明日はもっといい日に

安室奈美恵さまの追っかけをしているただのゲイのおじさんです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今日は何の日、Idahoの日。

2008-05-17 22:21:44 | ゲイシーン
今日5月17日はIDAHOの日だそうです。
以前から告知の案内がGBrのあちこちに出ていたのでご存知の方も多いと思います。じゃあ、行ったころある?って、ないので行ってきました。

Idahoって国際反ホモフォビアデーの事で「同性愛が病気じゃなくなった日」でっす。1990年5月17日にWHOの「精神疾患のリスト」から、「同性愛」の文字が消えた日だそうです。
詳しくはこちらをご覧下さい→IDAHO-net



地元の横浜でも街頭でアクションが行われるということなのでちょっと出かけてみました。狭い駅前(あまり綺麗なところではないです)、献血やチベットの開放運動が隣で行われいる隣で昼過ぎから開始されてました。

案内のビラを受け取ったり、ブログに記事書いていいですか~?とか写真掲載していいですか~?なんて了承をとったりしてたんもんだから、逆に(ビラを)一緒に配りますか?って言われました。その時、僕は、「あっ、ちょっと・・・」なんていっちゃたりして、断ってしまったんです。悪い思いをさせてなければいいんですけど、地元とということでちょっと躊躇してしまいました。

Idahoはアメリカの州ではないんですよ~とか、メールで寄せられた同性愛やストレートの方のメッセージを2時間に渡って紹介されてました。
雑音が入って聞き取りにくいですがこんな様子でした↓

YouTube①はこちらです。 http://jp.youtube.com/watch?v=qfENwI90N-I


YouTube②はこちらです。 http://jp.youtube.com/watch?v=oLqaCMHelrE


宣言があった1990年って、意外と最近だったんでビックリしてます。
これがなかったら、ゲイの環境って今よりも厳しくて自分の生き方はどうなってたんだろう、海外で認められている同性婚やパートナーシップなんてなかったかも、そんなことを思いながら見てました。
てか、同性愛=精神疾患あつかいって・・・偏見ってものすごい人を傷つけてしまうんですね。



写真撮ったりして、眺めていると一緒に参加されていた雰囲気がちょっと違う男性の方に声かけれました。

「君は参加しないの?」
「君はカミングアウトはあまりしてないの?」
「私は今日は、大阪から来たんですよ。」
って話をしていて、自分はIdahoにははじめて来たことや、パレードには隊列に入れたけどなんか今回は躊躇しちゃってるんですよ、みたいな話をしていたら、「パレードって何人くらい来るの?」って、パレードのこととかもよくご存じない様子、なんか話がかみ合わないんですよね。

思わず、ストレートの方ですか?って聞いたら、取材に来られてる新聞記者さんでした。それなら、最初から話さないとと思い、自分がブログをやって交流が生まれたことや去年まではセクシャリティはずっと隠してクローゼットやっていたことを少し話しました。どう思われているんだろう?



パレードの時とは違ってこじんまりしてますが、結構、ゲイの人たちが一般人に混じって通りすがりの人の振りをしてましたね。近くの喫茶店にもカップルもチラホラいらっしゃいました。街頭ではビラを配っている方が、立ち止まってくださった方たちに趣旨を説明されてたりしてました。

行ってみて思うのはすぐには何か変るわけではないけど、こういったことが出来るようになったってことは、1990年には想像もつかなかったことなのかなと思います。こういった活動が許されるのも昨今の近隣の国の状況を見ると、恵まれてるのかもしれません。僕はヘタレだから表だった活動は苦手です。でも、頑張っている人は応援したいなと思って行ってきました。自分の街でもこういったことが行われるようになったのはやはりうれしいです。
コメント (19)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 一日早いけど | トップ | ぷれいす東京2007年度活動報... »
最近の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (佐藤元基)
2008-05-18 00:49:15
昔は同性愛が病気扱いだったのですね。
治すべきだというニュアンスがあって、違和感を感じます。
1990 (kumazzzo)
2008-05-18 01:34:33
1990年は…中学生してました。
同性愛者なんてちっとも思っていなかったけれど
異性に恋心を全く抱かない自分に
違和感を感じていた頃かな。
こーいう活動、とても大切だと思うけれど
無理に参加する必要もないと思うのさ。
でも、活動してくれる人のおかげで、
少しは僕らの生き方が、より社会に近づいていくのだから
決して無駄じゃないし、感謝しなくちゃって
思います。
いい経験しましたね (龍児)
2008-05-18 02:19:39
1990年には俺は既にオランダにいました。
日本とは大分違ってオープンなゲイの人たちに触れて大きなカルチャーショックを受けていた頃、オランダのゲイシーンの大らかさと多様さの中で変わっていく自分を感じていた頃です。
あの頃の日本の閉鎖的なゲイシーンの状況から考えると、今の日本でゲイを取り巻く環境は確かにいろいろと変わってきていると思います。IDAHOのような活動に参加している人たちの努力にはもちろん頭が下がります。加えて、それにいろいろな形で関わる人たち、DASSくんのように自分のブログでレポートをする人や、それを読む人、ただ活動を見ている人たちもみんな含めて意識が変わってきているのだと思います。
これからもこのようなうねりが大きく成長していけば良いですね。
微妙に気になる・・ (sakura)
2008-05-18 15:29:33
その新聞社は神戸にはちゃんと取材班出しているんだろうか・・・(爆)。

全国的なイベントだってことは記者さんは把握していたのかな?
Unknown (くまごろー)
2008-05-19 01:06:57
地元だと躊躇しますよね。僕もちょっと
難しいです。ただ新聞記者さんの質問に
きちんと答えているだーくんも活動に
貢献したと思いますよ。少なくともその
記者さんの知識は深まった訳だし、こうして
記事にしたコトでより多くの人の目に触れる
機会を作ったからね。
懐かしい? (海坊主)
2008-05-19 09:56:27
1990年頃はノンケさんに恋してしまって
どうにもならないのに独りで苦し掻いてました(^^;

2006年に初めてIDAHOの活動を知り、新宿の南口に
見に行ったことを思い出しました。

また過去記事からのTBで申し訳ないんですが、その時の
記事からTBさせて頂きますね!
活字にできない (マダム)
2008-05-19 19:53:56
1990年…とてもココでは書けません、色んな意味で謳歌してたわ、第一次モテ期を?

アタシはDASSちゃんをへたれだなんて思わないわ、知ってるし実は大胆ガールってこと(笑)
ジョークはともかく、『何かをしているから』偉いわけではないと思う、凄いとは思うけれど、アタシには真似できないし。

なのでアタシが一番大事にしたいのは『自分のライフをハッピーに生きている』と日々実感できること。
人に優しくできるのは余裕がある人だと思っているから?
まずはソコから?
活字にできない (マダム)
2008-05-19 19:56:29
1990年…とてもココでは書けません、色んな意味で謳歌してたわ、第一次モテ期を。

アタシはDASSちゃんをへたれだなんて思わないわ、知ってるし実は大胆ガールってこと(笑)

ジョークはともかく、『何かをしているから』偉いわけではないと思う、『何かをしないから』偉くないわけではないと思う。そんなん言ったらアタシもへたれよ!

そんなアタシが一番大事にしたいのは『自分のライフをハッピーに生きている』と日々実感できること。

人に優しくできるのは余裕がある人だと思っているから。
アタシはまずはソコから。
Unknown (DASS)
2008-05-20 00:43:48
佐藤様

こんばんは、そしてはじめまして!
コメントありがとうございます。
そうですね、今でも日本では同性愛は直すべきみたいな風潮は感じられますね。
自分はボケーとして年をとってきましたが、中には悩んでいる方も多いので、徐々に変っていってほしいなと思います。



Unknown (DASS)
2008-05-20 00:49:20
kumazzzo様

今回は参加は出来なくても、パレードや他の形では前に出られたらなと思います。今までは影で動いていたけれども、表に出て存在を出さないといつまでたっても何の変らないのがもどかしいし、かといって自分は非力だしと思ってしまうことがあります。
でも、ちょっとづつ昼間に表に出てこういったことが行われるようになったってことはうれしくもあり、いつかは自分もカミングアウトをする時もあるのかなと不安な気持ちも正直あります。でも、トラブルもなく終わったことがよかったです。

コメントを投稿

ゲイシーン」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

4 トラックバック

反ホモフォビア?(その2) (◆ Diary ◆)
仕事をトットと済ませて、ちょっとだけ街頭キャンペーンを覗いて来ました。 正直まだ自分の心の準備みたいなものが出来ていなかったようで、関わんなきゃ良かったかも?と言う思いもありましたが・・・ 新宿は夕方から生憎の雨模様になってしまいましたが、その雨が降...
Japan: Experiences at IDAHO (Global Voices Online)
On the International Day Against Homophobia (IDAHO), Japanese LGBT communities organized several events and street activities in several cities across the country. With a slogan of “Yes to sexual diversity” (多様な性にYES!), various groups bro...
オランダは寛容社会 (龍児の世界 ~ Reminiscing)
オランダではいまだに同性愛者たちは差別されていると思う 50% 政府は同性愛者差別に対して充分な措置をとっていないと思う 50% 同性...
5月17日は「国際反ホモフォビアの日」。 (悠悠自的。)
※クリックで拡大するよ!  2008年5月17日、友人の遠藤まめたが発起人の「やっぱ愛ダホ! Idaho-net.」の街頭アクション@新宿東南口に足を運んで...