株式会社アレックのスタッフブログ

新築建売だったり、食べ飲みだったり、iPhoneだったり、パソコン関係だったりの話題がメインです

もっちゃんの刑務所日記 〜役員が来るぞ!編〜

2020年12月01日 | もっちゃんの刑務所 日記
おっす!
おらもっちゃん!

今回紹介するのは、、、

「役員が来るぞ!」編なんだな

山本さん、、、役員が来るぞ!編はいつになったらやるんですか?

と、謎の催促をされる中、記憶を遡るもっちゃん


大変なイベントは結構あるんですよ

副本部長が来るぞ!
本部長が来るぞ!
ドラゴンが来るぞ!
役員が来るぞ!
内部監査が来るぞ!

まぁこの辺のラインナップですよね、重要イベントは

1回だけ、専務が来るぞ!があったんだけど、もうね地獄ですよ

何が地獄って、入居率は少数第二位まで答えられないといけないんだから

毎日変わるってのによ




そん中、みんな「少数第二位」がなんなのかすらわかってないんだから




それはいいや

あの当時は罰ゲーム感覚の異動でしたからねー

つっても、青森店にいるのも地獄なんだが

今、考えてみると「バッシー」っていう看守がしんどかったのかもしれないな

よく思い出してみると、直接的にドラゴンとか役員は囚人に対しては何もしないもんね

つっても、もし怒鳴られでもしたら引っ越しは余儀なくされるわけだし

出世の道も閉ざされるっていう過酷な状況なんだけども

そこもよくよく考えてみると

定年まで働くって意識はなかったよね。たしかに

だったら、異動がどうとか、出世がどうとかって別にどうでもいいんじゃない?

って37歳のもっちゃんは言うけど

まぁ、、、

あの時はそんなに冷静じゃなかったよね笑



まぁ、役員クラスが隣店するってなると、1週間以上前に「予定が組まれている」んですわ

なんでって?



だってクラウンを借りに行かないといけないんだもん



駅から事務所まで徒歩2、3分なのに

駅から店までクラウンで送迎しないとダメなんだぜ?


バカか


あと、ホテルには充電器を各キャリアの分

ホテルに帰ってから飲むビール、水、つまみ

この辺もホテルに用意してないとダメ


貴族かっての





当然だけど、夜に飲み行く店はちゃーーーーんとスタンバイしてないとダメなわけ

閉店とか関係ないし




いくら払えばいいの?




ドスの効いた声で交渉すんだから

だからね、青森の名産品が楽しめる、おいしーーーお店をスタンバイしておかないといけないわけ

ただの美味しい店じゃダメ

青森の

ここがポイント

さらにさらに、隣店した日は当然、売り上げもバカスカ上げないといけない

だから、1週間前からストックしておくわけですね

そして前日の大一番

大掃除よ

年末でもないのに

大掃除


今、ブログを描きながら考えてみると

それが目的か?って思うけど

いや、店舗をガチンコで掃除をさせるっていうね

でもなー

ただの大掃除じゃないのよ

朝の3時とか4時まで大掃除させられるんだから

狂ってるとしか言いようがない

しかも次の日も朝の8時には会社に行かないとダメ

こんなんアレですよ

仮眠をしに家に帰っただけ

7000人以上いる会社の役員が末端の店舗に来る

当時のもっちゃんにしてみれば

公家が来る

みたいなもんだもんね

でも頭の中では



こんな風に言ってみたかった

不動産会社とか法人さんとかにお邪魔するときは

必ずお菓子、お土産を用意しろ!(自腹で)

って時期もしんどかったなぁ、、、


今だったら


ばっかじゃなーの?

って言うところなんだけども

当時は役員が言った言葉は「神の声」くらいまでのアレだったから、、、

役員が思いつきで考えたスローガンは

即座に言えないとダメ!

稼働元年!

どこで稼働率って言葉を覚えたのかはわからんけど

バカみてーに稼働元年!稼働率!って言わされてたもんなぁ、、、

実質

カドーリツ!カドーガンネン!!

だもんね

入居率に加えて、稼働率まで答えられないとダメっていう

まぁ、、、

こんなことやってれば、今みたいな状況になるわな

って感じはするよね

ちなみにね

はい、役員がきましたー

役員がドアをあけましたー


お疲れ様です!!!


超、マジで、でっかい声で叫ばないとNG


おまえら、うるせーよ笑

って言われて合格

なんだそりゃ

晩御飯は役員を囲んでみんなで「ご馳走」を食べるわけですが

少しでも残したらダメ!

全部、食べ切ること!

そんなんわかってるなら、適量を頼むべきなのに

一口食べたいって理由で

まーーーーーやたらめったら注文する

もう、既に拷問

ちなみに

いや、当然だけども

役員が来る日は

全員出社

これマスト

でもね、ここまで読んで、なんとなーくわかるかもしれないけど

本当に怖いのは

役員に怒られた後のバッシーよ

おめーら!なんでやってねーーんだよ!!!

ってノリが始まる

朝まで

もう、ここは治外法権

殺されるんじゃないか?

ってくらいまで詰められる

簡単に言えば

やれるわけねーじゃん

って言うようなことを

やれ

だけの指示なんだもんね

「トランクルームという名のパンドラの箱」事件のときなんて

役員手前まで巻き込んで超大事件だったもんね

でもなー

こんぷらいあんす

って言葉が生まれてからも

コンプライアンスに違反している!ってことで

コンプラインスに違反した詰め方をするんだもん

「徒歩距離がおかしい事件」のときもひどかったもんな

コンプラインスって言うためにコンプライアンス違反をさせるんだもん

でもって

なんで違反するんだ!

だもんね

おめー割り算できんのか?

って聞きたかったよ

1分間で何件やんなきゃいけないんだよ!!って数字になるんだから

だからね

今回のブログで言いたいこと

それは

会社の売り上げの急成長に伴って
社員を急激に増やす

これってマジ本当に愚策なんですよね

よく下が育たないって言うんだけども
上が育たないと、下が育たないんだよね

末端に関しては、必ずしもすではないけども

自分より優秀な人間って
自分の下にはつかないんだから

部下に自分より下

って思われてると、部下は下についた「ふり」なんだもん

だから、思ったように組織が機能しなくなるわけで



ここが大問題ってところだけども

社員が急激に増えることによって

トップの自尊心で計り知れないくらい膨らむんですよね

内容は何も膨らんでないのに

膨らんだのは、社員の数と売り上げだけ

だから、駅までクラウンで迎えに行く!とかバカみてーなことをさせるんですよね

思えば、20代後半で副本部長!って役職について

1000万以上の収入を得るんだもんなぁ、、、

そりゃぁ勘違いもするよ、知識もノウハウも身につけないままに


いや、すごいわ

この話を書いてると「憎しみ」だけが蘇ってくる

今回は笑える、くすっとするようなエピソードが皆無なので

暇な時に、笑える話も「加筆」していこうと思ってますよ


※万が一、例のあの刑務所のような会社の偉い人が読んでしまった場合※
あれこれ好き勝手書いてますが、プロパー、フランチャイズ、独立と経験をして思いますが
やはり、地獄のような日々だったなぁ、、、と思います。
現社員から聞くと「今は違う」ということも聞いていますが、つまり
「今は」であって、「昔は」を否定しているわけではないんですよね
まぁ、、、人生勉強にはなりましたよね

ひでを

おしまい
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東京都にお住まいの方のための刑務所日記<リストラ裁判>

2020年11月24日 | もっちゃんの刑務所 日記
おっす!
おらもっちゃん!

アレックのブログを愛読しているという

なかなか変わった方も、中にはいるそうで

いやーーー

なかなか変わってるなーーーと

自分自身が一番思ってますよ(笑)

だってね

アレックのブログって

なかなかシュールなんですよ

いや、シュール、、、ですねぇ、、、

これを

面白い!

って言う人って

なかなか、、、変わってるんだろうなぁ、、、と作者自身が思ってますから、はい

中でも、「東京都にお住まい読者さん」に至っては

定期で読み返してます!


と、よくわからないことを言う始末

彼女の希望としては

もっとアドレナリンが出るような話

を、ご所望している

なるほど






馬鹿なんだろうな(笑)







「もっちゃんの刑務所日記」を楽しみにしているごく一部のマニアなファンもいる中

トラブル日記をご希望という、、、

トラブル、、、

うーーーん、、、トラブル、、、

まぁ、ありますよね

ここでは書けないようなものから

4,5年したら書いてもいいんじゃない?みたいなネタまで

そんな中で紹介したい話は、、、







「リストラ裁判」







でしょうねぇ、、、(笑)

もうね、時効でしょうねぇ

10年以上前の話だし

遡ること、リーマンショックの時代

あの会社の株価も暴落

5000円あった株価が何百円に!

という、非常に香ばしい時期

希望退職者を募ってくれないかなーーー


と、心の中では切望していたわけですが

やっぱりね、あの会社は腐ってましたよ(笑)




建築営業に飛ばす




いわゆる、刑務所から地獄への島流しですよ




この平成って時代に








死ねぇえぇぇぇ!!!!










って叫ぶ部署なんですから

常人なら2か月持たずに退職願いを出してしまうでしょうねぇ

だって、鎌を持ったジジイに追いかけられるって仕事なんだから

攻めるも地獄、退くも地獄

正真正銘の生き地獄、それが当時の建築営業

まずね、こっちの部署でも

売上が悪いやつから、そっちの部署に飛ばす

うーーーん、、、近代国家のやることとは思えない(笑)

あの当時は

殺すぞ!!!!


※当時は上司から詰められるときに普通に使われていた言葉である

じゃなくて

飛ばすぞ!!!


が流行語でしたよね

まーーー、飛ばされる→やめるっていう完全なコンボがあるんですもん

自分の当時子飼いの「いっとく」でさえ、1年と持たずに、、、

いっとく、またの名を一徳(かずのり)というんですが
エピソードKAZUNORIについては別の機会で紹介をさせて頂く

なんと「大仏モード」を搭載してたんですね

どんなに怒られても、叫ばれても

君の頭ん中、どないなっとんねん!!

と似非関西人に怒鳴られても

びくともしないという、大仏モードを持っていてたんですけども、彼でさえ耐えられない地獄

まぁ、そんな中ですよ

もっちゃんも盛大にやらかしましたよね





ある日、管理部からとんでもない報告を受ける






なんか退去してないんですけどーー、どうなってるんですかーーー??













ざわ、、、












え?退去?なんのこっちゃ?

当時、マンスリー契約というものがありまして

1年契約!水道光熱費込み!

なんてものがあったんですよね

そう、1年契約なんですよ

契約した次の瞬間から

次の募集が始まっている

だから、部屋が取られるっていうわけのわからないことが起きるんですが

もっちゃんに至っては、部屋を取られるなんて、ヘボはしないわけですよ

ちゃーーーんと再契約をしているわけなんですが












ざわ、、、

















胸騒ぎ、、、

退去、、、してない、、、だと??

再契約は済んでいるはずである

済んでいないわけはない

だって、半年以上前に手続きしているんだから、、、

「中の人」なら原因はなんとなーくわかったかもしれないが

そう、売上処理だけされて、契約「処理」がされていなかったのである

はい、整理しましょう

つまりどういう状況か?

半年以上前に、1年分の家賃を払っているにも関わらず

すいません、処理ミスしたんで今すぐ出て行ってください

と、お客さんに電話をしないといけないわけである

もっちゃんの取った行動は??
























まずはタバコを1本吸う














もう1本吸う

途方に暮れる

意を決してお客さんに電話をする

案の定の答えが返ってくる
























山本さん、あなた何を言ってるんですか?













最もである

至極、真っ当な答えが返ってきた

だってね、お客さんもちょっと譲ってくれたのよ




、、、、じゃぁ、いつまでに出ていけばいいんですか?





なんていい人なんだろうか

むしろ感謝しかできない

そんな中、答える山本















明日です












山本さん、あなた何を言ってるんですか??














そうでしょうね

そうなるでしょうよ

そりゃーーーそうでしょうよ

うん、あの時かな、ここ15年で最後にDOGEZAをしたのは

解決策は1つしかなかった

この人に明日か明後日には退去をしてもらわないといけない

それ以外に解決策はなかった

でなければ、地獄に送られるだけである

ここから先は大幅にカットしますが

簡単に言うと


















なんとかなった!









むしろ、お客さんに何とかしてもらった

いや、むしろ勘弁してもらった

当然、その引っ越しは手伝いにいった

相撲部上がりの社員を連れて

今でも、あの当時のことを夢にみる

開き直ると




そうなっちゃうシステムがおかしいわ!(笑)





売上計上と契約手続きが別になっていて

なぜか

売上計上が先、契約手続きが後

と、いう例のあの会社を物語っているようなシステムであった


どうだい?東京都にお住まいの彼女、アドレナリンが出ただろ?

こっちも書いてて嫌な気分になっちゃったよ






おしまい
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

もっちゃんの刑務所日記 #1

2020年06月29日 | もっちゃんの刑務所 日記
2005年4月

本当は東京勤務、仙台でもいいよ?な希望のもっちゃんだったが

仙台での研修態度が悪い

と、いう理由で実家がある青森刑務所に収監されることになった

青森看守長の通称「バッシー」との出会いだが

振り返ってみると「地獄のような日々」「この世の地獄」と言ってもいいような時代だった

※今でもバッシーとの交流はあるので、極端な情報は書かないが、悪意を持って書いてはいませんよ?
と、いう万が一バッシーが読んだでしまったときの保険も張っておく手堅い男もっちゃん(37)

まず、バッシーは中卒である

中卒にも関わらず、実力主義、と、のたまっていた会社なので、管理職についていたバッシー

「学」はないが、営業への熱意、工夫、研究には非常に熱心な男だった

しかし、「学」がないのである

※とは言え、サザエさんの登場人物のノリスケおじさんが東大卒って言うんだから「学」とは何ぞや?と思うわけですが

入社したてのときは「分数」の計算方法がわからなかったそうだ

ちなみに、当時の刑務所には新卒というカテゴリーの人間は極めて少なく

そのほとんどが中途社員によって構成されていた

もっちゃんが入社した年は700人弱の新卒がなだれ込んできたため混乱の始まりといってもいいのだと思う

うちは太陽に吠えろ形式だから

と、謎の宣言を聞かされてからの業務スタート

太陽に吠えろ形式?

なんのこっちゃ

要するに

全員をあだ名で呼ぶというものだった

当時の青森店は新卒5人が追加されて、全体で約25人くらいの体制

バッシーの下にはもっちゃんを含め10人の囚人がいた

バッシー(看守)・・・入社4年目
ジャパネット・・・入社2年目
インドマン・・・入社半年
エヴァンゲリオン初号機・・・入社半年
海物語の6番・・・入社2年目
アラベスク・・・入社半年
一戸(現・アレックの一戸氏である)当時25歳・・・入社半年

ここからが新卒
ハプニング(入社時点で27歳という別途話題にしたい男)
チャモロ人
捕鯨
そして、もっちゃんこと山本(この時点ではあだ名はない)

バッシー曰く
俺、嫌いなやつにはあだ名付けないんだわー

なるほど、到底、学がある人とは思えない言いっぷりだ
ノリスケですら、ここまでのことは言わないだろう

山本と一戸さんにはあだ名がついていない、、、
※その半年後に山本→モッツ→モックス→もっちゃん。というあだ名がついたが、一戸さんはずっと「一戸」のままだった


元ネタは↑これ


当時は10:00開店、18:00閉店なのである。
出社は9:00
休憩時間1時間を入れたらジャスト8時間労働。なのである

だが
18:00~締め作業なのである
定時~締め作業開始なのである
この時点でちょっとおかしい

そして19:00~終礼なのである

なぜか

終礼が定時の外なのである

ちなみには終礼は「詰め」「案件のヒアリング」「詰め」「今後の活動企画」「詰め」などを行うので

1時間~2時間かかるのである

バッシーが忙しいと10分~20分で終わるが

20:00くらいから内勤作業をこなすわけである

当時は

21:00までなら電話をかけてもおっけーーー!!

21:30?うーーーん、ぎりセーフ!!!って価値観だったので

21:00くらいまではお客さんに電話したりをするわけで、、、

ちなみに、本部に報告しなきゃいけないようなことがあると

夜中の23:00でも電話をさせられる

いや、、、さすがに、、、

とでも言おうものなら

いいから電話しろよ!!!!!

と、大の大人がガクガク震えるくらい怒鳴られる

さすがに電話かけたらまずいよねーーーって時間になったら

今度は書類整理、案件整理、書類作成などを行う

忙しい時期になると、てっぺん(0:00)を超えるのはもちろん

リーマンショックより前のときは「03:00」まで残業したり、なんてこともあった

当然、タイムカードは0:00前には切っている

明日は役員が来るぞ!

なんてときは、朝まで掃除

あとで【役員が来るぞ】編もやろうかと

これ必須

万が一、店舗が汚かったり

所定のポスター(よくわからない本社で作った造語のポスター)が張ってなかったりすると

マジでえらいことになる

入居率なんてものは、少数第二位までは答えられること


下手をすると、一発で転勤が決まったりもする。うちのボスの

あと、やっぱり「そういう会社」だったので、クレームもえぐい

だから、夜の22:00~クレーム対応

なんてこともある

でも、もっちゃんも若かったのでそのあと24:00~飲みに行く!なんて日々を送るわけですよね

若かったから

まだ発展途上国だったからってこともあるんですけども

最低何日休まないとダメ!って文化がなかったもんですから

忙しい時期になると60連勤なんてのも普通に存在しちゃう

休みの日も半日だけ会社に来る。

でも2005年当時は、休日出勤すれば、出勤した分だけお金がもらえた

純粋に12,000円/日くらいもらえるもんですから

休日出勤:72,000円
残業手当:193,000円
金星賞(歩合のこと):数万~何十万

みたいな感じで給与明細に乗ってくるんですよ

高い給料をもらっているが
そのストレスは半端ない
やれるのか?
俺は、、、
そのストレスが辛くて辛くて堪らないんだよ!!

すごい辛いのを我慢してた!!
俺は高い給料をもらってたから我慢できたけど
普通の給料だったら我慢できなかった





次回!!
「平成生まれよ!理不尽とはこういうことを言うんだぜ?」の巻

必ず見てくれよな!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

もっちゃんの刑務所日記 #0

2020年06月29日 | もっちゃんの刑務所 日記
おっす!

おらもっちゃん!

当社のお客様で、なぜかもっちゃんの刑務所(のような会社)時代の話が大好物な人がいるので

せっかくなのでシリーズ化してみようかと作ってみました。

今回はとりあえず、イントロダクションというか、0番というか

全体の概要ですよね

一応、ここから読みだした人のために断っておきますが

刑務所のような会社の話

ってことだけ注意してくださいね

時代は2005年

まだ日本が発展途上国だったころ

まだ当時はパワハラ、ブラック企業、コンプライアンスという言葉がなかった時代である

2008年ごろ、コンプラインス!!と唐突に本社から言われたときは

こんぷらいあんす?何それ おいしいの?って感じだった

全社的ですよ?

仙台の名門大学の建築学科を卒業(予)だった山本(もっちゃん)は仙台刑務所に仮入所させられていた

当時の仙台刑務所の看守長から

お前みたいなやつが真っ先にやめるんだ!!

と、言われたことを未だに根に持っている男。それがもっちゃん

とは言え、当時のもっちゃん(22)は研修中にも関わらず

紫外線を浴びると黒に変わる特殊な眼鏡をかけて収監

開口一番で

自分、建築学科出身なんで、建築のことでわかんないことあったらなんでも聞いてください

と、ビックマウスで登場した黒歴史の時代でもある

研修が始まるや否や、内定をもらったことをすぐに後悔することになる

なぜか?

ヤクザがいるんだもん

真昼間の

一部上場企業に

ふつーーーにヤクザ(みたいな奴)がいるんだもん

いまどき(平成17年)いる?

眼鏡のレンズが傾いてるやつかけてるおっさん

Vシネマの中でしかみたことないもんね

そのヤクザはいっつも督促電話してるんですよ

おまえさーー

あんたさーー

だったら出て行ってよ


んで、電話が終わったら部下を詰める

※詰める・・・この刑務所で使われていた言葉。一般的に「叱る」「叱責する」に該当する言葉。
関連用語、類似用語として「鬼詰め」「激詰め」などがある

風貌はあれですよ

闇金ウシジマ君に出てくる



鷺咲社長そのもの

むしろ、鷺咲社長のモデルになった人かな?って感じの人

ちなみに、この会社では仙台とかそういう大きな店舗には比較的に女性が多いので

刑務所というよりも、ただのブラック企業という位置づけでいいかもしれない

簡単に特徴を説明すると

・病気になったら会社が休めると閃いて洗剤を飲む。ような社員はいない

・遅刻したら死ぬほど詰められるから、あえて車で電信柱に突っ込んで、事故を起こしたから遅刻したんだ。という言い訳をする社員もいない

・電話機とフュージョン(合体)した社員もいない

・椅子とフュージョンした社員もいない

・大の大人がガムテープで3人でフュージョンする。なんてことも起きない

・夜の22時くらいには帰れることが多い

・社内恋愛、不倫が多すぎて誰と誰が兄弟、姉妹か判断が難しい

・社員食堂は1食100円!というナイスな待遇

まぁ人間関係はすごいドロドロしてたけども、普通のブラック企業ってところですよね

ちなみに、3年以上いる社員は古株扱いされるくらいの過酷さはある

やっぱり、秋田と青森は別格の刑務所だったので、全社的にそうなんだ!って言うと指摘されるかもしれないですね

ちなみに、当社アレックの七戸は「仙台刑務所」出身ですが

役員の超お気に入りだったので、模範囚として扱われていた

ちなみに、お気に入り過ぎて

何故か

役員が超ど田舎の実家まで来た

社員7000人の会社の役員が

超ど田舎の実家まで挨拶に来た

次回、青森・秋田刑務所の凄惨な状況

必ず、見てくれよな!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする