どうしても言いたい

どうしても言いたかったのでブログ始めました。今皇室がアツい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊誌天皇制もここまできたか

2018-02-18 14:07:06 | 次男一家
いろいろと腹に据えかねることの多い平成皇室ですが

今回の結婚延期騒動にも私は相当頭にきてるよ。

なんなんだ一方的に被害者ヅラしおって。

週刊誌に書かれたことが全部事実な前提で話が進んでるのも理解できない。

さすが週刊誌天皇制

週刊誌があることないこと騒ぎ立てればあっと言う間に結婚延期させられちゃうよ!

大体問題になってるのって、婚約者の母親の話じゃん?

本人関係ないじゃん?

本人つまり海の王子の学費やらなんやらが、母親が当時の婚約者から借りたお金から出ていて、王子は「贈与と認識しています」と言ったとか。

それだけで本人のことになりますかね??

「贈与と認識しています」と言ったのはそうでも言わないとお母さんがお金返さなきゃいけなくなるからでしょ。お母さんかばって何が悪いの。

それに例え学費やら出してもらってたとしても、そのときはいい顔して調子よく出しておいて、自分から婚約破棄して、今になって王子が皇族と婚約して話題だからって急に返せと直接ではなく週刊誌に言い出すなんて、王子の立場にしてみたら「は?」ってなもんなのでは?

こんなことで婚約延期だなんて皇室も世間の人もおかしいよ。

こればかりは王子がかわいそうだと私は思います。小室家は時期を見てしっかり弁護士つけて闘った方がいいよ。あと400万についてもちゃんと和解しといたらどうかね?

ただですね

この話の元々の問題はですよ

王子も眞子さまも結婚すると言っておきながら定職についていないことですよ…

その疑問が根底にあるから、ここまで話がややこしくなったんだと思うよ

そこは自業自得だ。

この点に関してなぜか王子ばかりを責める人が多いけどそれもおかしい。

眞子さまもコネを使いまくれる立場にいながらなぜきちんとした職につかないのか。

週3でアルバイトしてる場合じゃないでしょうよ。彼がしっかりしないなら自分が頑張ればいいでしょうよ。

2人して結婚後の生活に税金をあてにしている雰囲気が漂うからここまで風当たりが厳しくなるんです。

2年あるからそこちゃんとクリアすればいいんじゃないの?





この記事をはてなブックマークに追加

びっくり眞子さま婚約延期

2018-02-07 14:08:20 | 次男一家
あらあらまあまあ

びっくりの展開ですね

眞子さま、当初の予定を変更し結婚は2020年にとか。

列外派のヘカテーさんもガッカリしてらしたけど私もいろんな意味でガッカリだー!

何にガッカリかというと

1 秋篠宮夫婦にガッカリ
たった400万のことでゴタゴタしやがってなぜ全力で娘を支えてあげないのか。
一度は賛成したくせに、ちょっと週刊誌に書かれたからって何なのよ。週刊誌が全てか。王子に直に会って娘の相手としてOK出したならそれを貫け。自分の基準てものはないのか。週刊誌教か。親として情けないとは思わんのか。

2 天皇皇后にガッカリ
週刊誌にちょっと書かれたからって何がご心痛じゃ情けない。そもそもいちいち週刊誌チェックすんな情けない。

3 眞子ちゃんにガッカリ
親や爺婆がなんか言ったからって易々と従うとは情けない。王子を愛してるなら愛を貫け!持参金も皇族の地位も何もかも入りませんから結婚します!くらいのこと言え!結局持参金やらコネやら女性宮家やらをアテにしてるからこうなるんだよ。いい歳して自立できてないから親の言いなりにならざるを得ないんだよ。それ自覚して悔しかったらコネ人生を自力で抜け出せ!

私は王子の今後の手腕に期待だな。
なんてったって、紀子さまという、庶民のくせに皇室にねじ込んできたスキャンダラスな前例がありますから、そこのところを上手く使ってだな、なんとか持参金とコネ就職をゲットして幸せにおなりなさい。




この記事をはてなブックマークに追加

眞子さまへ良い方法をお教えしちゃうよ

2018-01-31 14:41:02 | 次男一家
世間から批判を浴びるほどに俄然眞子さまの結婚を応援したくなる今日この頃ですが皆様お久しぶりです。

眞子さまの婚約内定相手、海の王子のお母さんが、元婚約者から440万を巻き上げ「贈与だった」と主張し一円も返さない件が世間では話題です。

なんとも香ばしい話題を提供してくれるご家族です。

しかし私は今回も俄然若い2人を応援したい。

理由はいろいろ。

・そもそも、そのこと自体それ程酷いことでもない。海の王子のママは、若い頃旦那が亡くなって苦労したと思うよ。主婦かせいぜいパートだったところで旦那が亡くなって、そこから母子家庭でどうやって子どもを育てろというのか。そもそも女性に職を持たせない社会、仮に持てたとしても男女間の賃金格差が激しい社会で、大事な王子のためにママは出来うる限りのことをしたんだよ。そのバイタリティはいいと思うし、女性として応援したい。責めるなら社会構造の方では?

・一度は結婚を約束した女に渡した金を今更返せって騒ぐ男もみっともない。だいたい「貸した」と言い張るけど、そんな大金、パート勤務の王子のママが本当に返せると思ってたの?もし結婚してたら、ますます「返せ」なんて言わなかったはずでは?結局本人の主観的にも貸したんじゃなくてこれ、贈与じゃね?

・と、このように赤の他人である私でさえ、王子のママを応援する理屈なんぞいくらでも考えつくのに、肝心の身内が、いつものように体面ばかりを気にするあまり、眞子さまを守ってあげる気配がないとは驚きだ!!お父さんよ、「困りましたね」じゃねーんだよ!!眞子さまかわいそうだろう全力で守ってあげなよ!!

というわけで、私は若い2人を応援する!誰になんと言われようと愛を貫け!

…これだけではなんなので、ことを丸く収めるとっておきの方法を私は若い2人に伝授したい。

眞子さま、こう言えばいいんですよ。

「この度は私の婚約者のことで世間にはご心配をお掛けしました。批判はしかと心に留めました。つきましては、私は結婚にあたり、持参金は全て辞退することとし、結婚後は皇室とは一切無関係の存在として、公的な場には参列しません。今後は、ただの民間人として、私ども夫婦のことはそっとしておいていただけますと幸いです。」

これができたら私は本当に眞子さまファンになるけどね。

まあ無理でしょうね。

王子も逃げたりしてね。笑




















この記事をはてなブックマークに追加

東大一直線

2017-09-29 12:50:43 | 次男一家
どちらかというと東大一直線なのは、小学生の頃から学業優秀と伝わってくる愛子さまですよね。

成績優秀って宣伝してるだけだ!とアンチは言うかもしれんが、あの中学の卒業文集の、平和を願う作文読んだら、「なるほどこれは優秀だわ」と誰もが納得せざるを得ない。

ところが週刊誌で「東大への特別レール」が敷かれたと騒がれているのは、秋篠宮家のご長男ですよ!!

なんじゃそりゃー

と、見出しを見た人々は突っ込んだ。

ちょっと前から囁かれていることですが、今小学5年生の長男くんは、今通っているお茶の水附属小から、筑波大附属中学に入るんだそう。そのタイミングに合わせて、そのための転学制度が出来るらしい。

そしてその先は東大に推薦で入れたいと、お母様の紀子さまが画策しているんだそう。

お茶は男子は中学までしか通えないし、筑波大附属からは男女1名ずつの東大への推薦枠があるらしいからってことで。

てか

試験を受けて入りなさい

または

学習院に行け

という言葉が浮かんで参りますね。

この話は秋篠宮家が何をしても褒め称える信者さん達にも不評らしく、どうしてなんだろうと考えてみた。

なんていうかさあ

今の日本の庶民にとっては、学歴が唯一ののし上がる道なんですよ。

家柄がなくても、コネがなくても、勉強さえすれば社会の上流に入っていける。

馬鹿馬鹿しい話ではあるけど、日本では18歳で頂天の東大に入ったということが、その後の人生を左右する。これは情けないがある程度真実です。ぶっちゃけると。

だからみんな必死になる。

私が大学に入った頃より、もしかしたらもっと社会の格差は進んでいて、小さい頃から私立学校やら塾やらにお金をかけられる人が多くなっているのかもしれないですが。

それでも建前としては、未だに18歳の一発勝負の機会は、どの人にも平等に与えられてるんですよ。

そこによ

その庶民の人生を賭けた一発勝負の中にですよ

よりによって皇族が割り込みますか????

もうびっくりするしかないよ。

皇族なんでしょ?一人くらい堂々と特別扱いしたって誰も文句言いませんよ。どうしても東大で学びたいなら、一般とは別枠で、お客様的に通えばいいじゃん。

それをさ、なんでわざわざ、制度を変えさせてまで庶民のために用意された推薦とかそういう枠を使おうとするわけ????

その理由としては1つしか考えられない。

「親王さますごーい、東大に入るなんて優秀なんですねー」と、ズルしたくせに国民に言わせたい。

そゆことでしょ??

そりゃー老いも若きも右も左もアンチもシンパも怒りますよ。


この記事をはてなブックマークに追加

やっぱり批判したいご婚約

2017-09-09 15:07:29 | 次男一家
ここのブログ主は海の王子の味方なのかそれとも批判したいのか一体どっちなんだ!はっきりしろ!

という声が自分の脳内から聞こえてくる今日この頃ですが皆様お元気ですか。

正直なんとも言えないです。

私の自由を愛するサヨク気質からすると、皇室の権威も何も何のその、「眞子さまに惚れたから結婚するんです!仕事もなんとかなります!」と言って月2万の食生活を研究する王子の雰囲気は嫌いじゃないんです。

秋篠信者達は「そんな本を眞子さまに渡して月2万しか渡さないつもりか!」とかって憤ってますけど、あれ多分王子自身が料理するつもりなんでしょ?特技は料理って言ってなかったっけ?

性別役割分業から一歩も出られない凝り固まった婆さん達と違って、柔軟な考え方を持っているところは、今時の若者っぽく好感が持てます。

眞子さまのお母様もそうでしたよね。「皇室に入るのになんの気負いもないわ」と言ったとか。手袋代に至るまで皇室に請求し、壁紙剥がれた3DKからお嫁入りする割には自信満々でしたよね。そこは感心するわ。

ただ私が評価しているのはそこまでだ。

私が嫌悪するのは、自分自身の努力とは関係のないところで、コネを使ったり、裏口使ったりして良い地位を手に入れ、そのあげくにそれが全て自分の力であるかのように宣伝する輩です。

そう、眞子さまのことですね。

イギリスの大学院でたった一年勉強してお飾り的な修士を取っただけであるにも関わらず、東大の名のつく公募のポスドクのポストに「応募」して見事就職しました!と宣伝したことを私は忘れてませんよ。

そりゃないだろ、と思ったよ。

王子が就職もまともにせずにフラフラして、「養ってもらお〜」と思ってるとしたら、ちょっとどうかなと思いますが

結局眞子さまがそれを許してるんだよね?

「私だって適当なポストに押し込んでもらえたし、私と結婚したらけいくんだっていいとこ紹介してもらえるよ〜♪」って言ってるんじゃないの?

2人で相談してそんな未来を思い描いてるんでしょ?

結局似た者同士、これ以上ないってくらいお似合いだね。

そういうわけでだんだんこの2人には興味がなくなってきた。もう好きにやってね、と。

秋篠信者の急激な秋篠離れを加速させた点では、ものすごく評価してますがね。王子によってあの家の実態が分かりやすく可視化されたんだよね。

それより愛子さまのニュースないかなー。







この記事をはてなブックマークに追加