トップより


かすむ専守防衛 官邸主導で攻撃兵器選定
東京新聞 2018年11月13日

「いくらか分からないのに、われわれが予算承認しなければならないのはおかしい。国民の税金だということを考えろ」

 昨年12月、自民党本部で開かれた国防部会。数日前に小野寺五典(いつのり)防衛相(当時)が導入を発表した、三種類の長距離巡航ミサイルの単価を答えない防衛省幹部に、議員らが口々に怒りをぶちまけた。

 戦闘機F15に搭載する米国製の「JASSM(ジャズム)」と「LRASM(ロラズム)」は射程が900キロと長く、日本海から発射しても北朝鮮に到達する。F35に搭載するノルウェー製の「JSM(ジェイエスエム)」の射程は500キロで、最新鋭のF35はレーダーに映りにくい。

 昨年8月の防衛予算の概算要求には入っていなかったが、同年11月のトランプ米大統領の来日後、与党議員への説明もそこそこに導入が発表され、国防族の怒りを買った。

 荒れる国防部会。「予算を簡単にもらえると思うなよ。NSCとの関係はどうなんだ。説明しろ」。不満の矛先は、安倍政権で発足した国家安全保障会議(NSC)にも向けられた。

 NSCは2013年12月、首相、官房長官、外相、防衛相を中心に組織された。翌年1月、実動部隊の国家安全保障局(NSS)が内閣官房に置かれると、防衛省からの積み上げで決まってきた兵器選定の主導権は事実上官邸に移った。

 巡航ミサイルは相手ミサイルの射程圏外から攻撃でき、離れてにらみ合うという意味から「スタンド・オフ・ミサイル」とも呼ばれる。防衛省は「離島やイージス艦などを防衛するため」と強調するが、敵基地攻撃が可能なため、これまでの政権は専守防衛の観点から導入に慎重だった。

 元航空自衛隊空将の織田(おりた)邦男氏は「スタンド・オフ・ミサイルの導入は(自民党と旧社会党の)55年体制なら絶対無理だった。それを軽々と超えてしまうのは、NSSができたメリットだと思う」と語る。

 NSSには防衛、外務、警察の各省庁を中心に約70人が出向する。元外務次官の谷内(やち)正太郎局長を外務、防衛出身の二人の次長が支える。発足後、兵器調達面でも防衛政策が目に見える形で変化してきた。

 本年度46億円の研究費がついた「高速滑空弾」や来年度にはエンジンの研究に64億円を要求している「極(ごく)超音速ミサイル」は、「いずれも攻撃的兵器と見なされる可能性が高いとして、机上の研究にとどまっていた」。防衛省で航空機開発を担当した元空将の山崎剛美(たかよし)氏はそう話す。

 政策の転換は米国の望むところだ。米国務省の元高官は「日本は集団的自衛権を行使できるようになり真のパートナーになった。以前は日本が巡航ミサイルを導入するなんて想像できなかった」と喜ぶ。

 NSSのある幹部は「総理や官邸の話を聞きながら防衛省が出す選択肢を示して、日本の安保や外交政策の中で、どれがいいかを考えていくだけだ」と官邸主導の兵器選定を否定した。だが、防衛省の幹部が内情を明かした。

 「総理は『敵にやられっぱなしで、日本が守るしかないでは良くない。攻撃的な技術をやった方がいい』という考えだと周囲は受け止めている。NSSで『総理の意』をくんだ議論を重ね、防衛省に提示させたんだ」

 ◇ 

 安倍政権で初めて五兆円を突破し、増大し続ける防衛費。官邸主導で米国から高額兵器を次々と輸入、攻撃型ミサイルの導入計画も進める。聖域化する予算の流れを追い、専守防衛を逸脱するかのように、米軍との一体化を急激に進める政権の内実を報告する。

------------------

戦後70年、先人たちの血と涙から生まれた平和憲法は、貶められ続けている。
安倍晋三、及び日本会議。彼らは、第二次世界大戦前夜の亡霊ともいえるだろう。
来日しているペンス米副大統領は、イスラエルの首都をエルサレムに移転させたキリスト教右派の福音派。傍若無人。今回はどんな要求があったのか。やな予感しかしない。

みんなの意見 http://ceron.jp/url/www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018111390070411.html

■追記
 
11月14日続き・・・いらないと言っていたものを勝手に買う、しかも兵器ローンでツケを未来に先送り。

<税を追う>歯止めなき防衛費(2)コストより日米同盟 覆った偵察機導入中止
東京新聞2018年11月14日

(記事抜粋)
 自衛隊の元幹部は「装備品の導入は現場で必要性を詰めることが重要。もともと現場はGH(米軍の無人偵察機グローバルホーク)をいらないと言っていたのに、トップダウンで決めてしまうのがNSSの弊害だ」と話す。

 GH三機の年間の維持整備費は計百二十億円余り。かつて一時間飛ばすのに三百万円かかるという米側の試算もあった。日米同盟の名の下、兵器ローンのツケが国民に重くのしかかる。
コメント

ヒゲペンギンじゃないよ

2018年11月13日 | かわいい・ときめき・ドキドキ




ひと目見たときに、ペンギン?って思ったこの写真の子
鳥なのに、おヒゲ生えてる? ユーモラスでかわいい。

なんてったって、鳥は恐竜の子孫でもあるわけですからね。
進化も多様に広がっている。

この子の名前は
インカアジサシ




ウィキペディアより

全体がわかればペンギンではなかった。

ウィキペディアによれば、ペルーからチリまでの太平洋側に分布してる。
インカの名前の由来ですね。

ツイッターでは、ハッシュタグもありましたよ。
みんな大好き#インカアジサシ

https://twitter.com/rekkasann/status/1061406921293357056
  ↑
リンクの写真、正面からとらえた翼がかっこいいのでぜひ。


コメント

2016年と2018年選挙の違い(アメリカの場合)

2018年11月07日 | 社会のニュースを考える

アメリカの中間選挙 ブルーウェーブとかピンクウェーブとか。民主党に吹いた風。

左が2016年の私、右が2018年の私。
 ぼーっと生きてた私を、戦う戦士に変えたのは、
 トランプさん、あなたよ!


と言わんばかりのツイートの数々。カラパイアさんから。

















民主主義や人権や、自由と平等、命の尊厳。
いまさら気づかせてくれたのは、オバマじゃなくてトランプだった?



コメント (3)

10年経って・・レジ袋有料化への動き

2018年11月06日 | 海からのメッセージ
 


ウミガメは好物のクラゲと間違えてビニールやレジ袋を食べてしまう。


ちょうど10年前、マイバッグ運動が活性化して、レジ袋削減に一歩踏み出したかに見えました。
しかし、海洋生物など野生動物の影響への危機感が今より少なかったし、当時出版された武田某氏の「偽善エコロジー」なる本が脚光を浴びて、新たなエコバッグを作るためにCO2が増えるぞ、偽善だぞ、エゴだぞ、という「エコバッグはエゴ」的思考が、一部に受け入れられ、ある種の空気を作っていったのでした。
ツッコミどころ満載とは思いましたが、その本の効果かどうかわかりませんが、レジ袋削減運動はその後、国民的運動にはならず、ペットボトル含めて消費使い捨て文化は、便利さゆえに継続されて行きました。
 エコバックはエゴなのか・追記あり(2008年7月)




水鳥は魚を丸呑みするから、大きいプラスチックも飲み込んでしまう。
体はなくなっていくのに、お腹に溜まったプラスチックはそのままだ。涙。


ここ数年で、海のプラスチック汚染が加速度をまして、目に見える形でひどくなり、特に動物たちがプラスチックに殺されている写真など見るにつけ、人として良心が痛みます。ようやくプラスチック削減の機運が再び出てきました。今回は世界的潮流として。

わたしは、レジ袋有料化に全面的に賛成です。今度こそ、武田某氏も口をはさんでほしくない。次の世代のためにも、使い捨て文化はもう終わりにしなければ。

また、世界的規模で、水道水や食塩から、マイクロプラスチックが見つかっており、人の排泄物からも見つかったというニュースもあった。捨てたものが巡り巡って人間に戻ってくることも忘れてはならない。




レジ袋有料化 プラごみの削減を着実に前へ

2018年11月03日 読売新聞

 プラスチックごみによる環境汚染が顕在化している。一足飛びの「脱プラ」は難しいにしても、身の回りのプラごみを着実に減らしたい。

 環境省が「プラスチック資源循環戦略」の素案をまとめた。使い捨てプラ容器の削減に向けた数値目標などを掲げている。

 プラスチックは、主に石油から作られる合成樹脂だ。軽量で耐久性に優れる一方で、自然界では容易に分解しないことが環境保全上、問題となっている。海中に蓄積し、2050年までには魚の総重量を上回るとの推計もある。

 スーパーのレジ袋や総菜の容器など、使い捨てプラ容器の1人当たりの廃棄量で、日本は米国に次いで多い。プラスチックに代わる素材が見当たらない現状では、プラスチックの使用を出来るだけ控えることが大切である。

 今回の素案の柱は、スーパーやコンビニエンスストアにレジ袋の有料化を義務付けることだ。既に60か国以上で、有料化や使用禁止などの規制が導入されている。

 国内のプラスチック使用量のうち、レジ袋の割合は1%程度だ。それでも、各家庭にある身近なプラスチック製品の一つだけに、有料化は、プラごみ対策の象徴的な意味合いを持つと言える。

 有料化を契機に、プラごみ削減の意識をさらに高めたい。

 環境省によると、レジ袋対策に熱心な市区町村では、多くのスーパーが有料化を実施している。これに対して、コンビニでは、ほとんど進んでいない。

 マイバッグを持参する客が、スーパーと比較して少ないという事情がある。冷たい飲料と温かい弁当を別々の袋に入れて持ち帰る客が多く、レジ袋の需要は高い。有料化すれば、無料の他店に客が流れる懸念もあるという。

 コンビニで有料化を定着させるには、義務付けによる一律の実施が現実的な手段なのだろう。

 ペットボトルの削減も重要だ。中国や東南アジアの一部の国では、環境上の理由で、外国からの廃プラの輸入規制に転じた。輸出先を失った国内の業者の間では、在庫量の急増により、処理が追いつかないケースが目立つ。

 国内でのリサイクル率をさらに高める必要がある。

 容器を紙パックなどへ転換することも有効だ。水筒を持ち歩く人が増えれば、ペットボトルの使用量の抑制につながる。

 環境破壊を食い止めるには、自然界で分解される生分解性プラスチックの低価格化も不可欠だ。

----------------



富山県はレジ袋有料化によって、90%もレジ袋の使用が減った というお話も10年前の2008年でした。
ほんと、その気になればみんな、やればできる子なんだって。

 →レジ袋が90%減った富山県
コメント

ネットにあおられ行動する人々

2018年11月02日 | キネシオロジーテスト




日本における選挙前の北朝鮮のミサイル挑発のように、絶好のタイミングでアメリカを目指すホンジェラスやエルサルバドルの移民キャラバンが数千人の規模で北上中です。

彼らの一人が言う。「トランプ大統領、私はホンジェラス人ですが、温厚で働き者です」

次々と大勢が列をなしてやってくる移民希望者の映像。ただでさえ移民に仕事を取られたと怒るトランプ支持者はこの言葉と映像に、さぞや恐怖と不安を感じることだろう。テロリストも紛れ込んでいるというデマも飛ぶ。
それを断固阻止すると断言する大統領は、彼らにとって唯一無二のヒーローにも見えるだろう。

そもそも、なぜこんな事が起こったかというと。
移民たちはソーシャルメディアを介して2000人以上のキャラバンを組織し、10月13日にホンジュラス北部サンペドロスラ(San Pedro Sula)を出発した。
いくら治安の悪い土地柄といえ、多様性に寛容だったオバマ政権ならいざしらず、差別と壁づくりのトランプ政権下でそこを目指すのは意味がわからない。違和感しかない。


※11月4日追記
TBSサンデーモーニング安田菜津紀さんによれば、ホンジェラスの貧困は、もとを正せばアメリカ企業の大規模プランテーションによる農地の画一化で、国の食物自給能力を低下させたことに一因があるという。アメリカも当事国であるということ。
また、オバマ政権時代の援助がトランプ政権で大幅削減されたことでさらに貧困は悪化し治安も悪化した。
きっかけさえあれば、怒涛のように人々が動く基盤はそこにできていたのですね。



2016年の米大統領選挙においては、ロシアのネット工作によって、世論誘導が行われたというけれど。

日本でもつい最近、「余命なんとか」という某ブログにあおられて、ネトウヨと呼ばれる方たちから、およそ1000通の弁護士への懲戒請求書が出され、弁護士の返り討ちにあった。

詳しくはこちら




なぜ起きた?弁護士への大量懲戒請求(NHKクローズアップ現代+)




平均年齢55歳男性6割。あおられ、だまされたのは、バブル世代のいい大人だ。




ネットの煽りや世論誘導は、発信者の姿がよくわからない分、あやふやで危険な要素をはらんでいると思う。
裏を返せば、悪知恵の働くものにとっては、新しい便利なツールでもあるのかもしれない。


こんな記事があった。筆者のフジテレビの風間晋氏は、現時点で、423P理性の方だった。

アメリカを目指す『移民キャラバン』はトランプ選挙対策に利用される巡り合わせに
FNNプライム 2018年10月25日

・7200人の移民希望者がメキシコ国内を北上中
・トランプ大統領は支持者向けのアジ演説に活用
・米中間選挙にどんぴしゃりの皮肉な巡り合わせ


豊かで安全な日常を求めて大行進

ホンデュラスなど中央アメリカの国々を出発し、アメリカへの入国を目指して主に徒歩で北上中の移民希望の群集に熱い注目が集まっている。呼び名は『移民キャラバン』。その人数は7200人を超えるという(国連の推計)。

元をたどれば10月12日にホンデュラス北西部の都市サンペドロスラのバスターミナルに集まった百人あまりが、グアテマラを通過しメキシコに入る道程で、エルサルバドルなどからの参加者も吸収し、雪だるま式に膨らんだ。貧困と地元ギャングによる日常的な揺すりや暴力に耐えかねた人たちが、SNSでの呼びかけやテレビ報道などを見て即断し、急ぎ荷物をまとめて飛び入りしてきたケースが少なくないのだという。大人数での移動なら追いはぎや性的暴行などのリスクが小さいという事情もあるようだ。少しでも豊かで安全な日常を求めての大行進といえる。

この『移民キャラバン』の先頭グループは既にメキシコ国内に入っていて、沿道の住民からペットボトルの水やメキシカン・ファーストフード、アイスクリームなどの差し入れも受けながら北上を続けている。しかし、アメリカとの国境にたどり着くのにあとどれくらいの日数がかかるのか、そしてアメリカへの入国(難民申請など)はどうなるのかなど、見通せないことばかりだ。

「移民キャラバン」で支持者の不安感をあおる

こうした中で『移民キャラバン』が俄然注目されているのは、アメリカの中間選挙まで2週間を切り、トランプ大統領と共和党が支持層の活性化のために積極利用しているからだ。曰く、「キャラバンにはベネズウェラの左翼や民主党が資金提供している」「中東出身者が紛れ込んでいる」などなど。

全く根拠レスであることがほどなく明らかになるのだが、選挙対策としては「言った者勝ち」であることは否めない。「移民は危険」「壁を作れ」「移民に甘い民主党は犯罪に甘い」「テロリストの国境すり抜けを許すな」などは、2016年の大統領選で大成功したトークポイントで、この中間選挙のキャンペーンでも大統領にとって十八番の話題だ。

選挙戦終盤では支持者が喜ぶ鉄板ネタをこれでもかというくらいに畳みかける手法が一番効く。だからこそトランプ大統領は、『移民キャラバン』で支持者の疑念や不安感を揺さぶり、あおる。

中間選挙前に皮肉なめぐり合わせ

同時に、トルコのイスタンブールでサウジアラビア出身のジャーナリストがサウジ当局者によって殺害された事件への世界の注目を、できるだけ早く別の方向にそらしたいと願っていたトランプ政権にとって、『移民キャラバン』はどんぴしゃりのタイミングでやってきた。しかも選挙キャンペーンに大いに使える話題だ。

トランプ政権のニールセン国土安全保障長官やケリー大統領首席補佐官などは、そうした観点からかなり早くから『キャラバン』の動向を注視し、大統領にブリーフもしていたという。

『移民キャラバン』が10月の半ばにホンデュラスを出発したのは、徒歩で移動し野宿する人たちにとって日中は暑すぎず夜は凍えずにすむ時期を選んだからだと思われる。メキシコ南部では今も日中の気温は摂氏30度台前半というし、高地の夜はそこそこ冷える。

はからずもタイミングがアメリカの中間選挙に合ってしまったことで、トランプ政権からメキシコ当局や国境警備への『キャラバン』阻止の圧力は格段に強まるだろうことは間違いない。『キャラバン』にとっては皮肉な巡り合わせとしか言いようがない。

(執筆:フジテレビ 解説委員 風間晋)


------------------------

キネシオロジーテストの結果報告

少しずつテストの結果を公表していきたいと思います。
このようなことを書けば「トンデモ」のレッテルを張られることは目に見えますが(汗)、書くことで意識宇宙に少しの変化が起こるならいいと思って。

テストをする前の心構えとして「私は知っている」という思い込みを捨て去ります。
ステートメント(文章の内容)の数値が1000Pになったときのみ、「イエス」とします。
ただし、下記「ご注意」もご覧ください。


◯移民キャラバンのきっかけを作ったのは、トランプ政権内部である。(1000P)

◯それはトランプ自身である(1000P)

◯トランプにこれについてアドバイスした人はいない(1000P)

◯トランプの中間選挙対策で画策した(1000P)

◯あくまでもトランプ自身のアイデアの一つで、協力者に金で依頼した。(1000P)

◯トランプ自身のいつものビジネステクニックの一つである(1000P)



ご注意:上記に関して私どもが独自のやり方で計測しているので、私どもにとりましては現時点では真実ですが、決して断定するものではありません。あくまでも参考程度にとどめてください。

コメント (2)