深井動物病院からのお知らせ

堺市・深井駅近くの動物病院『深井動物病院』からのお知らせのブログです

パートタイム・スタッフを募集しています。

2011年05月25日 | 病院のお知らせ
夜だけ、しかも来年5月末まで、というかなりタイトな条件ながら
スタッフを1名募集しています。
そんな条件でもいい!という奇特な方がおられましたら御連絡ください。
詳細について御説明いたします。

渡辺美香子さんの個展が始まります。

2011年05月25日 | その他のできごと
うちの待合室にほのぼのとした絵画が掛けてありますが、
この作者の個展が泉北高島屋で今日から始まります。
私も時間があれば是非伺おうと思っています。
御興味のある方は一度足を運ばれてはいかがですか。
31日までやってます。

もうしばらくするとフィラリア予防が始まります。

2011年05月01日 | 病気や治療について
「フィラリア感染症」は「フィラリア(犬糸状虫)」という細長い虫が心臓の右心に寄生
することによって心不全をひきおこし、多臓器不全にまで進行し
死に至る寄生虫感染症です。

「フィラリア」の感染は「蚊」の吸血活動によっておこなわれます。
フィラリア感染犬の血液中には「ミクロフィラリア(mf)」と呼ばれる
仔虫が無数に存在します。蚊の吸血によって、その体内に移動したmfは
一定期間そこに留まり発育します。発育したmfは蚊の吸血によって再び
犬の体内へともどり、さらに発育を続けながら心臓内に達し成虫となります。

「フィラリア」は心臓内に寄生するため、その駆除は簡単ではありません。
やはり感染予防に心がけるのが重要です。
「予防薬」を月1回投与することで、蚊によって伝播されたmfを
成虫になる前に死滅させることができます。
「予防薬」はとても安全な薬ですが、フィラリア感染犬については慎重に
投与する必要があります。
血中に無数に存在するmfが「予防薬」投与によって一気に死滅すると、
食欲不振、嘔吐、ふらつき、起立困難などの副作用が現れ、ショック状態
に陥り死亡する場合もあります。
一度でも蚊の吸血活動時期を過ごした犬は、予防薬投与前に
必ず血液検査によって、血中にmfが存在しないことを確認してください。

安全確実なフィラリア予防はまず血液検査から!