教務日記

山の小学校の教務主任です。学校の様子をお知らせします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

18年7月28日(金) コンピュータ研修・情報教育東海研究所にて

2006年07月29日 | 研修・講演・各種団体・へき地教育
夏休み中、教職員には、様々な研修の機会が与えられています。
最近、教育力の向上が言われます。まず我々教師が確かな力をつけることがその第一歩だと思います。

昨日、今日と県総合教育センター主催のコンピュータ活用講座「表計算ソフトの応用」に参加しました。場所は、東海市です。

私たちが普段使っている表計算ソフト・エクセルの関数の活用を中心とした研修会です。
今まで、雑誌や手引書を元に成績処理や会計処理を行っていました。何度も関数に挑戦しながら、もやもやしたものがありました。今回の研修で、自分のものしたいという思いがありました。

2日間の研修は、目からウロコの連続でした。
たとえば範囲選択のし方やカーソルの効率的な動かし方です。
連続したセルの選択はドラッグでもいいですが、始点のクリックと、終点の[SHFT]キー+クリックでOKです。また、リターンキーによるカーソルの移動の仕方も自由に設定できます。知らなくても使えるけれど、知っていれば格段にスムーズです。基礎的なことを知らずに使っていたのですね。みなさんはもうご存知ですよね。

このあたりは、序の口でした。
いよいよ関数です。
○歯科統計の一覧表に虫歯が1本以上ある子には「注意」、3本以上ある子には「要注意」と表示させる。(IF関数)
○学年の保健統計から1組男子の平均身長を求める。(DAVERAGE関数)
○保健統計から身長が180cm以上または150cm以下の人数を求める。(DCOUNT関数)
○学校名の一覧表から、各学校の小中区分や市町村名だけを取り出し、一覧にする。(LEFT関数、RIGHT関数、FIND関数)
○児童名簿を元に、必要な児童の情報だけを表示させる。(VLOOKUP関数、HLOOKUP関数)
○今日から賞味期限までの日数を計算する。(DATA関数)
○テストの度数分布表を作る。(FREQUEHCY関数)
さらに、応用操作として
○最高点、最低点の子の得点を赤い色で表示させる。(条件付書式)
○間違った数値を入力すると、「エラーですよ。もう一度入力してね!!」と表示させる。(入力規則)

普段、私たちが実際に数えたり、計算している操作は、関数を選んで、手順に従って範囲指定するだけで、瞬時に、そして確実に行うことができることがわかりました。
また、関数は英語の構文のようなもので、実際に使いながら、こういうときは、こうじゃないかと考えながら使っていくことが上達のコツのようです。今の私の状況は、「こんな構文があるよ」を教えてもらったというところでしょうか。

今回の研修を私の校務分掌に生かせそうなのは、授業時間数のカウントです。
自宅に帰って、ちょっとやってみました。
毎週発行している週予定に関数を貼り付けて、教科別の授業時間の累計表を自動計算するようにしてみました。
COUNTIF関数を使って複数シートを範囲選択することででできました。
今までずっとできたらいいな、と思っていました。
ちょっとした感動です。
これも所員の方のおかげです。ありがとうございました。

今まで「窓の杜」や「ベクター」などのサイトでいくつかソフトをダウンロードして使ってみましたが、二学期制、本校独自の時間などいくつかのハードルがありました。

研修は、その他にも、クロス集計、シュミレーション、VBA(ビジュアルベーシック)によるユーザー定義関数と続きました。

このあたりは、今の私には「すごい」の一言でした。
このあたりまでやって、初めて「エクセルを使ってる」というのでしょうね。

<追伸>
2日間の研修、近くの学校のY先生と一緒でした。
教えていただいたり、一緒にお弁当を食べたりしました。
おかげで楽しい研修ができました。ありがとうございました。

普段教える側にいますが、今回は研修を受ける側になった2日間でした。
講師の方のお話を聞きつつも、ついつい自分のペースで進めたくなるものですね。
子どもたちの気持ちがよくわかりました。



<参考>
◆愛知県総合教育センター
http://www.apec.aichi-c.ed.jp/
◆情報教育東海研究所
http://www.ie-tokai.aichi-c.ed.jp/index.html
コメント (2)

18年7月26日(水) 夏休みの学校・耐震工事と水泳指導

2006年07月27日 | 行事
夏休みになって一週間が過ぎようしています。

調子はどうですか。
5,6年生のみなんさ、水泳の練習がんばっていますね。
今日は、飛び込み、呼び出しから雷管を使ってのスタート練習など本番に近い形で調整をしましたね。


いよいよ明日が大会ですね。
自己ベストをめざしてがんばってくださいね。
本校にはプールがないため、マイクロバスで中学校のプールに行って練習を続けています。
今日は、練習をしていると、卒業生のMさんとRさんが手を振ってくれました。
ありがとう。応援に応えて、みんながんばるから。

それから、学校の耐震工事が本格化しました。
集会室には、筋交いが入りました。


また、教室のある校舎は、外側に足組みが組まれ、ブルーシートで覆われました。



コンピュータ室が臨時職員室になっています。御用の方は、迷わずに来てくださいね。

それから、担任の先生と休み中の補充の学習に参加している人もいます。
じっくり、2,3時間かけて学習して、「おもしろかった。」という人もいました。夏休みを有効に使っていますね。

私は、明日、明後日と東海市で開催されるパソコン研修に参加してきます。
パワーアップをめざして参加したいと思います。

コメント (4)   トラックバック (1)

18年7月21日 今日から夏休み

2006年07月21日 | 行事
今日から、夏休みに入りました。

5,6年生のみなさんは、27日のブロック水泳大会までがんばってくださいね。
今日は雨でしたが、かえってプールの水の方が温かだったかな?

学校は、いよいよ耐震工事が本格化しました。
今日から、校長室、職員室、一般教室の工事も開始です。
昨日子どもたちが下校した後、職員室、校長室、放送室、西倉庫のものを引越ししました。結構大変な作業でした。
夏休み中は、パソコン教室が職員室になります。
来校される場合、よろしくお願いします。

もう、今日の帰りには、校長室の壁がはがれていました。
昭和38年建築の校舎は、壁板の下は土壁でした。
また、校長室と、職員室の間の壁には、太い斜交い(はすかい)が入っていました。
工事の方が「丈夫に作ってある」と言ってみえました。昔の方が一生懸命作られたのでしょう。それでも、現代の耐震基準には満たないということなのですね。

それから、「よつばクラブ」(学童保育)に顔を出してみました。
夏休み中は、4名増えて8名ということでした。そのうち3名は、学区外の方だそうです。
もう、すっかり仲良しになっていましたね。
今日は、学童保育さんも、あいにくの雨で大変そうでした。
長机を並べて卓球をしてみえました。狭いスペースでいろいろ工夫してみえるな、と感心しました。

さあ、長い夏休みの始まりです。
みなさんは、何しますか!?
元気に学校に来てくださいね。


コメント (2)

18年7月17日(月) 燃料電池授業(7月13日)

2006年07月17日 | 授業
みなさんは、燃料電池自動車をご存知ですか?
そうです。水素を燃料にした自動車で排出されるのは水だけという究極のエコカーです。

先週の木曜日(7月13日)、市教育センターの鈴木孝郎先生による燃料電池の出前授業(4年生)が、本校でありました。
(実は、鈴木先生は本学区にお住まいです。)

はじめに、4年生の子どもたちに水素という眼に見えない気体の性質をとらえさせる実験がありました。
風船に水素を入れて手を離すと、風船が浮き上がりました。「うわっ。」と喚声が上がりました。
次に、その風船にろうそくの火を近づけました。どうなるかは、動画でどうぞ。
動画はこちらへ

いかがですか。これで、子どもたちは、水素の存在をしっかりととらえました。

次に、燃料電池動自動車を走らせました。水素をボンベで注入して走らせます。


一回の注入で、10mくらい走ります。そして止まった車に水素を注入すると、また走り出しました。水素でモータが動いていることを確かに感じた場面でした。
「やったー。」
子どもたちは大喜びです。

見ている私たちも「すごい。」と声をあげてしまいました。

現代の問題を克服するために、新しい技術の開発が確実に進められていることを実感しました。

鈴木先生のお話では、燃料電池は、普通の車の100倍くらいの費用がかかるそうです。(2億円~3億円!?)

この子たちが、大人になる頃には、きっとさらに開発が進み、燃料電池自動車が一般的になっていることでしょう。
今回の授業でこうした研究や開発の仕事に興味を持った人もいたのではないでしょうか。

鈴木先生、すばらしい授業をありがとうございました。
※この授業は、豊田市の全小学校で行われる予定です。鈴木先生の授業は、とよたひまわりネット(ケーブルテレビ)でも放映されたそうです。
※このページの掲載内容は、鈴木孝郎先生の許可をいただいています。



<関連サイト>

▼燃料電池自動車
http://www.iae.or.jp/energyinfo/energydata/data4008.html

▼トヨタ自動車・研究技術・燃料電池
http://www.toyota.co.jp/jp/tech/environment/fchv/nenryo.html

▼[PDF形式]水素を燃料とする燃料電池自動車の概要 (トヨタ自動車株式会社)
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha05/09/090617_2/01.pdf

コメント (4)

18年7月12日(水) 5年生キャンプ-旭高原自然の家にて-

2006年07月12日 | 行事
今日から5年生は、1泊2日のキャンプです。
本校と近隣の3校の合同で行います。

今日夕方、校長先生、私、6年担任のK先生、2年担任のK先生、1年担任のE先生5人で、ファィヤーの応援に出かけました。
最初の写真は、山の神(火の神)から火を分けてもらっているところです。

いよいよ井形に点火されました。

班は、学校の枠をはずして、混合です。

班の出し物で、じゃんけん列車がありました。



もしもしカメよ」の歌に合わせて、肩たたきゲームをしました。


本校の5年生全員がファィヤーの前に立って「アブラハムには7人の子」を行いました。



ファイヤーの火も元気よく燃えていました。

バツゲームで、リンボーダンスをした子もいました。

短い時間でしたが、肩をたたき合い、一緒に踊って親交が深まりました。

そしてお待ちかね、お隣の学校のY先生の火舞がありました。


とても楽しいファィヤーでしたね。

明日、元気に学校に帰ってくるのを楽しみにしています。



コメント (2)

18年7月9日(日) オカヤドカリ-5年生のペット- 

2006年07月09日 | 自然・季節・いい話
みなさん、オカヤドカリをご存知ですか。
そう、海水がなくても生きることができるやどかりです。
今、5年生が教室で飼っています。






えさは、キュウリからポップコーンまでいろいろ食べます。
下の写真はの中のキュウリが食べてあるのがわかりますか。


「ポップコーンはぜいたくだ!」と子どもたちは言っていますが。

ヤドカリによって、性格もまちまちです。
すぐに出て来て動きだすもの、慎重でじっとしているもの。



大きくなると、棲家(貝殻)をか変えます。
こんなトロピカルなものもお店やさんにあるそうです。


残念ながら、まだ上記の貝殻の棲家は、入っていないそうですが。

子どもたちの中には、「ヤドカリを鍛える」と言って、ひもをつけてヤドカリにひっぱらせ子もいます。

4年生の国語に「ヤドカリとイソギンチャク」という説明文が出てきます。(東京書籍)
そのときは、4年生の教室に出張しました。

5年生は、名前をつけてペットとしてかわいがっています。
この子たちは、昨年実は、カメムシに色を塗ってペットにしていた子たちです。
上手にかわいがってあげるとカメムシもにおいを出さないんですよ!

▼17年11月18日色つきカメムシ【教務日記】
http://blog.goo.ne.jp/goonorisada/e/a96c097d8ac0e17daafc611b8caa9c14

みなさんのところでは、何か、飼ってみえますか?



<保護者の方へ>
9日(土)の保護者会への参加、ありがとうございました。
全家庭出席でした。

学校保健委員会での
子どもたちの発表、保護者の方の感想発表などが楽しかったですね。

コメント (6)

18年7月7日(金) 七夕の日に

2006年07月07日 | 行事
※画像は、素材集より。直接本文の内容と関係ありません。
みなさん、今日は7月7日。そう、七夕ですね。

今日は、給食に七夕にちなんだ、ちらし寿司と、そうめんのおつゆ、そして、星の絵のついたカップに入ったデザートが出ました。
とてもおいしいかったです。栄養士さんありがとうございます!
(写真に撮ればここで紹介できたのに、残念。)

5時間目に、児童会による七夕集会がありました。
今は、集会室が耐震工事のため、則定集会所で行いました。

児童会の子が考えてくれた七夕ゲーム、楽しかったですね。

学年に応じて問題の難しさが考えてありましたね。
七夕のついて、少しもの知りになりましたね。

「どうして、彦星と織姫は、一年に一度しか会えなくなったのでしょう。」という問題がありました。
私の隣にいた、4年生のNさんが「お父さんに反対されたから。」とつぶやきました。
「あれ?彦星と織姫が遊んでばかりじゃなかったかな?」と私。
女の子は、いろいろ考えるな、と感心していました。
ところが、正解は「二人が遊んでばかりいるので、織姫のお父さんが怒って、二人を別れさせたから」ということで、Nさんの考えも正解ということでした。
なるほど。

その後、短冊に書いた願いごと発表がありました。
            
            ※写真は、集会所に立てた笹の木です


先生方の願いごとも児童会の人が発表してくれましたね。
○○先生の「5キロやせますように」というのもありましたね。
みんなで大笑いしました。
5年担任のY先生は「キャンプがいい天気になりますように。」と書いてみえましたね。もう来週ですね。晴れるといいですね。

家に帰って、空を見上げました。
残念ながら、曇りでした。

織姫と彦星は会えなかったのかな。
一年に一度だけの会える日なのに、
ちょっとさみしすぎますよね。

雲にかくれて、二人でそっと会っていますよね。



コメント (2)   トラックバック (1)

18年7月6日(木) 携帯用緊急連絡ホームページ開設

2006年07月07日 | Weblog
本校から、保護者の方へ緊急連絡用に、携帯電話からアクセスできるページを作成しました。

◆則定小学校緊急連絡(携帯)
http://www2.town.asuke.aichi.jp/school/norisada/keitai.html

今後、不審者情報、警報などによる下校時刻の変更などの情報を発信します。
ご利用ください。
今週土曜日の保護者会全体会で連絡いたします。

現在6月23日15:00更新の
サル目撃情報がアップされています。



<追記>
ブログ「思いつくまま足助から」のtakakiさんが
緊急連絡ホームページのQRコードを作成してくださいました。
下記ページにあります。バーコードリーダー機能が利用できる方はどうぞ。
また、本記事のトラックバックも同じページに進みます。
▼地元小学校の緊急連絡HP(QRコード掲載)
http://asuke.air-nifty.com/blog/2006/07/qr_5166.html





また、土曜日の授業参観の内容が決定しまたので、お知らせします。
(参観のしおりより)

◆1年 みんなにしらせよう
   生活の中のできごとから、みんなに知らせたいことを絵と文で表現し発表します。初めの音読も楽しみにご覧ください。

◆2年 ニャーゴ
   「ニャーゴ」(作:宮西達也)の音読をします。それから登場人物(ねこ)に宛てた手紙を一人ひとり発表します。今までの授業で感じたことをねこへの手紙に表します。

◆3年 漢字の組み立てと意味を考えよう
   漢字の共通している部分(部首)をみつけてグループ分けをします。それぞれの部首がつく漢字を見つけて発表します。

◆4年 食品添加物について考えよう
   私たちの生活の中にどんどん広まっている食品添加物の害を少しでも減らすためにどうするかを考えます。

◆5年日本の食料生産~食料の輸入~
   新聞広告を手がかりに輸入されている食品や輸入国について学びます。多くの食品が輸入されていることに気づき日本の食料生産の問題について考えを深めます。

◆6年 パソコンで作ろう!! 親子のポスター
   6年生になって学習してきたワープロソフト「ワード」とデジカメを使って親子ポスター作りに挑戦します。パソコンを使いこなす頼もしいわが子の姿をご覧下さい。



<今日の出来事>
今日、初任者K先生の授業研究がありました。
K先生、お疲れさまでした。
先生の子どもに対するまっすぐな気持ちが伝わってきました。
先生の3ケ月間の成長を感じることができました。

今週は、プールや図書集会もありまた。
また、お知らせしたいと思います。


コメント (1)   トラックバック (1)

18年7月1日(土) 点灯式、にぎやかに開催

2006年07月01日 | 保護者・PTA・地域・ゆめ推進
今日は、学区の点灯式でした。

「点灯式」ってわかりますか?(本校の方はご存知ですね。)
今日から毎週土曜日、学校の運動場でナイターでレクバレーの練習が行われます。
「点灯式」は、「夜間照明を始めて使う式」ということです。

8月には10の小学校対抗でPTA球技大会があります。

今日は、学区の自治区長さん、自治会長さんにも来ていただき、盛大に式が行われました。
大人について、小学生もたくさん来ていました。

学校の運動場のナイター設備に電灯がともると、拍手が起きました。

式の後は、練習開始です。
則定、霧山、下国谷、東大島の4地区対抗で試合をしました。

本校の初任者K先生、なかなかの腕前です。
中学時代、バレー部だったとか。
今日は、霧山チームに入って、がばってみえました。

下国谷のチームは、Kさんの家族5人(ご主人、奥様、高3の息子さん、高1に娘さん、中2の息子さん)とSさんのご家族3人(ご主人、奥様、中3の娘さん)です。2家族で8人参加してみえました。その後、Kさんのご家族もかけつけてくださいました。

参加してくれた高校生、明るい雰囲気でプレーしてくれましたね。
とてもさわやかでした。
高校生に「恥ずかしい」という気持ちもあると思うのですが、
彼らが子どもの頃からずっと続くこの行事を自然と感じられるようです。

また、久ぶりに中学生なった卒業生と話しました。
いまだに私のことを「○○ひこ先生」とあだ名で、呼びます。
風貌は、大きくなったけれど、話していると、小学生の頃にもどってしまいそうでした。
私の中に入るのは、やっぱり小学生の頃の彼女たちです。

<おまけ>
今日、NOIKOさんにお会いしました。
今まで、お話したこともありしたが、ブログに書き込みをしてくださったNOIKOさんとは思いませんでした。
このブログに早い時期から書き込みをしていただいていたんですね。
ありがとうございました。
また、今回もkeiさんに助けていただきました。ありがとうございました。


コメント (6)