青い森の贈り物

北国青森から、四季折々の自然を中心に、撮れたてを届けています。環境問題に関心アフロでゴミ拾いを新設!感想をください。

青森県の祭りが集結!

2018年09月23日 | まつり
こんにちは、マダム青い森です。
昨日 9月22日は青森市で「10市(とし)大祭典」が開催されました。

このお祭りは2012年から青森県内の10の市が合同で行うもの。
祭りだけでなく、各地のおいしいものも堪能できる大人気の催しです。
毎年、開催地が変わりますが、青森市では初開催!

マダムは所用で今回は無理かなと思っていたのですが、ちょっとだけのぞき見。
パレードは22日は18時から、明日23日は2時から。
いつもの青森ねぶた祭りよりずっと短いコースを、1時間半かけて行進します。

22日のスタートは三沢市からで、ハーレーや大型バイクが爆音と共に進みます。
あいにくカメラマン(オット青い森)不在なので、写真がほとんど撮れませんでした。。。。

タイトル画像は弘前ねぷた祭り。
掛け声は「ヤーヤードー」です。
意外に大きなねぷたが来てくれていて、沿道も大興奮です。

本当にうまく写真が撮れませんでしたが、わりとよく撮れたのが五所川原立佞武多。



大型の立佞武多は23メートルの高さですが、今回は⒑分の一のスケールのもの。
掛け声は「ヤッテマレ、ヤッテマレ」。
小さめの佞武多でしたが、最近人気の立佞武多は大注目です!

ところで、青森県の10の市、皆さん、わかりますか?

青森市、弘前市、黒石市、五所川原市、つがる市、平川市、十和田市、三沢市、八戸市、むつ市です。
ちなみに、町は22、村は8で全部で40市町村あります。
次の試験にでるので覚えてね(笑)!

とにかく、楽しい10市大祭典でした!

コメント

30回を数える函館BAR-GAI

2018年09月02日 | まつり
函館にやって来ました。

朝から青空の青森、少し日差しが強く暑いなぁ。
新幹線で1時間の函館はいかが?
北の大地ですから、涼しいのではという淡い期待…
Tシャツで大丈夫です。

目的は函館BAR-GAI。
バルは、事前にバルチケット(5枚綴前売3500円当日あり)を購入し、飲み物とおつまみをいただきながら、好きな店をはしごするというもの。
約80店が出店してますから、楽しみだね〜!

函館駅から、徒歩15分金森倉庫に到着〜。
既に、行列が出来ています。

金森ホール内、ステージ上で次々とイベントが行われています。


ステージ上では、江差の「餅つき囃子」、中々テンポが良くて見ている側も楽しいです。

アレレ…
途中から、一般客やらマギュロウが…



次々と注目が入りシェフも大忙し!



さぁ〜! 私達もいただきますか〜
「青森・ブーケ&エヴィエ」で、生ビールと海峡サーモンと青森県産牛ローストビーフを注文。
「江差・皐月蔵チャミセ」で、生ビールと桧山の食材で作ったピンチョスを注文。

この後、「矢野旅館」、「みなとの森」、「MARUSEN」とはしごするのでした。

ほろ酔い気分でテクテクと…
最後は、函館山の中腹、喫茶店バー「やまじょう」へ



百万ドルの函館市街夜景もいいけど、函館山もね!

店内は、満席!

しばらくは、外に用意された簡易椅子(酒ケース)に。

店から漏れるウクレレと爆笑を後に、今日の宿へ…




コメント

あの感動(ねぶた祭)をもう一度体験できる!

2018年08月15日 | まつり
青森は、強い雨が降り続いています。
短時間に強い雨が降り、その都度大雨洪水警報が発令されるなど今年は例年にない気象となっています。

そういえば、「2018年 青森ねぶた祭」期間中も強い雨に見舞われた事を思い出します。
私たち夫婦も、強い雨から逃れるように飲み屋に入ってホッとした事です。

さて、「2018年 青森ねぶた祭」あの感動をもう一度・・・

今年のねぶた祭で賞を取ったねぶたが「ねぶたの家ワ・ラッセ」に早くも展示公開されましたよ。
「ねぶた大賞」受賞したご覧のタイトル画像ももちろん展示されています。

「ねぶたの家ワ・ラッセ」は、JR青森駅から徒歩1分。
ワインレッドのスクウェアな建物で、様々な「ねぶた」に関する展示施設です。
もちろんグッズ販売もありますから、2018年の祭りを見逃した方も十分堪能できます。



私たち夫婦も、感動をもう一度!ということで、近いうちに「ねぶたの家ワ・ラッセ」に行きま~す。
新しい発見があるかも?
コメント

2018 青森ねぶた祭 ファイナル!

2018年08月09日 | まつり
2018年、「青森ねぶた祭」もあっという間でしたね。
立秋の日でもある8月7日(火)は、「青森ねぶた祭」の入賞ねぶたによる海上運行と花火大会。

既に、青い森のマダムがアップしていますが、当日は、夫婦別々の場所から見物となりました。

過行く夏を惜しみながらの見物です。

私は、花火打ち上げ会場から少し離れた提川付近から・・・
吹く風は既に秋を感じました。
そして、どこからともなく流れてくる「ねぶた囃し」が一層淋しさを掻き立てられ、夜空に上がる花火に感傷的なりました。




打ち上げた花火、1万1先発。

ねぶたが終わると同時に、北国青森は秋を迎えます。
コメント

2018 青森ねぶた祭 囃子賞

2018年08月07日 | まつり
今日は8月7日、暦の上では立秋です。
青森は、まぁまぁの天気です。曖昧なぁ表現です。
しかし…風は、東風(いわゆるヤマセ)の為風が冷たいのです。
既に秋風が吹いています?

津軽では、ねぶた祭が終わると秋がやって来るといいます。
まさしく、その通りですね〜!

さて、各賞紹介です。
タイトル画像は、囃子賞を受賞した「日立連合ねぶた実行委員会」、「九尾の狐「玉藻前」」※8/6撮影。



近年…囃子方に力が入っている様な気がします。
太鼓、笛、鐘で構成される囃子方。

大人から子どもまで囃子に身体でリズムを刻んでしまう。
単調だけれども、一度聴くと耳から離れませんね。

力強いねぶた囃子は、跳人と見物客を祭りへどんどん引き込んでいきます。

とても重要な役割を担っています。
コメント (1)

2018 青森ねぶた祭 各賞決まる!

2018年08月06日 | まつり
青森は、今日も20度前後となりました。
肌寒いですね・・・

さて、「2018 青森ねぶた祭」の夜間合同運行も最終日となりました。
上着を一枚羽織っての観戦となりました。

タイトル画像は、もちろん「ねぶた大賞」を受賞した「青森菱友会」の「岩木川 竜王と武田定清」。

「扇子持ち」に誘導されるねぶたは、まるで大きな生き物のようです。



こちらは、「商工会議所会頭賞」を受賞した「ヤマト運輸ねぶた実行委員会」の「白波五人男」。

明日は、花火と各受賞団体による海上運行となります。

楽しみだな・・・
コメント

2018 青森ねぶた祭、大型ねぶた18台出陣!

2018年08月04日 | まつり
青森市、今日の予報は曇りのち雨?とか・・・
最高気温も、25度前後を予報しています。

ということで、雨の予報ですから、「ねぶた」本体はビニールを被っての運行となりました。
何時雨が降っても大丈夫なように!

今日からは、大型ねぶただけの出陣となります。
ご覧のねぶたは、「JRねぶた実行プロジェクト」による「風神雷神」。



多くの跳人が参加したため、なかなか前進しませんが・・・。
跳人が一つのねぶたになったかのような・・・、躍動やら、活気、元気が出て、観客をも飲み込んでしまうその場の雰囲気、「いいね~!」





「ドンド・ドド・ド~ン! ドンド・ドド・ド~ン!」
腹に響く太鼓の音、囃し方にも力が入りますね!

祭りが始まってから1時間・・・小雨が降り出してきました。
終了まで持つだろうか?

雨脚が強くなってきたことから、私たち夫婦は、居酒屋へ急ぎました。
居酒屋?

そうなんです。
祭りも楽しむのですが、お酒もね!

暫くして雨は本降り・・・

撮影は終了です。
コメント

2018 青森ねぶた祭二日目!

2018年08月03日 | まつり
ねぶた祭りには絶好の好天に恵まれた青森市内・・・

二日目を迎えました。

タイトル画像は、正装ねぶた衣装で激しく「跳ねる」(踊る)跳人(はねと)。

ハンドマイクを握った先導役が、
「ラッセラー ラッセラー!」と大きな声を張り上げると

それに呼応する跳人たちは、
「ラッセ・ラッセ・ラッセラ」と・・・

これを繰り返しながら、跳人(はねと)は跳ねていきます。



3kmにも及ぶ運行コース、跳人たちは歩いたり、途中で抜け休憩したりしますね。



こちら、囃し方の担ぎ太鼓、体力はありそうですね!



「ねぶた愛好会」、迫力があります。
二日に渡って子供ねぶたと大型ねぶたが半々くらいで出陣していました。
明日から、いよいよ大型ねぶたが出そろいます。

ねぶた大賞を目指し一層熱を帯びてきますよ~!

ちなみに明日の気温は25度前後と過ごしやすいようです。
ねぶた祭に参加されるみなさんにとっては、「いいかもね」

コメント (1)

2018 青森ねぶた祭開幕だあああ・・・!

2018年08月02日 | まつり
青森は、今日も夏空が広がりました。
暑いですね~!

さらに、今日からは「青森ねぶた祭」が開幕し熱さが倍増しましたよ~。
開幕初日は、大型ねぶた15台、子供ねぶた10台の出陣となりました。

ご覧のねぶたは、「マルハニチロ佞武多会」です。

私たち夫婦は、沿道い陣取り、観戦。
午後7時10分、号砲開始とともに、太鼓、笛、鉦によるねぶた囃しがスタートしました。



太鼓から響く音に圧倒され!



一番前のパイプ椅子から観戦する私たちにとって、やはりその大きさに圧倒されました。
また腹に響く囃子と心地よいリズム・・・


夜空に浮かび上がるねぶたは「東北電力ねぶた愛好会」です。


盛んに声援を送りながら初日を満喫しましたああああ・・・。

コメント (2)

2018 青森ねぶた祭り 前夜祭

2018年08月01日 | まつり
月日の経つのが早く、8月にはいりました。

2018年 青森ねぶた祭り、今日は前夜祭です。
明日から7日まで、いよいよ始まりますね。

今日は、お披露目といったところでしょうか。

夕方6時から、会場がある青い海公園「ラッセランド」では、出来上がったばかりのねぶたに一斉に火が灯りました。
たくさんの見物客が「このねぶたは、凄い!」とか…「いいねぶただ」等勝手に評価しています。

火が灯ると、張りぼての人形が今にも動き出すのではないかとその迫力で迫ってきます。
いわゆる、命が宿ったと言う表現ができます。

明日からの運行、今から楽しみ、わくわくして来ました。

コメント