まぜごはん

ミーハーなマチルダが気まぐれに
なんでもかんでも書いちゃうブログです。
映画の話題が中心です。

Welcome to my blog!

↑あしあと帳へとびます
INDEXにとびます しょっぱなの記事へとびます

詳細でました。レインボーリール東京映画祭2018

2018-06-06 23:58:27 | 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭

今年で27回目だそうですよ。

公式HPはこちら

上映作品は こちら

 

そして期待していたあの映画が上映される~。

今年の夏は上京するのがちょっとむずかしいかなぁと思っていたキモチが「なんとかしよう」になってきた・・・。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名残惜しいけど

2018-05-17 00:10:26 | 映画 
ユナイテッドシネマ金沢の週間予定が出ました。
君の名前で僕を呼んで は24日まで。上映は1回になっていて行きにくそうな時間帯なのですが、今週末に2日だけレートショーがある。

ラストチャンスかね〜


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長い夜

2018-04-28 00:21:34 | 映画 

昨日 君の名前で僕を呼んで を観に行ったのですが、 「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」の予告編をやってました。 公式HP

この映画もユナイテッドシネマ金沢で観られる~♪ 

セバスチャン・スタンが出てる~

その予告でシカゴの「長い夜」がつかわれていまして、こっちのほうでも楽しみになってきた。

 

予告編はここにございます。

そしてシカゴの「長い夜」(25or 6 to 4)はこちら

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

君の名前で僕を呼んで ~ 忘れられない夏

2018-04-27 22:59:38 | 映画 

今日は月末の金曜日で、忙しい、けど午後休みをもらい映画に行きました。

君の名前で僕を呼んで 公式HP 

2017作品。監督 ルカ・グァダニーノ 原作 アンドレ・アシマン  脚色 ジェームズ・アイヴォリー

 

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と過ごす17歳のエリオ(ティモシー・シャラメ)は、大学教授の父が招待した年上の大学院生オリヴァー(アーミー・ハマー)と出会う。一緒に自転車で散策したり泳いだり、読書したり音楽を聴いたりするうちに、エリオはオリヴァーに恋心を抱く。やがてその思いは通じるが、夏の終わりが近づくにつれてオリヴァーが避暑地を去る日が近くなり……。シネマトゥデイより

はじめはちょっとえらそうなオリヴァーにいらつくエリオ。

家につくなりあいさつもそこそこにベッドで寝つぶれてしまうし、エリオが町を案内してあげてるのに途中で「じゃあ後で」って自分一人でどっか行っちゃうし。

 

でも一緒に過ごすうち、気に食わない相手のはずなのに「オリヴァーは女の子たちといるほうが楽しいのかな?」と思ったり、「僕嫌われているのかな?」と気にしたり・・・。

わざと不快な態度をとってしまって後悔したり落ち込んだり。不思議な感情にとまどうエリオ。

やがてそれが「恋」だと気づく。

エリオの気持ちにオリヴァーは・・・・。

夏の避暑地の話、っていうのもあるけど、ふたりとも半裸率?高いです。

 

美しい北イタリアの風景。

ひとつひとつのシーンが絵画のようで、エリオはギリシャの彫像のみたい。

 

青年と大人になりかけの男の子のひと夏のお話。

甘酸っぱくてせつなくて美しい映画でした。リピートしそうだなぁ・・・。

 

この↓シーンもとってもキレイ。

そして瞬時に「モーリス」のこのシーンが浮かびました。

モーリス」は明日から上映なんだそうですがワタクシ昭和の時代に観たクチです。

久々にまた観たいなぁ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

年休ください!

2018-04-25 12:36:08 | 映画 
この春いちばんのお楽しみ、萌どころ満載(と思われる)「君の名前で僕を呼んで」

富山まで行かないとダメか〜と思っていたのがユナイテッドシネマ金沢で上映されると知り、今年度に入るやいなや年休の申請をしました。

でも月末の金曜日なので1日休むのは難しい(休みはもらえそうだけど休み明けに溜まった仕事で自分がかなり苦しくなりそう)ので、午前半休をもらいました。

ユナイテッドシネマは水曜日に週末の上映予定が出るのですが、それによると上映時間は午後だけ、13時台と18時台の2回。
げっ、午前半休じゃなんの役にもたたねぇ。

本日年休を午前から午後に変更して、金曜日が来るのを待つのでした。

めでたしめでたし
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

God's Own Country  観ました。

2018-04-05 23:59:19 | 映画 ヨーロッパ

輸入盤のDVDで鑑賞しました。

ヨークシャーの田舎の酪農家ジョニー。脳梗塞の後遺症がある父と母と暮らしています。

酒やドラッグにおぼれ、行きずりの男と関係する、自暴的な生活を送っています。

 

そこへ期間労働者としてルーマニアの移民ゲオルグがやってくる。

ゲオルグの影響もあって、だらしない男が仕事に精出すようになり、そして・・・って話なんですが、初めのほうは敵意むき出し。

お互い快く思ってない感じ。

休憩終わって「おいジプシーそろそろ始めるぞ」・・・みたいに声を掛けたら「その言い方やめろ!」

と怒ったゲオルグに押し倒されてしまい(どう見てもこっちのほうが強そう)

しばしドキドキするジョニー

気に食わないやつが気になるやつになった瞬間、でしょうか。

 

夜になり、ふたりで暖をとりながら、ドキドキ

 

ゲオルグにけがをした手を握られてドキドキ

 

観てるこっちもドキドキがとまりません。

 

このDVDなんと字幕がなくてそれでもイギリス人の話す英語ってそこそこわかりやすいよね、ね?と思いつつ観たけど、あんまり聞き取れない(ひょっとして地方のアクセントなのか?!)

 

でも美しい風景と、ふたりの表情が最後まで私を引っ張って行ってくれました。セリフがあまり多くなく、セリフで理解する、というよりも「絵で観る」映画だったからかな、と思いました。

 

ジョニー役のジョシュ・オコナーはライオット・クラブに出てたみたいなんですけど、あまり印象になく(そういえば後ろのほうにいたかな・・・)すみません、こんなにすてきな俳優さんなのにね。

酪農青年役がとっても似合ってましたが、タキシードも似合ってる!英国紳士だわ。

 

夏の映画祭で上映、もしくはNetflixで配信してくれないかな。

その前に、セリフのよくわからないDVDをなんども観てしまいそうです

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トム・オブ・フィンランド トーキョーノーザンライツフェスティバル2018 2/10

2018-04-05 23:32:46 | 映画 ヨーロッパ

トーキョーノーザンライツフェスティバルで観た2本目。なにをいまさらな2月10日のことです

 

画家志望の帰還兵トウコ・ラークソネンは第二次世界大戦後の保守的な社会の中で自身のイマジネーションを解放させることを願い、密かに描き続けた。レザージャケットに身を包んだ筋骨隆々男子たちのドローイングで知られる“トム・オブ・フィンランド”の半生を描く。国の恥とまで呼ばれた彼が如何にして世界中からの名声を得たのか。公式HPより)

 トムの理想?の男性。部屋の隅っことか、きがつけば傍にいる。

トム・オブ・フィンランドの絵。

この方の絵は前に見たことがあります。(その時は画家の名前もしらなかったけれど)

 

エ ロチックでちょっとコミカルでユーモラスな感じ、だけど映画の内容はけっこう重い伝記といったストーリーでした。


トムと妹

トムと妹が連れてきた?下宿人というか間借り人のVeli   …美しいシーンでした。

 

 

上映後はゲイ・エ ロチックアーティスト 田亀源五郎さんのトークショーもあったし、雪の中行ってよかった!としみじみ思ったトーキョーノーザンライツフェスティバルでした。


 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さよならぼくたちのようちえん

2018-04-04 12:45:07 | 季節
という歌があります。
幼稚園や保育園の卒園式で定番の歌。(こども園もかな)

桜の花びら散るころはランドセルの一年生

という歌詞があって、ある人が

「入学式のころはまだ散ってないよね。北陸地方だと『咲くころは』って感じよね」

と言っていたのをホンマにそうじゃ〜と思ったものです。

今年の小学校の入学式は来週早々らしいですが、桜は今まさに満開なので、このまま行くと入学式のころは「散るころは」だわ〜
歌のとおりになっちゃうな、桜眺めながら思っています。



よくよく調べたら
「桜の花びら散るころは」
じゃなくて
「降るころは」
でしたわ。

「花びらが降る」美しい光景が浮かびます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四月一日

2018-04-01 14:00:19 | 季節

早いもので今日から4月。

2018年の4分の1終了ですわよ、奥さん!

4月1日といえば「四月朔日」さんという名字があります。

しがつついたち と書いて「わたぬき」と読む。

4月になって暖かくなり着物の綿を抜くから、ってことらしいです。

「綿貫」さんという知人がいましたが、ルーツはおなじかもしれません。

 

4月1日生まれの同級生がいましたが、生まれ順だといつも最後の最後でした。

4月1日までが早生まれになるからなんですが、いまもそうなんでしょうか。究極の早生まれですよね。

 

早生まれ、といえば、同窓会で年齢の話になると

「あ、私はまだ〇才!」

と「まだ誕生日が来てないから1歳下」アピールが必死すぎて笑える・・・。

みんな、おじちゃん、おばちゃんなのになんで必死こいてんの~???

・・・・といってる私もそんなときだけ必死の早生まれです

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トーキョーノーザンライツフェスティバル2018 チーム・ハリケーン2/10

2018-03-17 11:02:02 | 映画 ヨーロッパ

なにをいまごろどの面下げてってかんじですけど、2月10日雪深い金沢から東京へ行ってまいりました。

場所は渋谷のユーロスペース。文化村の近くと聞いていてのでなんとかなるやろ、とあてずっぼうに行ったらやはり迷いましたが無事着いた。

1本目は 2017年デンマーク映画の「チーム・ハリケーン」

 

デンマークのティーンから圧倒的な支持を受ける今最もパンなユースドラマ。8 人の少女たちの普通の日常を先鋭的な映像感覚で表現。ビッチの定義から始まりジェンダー、摂食障害、理由なき不安など彼女たちを取り巻くあらゆる事象が、スマートフォンをフリックするようなスピード感で展開されていく。(公式HPより)

 

スクリーン上は、ポップでカラフル、轟音と原色があふれていました。

 

前日までの雪疲れ?もあって、若干うとうとしてしまいましたがいろんな問題を抱えつつもエネルギッシュに向き合う女の子たちにパワーをもらった気がしました。


そういえば、この映画が今年最初に観た映画だわ。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富山出たがやちゃ

2018-03-07 12:57:10 | 映画 
4月の全国公開を控えて、未だ北陸地方の上映館がない「君の名前で僕を呼んで」ですが、本日JMAX THEATRE とやまで上映と出た〜!
しかも場所は総曲輪で駅前から近くて行きやすい!

ひょっとしたらこの先金沢での上映も期待できるかも、しれんし


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

しめしめ

2018-03-07 07:00:35 | 映画 
この春公開の映画で
「さよなら僕のマンハッタン」と「彼の見つめる先に」はシネモンドで公開される〜!
よしゃ〜



問題は「君の名前で僕を呼んで」さっ

さて どうしたもんか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CMBYN

2018-03-06 01:19:29 | 映画 
昨日、第90回アカデミー賞授賞式がありました。

この春いちばん待ってるぞ、という映画が「君の名前で僕を呼んで」なのですが、作品賞、主演男優賞は逃しました。

この映画の公式HPに日参しているのですが、北陸地区の上映館がない。
えっ?名古屋まで行けと?

せめて富山で上映してくださいな。
(博士と彼女のセオリー、リリーのすべて は富山のTOHOシネマズへ行ったもんね。金沢では1月くらい遅れての上映だったから)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京は晴れだった

2018-03-04 23:42:45 | 旅の思い出

2月10日に上京しました。

目的はトーキョーノーザンライツフェスティバル2018で、映画を2本観る。

そして、ブロ友さんのアンソニーさんとナンシー・チロさんにお会いする。

 

毎日雪雪雪の真っ最中、無事運行した高速夜行バスに乗って東京へ行きました。

これ運休したら、台湾のこともあるし、絶対「日頃の行いの悪さ」しかないもんなぁ・・・。無事行けてよかったです。

 

渋谷のユーロスペースへ行ったのは初めてでした。

劇場の壁一面にこれまでに上映された映画のフライヤーが貼ってあり、懐かしいとか、これ観たかったのに、とか思いながら眺めてました。

この日の1本目(「チーム・ハリケーン」)を観てから、夜の上映「トム・オブ・フィンランド」の前に劇場前でお2人にお会いする予定だったのですが、エレベーターの中でばったり。アンソニーさんは7月のレインボーリール映画祭以来、チロさんとははじめまして、です。

 

お2人に連れられて、おしゃれなカフェに案内してもらいました。

具が多すぎて崩壊しそうな、そしておいしいサンドイッチと、分厚いロールケーキをいただきつつおしゃべり。

話題はなぜか、どぉしても、必然的に、結局のところ、自然な流れとして「腐」な映画へと流れていきました。

目の前の人とこういう映画の話を大っぴらにできる、この、シアワセ!

今後もこの手の映画(どの手だよっ)の上映の際にはのこのこ上京しそうなので、またお会いしたいです。

楽しい時間をどうもありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そんな2月だったんですってば

2018-03-04 21:52:54 | ブログパーツ+検索ワード

いんや~、早いもので3月。

どっさり降る雪に、疲労困憊の2月でした。

ここのところ、大雪の大変さを忘れるくらい暖冬が続いていたんですね。

2月中によく読まれた記事です。

 

The Riot Club~いい加減にしろおぼっちゃま

え?湖の見知らぬ男

殺人を無罪にする方法 ~ 小悪魔BOYは濡れ場担当

Sense 8 ~ リトとエルナンド

黄金の魚

パーフェクトプラン ~レッツ スシナイト!

おしおき

まだまだ続く黄金期

17歳にもなると 2017東京レインボーリール映画祭 7/15

彼らが本気で編むときは 観ました

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加