goJapan

ようこそここへ”JapanJapan"ここから新たな歴史が始まる。

2019.02.27(水)・夕暮れ時

2019-02-28 05:22:39 | 岩手の音楽
カテゴリー「岩手の音楽」での久しぶりの掲載です。NSP「夕暮れ時はさびしそう」の曲が、一ノ関駅の新幹線ホームで流れることになりました。発車ベルの代わりに、その土地にゆかりのある曲を発車メロディーとして流すもの。市長の発案のようですが、良くぞ一関高専出身のNSPの曲を選んでくれましたね。藤圭子と揉めた気がしますけど。
グループの一人である平賀和人(花巻出身)は、「一関が育んだNSPの曲をこういう形で紡いでくれて感謝します」とコメント。3月20日から6月までとのことですが、反応を見て継続も検討すると。
ちなみに、東北新幹線では、仙台駅「青葉城恋唄」、郡山駅「キセキ」、福島駅「栄光は君に輝く」、新青森駅「ねぶた囃子」に続いて5例目とのことです。
コメント

2018.11.11(日)・スリハン

2018-11-12 07:40:54 | 岩手の音楽
NSPの中村貴之、平賀和人と元ふきのとうの細坪基佳のユニットである、スリーハンサムズのコンサートが一関であり行って来ました。冒頭でいきなり、中村貴之が明後日から入院し、復帰は3月とのこと。どうやら、肺がんが見つかったのか。ネットで確認すると、タバコを止めてから10年以上が経つが、医者から”あと10年早く止めてればねえ~”と言われたと。現在65歳か。55歳前にはタバコを止めていたんですね。そういう話を聞くと、俺も止めたくなって来ました。
中村さんも細坪さんも声が出なくなってきたような。ラストの曲は”未来”(NSP)で、アンコールは”夕暮れ時はさびしそう”(NSP)、”春雷”(ふきのとう)、コンクリートの壁にはさまれて”(NSP)でした。パソコンが一時期壊れてから、聞いていませんでしたが、やっぱりNSPは良いよ。
コメント

7月1日(土)・13回忌

2017-07-02 06:34:02 | 岩手の音楽
NSPの天野滋さんが亡くなって今日が13回忌。先週の24日に13回忌に合わせて盛岡でスリーハンサムズのコンサートがありました。メンバーの元ふきのとうの細坪さんは「しのぶのではなく、天野君の曲がみんなに愛されているんだよと伝えたい」と。早いもんですね。いつか、納屋に中村貴之さんを呼べれば良いなあ。
コメント

5月5日(金)・40+1

2017-05-06 08:57:30 | 岩手の音楽
遠野物語発・銀河トレイン40+1周年記念コンサート「あんべ光俊wihtTOBIWOWBAND 心よ青きままに歌え」が県民会館大ホールで行われました。
1階席のみの開放でほぼ半数の入りか。5時に始まり15分の休憩を挟んで終わったのが8時過ぎてて、出演者多数のなんだりかんだりのコンサートでした。飛行船メンバーの小野寺、萩原、高橋(初期のコーラス参加)やオフコースのメンバーであった大間ジロー、イーハトーヴシンガーズの太田代将孝、大槌のわらしぇんど、最後は合唱団の皆さんもといった感じで。
曲は昔のスタイルの曲順もあったり、飛行船時代の曲もやったり、何か懐かしさが込み上げてくるコンサートでした。飛行船のメンバーが揃うのは今日が最後かもしれないと写真撮影OKのおまけもありました。
釜石勤務時代の社長が、パンフレットの制作に予算が足りず、広告取りに奔放したとのこと。相変わらずSさんはボランティアのスタッフとして頑張っていましたし、釜石のKさん、Fさん夫婦、釜石時代の上司だったOさん、元同僚のOさんとか、あんべ繋がりの人達との再会もありましたよ。
コメント

4月25日(土)・中村貴之

2015-04-26 06:25:23 | 岩手の音楽
元NSPの中村貴之のコンサートが一関市「おかかの味 竹もと」で開かれました。
会場は小料理風のお店で、その2階に和室があり、そこに45人分の椅子を置いた会場です。私はチケットが取れず、お店に聞いたところ立ち見で構わなければということだったので、後ろの方にスタンバイしようと思ったら、小さな椅子を持ってきてもらいました。料金も500円引きの3千円。家の納屋よりも狭いかと思いましたが、ちょっとこの店の方が広そうです。
床の間がステージになって、ちょっと狭そうでしたが5時開演。円山天使と共に登場です。座敷でのコンサートは初めてとのこと。そして、この日は暑くて熱気も重なり、部屋を閉め切ったため異常に暑くなりました。途中からは窓を開けましたが、町場でのコンはそこらへんに気を使いますね。
”夕暮れ時はさびしそう”はNSP最大のヒット曲ですが7月に販売し、その頃はグレープの”精霊流し”がヒットし、8月にはふきのとうが”白い冬”でデビューしヒットしたが、なかなか売れなかった。それから10月頃に名古屋から徐々に売れだしたとのこと。何でも名古屋から売れるものは売れるらしい。オリコン11位まで上がり、もう少しでベストテンと思っていたが入れずに終わったが、55万枚のヒット曲となったと。この曲は天野が高専時代に作った曲で、中村さんの下宿先(高梨食堂)に来て何度も聞かされたが、”ごめんごめん”かあ。平賀もやって来て、これじゃベースをどう引けばいいんだと。次のシングル盤を決めるスタッフ会議では、一人だけ面白いかもと言った人がマネージャーで、今はチャゲ&飛鳥のマネージャーから社長になった人で、今は大変でしょうねとか。
円山さんは、今日丁度、市内のジャズ喫茶ジョニーでナベサダのコンサートがあって、ジョニーはタモリさんも番組で紹介し結構有名になっていると。
納屋とそれほど広さは変わらない部屋だったが、やっぱりPAは欲しいですね。それと、ステージでの椅子、楽譜スタンド(ライト付き)、ギタースタンド、物置台、そしてPAですか。照明もステージ上に欲しいですね。
コメント