サンデーたかひろ

絵描き・ながさわたかひろの制作実況 “from Machida, Tokyo”

「レッツゴー!ながさわたかひろ、その愛のカタチ。」

2017年02月02日 | 他の作品いろいろ

今年、最初の展覧会「レッツゴー!ながさわたかひろ、その愛のカタチ。」展が始まりました。
今回は木場の EARTH+gallery、僕にとっては初めてのギャラリーです。

・行き方

東西線・木場駅から三ツ目通りを北へ(東京都現代美術館へ行く道筋)、ローソンが見えたら左折すると…

右手に黒い建物が見えます。

近づくと、例年通り、ちょっと凛々しい僕のボードが扉に!

これが目印です。


今回の企画は僕の持ち込みではなく、濱星啓さんによるもの。
ここ数年に渡る僕の活動を「体系化して見てみたい」という、ありがた迷惑(笑)とも言える一言から始まりました。
これまで作品の軸となってきた「プロ野球画報」と「に・褒められたくて」の両方をまとめて展示することで見えてくるものがあるはず、と。

…確かに。
そうすることで、これまで何をしようとしてきたのか、しっかり感じとってもらえるようになるかもしれません。

なので、今回は旧作中心の展覧会。もちろん新作も展示します。
新作は銅版画2点と「プロ野球画報2016/千葉ロッテマリーンズ編」=対戦カードごとに1枚・全53枚、サッカーW杯予選、途中で挫折してしまったFC東京の前半戦・15枚、ピエール瀧さん率いる野球チーム・ピエール学園の公式戦 8枚、等々。
新作だけでも充分な数ですが、何せ全試合を描けたのはマリーンズのみという体たらく…
やはり二兎三兎と追うことはできませんでした。
ちょっと偏ってるので、一面にまとめて展示しています。

「に・褒められたくて」は約30点、2013〜15年の「プロ野球ぬりえ(改め・プロ野球画報2013-2015)」は 440点がドドッと並びます。
個展としては過去最大の作品数です。
尚、ここは中二階もありますので、そちらを見過ごすこと無きよう。

さて、この展覧会の副読本として、ミッドナイトストアーの“グッチ”さんにお願いしてZINE(小冊子)を、50部作りました。
新作2点と昨年出版した「に・褒められたくて/版画家・ながさわたかひろの挑戦」に入れられなかった鉛筆画を中心に組んだZINE、A6サイズ・16ページ・540円(税込)です。

題して、『に・褒められたくて〈別冊〉レッツゴー!ながさわたかひろ、その愛のカタチ。副読本』!

いや、なんのひねりもないんですけど…
オマケに仮面ライダーの怪人シール(5種類の中からランダムに1枚)が付いてます。
何が出てくるか、お楽しみに!

もちろん、「に・褒められたくて/版画家・ながさわたかひろの挑戦」と、
もうそろそろ書店から消えつつある「プロ野球画報2015/東京ヤクルトスワローズ全試合」も販売しています。
しかも今回「プロ野球画報2015」をお買い上げの方には、特製トートバックと山田ポストカード、そして以前選手に渡すために自費出版した「プロ野球ぬりえ2012全記録集」をお付けします!

これ、B3サイズで58ページあります。はっきり言って持ち運びが大変な代物です。
持ち帰れるという方にだけお渡ししますので、まだお持ちでない方はこの機会に是非。
在庫処分みたいですけど、自宅で死蔵するよりはマシかと思って。
こんな展示はもう二度とないでしょうから、ここで放出しちゃいます。
是非ぜひ、持ち帰って下さいませ。

会場中央に、座り心地のいいソファが二脚置いてあります。
上記の本と「美術手帖」連載時のページを抜き出したファイルを用意してありますので、どうぞお座りになってごゆっくりご覧下さい。

そして、2/5(日)には、美術史家の山下裕二先生をお迎えしてのトークイベントがあります!
心臓バクバク… 今からお腹が痛いです。。
こんなことも、これっきりだと思います。
玉砕覚悟で挑みますので、是非ぜひお越し下さいませ。

ではでは、皆さまのお越しを、心よりお待ちしております!

 

ながさわたかひろ個展
『レッツゴー!ながさわたかひろ、その愛のカタチ。』

会期:2017年1月29日(日)~ 2月12日(日) 11時~19時(月曜休廊)
   ※ 初日は 15時〜、最終日は 17時まで
場所:EARTH+GALLERY
   〒135-0042 東京都江東区木場 3-18-17
   Tel.03-5809-9949


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« レッツゴー!2017 | トップ | 2017年は… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

他の作品いろいろ」カテゴリの最新記事