トイプードルのミルビビ日記

シニア犬トイプードル ビーちゃんの観察記録と、母犬ミルちゃんの思い出

2020/06/05豚汁の具を食べてご機嫌なビー

2020-06-04 17:26:00 | 犬ごはん
すごく暑い一日でした。

ビーちゃん、昨日より咳も少ないし、なんか元気そうです。

朝ごはんは食いつき悪かったので、お昼は豚汁にしました。

豚、さといも、にんじん、油揚げ、ゴボウ、こんにゃくでできた豚汁の、具だけを、細かくして与えました。

ビーはモリモリ食べてこの表情


近い!

美味しかったのね、わかったわかった。








実家の両親がビーちゃんを見たいというので久しぶりに連れて行きました。

ビーは両親のことを忘れたのか?置いていかれると思ったのか?しばらく私にしがみついていました。


分離不安症が強くなった気がする•••







コメント

病院に行ったが 院長先生が不在の巻

2020-06-03 21:14:00 | 咳 鼻 心臓肥大
ビーちゃんの肺炎の薬がそろそろなくなるので 病院に行こうと父が言い、迎えに来てくれました.

病院に行く前に、ビーちゃんの夕飯の仕込みをしました。



鶏胸肉の皮は取り除きました。ニンジン1本は短冊切り、新じゃがいもいっこは、適当に切り、干し椎茸いっこはそのまま。ひじき大豆水煮と言うレトルトの簡単なやつを少し加えました。大根の葉っぱは、干してパリパリに乾燥してあるやつです。

これらを弱火で煮てから、病院に出発。病院はちょっと遠いので、車内で、カラオケアプリを使って、襟裳岬を歌ってみました。お父さんが知らない歌を歌っても面白くないしね。歌うのは楽しいけど、私は声が小さすぎるみたいで、全然エコーがかからずちょっと残念…
「マイクがオフになっているんじゃないのか、のか、のか、のか…」
横から口を出す父の声には、しっかりエコーがかかっています( ̄▽ ̄)アハハ







(病院で、不安そうに父を見上げるビーちゃん)


病院につくと、院長先生が手術中だと言うことで、別の先生が見てくださいました。

いろいろ考えてくださったんですけど、良くなってるかどうかよくわからないと言うことで、あと10日間、同じ抗生物質を飲むことになりました。

今日いただいた薬は、抗生物質10日分、咳止め10日分、ビオフェルミンアール10日分です。ビオフェルミンアールは、抗生物質と併用してもオーケーなビオフェルミンです。


帰宅後、ビーちゃんは即 晩御飯を要求。

作っておいてよかった。




「いただくなり」

どうぞー




「食べ終わったなり」

この時は気づかなかったんですけど、写真を見ると、「足りないぞ」っていう表情ですね





「おいしかったなり」



ペロンペロン。ベロ長い。


この後、一眠りして、2時間後、2度目の夕食を要求したびーちゃん、
またたっぷりご飯を食べました。
咳をすると、ちょっと苦しそうだけど、この食欲で、肺炎が治るといいなと思います。
体重は、5.44キログラム とくに変化ありません。
呼吸数は、1分間に8-10回です。


コメント

濃い紗 レビュー 薬を飲ませるのに最高なちゅーる系ドッグフード

2020-06-03 02:20:00 | ドッグフード 評価レビュー感想
濃いとろ紗 というペースト系ドッグフードを買ってみました

いなばのちゅーるより、こってり こっくり まったりとした重いテクスチャー




錠剤を包みやすい〜〜


お味はいかがでしょう




ビーちゃんの評判は上々




もっとちょうだいと
アピールしていますー


お味が良いようです。薬も飲ませやすいし、とても良い商品ですが、大袋が売ってないので、たった4本しか入ってなくて、あっという間になくなりました。
また買ってあげたいと思います。ただこの商品

商品名の読み方がわからない…


って(^。^)💦さ?しゃ?



コメント (4)

マスク生活は続く…

2020-05-31 18:15:00 | 日記


こたつをしまったので、ビーちゃんはちょっと寂しそうです。

ビーちゃん、抗生物質飲んで頑張っています。お腹は少しゆるいけど、なんとか持ちこたえている感じです。


さて私はスーパーに鶏肉を買いに行来ました。マスクもしていきました。

すると店内に、マスクなしでめっちゃ咳き込んでるおじさんが!

もちろん咳をしているからって、コロナとは限らないけど、ハラハラ…


ゴッホンゴッホンと咳をしながら歩くおじさん、目立っちゃってました。

室温の変化などで咳き込むこともあるし、私も気をつけて当分マスクを続けよう…と感じたのでした。







コメント

愛犬の便秘が治った!てゆうか治した!その方法は馬油と綿棒

2020-05-30 09:40:00 | 下痢 便秘 消化器
犬は、3日ぐらい便秘しても平気なのかもしれないけど、心配性の私は、黙って見ていることができません。

「便秘 赤ちゃん 治し方」などでGoogle検索してみました。「便秘 犬 治し方」だと、宣伝のページとか、信憑性のないページとかもたくさん出てきてしまうのですが、さすがに人間の赤ちゃんのことだと、しょうもない嘘情報は少ないだろうと考えたからです。

すると、赤ちゃんのお尻にオイルを塗る方法や、綿棒で刺激する方法などが出てきました。

まずは、おしりふきウェットティッシュに、馬油を付け、愛犬のお尻に優しく塗ってみました。塗り塗り塗り。何も起きませんでした。

次に、綿棒に、馬油をたっぷり付け、愛犬のお尻を刺激してみました。体温計みたいに差し込むわけじゃなく、ちょんちょんと刺激してやりました。

するとどうでしょう、愛犬はすぐにトイレに行って、見事、ウンチが出ました!

やったー!

これで安心です。




お腹が楽になったワン♪
コメント (2)

肺炎でも食欲はあり。腸はうごかず…

2020-05-30 06:49:00 | 咳 鼻 心臓肥大
ビーちゃんのごはんは、立石式野菜スープに鶏肉など入れてアレンジしたものです。

(立石式野菜スープっていうのは、昔大流行した、ガンや病気が治るっていうスープです)

大根人参椎茸
(あゴボウ入れ忘れた)
意外と入手困難な大根の葉は 入手した時に干して干葉にしてあります。



嗅ぎつけるビー




こんなふうに食欲はまあまあなのですが、もう3日ウンチがでていません。

抗生物質を飲むといつも、腸の働きが悪くなるんです。今回は、抗生物質と一緒に飲むと良いと言われる、ビオフェルミンアールを処方していただいているので、それも一緒に飲んでいるのですが…。
下痢するよりいいか。


夕方、食材の買い出しに行ってびっくり、ビーちゃんの大好きなおやつ、チュールの新商品が発売されていました。



これ全部チュール。

特に、1番下の大袋がお得なので、チェックしています。今回は、「チュールが主食になりました」と書いてある大袋を買ってみました。チュールが主食なんて、ビーちゃんが喜んじゃうよ。薬を飲ませる時に、チュールがあると簡単で助かるので私も嬉しい。輸入品のいんげんにすごい毒がかかってると聞いたので、インゲンが入っていないやつを選んでみました。犬日和の新商品、アルミパックバージョンも出ていたので買ってみました。最近あまりドッグフード食べてくれないんですけどね。非常食で。

買い物から帰ってみると、ビーちゃんは玄関で寂しそうに待っていました。すぐになでなでしてやりたいけど、手を洗って、
買ってきたものを丸洗いしてからでないとビーちゃんにさわれません



(丸洗いされた商品たち⤴︎日本のものは何でも過剰包装気味だから、こういう時洗ったり消毒したりしやすくていいですね。)


洗ってる間にビーちゃんのテンションはダダ下がり。再会の感動も薄れたようで、食卓でスタンバっていました。





同情するならエサをくれ!




コメント (1)

肺炎のビーちゃん 安静中

2020-05-27 22:16:40 | 日記
ビーちゃん昨夜はコウケントーして寝たので、よく眠れたみたい.

朝ごはんは50パーセントくらい食べてくれたので抗生物質飲ませました。

肺炎がかわいそうで、つい
「ビーちゃん ビーちゃん」としつこくスリスリしていたら

うっとおしかったみたいで 逃げられてしまいましたー。


⤴︎顔だけクッションに埋めて 隠れているつもりのビーちゃん

ゴメンゴメン(^_^;)

コメント

ビーちゃんが…

2020-05-26 07:00:00 | 咳 鼻 心臓肥大
獣医さんで目薬をもらって2日後の月曜日。

「狂犬病の注射は体調のいい時ね」と獣医さんから言われていたのですが、昨日も今日も体調が良くて食欲があったので、良いタイミングだと思って狂犬病の注射に連れて行きました。




お父さんに抱っこされている愛犬


コロナ対策で、外で待っていて、
診察に呼ばれたら中に入りました。

先生「何ですか今日は?目?」
父「狂犬病の注射お願いします」
先生「狂犬病ね、はい、元気食欲ありますね?」
私「あります」

Bちゃんは、動物病院に連れてこられた時からゲホゲホ咳をしています。

先生「咳してるじゃない」
私「動くとこうやってむせて咳き込むんです、1日中むせています。動いた時とか、眠りから起きた時とか」
父「いつもこうです」

先生「じゃちょっと後ろむかせて、胸の音聞きますね」
聴診器でビーちゃんの胸の音を聞く先生。
すると先生がエアコンを消しました。さらに音を真剣に聞く先生。

え どうしたんだろう

先生「レントゲン撮らせてください」


えーーーーー

レントゲン


この数年ビーちゃんは咳をしているし、何度も先生にもレントゲンを撮ってもらったことがあるんだけど…心臓肥大で咳してるけど心配ないって言われたこともあるんだけど…


ビーちゃんは看護師さんに抱っこされて連れて行かれました。


ちょっと心配だな、心臓肥大が悪化したのかな?



数分後、説明室に呼ばれました。


先生「ここが肺ですけど…肺の色が非常に悪いです」

ざーーーーっと全身の血の気が引きました。

私「肺の色が…」

先生「肺は普通、この気道のように、透明に映るわけなんですけど、今は白いですよね。」

私「白い…」

先生「肺炎だと思います。抗生物質を飲んでいただきます」


私「アワ…アワワ…」ショックで言葉が出てこない私


先生「熱もあるし重症ではないと思います。白いポツポツした影がないから肺がんではないでしょう。薬を飲んで様子を見てください。抗生物質を朝晩、あと咳止めを1日1回ね。あとは…肝臓も大きくないし、いいでしょう。散歩はまぁ普通…普通より控えめかな。」



ビーちゃん、いつどうやって肺炎になっちゃったんだろう…ずっと苦しかったのかな…申し訳ない…家族のみんなにも申し訳ない…


やっと帰宅しました。


ビーちゃんの手足をしっかり洗い、よく乾かしました。ご飯をくれと言うので、鶏肉を煮たものをやって、朝の分の薬を飲んでもらいました。


後はできるだけ安静にしてもらいました。ビーちゃんの呼吸数は1分間14回、脈拍は69回です。いつもは呼吸数11-12、脈は59から60なので、少し多いです。


犬肺炎で検索すると恐ろしいことばかり情報が入ってくるので、検索するのはひとまずやめました。ただ、体温が低くなると危ないと言う事は分かりましたので、注意したいと思います。


夕方✴︎

まずいです、食材が切れました。どうしたもんか、ドッグフードを出してみました。





ビーは一瞬匂いを嗅いでそっぽを向きどっかに行ってしまいました。


そうだよね、最近ドッグフードほんとに食べないよね。急いでマスクなどをして、食材の買い出しに行ってきました。


買ってきたものは全部、食器用洗剤でゴシゴシ洗います。コロナ対策のつもりです。
何もかも丸洗いしてから使います。
冷凍食品も、ポテロングも、容赦なく洗います。


すぐさまビーのご飯作りです。



鶏肉は、皮を下にして、しっかり焼いてから、皮や、黄色い脂肪の部分を、取り除き、水洗いして脂肪を落としました。

さらに、細かく切ったにんじん、まいたけ、ひじき少々、干した大根の葉を入れました。ベランダで育ったつるむらさきの葉も二枚追加。




出来上がるのが待ちきれないびーちゃん

まるで栗田さんのように調理を見守っています。





できたよー



食いつきよし!

しっかり食べました。良かった。


その後 深夜23時55分、もっちゃんもっちゃん言う音が聞こえて私は目を覚ましました。なんと、暗闇の中で、ビーちゃんが、ドッグフードを食べていました…。
さらに、こちらをチラチラッと見てくるので、チュールもやりました。

しっかり食べて、肺炎を治そうね。




コメント (6)

怪盗ビー 次なる獲物は

2020-05-24 22:40:00 | 犬ごはん
ビーフジャーキーを作っていたら


ほーら来た来た

ビーが来ました。

今までにも、ビーフジャーキーを作っている時に、ビーフジャーキーが全て消滅すると言う事件が繰り返し起きています。

いまだに現行犯逮捕には至りませんが、第一容疑者の怪盗ビーちゃんは早速ジャーキーの周りをウロウロついております。




「くんくん 見えないけど 匂うんだよねー
牛肉の匂いワン!」

今回は、しっかりと監督したいと思います。







夕方は元気に散歩。

結構スピーディーに歩いているのが、写真でもわかります。




行きつ戻りつは犬の性




くしゃみが出る直前の顔




ビーちゃん、
座ってポーズをとってよ。
(けっこうおなかが太いね。)




5秒とじっとしてないビーちゃん。

元気があってよろしい!(*^ω^*)







コメント (2)

犬の目 白濁 血管角膜潰瘍?とにかく目薬だー

2020-05-22 20:53:00 | 犬の目 白内障 眼病 瞳孔左右差 まぶたの腫れ 視力
愛犬ビーの目の表面の潰瘍みたいなのが悪化したので、主治医の先生に行きました。

先生に、目が変なんですと言うと、先生は目をちょっと診察して、なるほどわかりましたと言い目薬をくれました。


目薬2種類出された

「目薬をさすのがものすごく大変なんですけど」と先生に相談すると、先生は、「何、それは大変だね。ハハハ。じゃぁやってみせましょうハハハ。」とおっしゃって、助手の先生に、ビーちゃんを押さえさせて、先生はビーちゃんの顔を抑え、「ほら、こうして、頭の後ろから…」と、やってみしようとしましたが、びーちゃんは大暴れ。白眼をむいて抵抗!

先生も、「これは大事だ。容易じゃないぞ。ハハハ。1人では無理ですなハハハ」と笑ながら、それでもさすがに、しっかり眼球に大粒一滴垂らしてくださいました。そして、「この子は心臓は大丈夫みたいですから、こうしてね、がっしりと取り押さえて、目薬してやってください。」とおっしゃいました。ビーちゃんは心臓肥大があるのですが、心臓が大丈夫と言われて嬉しかったです。

ビーちゃんは目が大きいのに、目薬が本当に大変なんです。

でも目の表面の血管が浮き出てきて、このままだと目が大変なことになっちゃいそうなので、必死で頑張りたいと思います。

さらに、そろそろ蚊のシーズンなので、フィラリアもらうことにしました。

先生は、「フィラリア ですか、それじゃあ血をもらわなくてはねハハハまぁ真面目に薬を飲んでたとは思いますけれどもね。」
とおっしゃって、血液検査をしました。プレパラートに血液を広げて、顕微鏡で念入りにチェック。豪快なイメージの年配の先生ですが、血液を顕微鏡で見ている様子を横から見ていると、本当に細かく、隅々まで何往復もして血液を見てくださっているのがわかります。さすが名医。安心。

フィラリアをもらって帰宅。ビーちゃんも疲れたと思います。

血液も採取されたし、栄養をつけてもらおうと思って、大好きな手羽元を煮てやりました。人参、椎茸、じゃがいも、大根の葉っぱ、つるむらさきも入れました。


手羽元の匂いをかぎつけるビーちゃん




期待するビー



待ちきれないビー



食らいつくビー


しっかり完食しました。食欲がある時とない時と波があるなぁと思っていたのですが、今日病院で測ったら、5.56キログラム…結構ぽっちゃりさんでした。チャンチャン。
コメント (2)