サンデーたかひろ

絵描き・ながさわたかひろの制作実況 “from Machida, Tokyo”

愛の高田文夫

2019年02月10日 | 愛の肖像画

1月30日
 個展「オレ新聞 完全版」に高田先生が来廊。というか、ご案内した。
 この日は先生と、さんぽ会の渡辺さんと16時半に成城学園前で待ち合わせをし、じつは絵も描く文筆家の和田尚久さんが展覧会を催しているという「アトリエ第Q藝術」へ参じたその帰り、そのままお二人をお連れしたのだ。数時間前に和田さんもいらしていたようで、僕らはすれ違いで2つの会場を行き来したことになる。小田急線のどこかですれ違っていたと思うと面白い。
 この日までに僕は高田先生の肖像画を用意していた。鉛筆画だ。「オレ新聞」で描いた、何かとお世話になっているニッポン放送「ビートたけしのオールナイトニッポン」伝説の二代目ディレクター:鳥谷規さんの肖像画から得た手応えを発展させて新シリーズに突入すべく、その第一弾は、やはり高田先生をおいて他になし!とばかり、去る1/7、渋谷の東急百貨店本店で催されていた「ジャイアント馬場展」にご一緒した帰りに連れて行っていただいた「うな鐡」の店内で写真を撮らせていただいたのだ。「こんなところで撮るんじゃないよ!恥ずかしいだろ、早くしろよ!」と叱られつつ、急いで撮った一枚。何年かぶりで食べたうなぎは、各部位の串焼きから白焼きまでと初めての食し方ばかり。お腹いっぱい食べさせていただいた。高田先生には本当にお世話さまである。そんな日頃からの感謝の気持ちを絵に込めようとしたわけだが、困ったことにいざ描いてみるとどうにも強面になってしまう。この眼光鋭く大きな目には狂気がはらんでいると感じ入った次第。そっち系の人に思われることのないよう、気持ち柔らかく描くようにした。これでみんな共通認識の「あの」高田文夫だ。
 さて、ひとしきり会場に並んだ作品を見ていただいた後「で、先生、もう一点、見ていただきたい絵があるのですが」と切り出し、段ボールで作ったカルトンをササッと開く。「お、いいねぇ〜」と先生。「何か一言、書き添えていただけると嬉しいのですが」と僕。「いや、これはこれで完成だろ。オレが汚しちまっちゃあ、いけないよ」と先生。「いや…」っと言いかけるも、これはこれで嬉しいお言葉。先生のお気持ちだ。「どうしてもと言うなら、これ貼っとけ」と渡された千社札に「ハイ!」と元気よく返事した次第。

 

2月6日
 浜松町、文化放送メディアプラス2階のデニーズに呼び出されて、打ち合わせ。ある本の表紙に使う絵の依頼。人物画。ちょっとハードル高し。そういう相手。お会いすることはできないとのこと。どうしよう?

 

2月7日
 写真が3枚送られてきた。これを元に描くことになる。

 

コメント

「オレ新聞 完全版」展を開催します(1/12-2/2)

2019年01月01日 | オレ新聞

12月下旬、5日間だけ催させてもらった山形県東根市公益文化施設「まなびあテラス」での「オレ新聞リターンズ」展。
お出でいただいた皆さん、ありがとうございました。
山形で始まり、山形で終わった2018年でした。
新年を迎え、元旦の超分厚いんであろう山形新聞には、オレ新聞・平成振り返り版が載っております。
「特急つばさ」号で上京したのが平成2年。ということを考えると、平成はまるまる東京で生活していたことになります。
その、およそ30年を一枚にまとめた絵を平成最後の年の山形の新聞に載せてもらえて、なかなか感慨深いです。

12月に描いたオレ新聞がまだアップできてないのですが、
12日(土)から東京・神楽坂eitoeikoで開催する「オレ新聞 完全版」で見ていただけるように準備中です。

当初、もてる時間を目一杯つぎ込んで描こうとするスタイルでパンクしてしまったので、このところは午前中に軽く一枚という感じで描いています。
先週まとめて展示してみて、絵としてはこちらの方が〈立つ〉と思い知りました。無理なく続けられそうだし。

2018年は、あっちゃこっちゃ迷いながらもオレ新聞を軸に自分の絵について考えることができた一年でした。
それはクラウドファンディングに参加・支援していただいた皆さんのおかげさまです。
この一年半で描いた絵が今後意味を持つものになるよう頑張っていきますので、本展にご来場の上、お好きな一枚を選んでください。

13(日)以降は、どなたでも自由に入場できます。
2019年の活動に繋がる個展になりますので、是非とも足をお運び下さいませ。
お待ちしております!

 

オレ新聞 完全版

 ○クラウドファンディング支援者様内覧会:
  2019年1月12日(土)12時~18時(クラウドファンディング参加者のみご入場いただけます)

 ※オープニングパーティー:1/12(土)18時~20時(どなたでもご入場いただけます)

 2019年1月13日(日)〜2月2日(土)※月曜休廊
 12時~19時

 eitoeiko(エイトエイコ)
 〒162-0805 東京都新宿区矢来町32-2
  03-6873-3830

 

 〜入場無料〜

 
 
今年は、いろんな絵を描こうと思っています!
 
コメント

「オレ新聞」展を開催します!

2018年12月16日 | オレ新聞

「一年間、日々の出来事を描かせて下さい!」とクラウドファンディングによる支援を求め、そして集めた100万円を手に挑んだ2018年シーズン。その成果をご覧いただく展覧会です。ご支援いただいた皆さんには、この中からお好きな一枚を選んでいただきたく。入院あり、スランプあり、ながさわたかひろの現在地を、ぜひ見に来て下さい。

 

1、〈故郷・山形編〉:

 ながさわたかひろ滞在制作展「オレ新聞」リターンズ

 2018年12月20日(木)〜24日(月) 9時〜18時
 東根市公益文化施設「まなびあテラス」特別展示室
 〒999-3730 山形県東根市中央南1丁目7-3
  0237-53-0223

 

2、〈東京編〉:

 オレ新聞 完全版

 ○クラウドファンディング支援者様内覧会:
  2019年1月12日(土)12時~18時(クラウドファンディング参加者のみご入場いただけます)

 ※オープニングパーティー:1/12(土)18時~20時(どなたでもご入場いただけます)

 2019年1月13日(日)〜2月2日(土)※月曜休廊
 12時~19時

 eitoeiko(エイトエイコ)
 〒162-0805 東京都新宿区矢来町32-2
  03-6873-3830

 

 〜入場無料〜

 

コメント

大相撲九州場所:千秋楽

2018年11月26日 | オレ新聞

貴景勝の影に隠れてしまったが、同い年の阿武咲(前頭13枚目)が敢闘賞を受賞。いよいよ戻ってきたなって感じ。
来場所が楽しみ。

 

コメント

多摩川クラシコ ◎

2018年11月25日 | オレ新聞

多摩川クラシコを観に味の素スタジアムへ。
FC東京に期待していたのだけれど、内容は川崎Fが一枚も二枚も…って感じだったな。

 

コメント (1)