まぜごはん

ミーハーなマチルダが気まぐれに
なんでもかんでも書いちゃうブログです。
映画の話題が中心です。

Welcome to my blog!

↑あしあと帳へとびます
INDEXにとびます しょっぱなの記事へとびます

ホワイトクロウ ~ 伝説のダンサー 観ました

2019-05-19 23:20:28 | 映画 

511日土曜日。

クイーンシンフォニックのコーフンさめやらぬまま同じ有楽町にあるシャンテシネに向かっててちてち歩いていきました。

前日から公開された「ホワイトクロウ」を観たかったので。(チケットは朝のうちに購入しておきました。)

1961年、海外公演のためソ連から初めて国外に出た無名の若きダンサー、ルドルフ・ヌレエフ(オレグ・イヴェンコ)は、パリの街に魅了される。自由な生活や文化、芸術の全てをどん欲に吸収しようとするが、その行動はKGBに監視されていた。やがてヌレエフが、フランス人女性のクララ・サン(アデル・エグザルコプロス)と親密になったことで政府の警戒が強まり、ある要求を突き付きられる。シネマトゥディより公式HP

 

レイフ・ファインズ監督作品。

ヌレエフと右はユーリ・ソロヴイヨフ役 セルゲイ・ポルーニン。この人腕にいっぱいタトゥーはいってなかったっけ?と思いつつ見てた。

腕というよりも肩だったのかな。

 

 

西側の人々と自由に交流したことが、政府に目をつけられることになる。

中央にクララ・サン(「アデル ブルーは熱い色」のアデル・エグザルコプロス)

とてもキュートで特にぽってりした口元がカワ(・∀・)イイ!!

 

ニジンスキーの再来といわれていたヌレエフ。

その態度は自信満々で身勝手で「わがまま」にさえ思える。

でも天才とはそういうものなのかも。

タイトルの「ホワイトクロウ」とは「類いまれなる人物 」そして「はぐれ者」という意味なのだそうです。

 

 

ルドルフ・ヌレエフはケン・ラッセルの映画「バレンチノ」で主演していたのを観たことがあります。

ハリウッド草創期のスター ルドルフ・バレンチノを描いた映画。

その中にバレンチノとニジンスキーがタンゴを踊るシーンがあってその美しさに息をのみました。

 

 

 

 

 

 

 

コメント (1)

We Will Rock You

2019-05-15 21:50:47 | 音楽

この続きです。

今回のコンサート、ゆったりと座ってクイーンの曲をオーケストラで鑑賞するコンサートと思っていたのが大違い。

オーケストラで広がっているロックコンサートという感じでした。

 

Don't Stop Me Now でシンガーが舞台を降りて客席をだダダ―と走りまわって観客は総立ち、大盛り上がり。

 

「ボヘミアン・ラプソディ」はオペラパートもすべて含めて4人で歌い上げてくれましたが圧倒されました。

 

「手を取り合って」「レディオ・ガガ」「ウィー・アー・ザ・チャンピオンズ」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」などは客席も大合唱。

すごく楽しいコンサートでしたよ

 

終わった時にはぐったりと、でも心地よく疲れていました。

 

 

映画「ボヘミアン・ラプソディ」の続編はあるのでしょうか??(ここ

 あのボラプボーイズがもう一度クイーンを演じているのを観たい気持ちはあるけど、あの映画はあれで完結してるし続編はいいや、とも思います。

 

それよりもミュージカル「ウィー・ウィル・ロック・ユー」が映画化されたらうれしいかも。(ボラプボーイズも出演で!)

今回のシンフォニックコンサートで「ウィ・ウィル・ロック・ユー」のパフォーマーの歌を聴いていたらそんな風に思いました。

 

 

シンガーのひとりJon Boydon の公式HPから。

 

 

 

 

 

コメント

ロックとクラシックの融合

2019-05-13 21:53:25 | 音楽

有楽町散をして、お昼ご飯食べてコンサート会場に戻ってきました。

「クイーンシンフォニック ロック&オーケストラ エクスペリメンス」は13時開演です。

クイーンの名曲をフルオーケストラ+シンガーで再現というコンサート。

指揮・編曲 リチャード・シドウェル

オーケストラ 東京フィルハーモニー交響楽団

シンガー Rachael Wooding    Amanda Coutts   Jon Boydon    Peter Eldridge

 

客層は結構高いと思われ・・・定年退職したご夫婦連れ風、とか何十年ぶりにクイーン熱が復活した元女子高生の団体風とか。

でも老若男女いろんな世代の方がいらっしゃってましたよ。

おひとりさまおばちゃんは身の置き場がなかったらどおしよぉ~と思ってましたがほっとしました。

 

場内が暗くなって・・・・・フラッシュゴードン~ラブ・オブ・マイ・ライフ のオーケストラ演奏で幕を開けました。

クイーンがクラシック音楽になってる~と酔いしれているところにシンガー登場。

ミュージカル「ウィ・ウイル・ロック・ユー」で主役を務めてきた実力派のシンガーたち。

1曲目「輝ける七つの海」から完全に持っていかれました!

 

 

コメント

2019年 お江戸の旅 ~ 有楽町で逢いましょう

2019-05-12 13:33:16 | 旅の思い出

先週末東京へ行ってきました。

クイーンシンフォニック ロック&オーケストラエクスペリメンス 公式HPのためです。

7時の北陸新幹線かがやきに乗って、2時間半で東京駅。

会場は有楽町駅近くの東京国際フォーラムで、有楽町駅で降りると目の前にありました。

大江戸骨董市というのをやってまして、ぶらぶら見てるだけで楽しかったです。

開場まで2時間以上あったので付近の散策することにしました。

 

高架下をふと見れば

 

 

きゃ~「マシュー・ボーン の白鳥の湖」  実はレインボーリール映画祭と絡めて観に来よう、と思ってチケットとりましたの・・・。ついでにホテルも取っちゃったい。

その横に「ピカソとアインシュタイン 星降る夜の奇跡」 このお芝居ずいぶんと昔に金沢公演を観たことがあって、その時は「ラパンアジールに来たピカソ」というタイトルでした。(2000年だったみたいです)

 

 

 

有楽町スバル座みっけ! ロードショー発祥の劇場と書いてある。

 

ポケモンGOをやっているので、ところどころでスマホ出してきてポケモン捕まえていたのですが東京国際フォーラムの壁に

 

 

ブルー!

それからカビゴンの写真撮ろうとしたら、探偵帽のピカチュウが・・・!(ポケモンの写真を写すとき、まれに映り込む、といわれてます)

 

 

名探偵ピカチュウやっと会えたね!

 

 

 

 

 

 

 

コメント

大型連休明けの予定

2019-05-07 12:53:00 | 音楽
無事10連休終わりました。
合間合間に出番があって飛び石でしたけど。
 
今週末は日帰りで東京へ行きます。
 
「クイーンシンフォニック」と何か映画も観たいなと思ってます。楽しみ〜🤗
コメント

タテマチ屋上映画祭でっボラプがっ

2019-04-29 18:49:00 | カナザワ映画祭
カナザワ映画祭2019が今日からシネマスコーレで始まったそうです。
田舎ホラー特集だそうで、すごい面白そうなラインナップ。
行きたかったんですけど、飛び石で色々ありの10連休中で諦めた😥
 
金沢では7月の連休中に期待の新人特集というのがあるそうで、その一環で同じ様な時期に「タテマチ屋上映画祭2019」が開催。
あっつい夏、3日間、タテマチパーキングの屋上で映画上映されるそうです。
 
上映映画第一弾「ボヘミアンラプソディ」😄
 
これはますますあつくなりそうですね!
 
 
とかいいつつ毎年この時期はレインボーリール映画祭で東京へ行ってるんですよね😓
コメント

平成最後の

2019-04-27 06:56:00 | その他
昨日は、年末を迎えたような気分で仕事をしてました。
帰り際
「良いお年を」
といいそうな感じで。
 
 
さて本日は日直、今日こそ平成最後の勤務になります。
そして令和最初の勤務は51日だった。うぇーい😅
 
コメント

半分、早い。

2019-03-16 23:32:11 | 映画 

・・・なんのこっちゃい・・

3月も半分が終わってしまいました。なんと早いこと。

3月に突入してかなり盛りだくさんな日々を過ごしていまして、悲願の台湾旅行記も中途半端だわ、あれこれ観た映画のこともUPしてないわ、ですが・・・

11日に半日休みをもらってとうこさんと夜ご飯+悲願の「ゴッズ・オウン・カントリー」@シネモンドも行けたし、まもなく上映終了の「ボラプ」のおかわりも行けたし、とっても濃い月ですわ。

 

3月4月のカミングスーン、覚書き。

ブラック・クランズマン 3/22~ イオンシネマ金沢

バイス 4/5~ ユナイテッドシネマ金沢

ビューティフル・ボーイ 4/12~ ユナイテッドシネマ金沢

ある少年の告白 4/19~ ユナイテッドシネマ金沢

サタデーナイトチャーチ  4/12~ 金沢コロナ

天国でまた会おう 4/26~ 金沢コロナ

 

そしてもちろんシネモンドでいろいろいろいろあって、劇団☆新感線のお芝居があって、盛りだくさんすぎる~

 

 

コメント (3)

やった! 「ある少年の告白」!!

2019-03-10 00:27:26 | 映画 
「ある少年の告白」のサイトに日参して上映館のチェック。
「県内の映画館がない!1番近い上映館、名古屋?新潟?せめて富山でやって」
とため息ついていたのですが、ユナイテッドシネマで上映される〜!
うぇーい。

3月に続き4月もシアワセな映画ライフですわね。

コメント

2019年 台湾の旅 〜 旅のお供はeasy card

2019-03-07 12:36:31 | 旅の思い出
台湾桃園空港着。
 
時間は10時を回っていまして、ホテル行ってばたんぎゅーする時間。
 
 
まずはATMでお金下ろして
 
 
カードにチャージ。
相方は1年前に台湾旅行しているのですが、その時手に入れた遊遊カード。
地下鉄や電車の運賃、コンビニの支払いなど色々な支払いに使えるスグレモノ。
 
 
 
 
ホテル(中山區)の途中、三重にて。
 
この日はホテル近く、夜市の麺類で軽く済ませて、翌日に備えて寝ました。
コメント (2)

2019年 台湾の旅 〜 3度目の正直キター

2019-03-05 12:47:22 | 旅の思い出
気ぜわしい2月でしたが、お休みもらって台湾へ行って来ました。お供は相方ヤスさんです。

実は昨年1月に台湾旅行を計画していたのに、例の「平成2番めの豪雪」のため予定していた便が欠航。
その後9月の計画は身内に不幸がありキャンセル。

今回3度めにしてやっとこさ行けました

小松に就航したLCC、タイガーエアは木曜日と日曜日に桃園行きが飛んでいます。




到着時間がちょっと微妙で台湾に着くのが22時過ぎ。台湾から帰りの便は午前発。
3泊4日の旅でしたが実質2日ちょっとという感じ。




それでも小松からひとっ飛びの手軽さがうれしいですね。


4月には香港便(キャセイ)も就航するので、小松からますます海外が近くなる!
コメント

Happy 75th Birthday, Roger!

2019-03-01 23:38:31 | 音楽



今日3月1日はロジャー ダルトリーの誕生日。
今年で75歳。
エネルギッシュでパワフルな後期高齢者です。

ずっとずっと大好き、だぜ〜!
コメント

5月には大阪へ行くぞ、と

2019-02-16 09:03:18 | 音楽

トッド・ラングレンの来日コンサートがある~!と最近知りました。

12月に発売になっていたそうなんですが、気がつかなかったわ。

原因はたぶんコレ ですね。

のむコレ2018で「ゴッズ・オウン・カントリー」が限定上映される~ってことで、てんやわんやしていましたから~

 

なんとか大阪のチケットがとれたので(いい席ではないけど・・・)行くことにしました!

 

とりあえずチケとれたからよかったけどしかし、いろんなとこにアンテナはっておかなくちゃ、ね

コメント (2)

メアリーの総て ~ 枕詞は「イケメンだけど」?!

2019-02-09 20:58:41 | 映画 

先週の話になりますが、シネモンドで「メアリーの総て」観てきました。

公式HP 

ゴシック小説の古典的名作「フランケンシュタイン」を生み出したイギリスの女性作家メアリー・シェリーの波乱に満ちた半生を、エル・ファニング主演で映画化。19世紀のイギリスで小説家を夢見る少女メアリーは妻子ある詩人パーシー・シェリーと出会う。2人は互いの才能に惹かれあい、情熱に身を任せて駆け落ちするが、メアリーは数々の悲劇に見舞われてしまう。失意の中にあったメアリーは詩人バイロン卿の別荘で「みんなで1つずつ怪奇談を書いて披露しよう」と持ちかけられ……。監督は長編デビュー作「少女は自転車にのって」が第86回アカデミー外国語映画賞にノミネートされたハイファ・アル=マンスール。 映画Com より

出会って間もなくパーシー・シェリーと恋に落ちたメアリー

ダグラス・ブース古装がとっても似合っていてステキなんですけど、パーシーは子捨て、妻捨てのロクデナシ夫・・・。

そのうえ、親の財産を食いつぶしているような生活力のない男。

勢いで駆け落ちしたものの、やがて「愛」だけでやっていけない状況に陥ってしまう。

後半出てくるバイロン卿にしてもパーシーに負けず劣らずのロクデナシ・・・。

ああ、メアリの周りにはロクデナシ男しかいないのでしょうか・・・ 

イエイエ

バイロン卿の主治医ジョン・ポリドリ

唯一の癒しと言っても過言ではない。(演じているのはベン・ハーディ


子どもを失い、悲しみのどん底にあったメアリは悲しい怪物「フランケンシュタイン」の物語りを生み出します。

でも作者が女性である、ということでどこの出版社も難色を示す。

「フランケンシュタイン」がたった、18歳の女性が書いた本だったのも驚きでしたが、20年足らずのメアリのここまでの人生がすでに波乱万丈すぎて、驚く・・・。

エル・ファニングが激しく、たくましくメアリの人生を生きていました。

 

この映画なぜ観たかったかといえば、ダグラス・ブースなんですけど、安定の?!イケメンだけどクズな役でした・・・。

 「ライオット・クラブ」でもイケメンクズ

この映画には「ゴッズ・オウン・カントリー」のジョシュ・オコナーも出てる。

ダグラス・ブースの映画では ボーイ・ジョージを演じた Worried About the Boy とか好き。

そしてモトリークルーの伝記映画 The Dirt でニッキー・シックスを演じるそう!(ここに記事)

3月にNetflixで配信されるって、それって日本も含む??

 

 

 

 

 

 

コメント

Boy Erased

2019-02-08 22:37:21 | 映画 

ルーカス ヘッジズ主演作「 ある少年の告白」が4月19日公開だそうです。
公式には今のところ県内の映画館はないけど 大丈夫きっとそのうち追加される。


なんか昨年春のCMBYNを思い出す。

ニコール・キッドマン、ラッセル・クロウ、グザヴィエ・ドラン、トロイ・シヴァン・・・

観たいっす!

 

コメント