サンデーたかひろ

絵描き・ながさわたかひろの制作実況 “from Machida, Tokyo”

野村克也に褒められたか?

2008年06月01日 | 野村克也
さて、行ってきました。
ところは八重洲ブックセンター。すでに、長蛇…でもない列が出来ています。
が、前回の教訓もあります。サイン会の終了間際に最後尾に付くことにしましょう。
まずは沙知代夫人の処女小説「老疼の雫」を購入。
これは、脱税容疑で逮捕された東京拘置所内で執筆されたものらしいです。
永山則夫「無知の涙」ってとこかな。内包する重さは違うけどね。
帯には「私の人生に空白は許されない!」とあります。
写真は、仙台七夕まつりのものだと思いますが、ここらのチョイス、大好きです。
(永山則夫の出身は青森、仙台七夕に対する青森ねぶた、東北三大夏祭り繋がり。楽天が仙台、もしくは宮城ではなく「東北」と括った、その偽善に懸けたものでしょう)
一緒にノムさんの新刊本も並べられていましたが、僕のまだ読んでいない本が一冊増えてました。
ノムさんが今年に入って上梓した本、これで三冊か。
この人、いつ書いてるのだろう。恐るべき72歳です。

…間もなく沙知代夫人登場、報道陣の囲み取材が始まりました。ノムさんは…
居た!いたいた!我が身、一瞬にして引き締まります。
シーズンオフだった前回は何だか気の抜けたオッサンに見えなくもなかった(だからそういう絵になってる)のですが、流石にシーズン中は違いますね。生気が漲っている。コワい。一場の気持ちがよく分かる。目つきが怖い。僕等は皆この人の前において、カエルだ。
しかし、今日の主役はあくまでも沙知代夫人。
サイン会が始まると己は黒子に徹し、夫人のサインの横に「Saちー」印のシール貼りをしておられました。嘆かわしい…

しばらくそれを見ていると、これからどのようにして作品を渡そうか、イメージ出来るようになります。
ノムさんは基本的にシールを貼るだけ。暇そうだ。でもそれを苦にもしていないご様子。
ご自身が仰るように、ジっとしてるのが一番の健康法なのでしょう。おそらく思考停止状態。
時折、話しかけてくるオジさんにも「へへっ」と答えるだけです。
あとは、剥がしたシールを右手親指につけて、サイン本が廻ってくるのを待つのみ。目の前に本が置かれると貼る。それだけ。

さて、用意された整理券の配布が終了したようです。
僕も列の最後尾に並びます。
この日は僕一人で参戦するつもりだったのですが、JR国分寺の駅改札を通るときにある男に呼び止められ、振り返るとぺ ヨンジュン。否、よく見ると後輩の○ムラタカシ君(無職)でした。
「いい仕事あるよ!」
何のことかは伝えぬままにふたり連れ立ち、東京へ向かいました。
カメラ係です。宜しく!
下準備はしておくにこしたことはない。順番待ちの間、二人でイメージトレーニングを繰り返します。
こうきたら、どうする?
こうしたら、どうなる?


さぁ、いよいよ…



まずは、夫人にお伺いを立てなくてはなりません。
「前回ここで行われたサイン会で、監督の写真を撮らせていただいた者です。
 その時お約束した版画作品が出来上がりました。持ってきたので見ていただけますか?」 

沙知代夫人 「あら、ご苦労様。見せてよ」
    僕 「はい(ゴソゴソゴソ…)、これです」
沙知代夫人 「!(ノムさんに作品を渡して)ほらアナタ、見て!」

わが作品が、ノムさんの元へ
ノムさん、まだ眠りから覚めず…
僕「その絵、受け取って下さい」

さて問題はこれから…
「じつはもう1枚ありまして、こっちにはノムさんのコメントをいただきたいんです。そのために描きました。宜しくお願いします」

ノムさん目覚める!
 頭抱え…「びぇ~っ!いきなり言われても書けないよ」

ノムさん 「ここにサインしてあるんじゃないの?」
   僕 「いえ、それは以前書いてもらったものを刷っているのであって、
      いや、サインではなくコメントが欲しいのであって…」
ノムさん 「困ったなぁ」

(ごめんなさい。そうだ、本来こんなお願いの仕方はルール違反なんだ。それは分かってる。しかし…)

隣のオバさん(誰?)
     「お兄さん、名前だけにしてもらいなさい」
   僕 「そ、そうですね。スミマセン…」

嗚呼、がしかし、おもむろに筆を走らせ始めるノムさん!


 隣オバ 「あら~、お兄さん、宝物よコレ」
   僕 「はい、そうですよね」
 隣オバ 「何て書いてあるのか聞かなくていいの?」(うるせえなぁ見りゃわかるよ!)
   僕 「達筆ですよね。でもしっかり読めます」

ノムさん 「…好きな言葉だ」
   僕 「ありがとうございます!楽天、応援してます!僕もこの言葉を背にして頑張ります!」

サッチー 「粘ったかいがあったじゃないの」
   僕 「ハイ!ありがとうございました!」

2年越しのノム作品、完成しました。


『考え方が変われば行動が変わる
 行動が変われば習慣が変わる
 習慣が変われば人格が変わる
 人格が変われば運命が変わる』

これは「野村ノート」に書かれてある言葉ですよね。本来ならこの後 『運命が変われば人生が変わる』と結ばれる。
「野村ノート」はノムさんが楽天監督就任時に上梓された一冊で、全楽天ファン並びに選手必読の書、バイブルである。
一番いい言葉をいただけたと思います。

思えば2005年12月2日、ノムさんの監督就任記者会見が行われ、今後目指す野球の方向性が打ち出された。
僕はその翌日から意識的にノムさんの言葉を自分のフィールドに置き換えるようにし、自分の作品自体を変えていったのである。
3年計画。ノムさんが3年で闘えるチームにすると言ったから、3年計画。これは嘘ではなく今、現実味を帯び始めている。
ヤクルト時代もそうだったし、残念ながら阪神では例の脱税疑惑で志半ばとなったものの、トンデモ野球を充分に楽しませてもらった。
そして今年の楽天には、そのカタチが今、見え始めています。
僕もこの3年間は対外的に発表する場を持たないと決めて、自分の中でしか動きようのない絵を描くことで精進してきました。
でも、もうそろそろいいだろう。動き出しても良さそうだ。もうお金も無くなっちゃったし。そろそろ稼がなきゃな。



沙知代夫人のサインには「生涯現役」と書かれていました。これって、ノムさんの言葉だったようにも思うが…
二人三脚、一心同体ってことかな。
帰り際、ノムさんの囲み取材が始まったので、沙知代夫人と少しお話することができました。
前回同様、沙知代夫人に救われました。
ノムさんの影にこの人あり。恐るべし、勝利の女神!
コメント

ノムさんに会うぞ 2

2008年05月30日 | 野村克也
東北楽天が勝った翌日の朝は、散歩がてらスポーツ新聞を買いにいきます。
どれを買うかは決めていません。一面が楽天なら、迷わず「それ」です。
でもそんな日ってそうはなく、でもきのうは巨人戦だったわけだし、今朝はちょっと期待したのですが…
残念! 一面ならず。
派手な勝ち方ではなかったしね、仕方ない。今日は「サンスポ」にしました。

さて、紙面を読み進めると気になる記事が…

「沙知代さんサイン会に野村監督も同席」
楽天・野村監督夫人の沙知代さんによる初の小説「老疼の雫(ろうとうのしずく)」(文芸春秋刊、税込み1470円)発売にともない、30日に東京・中央区の八重洲ブックセンター本店で午後6時からサイン会を行う。野村監督も同席する。

…野村監督も同席する。

…30日、今日!

来たな。
写真を撮らせていただいたのもココだし、あの時も沙知代夫人が一緒だった。縁、だな…
ちょっと嘘くさい話だけれど、ノムさんの監督就任も今年限りだし…
シーズン中は当然、なかなか会ってもらえないわけで…

右がノムさんにお渡しする額装済みの作品、左がコメントを頂くための作品です。
では、行ってきます!


※ノムさんの更新は久しぶりです。2年越し、か…
これまでのお話は、左枠の「Category」から野村克也をクリックして下さいまし。
http://blog.goo.ne.jp/boosawa/c/49497e280460c2df5c70c0d95d12bd38
↑これでも行けます。宜しければどうぞ。
コメント

男の生きる道

2007年11月07日 | 野村克也
今日は、川崎の読売ジャイアンツ球場で行われた、プロ野球12球団合同トライアウトを見に行きました。
トライアウトとは、戦力外通告を受けた選手らを対象にした再入団テストです。
各球団の編成担当者が見守る中、実戦形式のテストが行われます。
楽天は今年も!お金の掛かる大型補強は行わないとの方針を示しているので、ならば当然
このトライアウトから選手を引っ張ってくる筈。
野村再生工場長曰く、「見に行くよ。散歩がてらな…」ってことで
その言葉に誘われ、もちろんアノ絵(http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/70/45/19a06fd7be1ca7d97af7ee60677025b8.jpg)を持参して、勢い勇んで出かけたわけです。
さて、しかしこの「重要な日」にノムさんに接触出来るものだろうか?
その行為は、あまりにも常識が無さ過ぎはしまいか?
それもそうだ。ならば、どうする?
…そうだ!
もしも、ノムさんが退屈し始めたら、ひょっとしてアクビしてたら、その場合にのみ、それを合図に、GO!だ。
これなら野球の神様だって許してくれるさ。
だって見方によっちゃぁオレだって、いや、どうしようもなく今の気分はトライアウトさ。ノムさん、僕を救って下さい…
し・か・し、オ~、ノ~!
ノムさん、現れっず。


フーッ、…さて気を取り直し、我が楽天からは
14、河本
20、谷中
43、徳元
48、竜太郎
55、TIKAZAWA
の5人が参加。背番号55、リック?…ノンノン、リック加入前の55番、近沢昌志だ。
ってことは、一昨年前の戦力外通告から2年間浪人してるってことか…泣。

結果、谷中と近沢は難しいかもしれない。他の3人はイケる!と思います。
(だって近沢は頬に無精髭が!ノムさん怒るでしかし)


…テレビの取材を受けてしまった。

楽天ファンを捜してたらしいです。福島で放送される番組とのこと。
今回トライアウト参加を表明していた戸叶の特番らしい。戸叶も浪人中の身でしたが、結局今回出ては来なかったの。
それについて色々と問われましたけれど、ここに出て来ないってことは自分で結論を出したってことで、一ファンとしては言うべき言葉が浮かびませんでした。
それよりも今回参加している現役にこだわった選手達について、この意気地を「再生工場」に持ち帰って欲しいですね。
特にソフトバンクの斉藤秀光。昨年トレードで楽天が放出した内野手。ソフトバンクで戦力外となったこと、今日知りました。…残念。
打ってましたよ。キラリと光るもの、ありましたよ。
サイトー、カムバーック!


その帰り…
「凄い人だかりだなぁ」って、なんかもうゾロゾロと。何だろう?って
その輪の中に、ア~!!!
ベルサーチに身を包んだ、アノお方が!
どこに居たんだ?個室でも用意されてたか?
ノムさん、やっぱり来てたんだなぁ…
取り巻きを残し、球場に横付けされたハイヤーに乗って、素早く帰ってしまわれました。

YOMIURI ONLINEによるノムさんの談話
「解雇された選手の気持ちは分かるし、何とか救ってあげたい。うちで使えそうかなという選手も何人かいた」

お~!
コメント

僕のキャンプも終了

2007年02月25日 | 野村克也
プロ野球、いよいよオープン戦が始まりました。
今日は、田中が投げると言うので楽しみにしてたのですが、雨で中止になってしましました。残念。
ここを覗いてくれる方には、ほとんど関係のない話になってるみたいなので、あまり触れないようにとは思っているのですが、
なかなか難しいです。
皆さんが知らずしらずのうちに、楽天ファンになってしまうことをこっそり願っています。
それだけ面白いチームですから。
まず、野村監督の発言を日々追いかけるだけでも、かなり勉強になります。
OP戦初日の昨日は、一場が先発し3回までに5四球。
http://www.rakuteneagles.jp/team/players/02p/p11.php
ノムさんのボヤキも止まらずという感じなんだけれど、とにかくこのチーム、この人次第なんです。
このままだと、否、順当にいって開幕投手は岩隈だろうけれど、その座に一場が立つその時こそ、楽天の黄金期が始まるんだと思ってる。
去年の開幕は岩隈が間に合わなかったからね。特別。
課題はず~っと、四球。コントロールにある。打たれるとマウンドで自分を追い込んでしまうのだろう、段々萎縮していくのが見てて分かる。正直、辛い。まぁ、そんな奴だからこそ応援したくもなるわけだが、チームの投手陣がようやく整備されつつある中、こんな状態が続けば、三行半を突きつけられるのは必定。ノムさんの選手育成法のひとつである「無視」が待ってる。
はたしてメンタル面の弱い男が、そうなってから這い上がれるのだろうか?
ノ~!だよ。だからさ、ここが踏ん張り時だよ一場くん!!
とにかく少なくとも一場で10勝はしておかないと、楽天のプレーオフ進出はないだろうと思う。
(ん?今年からは、クライマックスシリーズって言うのかな。まぁ、とにかく…)
頑張れ一場。楽天の主役は君なんだぜ!
…と言いたい。

キャンプも終了と言うことで、ノムさんの完成作品を載せておきます。
最後に書いてもらったサインを入れました。出しゃばらない程度にね。
今期は、この絵を背にシーズンを迎えようと思います。


308 × 250 mm エッチング、アクアチント
コメント

ノム 6thステート

2007年01月28日 | 野村克也
ノムさんの顔に、アクアチントを掛けてみました。
印象が違う?
いや、でもなかなかイイ感じだよね。梶原一騎みたいで。
しばらくこのままにしておきます。
だって「巨人の星」は僕のフェイバリットだからさ。
梶原原作ものの漫画を読むと、単純にやる気になれるんだ。

やる気ついでに、小さいノムさんを加えました。
フィニッシュも近いです。

これは僕の自主トレなわけだから、本当ならチームがキャンプINする前に終わりにしたかったんですけれどね。
プロとして、プロ野球の日程に合わせないと…。
調整ミス、これは厳罰もの。
今週中には終わりにしなきゃな。

東北楽天ゴールデンイーグルス春季キャンプ in久米島のスタートは、2月1日です!
コメント