教務日記

山の小学校の教務主任です。学校の様子をお知らせします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2月27日(月) 「千の風になって」 道徳授業

2006年02月28日 | 授業
あなたの大切な人が死んでしまったらどうしますか。

「わたしのお墓の前で 泣かないで。
 風になって、あなたのそばにいるから。」

今日、斎藤先生の道徳の授業がありました。
斎藤先生は、退職された校長先生です。
本校で何度か、道徳の授業をしてくださっています。

今日は、6年生で「千の風になって」の本と歌を扱って授業をしてくださいました。

この詩は、世界的に有名な詩だそうです。私も初めて知りました。
         
▼千の風になって(講談社BOOKクラブ)
http://shop.kodansha.jp/bc/books/topics/thousand_winds/
▼千の風になって-新井満-
http://www.twin.ne.jp/~m_nacht/1000wind/1000wind.html

私も歌を聴きながら、
生命のつながりについて思いました。

間もなく卒業する6年生に、素敵な心のプレゼントになりました。
斎藤先生、ありがとうございました。
         

◆◆◆今日のできごと◆◆◆
○5年生が、全校の前で朗読をしました。
「しあわせのかくし味」「かあさん」「アメニモマケズ」
長い詩を正確に暗記して、発表してくれました。
私たちの心に残りました。ありがとうございました。
○校長先生が、昨日、嵐の中でウコッケイたちために小屋を作られたそうです。風で吹き飛ばされそうになにながらです。(全校タイムのお話より)
○今日から夏季日課開始です。陽射しも強まりました。春の訪れを感じますね。
コメント (1)

2月26日(日) 母校が閉校に

2006年02月26日 | 個人・読書・教育一般

私の卒業した小学校は今年の3月で閉校になります。
私の母校は、豊田市立(旧東加茂郡下山村)立和合小学校です。
 ▼豊田市立和合小学校
今日、その閉校記念誌が届きました。
記念誌は以下ような内容です。
「和合小学校 閉校記念誌 ここに学ぶ」
 中表紙は、茅葺(かやぶき)の校舎です。(写真参照)
◆和合小学校の1年
 今年の和合小学校の子どもたち活躍と四季折々の写真、かいいイラストによる学区の絵地図(中村さんという下山在住の方が描かれたそうです。)
あいさつ、閉校にあたって
 (豊田市長、豊田市教育長、元下山村村長、和合自治区長、閉校実行委員長)
◆和合小の変遷史
 明治5年の学制発布の年にできた和合小学校の歴史を沿革を年代ごとに写真と丁寧な解説でまとめてありましまた。
◆和合小学校のあゆみ
 毎年の卒業写真と卒業生の名前、その年の主な出来事が掲載されています。
◆ふるさとの思い出
 ○地域の方の山仕事、田畑の仕事の様子(昭和30年頃)
 ○地域の行事炭焼き窯作りり様子
 ○笑顔いっぱいの子どもたち(学校を離れた子どもたちの様子)
 ○学校の思い出
 ○運動会はみんなで楽しんだ
 ○登下校の風景(昭和30年頃)
 ○文集から(「和合の子ら」から作文、詩、版画等)
◆歴代校長、職員
◆閉校委員会の足跡
◆閉校実行委員会、年次代表者氏名
◆思うこと(PTA会長、学校長)


各年次の卒業写真には、私の祖父も、父も、叔父も、叔母も載っていました。
懐かしい友、恩師の顔がありました。
写真を見ていた娘が「おにいちゃんに似てるね。」と言いました。(確かに!)
私が6年生のとき、開校100年の記念式典がありました。写真を見ながらその時のことを思い出しました。

総ページ数180ページ。
すばらしい記念誌を作ってくださったと胸が熱くなりました。
和合小学校の校長先生を始め先生方、実行委員の方、本当にありがとうございました。
3月26日の閉校の会には、ぜひ参加させていただきます。
今週、4年生のY君が、貴重な資料を持ってきてくれました。
今日は、私自身の歴史を振りかえる日になりました。
本校のこととは、直接関係ありませんが、紹介させていただきました。                                                

コメント

2月25日(土) 『あたらしい憲法のはなし』(昭和22年:文部省)

2006年02月25日 | 行事
このブログを読んでださっているhirarinさんが
授業で「あたらしい憲法のはなし」という本を使ったことを教えてくださいました。

▼憲法前文(2月24日(金)の『教務日記』の記事へのコメント)

昭和22年、新憲法の考え方を子どもたちにわかりやすく説いた本です。
私は、そういう本があることは、聞いていましたが、本物は見たことがありません。

hrarinさんの学校で使ってみえるのは、当時のもののようです。


インターネットで調べたところ、復刻版が出ていることを知りました。
▼書籍情報:2004年8月発行「あたらしい憲法の話・民主主義」

また、内容委インターネット上で見ることができることがわかりました。
▼「あたらしい憲法のはなし」(青空文庫)

さっそく、復刻本を注文したいと思います。

hirarinさんのおかげでたくさんのことを学ぶことができました。
ありがとうございました。


にほんブログ村 トラックバックテーマ 社会科教育へ社会科教育
コメント (2)

2月24日(金) 日本国憲法前文の授業

2006年02月25日 | 行事
6年の社会は、歴史が終わり、現代の社会の学習をしています。

みなさんは、日本国憲法を読んだことありますか。

6年生は、前時、国民主権、基本的人権の尊重、平和主義について、日本国憲法の中でどのように述べられているかを学びました。

今回は、前文を学習しました。「前文にはどんな思いがこめられているだろう」が今日の学習課題でした。

授業の中で
「私たちはたちは、…全力を挙げて…することを誓う」って書いてあって、選手宣誓みたい、
という意見がでてきました。そうです、まさに、この憲法への意気込みが強く伝わってきます。

戦争の反省に立って、二度と戦争をしない、という意気込みは特に強いですね。
子どもたちは、そのことに気づいたようでした。

そして、授業りの後半で「日本国憲法前文」の歌を子どもたちに紹介しました。
前文にフォークソング調の曲をつけたものです。

子どもたちに大変ウケました。
十数年前、中学校の勤務していた頃、集めた授業のネタの一つです。
(当然CDではなくレコードでした。)

子どもたちは、笑いながら聞いていました。
「先生、トレビの泉に出しましょう」
という意見もありました。
「お昼の放送で全校に流そう」
という意見もありました。

日本国憲法前文のことを思い出してくれれば、幸です。

◆◆◆今日の出来事◆◆◆
○新入生入学説明会。来年度入学する子どもたちと、保護者の方が来校。、本校の日課、行事を説明し、文具、ジャージの購入をしていだだきました。新1年生は、なかなか元気がよさそうです。楽しみです。
○五年生の人たちが、卒業生を送る会の準備を一生懸命やっていますね。ありがとございます。


コメント (4)

2月22日(水) もみじのたねを知っていますか。

2006年02月23日 | Weblog
みなさんは、秋に紅葉するもみじが、今、どうなっているか知っていますか。

写真がそうです。
丸い葉っぱのようなものがついています。
今日、運動場のまわりの木の中に見つけました。
私は、何かわかりませんでした。

「それは、もみじのたねですよ。”とんぼ”と呼んでいます。」
と本校の校務手のFさんが教えてくださいました。
なるほど、確かにとんぼのように見えます。

Fさんは、山野草の専門家です。さすがFさん!

今日は、気温が外で14度まで上がりました。
校庭の桜に小さなつぼみがついていました。
春は、もうすぐそこまできていますね。

来週、卒業生を送る会ですね。5年生の人が中心になって、準備を進めています。


コメント (1)

2月22日(水) 3代目の穂積橋

2006年02月23日 | 授業
4年生、社会科の地域の歴史の学習は終わりました。
でも、Y君は、家にある古いものを調べて、今日持ってきてくれました。

宿題ではありません。
自分から進んで調べたY君、すばらしい!

Y君が持ってきてくれたのは、
①小学校の児童手帳。なんと、小学校6年間のすべての成績が載っていました。Y君のひいじいちゃんの弟さんのものだそうでした。
②おじいちゃんの通知表(昭和22年)
③学校近くの穂積橋の歴史を書いた資料
 明治31年に橋ができるまでは、渡し船しかなかったとのことでした。昭和13年、昭和60年に作り直され、現在の橋は3代目だそうです。今の橋の上流に1代目が、下流に2代目が作られたとのことでした。2代目の橋は、車の事故があって、おばけが出たそうです!

④大正時代の初代穂積橋の写真。

驚くことばかりでした。
よく残っていたな、と感心もしました。

今日の下校のとき、Y君の通学団と一緒に帰り、穂積橋を見てきました。

確かに、川の中に、大きな穴があいた石が2箇所ありました。そして、その岸には、石垣がつまれ、川に向ってのびていました。そこに、今はない橋を想像しました。
確かに、石垣の延長線上に、穴のあいた石があります。

また、橋の近くまで行くと、Y君のお父さんがちょうど散歩してみえました。
そして、薬師堂に案内してくださいました。
そこには、初代の橋の写真が飾ってありました。

感動しました。普段通っている道なのに、全く知りませんでした。

Y君、そして、Y君のお父さん、ありがとうございました。
コメント   トラックバック (1)

2月21日(火)学校文集「のりさだっ子」印刷中

2006年02月22日 | Weblog
今、学校文集「のりさだっ子」の印刷をしています。
みなさんが、書いてくれた作文が本になるんですよ。
今年は、第32号業かな。
楽しみに待っていてくださいね。
コメント

2月20日(月) 「のりっ子夢シアター」ホームページ完成

2006年02月21日 | 図書館活動・一行詩

 のりっ子夢シアターのホームページをアップしました。
▼則定小学校ホームページ
http://www2.town.asuke.aichi.jp/school/norisada/
▼ようこそのりっ子夢シアターへ
http://www2.town.asuke.aichi.jp/school/norisada/tyared/index.html

夢シアターができるまでの様子、1年生「ろくべえ、まってろよ、3年生「ばけくらべ」の上演の様子、人形劇団「ぐ ちょき ぱ」の上演の様子などを見ることができます。

トップページに上演した劇の一覧表を載せました。これから上演されるたびに一覧表に書き込んでいく予定です。

「ドリームシアター」のイメージを大切にして、イラストを入れたり、暖かな色を使うなど、ファンタージーな感じを出してみましたが、いかがですか。

また、感想を聞かせてくださいね。みなさんのアイデアを取り入れてよりよいものにしていたいと思います。


◆◆◆今日の出来事◆◆◆
○六年生が全校のまえで朗読をしました。
自分が今年作った中で、一番のお気に入りです。
上手でしたよ。

○ちゃぼをうけいれてくださったF小学校から、歓迎式の写真を送っていただきました。

              

とても歓迎してくだったことがわかりました。また、大変立派な飼育舎(あにまるはうすというそうです)の写真も送っていただきました。
元気で。また、会いに行きたいですね。

コメント (4)

2月17日(金) ちゃぼとの別れ

2006年02月19日 | 自然・季節・いい話
今日、F小学校の先生が朝、ちゃぼを引き取りに見えました。
(実は、3年H君のお母さんです。)

全校が飼育小屋の前に集まりました。

チャボは、マックス(オス)とチャマ(メス)です。
※子どもたちの中には、チャマは、チョロという説もありました。

F小では、歓迎会を開いてくださったそうです。

そして、今日の帰りに校長先生が、うこっけい3匹(オス1匹、メス2匹)を引き取っていかるとのことでした。

※今日は、午後から出張で、その様子はわかりません。
また、出張の関係で写真のデータをこの記事にアップできませんでした。後日、アップします。

◆◆◆今日の出来事◆◆◆
○朗読訪問練習開始(朝の活動)
3月7日の朗読訪問に向けて通学団ごと練習を開始しました。
○4年図工・版画。遂に刷りました。1人1人味のある「友の顔」を完成させることができました。後日、作品をアップしたいと思います。ししししちちちちち
○6年社会、THさんの祖父さんが送ってくださった資料「名前をさぐる旅」を読み合い、手紙を書いたものを今日、郵送しました。祖父さんのお兄さんの行動が、子どもたちの心に深く響きました。
○市道徳主任社会。
コメント (1)

2月15日(水) ウサギたちとの別れ

2006年02月17日 | 自然・季節・いい話
今日、ウサギの「とつぎ先」の下山地区の駐在さんが、本校にきてくださいました。
子ども達に手紙を書いてきてくださいました。また、うさぎたちのために新しく飼育小屋を建ててくださるとのことでした。とても、優しそうな方でした。

子どもたちは、自分たちがかいたウサギたちの絵を駐在さんのあげました。
いよいよウサギたちを乗せた車が動き出しました。
みんなで車を、じっと見送るりました。

この日の日記には、ウサギとの別れを子どもたちがどううけとめたのかがたくさん綴られていました。後日紹介します。

◆◆◆今日の出来事◆◆◆
○豊田市の社会科副読本編集会議がありました。今回は原稿執筆前の単元の構想について話し合いました。新制豊田市の特色がよくわかる副読本にしようと、集まった一人一人の先生方が思ってみえるようでした。                            
コメント (1)

2月14日(火) 今日はバレンタイデー

2006年02月15日 | 自然・季節・いい話
今日は、バレンタインデーです。
学校では、昨日の全校タイムで「学校にはチョコレートなど持ってこないようしましょう」
とみなさんにお話がありましたね。

「きびしい!」という声も聞こえてきそうです。
でも、エスカレートすることも心配です。

なかには、手作りのチョコレートを準備していた人もいたそうですね。

今日は、みなさん協力してくれたようですね。
ありがとうございました。

今日、女の子たちと話ていたら、家に帰ってから、1人の女の子は8個、もう1人の子は9個配るとのことでした!
配る人は、
お父さん、おじいちゃんなど家族(家族の方は喜ばれたことでしょうね)、
女の子のお友達(こういうチョコを「ともチョコ」というそうです)
それから、男の子!

でも、その女の子たちは、二人で同じ男の子のところに配りに行くそうで、
「一緒に行こうか」と相談していました。

何か、とてもほほえましかったです。
そして、2人とも3月14日を楽しみにしていました。

◆◆◆今日の出来事◆◆◆
○いよいよ、明日の午後、うさぎの”嫁ぎ先"の方がもらいに来ていらっしやいます。
図工の時間に3年生の人たちが、飼育小屋のチャボやうさぎの絵を描いていました。
とてもよくかけていましたね。
○2時間続きのクラブがありました。みんな本当に楽しそうでした。模型クラブの人たちは、ペーパークラフトでチャボを作っていましたね。テニスクラブは、団体戦のリーグ戦を行いました。4月に比べよく打てるようになってきましたよ。優勝チームには、豪華賞品(?)が渡されました。ビデオクラブの人たちが、試合の様子をビデオに撮ってくれました。

コメント (2)

2月13日(月) 別れを惜しんで

2006年02月14日 | 自然・季節・いい話

うさぎたち4羽が15日、市内下山地区の駐在さんのところに行くことになりました。明後日です。
今日、全校出席でした。飼育小屋の前で全校で別れを惜しみました。
    

みなさんと、動物たちがどれたけつながっていたかを改めて感じました。
動物たちは、みなんさに優しい心をくれましたね。ありがとう、動物たち。

◆◆◆今日の出来事◆◆◆
○3年生消防署見学。足助地区の消防署見学に行きました。救急車に載せていただき、丁寧な説明を聞いてきました。ありがとうございました。その写真が、「あすけ支所たより」にのるそうです。

コメント (2)

2月10日(金)飼育小屋と子どもたち

2006年02月12日 | 自然・季節・いい話
事情により、飼育小屋を撤去することになりました。
子どもたちには、1月、そのことを伝えました。
最近、飼育小屋を訪れる子どもたちがめっきり増えました。


今の6年生の人たちが2年のとき、小屋を増築しました。
S君のおじいちゃんが力を貸してくださいました。
肩にチャボを乗せて見せてくれるくらいなついていました。
チャボのマックス、うさぎのたま、プリン、うさこ、ミンミン、
それぞれみんなが名前をつけてくれました。

みんなが一生懸命育ててくれた動物たち。

動物たちとの別れの日が近づいています。



◆◆◆今日の出来事◆◆◆
○4年生の版画、彫り終わりました。来週、いよいよ印刷です。
○6年社会、THさんのおじいちゃんから送っていただいた資料と手紙を授業で読みました。最後まで行きませんでした。続きは次回です。
  THさんのおじいちゃんのホームページ掲示板
コメント (4)

2月9日(木)学校公開日

2006年02月10日 | Weblog
今日は、後期学校公開日です。
朝からたくさんの保護者の方が参観してくださいました。
4時間目は、盛賜会(もりしかい:地域の老人クラブ)の方の交流会、昼放課に図書集会がありました。
盛賜会のとの交流会は学級ごとに行いました。
1,2年は、昔の遊び。糸を巻いて回すコマでした。盛賜会の方が、お手玉を持ってきてくださいました。
3年生は、人形劇上演。
4年、戦争の頃のお話を聞く。
5,6年生は、グランドゴルフ
でした。
地域の方に教えていただくことがたくさんありました。
ありがとうございました。
図書集会は、本当てクイズ、ランキング、パネルシアター「かさこじそう」などがありました。
2,3のヒントで、題名を応えていく子どもたちを見て、子どもたちが普段から本に親しでいることを感じました。

◆◆◆今日の出来◆◆◆
○しいく小屋のうさぎ4匹は、下山の駐在さんがもらってくださことがきまりました。
ありがとうございました。
○学校公開日、先生方も相当お疲れのようでした。
コメント (2)

2月8日(水) Hさんからのお手紙-長崎原爆について-

2006年02月08日 | 行事

長崎原爆について、おじいちゃんのホームページにある家族の被爆体験の手記をTHさんが学級で発表してくれました。
▼パソコン教室で学ぶ63歳お父さんのホームページチャレンジ・TOP【THさんのおじいちゃんのホームページ】

▼「被爆30年忌に当たり(ながさき)」《被爆体験記》

1月19日の授業でTHさんの発表について話し合い、感想、お手紙を書きましたね。

 ▼1月19日(木) 6年社会・「身近な戦争を探る」(3)【教務日記】

 あの日、みなさんが書いた感想、お手紙をTHさんのおじいちゃんに送りました。

すると、2月5日、THさんのおじいちゃんから、その返事をいただきました。
まだ、6年生のみなさんには、授業の関係で紹介していませんね。

そして、今回のことを、おじいちゃんが作ってみえるホームページ(ブログ)で紹介してくださいました。 


合わせて、おじいちゃんのお兄様の戦後の生き方、取組みについて書いた本と関連資料を郵送してくださいました。
 
お兄様は、被爆による犠牲者の無縁仏の遺骨を全国に探し求められたそうです。
今、送っていただいた資料を読み始めています。
内容の重さに、驚いています。

また、今回のみなさんとのやりとりについて、掲示板で紹介してくださっています。
▼掲示板(※平成18年8月閉鎖になりました。)
これによると、長崎に住むお兄様にみなさんの取組みをお話してくださったようです。

次回の授業で、いただいたお手紙と合わせて、郵送していただた資料も紹介します。
THさんのおじいちゃんのお兄様が取り組まれたこと、その生き方から私たちが学ぶことことが多くあると思います。一緒に考えましょう。
(このことについては、授業の後、このブログでお知らせいたします。)

THさんのおじいちゃん、本当にありがとうございます。


◆◆◆今日の出来事◆◆◆
○学力テスト終了。お疲れさまでした。「簡単だったよ。」「全部できたよ」と知らせてくれる人がたくさんいました。とっても嬉しい一言でしたが、本当に全部できたのかな?と不安になる私…。
○2年担任のM先生が教えてくださいました。「先生、Mちゃんがこんな日記書いてきましたよ。」と。そこには、はじめて、ちゃぼがだっこできたことが書いて書いてありました。「もうお別れなので、がんばってだっこしたら、できました。」ともありました。飼育小屋にいる動物たちへの思いの深さを感じました。Mちゃん、がんばりましたね。
○明日は、学校公開日です。たくさんの方が起こしくださるよう、お待ちしています。晴れるといいですね。5,6年は、盛賜会(老人クラブ)の方とグランドゴルフの予定ですね。晴れてほしいですね。
 
 
被爆による犠牲者の無縁仏の遺骨を全国に探し求めた
コメント