雀のチータンたち

雀は言語を持っていて社会生活をしている。縄張りがない。
他の鳥の子を助けもする。雀は鳥たちの影の指導者なのだ

6/5 生島さんで 山ちゃんが結婚したことを聞いた

2019-06-05 15:14:42 | 動物の心理



6/5 生島さんで 山ちゃんが結婚したことを聞いた

さっきからたまむすびを聞いていると、たまおのアホがどんなに目がないか

おばあちゃんじゃないけど、馬鹿だよ、この子は  だ。


投稿にも何度か触れたけど、実に誠意があって、頭がいいか。

東大生なんかで司会やっているけど、その技術がたまむすびでも発揮されていた。

たまおはもちろん気がつかない。


山ちゃんをみくびって、もてない男みたいに思っていたのが

モヤモヤメールを出しているようだけど

もっと冷静に彼の進歩を見るといい。

デブデブしていた時期もあったけど

すっきりした後は、メガネがカモフラージュで気がつかない人が多かった。

彼に実にハンサムになったよ。


おめでとう、山ちゃん。

残念ながら、あおい ゆうさんがわからない。

名前は知っているけど、顔がわからない。


人をアンダーエスティメートしているから、こういう特ダネを落とすのよ!!



6/5 母親を殴り倒した快感に息子の気持ちが見える

2019-06-05 15:14:04 | 動物の心理



6/5 母親を殴り倒した快感に息子の気持ちが見える

昨日かけなかったことを追加する。


きっとお父さんを引き合いに、

息子のグータラさ(親にとって)、頭の悪さ、成績が期待通りでない、

等々をひっきりなしに言われていたんだろう。


出来のいい父親、兄貴等々 に比較されて、四六時中いたら誰だって

つもり重なるものが出てくる。


この息子、歯を食いしばって我慢してきた。


だけど、ある日、切れた。


これがいくつの時か知らないけど

この後は、息子がやりたい放題になったのではない?


この辺で、父親は仕事はちょっと横において、

息子の前に出て、母親を殴ったことを追及すべきだったのだ。

息子であれ、なんであれ、女性に暴力をふるうことをなじるべきだった。

そして、謝罪させるべきだったのだ。


ついで家の大黒柱、主人は父親で、暴力的に息子は強くなったかもしれないけど

決して主人ではないことを納得させるべきだった。

べきだった、べきだった

もう手遅れの終わったことだよね。


知っている?

友達の母、産んでもうしわけなかったと謝罪したと書いた。

私の父は、私が死のうとしたほどの孤独感を、

知らなくて申し訳なかったと謝ってくれたのだ。


親が譲れば、子供は突然、変わってもくれるのだ。



6/5 かんぴょう巻きの話

2019-06-05 15:13:30 | 動物の心理


6/5 かんぴょう巻きの話


数日前、太巻きとか、稲荷寿司の入ったのを買った。

その中にかんぴょう巻もあった。

私はこれが寿司の中で一番嫌いだったけど、あったから食べた。

すごくおいしい。

あれ、私間違えた? かと思ったくらいだ。


ところがまたかんぴょう巻きを見たので、あ、食べてみようと買った。

食べた。 ますい!! 私、間違ってなかった!!


あの犬、なんでカンピョウなんか好きだったんだろう

それはうちに預かったスピッツだった。

大きくて、真っ白でりっぱなスピッツ。

彼のご主人様は小料理屋をやっている女将だった。

父の女友達だ。

わが家にも、私に、おいしいものをよく差し入れしてくれたものだ。

そういう環境の犬だったので、おいしいものを食べていて味を知っている。


かんぴょう巻きのカンピョウが好きで、巻いてある焼き海苔が好きで

ご飯は食べたくない彼は、かんぴょう巻きを振り回して、好きなところを食べようとした。


なぜか、このまずいかんぴょう巻きで、この犬を思い出したのだ。


6/5 生島さんの 英語のみさとさん

2019-06-05 15:12:51 | 動物の心理


6/5 生島さんの 英語のみさとさん

日本語にすごく注意していたように聞こえたら、

今日は同じ人ではなかった。