教務日記

山の小学校の教務主任です。学校の様子をお知らせします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

19年4月1日(日) 異動することになりました。

2007年04月02日 | Weblog
今年4月より、本校から異動することとなりました。

3月30日が新聞発表でした。
5年間、本校でお世話になりました。

本当にたくさんのことが浮かんできます。

このサイト「教務日記」をたくさんの方に読んでいただきました。
本当にありがとうございました。

今後、豊田市の小中学校のホームページは市全体を統一した規格で行うことになります。
本校のホームページアドレスも変更になります。
新たな本校のホームページアドレスが決まり次第お知らせします。

この「教務日記」は、本校のホームページからのリンクから切り離し、しばらくたってから、コメント、トラックバックを不可とした上でweb上に残したいと思います。

詳しくは後日お知らせします。

管理人であるカワセンにつきましては、下記ブログをご覧ください。

◆ブログ若手研 http://blog.goo.ne.jp/hnk333/ 社会科教育、サークルのこと
◆カワセン日記 http://hnk333.blog53.fc2.com/ 家族のこと

4月12日が離任式です。
たくさん話したこと、お礼を言わなくてはいけないことがあります。
本校の今年の異動は、私と校務主任のE先生の2名です。

私の勤務先は下記のところとなります。
◆豊田市教育センター
 http://www.toyota.ed.jp/kyoiku-center/

今後ともよろしくお願いいたします。
コメント (17)

19年3月1日(木) 「おこしもの」づくり

2007年03月01日 | Weblog
今日から3月。
とても温かな日でした。
4年生が、「おこしもの」づくりをしました。
講師はT君のおじいちゃんです。

おこしものとは、米の粉を使ったお菓子で、
木の型にすり込んで、形を作り、蒸して作るそうです。
Y君のおじいちゃんが、木を彫って枠を作ったそうです。



きれいで、おいしそうでした。



私もいただきました。
できあがったおこしものは、ようかんか、おもちのようでした。


足助では、昔から作られていたそうですが、一旦作られなくなり、
また作られるようになったそうです。

Y君のおじいちゃん、すばらしい味、そして伝統をありがとうございました。

-今日の一言-
・6年生、今日は3人による授業でした。でも、だいぶ回復してそうです。十分に体を休めて、元気になってくださいね。


コメント (2)

19年1月18日(木) 2年・ヒヤシンスの水栽培

2007年01月18日 | Weblog
今、2年生教室にヒヤシンスの水栽培が並んでいます。
同じ日に始めたのに、成長の度合いが違います。

どれも、芽がで出ましたが、
一つだけ、もうつぼみが出てきました!
「○○ちゃんの、いーな!」の声が聞こえてきます。

そして、根っこがすごい。



私も何十年も昔、小学生のときに水栽培をして、ワクワクしながら成長を見つめたこと、覚えています。

みんな、大きくなあれ!

コメント (12)

1月10日は鈴木正三の誕生です。

2007年01月12日 | Weblog
鈴木正三は、天正7年(1579年)1月10日に生まれました。
今日、担任の先生にお話していただきしたか?

もし、正三が生きていれば、428才ということですね。
110は「ひゃくとうばん」、警察の電話番号ですね。

ちなみに、毎年6月、心月院で行われる「正三忌」は正三の命日(亡くなった日)にちなんで行われています。


◆今日は何の日:1月10日生まれの著名人
http://www2.plala.or.jp/happy100/letsenjoy/koyomi/1-10.html
うーん、1月10日生まれの人、
数学者の森敦さん、爆笑問題の田中さんなど、個性的な方がみえますね。
コメント

19年1月1日(月) あけましておめでとうございます

2007年01月01日 | Weblog

        
     

あけましておめでとうございます。
平成19年のスタートです。
今年もよろしくお願いします。

※写真は、鈴木正三・重成公像「きずな」
     本校校舎 正三の教え「まごころこめて力いっぱい」の看板を掲げて
     善意文庫30周年記念・人形劇団ぐ・ちょき・ぱ公演
コメント (4)

18年11月20日(月) 静岡・安東小のこと

2006年11月21日 | Weblog
今、各学校で研究会が開催されています。
研究の成果と子どもたちの姿を公開し、教員同士が学び合う場です。
本校も平成15年、国語を中心とした研究会を開催しました。

昨日田口小で行われた研究会や市内の挙母小で行われた研究会に職員が参加し、すぐれた実践についての報告を受けました。

ところで、静岡にある安東小をご存知ですか。
研究会に参加した学校として私にとっては、忘れることのできない学校の一つです。
この教務日記と同一管理人によるもう一つのブログにそのことを書きました。
よろしかったらご覧下さい。
◆ブログ若手研:18年11月19日(日) 静岡・安東小のこと
http://blog.goo.ne.jp/hnk333/e/8b6b7a1cbb6823a93936ba8c7b4921ed

コメント (2)   トラックバック (1)

18年11月19日(日)正三祭り2

2006年11月19日 | Weblog
今講演を聞いています。

コメント (2)

18年11月19日(日)正三祭り

2006年11月19日 | Weblog
今正三祭りに来ています。
正三道を歩いています。
続きはまた、アップします。
コメント

18年11月1日香嵐渓

2006年11月01日 | Weblog
今日の香嵐渓です。今日からライトアップです。
まだ青いかな。
※モバイルによる投稿です。

コメント (4)

18年10月27日(金)東海北陸へき地研会・三重大会(2)

2006年10月27日 | Weblog
今、研修から帰ってきました。

全国のへき地・小規模校が加盟する「全国へきち教育研究連盟」という組織があります。
◆「全国へき地教育研究連盟」
http://www4.ocn.ne.jp/~x59y91/framepage1.htm
全国大会、ブロック大会、県大会などを開催しています。
昨年、私の勤務する愛知で東海北陸大会が開催されました。
◆カワセン日記:11月1日(火)東海北陸へき地教育研究大会・全体会 ①  
http://blog.goo.ne.jp/goonorisada/e/bc74104ff172a0d0a4f213fe84f0247a
今年、三重で開催された東海北陸大会に参加しました。
名古屋から近鉄特急で鳥羽へ。途中鈴鹿の山々が秋空にくっきり見えました。
全体会では、
へき地の利点を生かし、へき地でなければできない教育をしよう、子どもたちにふるさとに対する愛着と誇りを育てようという趣旨が再確認されました。

私の勤務校のお隣の学校が愛知の実践報告を行いました。私は、プレゼン操作のお手伝いをしました。
無事、任務を果たしほっと一息。

その後、アトラクションとして行われた神島小の太鼓に感激しました。
17人の子が堂々と、そして自在に太鼓をたたいていました。「島には守るべきものがある」ことにすばらしさを感じました。
◆神島小ホームページ
http://www.city.toba.mie.jp/kamisimasyou/index.html
この神島小の子どもたちの演奏の素晴らしさは、参観者の間でずっと話題になっていました。
また、全体会の最後に今年も「へき地教師の歌」を参加者全員で合唱しました。
私はこの歌が大好きです。へき地で教育にあたる者を勇気づけてくれる歌です。
◆平成18年11月2日(木) 「へき地教師のうた」のルーツ
http://blog.goo.ne.jp/goonorisada/e/33049d82764d3788895d69893e375e79
こうして全国各地でずっと歌い継がれていることに深い感慨を覚えました。

全体会終了後、定期船で答志島に渡り、宿泊。
◆三重県の島
http://homepage.mac.com/yoyo6/SHIMA/mie/mieTOP.html

部屋は、愛知の先生方と一緒でした。みんなで日本シリーズ第5戦をテレビ観戦。
ドラゴンズ負けました!日ハム優勝。
今回は、北海道の方に喜びをお渡して。

10月27日(金)第2日目。
宿から見る朝の海は、さわやかでした。
      

答志小・中の授業公開を参観。
教室の窓から海が見える素敵な学校でした。
      

6年総合「海を渡る木簡」の授業では、子どもたちが答志島出土の木簡を模写し、学習カードを用いながら感想交流する授業がありました。
      
教師の教材研究の深さを感じました。また、木簡を書くというアイデアが総合的な学習活動としてぴったりだと思いました。授業後、授業者の先生にお聞きすると、自分のオリジナルだそうです。授業づくりのセンスのよさを感じました。

小学4年生は、地元でとれるキスの干物づくりに挑戦していました。島の生活に密着した先人の智恵を学んでいました。
      
また、中学生は、島の若者から話を聞いていました。お祭りの青年団に憧れ、「俺は島に残らないあかんと思った。」という若者の言葉は、自らの将来を考える中学生の心に確かに響いたと思いました。

この答志小、答志中は確かな学力の育成と島のよさの再発見をめざし、小中連携の研究を進めてえます。組織は小中合同推進委員会と以下の3つの部会。
 ①地域部会(答志をもっと好きになる生活科・総合的な学習)
 ②確かな学力部会(出前授業、合同授業を中心に)
 ③行事部(学校、家庭、地域の連携)保育園、小学校、中学校の合同行事、地域、家庭との合同行事
 ◆答志小・中の紹介(三重県教育委員会)
http://www.pref.mie.jp/KYOIKU/hp/dayori/sennseihe42.htm
私が心を惹かれたのは中学生が考えた歌詞を地元の青年フォークソンググループが歌うという実践です。夢がありますよね。小中学生と島の若者を結びつけるという発想がいいな、と思いました。
この学校の研究は、学校づくりという枠を越え、島おこし、地域づくりそのものだと感じました。

初めて訪れた答志島にとても心惹かれました。
      
山育ちの私ですが、親近感も感じました。
海の青さ、点々と浮かぶ島。港を出て行く船。
伊集院さんの『機関車先生』のこと、あるいは、ブログのつぼみさんの初任地が離島であったこと、ドラマ『Dr.コトー』など、様々なことが頭に浮かびました。

島を離れる船の中で神島、答志島など鳥羽の島の子どもたちのすばらしい姿が浮かんできました。そして、自分が勤務する学校の子どもたちのことが浮かんできました。自分が力をかけて育てる子どもたちが待っている、と。
      


また、素敵なブログを発見しました。
◆答志島ブログ
http://tousijima.seesaa.net/

コメント (8)

18年10月27日(金)東海北陸へき地研究大会・三重県答志島(1)

2006年10月27日 | Weblog
今三重県答志島に来ています。船の上です。
携帯からです。
研修報告またします。

コメント

18年10月2日(月) いのちを感じるとき

2006年10月02日 | Weblog
1年生のNちゃんのお母さんのおなかの中には、赤ちゃんがいます。
ときどき、Nちゃんは、おなかの中の赤ちゃんの話をしてくれます。
「赤ちゃんは、ゆびをちゅっちゅっするの。」
「赤ちゃんはね、私に似て、運動神経がいいから、お母さんのおなかの中ででんぐりがえりをするの。」

Nちゃんのお母さん、ちゃんとNちゃんに「命」を伝えてみえますね。

<今日の出来事>
○1年生が、学級園でとれたサツマイモを料理しました。おかあさん方も学校にきてくださいました。
○斉藤先生の道徳授業(4年,2年,3年):「鐘の鳴る丘」という童謡から、戦争孤児のお話をしていただきました。


コメント (4)

18年7月6日(木) 携帯用緊急連絡ホームページ開設

2006年07月07日 | Weblog
本校から、保護者の方へ緊急連絡用に、携帯電話からアクセスできるページを作成しました。

◆則定小学校緊急連絡(携帯)
http://www2.town.asuke.aichi.jp/school/norisada/keitai.html

今後、不審者情報、警報などによる下校時刻の変更などの情報を発信します。
ご利用ください。
今週土曜日の保護者会全体会で連絡いたします。

現在6月23日15:00更新の
サル目撃情報がアップされています。



<追記>
ブログ「思いつくまま足助から」のtakakiさんが
緊急連絡ホームページのQRコードを作成してくださいました。
下記ページにあります。バーコードリーダー機能が利用できる方はどうぞ。
また、本記事のトラックバックも同じページに進みます。
▼地元小学校の緊急連絡HP(QRコード掲載)
http://asuke.air-nifty.com/blog/2006/07/qr_5166.html





また、土曜日の授業参観の内容が決定しまたので、お知らせします。
(参観のしおりより)

◆1年 みんなにしらせよう
   生活の中のできごとから、みんなに知らせたいことを絵と文で表現し発表します。初めの音読も楽しみにご覧ください。

◆2年 ニャーゴ
   「ニャーゴ」(作:宮西達也)の音読をします。それから登場人物(ねこ)に宛てた手紙を一人ひとり発表します。今までの授業で感じたことをねこへの手紙に表します。

◆3年 漢字の組み立てと意味を考えよう
   漢字の共通している部分(部首)をみつけてグループ分けをします。それぞれの部首がつく漢字を見つけて発表します。

◆4年 食品添加物について考えよう
   私たちの生活の中にどんどん広まっている食品添加物の害を少しでも減らすためにどうするかを考えます。

◆5年日本の食料生産~食料の輸入~
   新聞広告を手がかりに輸入されている食品や輸入国について学びます。多くの食品が輸入されていることに気づき日本の食料生産の問題について考えを深めます。

◆6年 パソコンで作ろう!! 親子のポスター
   6年生になって学習してきたワープロソフト「ワード」とデジカメを使って親子ポスター作りに挑戦します。パソコンを使いこなす頼もしいわが子の姿をご覧下さい。



<今日の出来事>
今日、初任者K先生の授業研究がありました。
K先生、お疲れさまでした。
先生の子どもに対するまっすぐな気持ちが伝わってきました。
先生の3ケ月間の成長を感じることができました。

今週は、プールや図書集会もありまた。
また、お知らせしたいと思います。


コメント (1)   トラックバック (1)

18年6月28日(水) 藤沢小のみなさん、ありがとうございまた

2006年06月28日 | Weblog

先日紹介したちゃぼの赤ちゃんのことについて藤沢小のM先生から次のようなメールをいただきました。

おはようございます。
残念ながら、今日は悲しいことをお知らせすることになりました。
楽しみに見守っていたヒナが、昨夜の内に水飲み用のトレーに入っておぼれてしまい
ました。
朝、子どもたちが異変に気がついたのですが、時すでに遅かったようです。
大切に埋葬しました。
子どもたちも、寂しそうにしていました。
則定小学校の子どもたちも楽しみにしていたことと思いますが、このようなことに
なって、本当に申し訳ありませんでした

このメールをいただいて、
こちらの方が、申し訳なく思いました。
知らせてくださった直後のことで、先生、子どもたち、さぞ悲しかったことでしょうね。また、びっくりされたことでしょう。
藤沢小、M先生に、メールを送りました。

藤沢小学校のM先生、
ていねいなメールありがとうございました。
生まれたばかりのひなは、ちょっとしたことが命とりになることを改めて感じました。

大切に埋葬していただいたとのこと、
ありがとうございました。
本当にかわいがってみえたのですね。

動物を飼っていると、命にかかわることがいくつも起こりますね。
子どもたちがつくった石のお墓が今も運動場の片隅にあります。

まだ、子どもたちには、伝えてありません。明日、伝えようと思います。
ありがとうございました。

お休みに見に行った4年生のT君とS君を始め、本校の子どもたちも悲しむでしょう。
でもあえて、知らせてくたさった藤沢小の先生、子どもたちの優しさを感じました。

本当にありがとうございました。

 

コメント

18年6月27日(火) マックスに子どもが

2006年06月28日 | Weblog
昨年度、本校から、藤沢小に行ったちゃぼのマックスがお父さんになったそうです。卵がかえって、ひよこが生まれたそうです。
先週、4年生のT君、そして藤沢小の先生から連絡をいただきました。
藤沢小の先生から写真を送っていただき、廊下に掲示してみなさんにもお知らせしましたね。

17日、4年生のT君とS君が、藤沢小学校に、マックス親子に会いに行ってきたそうです。そして、写真と動画を撮ってきてくれました。


背中が黒くて、お腹が白くてペンギンみたいですね。
かわいいですね。


そうです。
マックスはまっ白のチャボでしたが、メスが黒かったのですね。
だから、生まれたひよこは、ペンギンみたいに。

かわいいですね。

T君とS君、どうもありがとう。
なかなか、写真を撮るのが上手ですね。
元気そうで安心しました。

動画は、今回、うまくアップできませんでした。
何回か挑戦ましたが、残念!
また、試してみますね。
コメント