:Aqua mode planning:

■■■nonfiction in fiction■■■

「この街の片隅の何処かで」#012【2014.10.05】何故この上演順なのか。by:松本隆志

2014-10-05 23:42:56 | 【14】この街の片隅の何処かで
代表・演出の松本です。


今回の上演順は以下の通り。

01「お前に捧げるその花は」
02「収納がある部屋」
03「あとの祭のまえ」
04「綺羅星ダイアログ」

劇中の動きを感じさせたい順に並べています。

なので終演時に『動く芝居が観たい』と思われれば何よりの成功。
朗読劇への飽きではなく、演劇の可能性に期待してもらえれば。

「お前に捧げるその花は」に関しては過去に何度か上演していて、
ある程度の安定感が確保出来るので先陣を切らせたのもあります。
今の自分が基本とする演出法をかつて最初に試した演目でもあり。
そしてその演出法に従うと朗読劇以外ではほぼ上演不可能な演目。


ちなみに6月公演「AMP THE PAVILION:001」では逆でした。
異なる3作を上演する黒と白の各バージョンがありましたが、
どちらも後になるほど動きや音響を減らして緊張感を強め
静かながら息苦しく深みに沈み込む流れで組み立てていて。


構成も含めて作品と捉えて頂ければ。



[公演情報] [PCから予約] [携帯から予約]

Comment   この記事についてブログを書く
« 「この街の片隅の何処かで」... | TOP | 「この街の片隅の何処かで」... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 【14】この街の片隅の何処かで