ゆり応援日記

シンガーソングライターゆりを応援する、島村・M・JOEと黒ネコ・allegroの日記。

Secret Garden2008(2008年09月07日~2008年09月13日)

2011-09-09 18:31:03 | Secret Gardenフォト 
Secret Garden2008(2008年09月07日~2008年09月13日)
コメント (5)

Secret Garden 2008(2008年08月24日~2008年08月30日)

2011-08-28 08:03:17 | Weblog
Secret Garden 2008(2008年08月24日~2008年08月30日)
コメント (3)

あの頃のSecret Garden(2008年08月17日~2008年08月23日)No.2

2011-08-20 10:40:33 | Secret Gardenフォト 
あの頃のSecret Garden(2008年08月17日~2008年08月23日)No.2
コメント

Secret Garden 2008

2011-08-13 09:29:35 | Secret Gardenフォト 
Secret Garden 2008
コメント (1)

「YURIの大きな愛に感謝と祝福を 彼女の明日に幸せを込めて」

2011-05-22 12:12:42 | ゆり応援記録

                 (*素敵な一日でありますように☆/Secret Gardenより)


YURIがあえて使わない言葉を僕も使わない だから
YURIには自己犠牲という言葉は似合わない でも・・・
あなたは身を持ってその崇高な意味を示してくれた 多分あなたは否定するだろうけれど

初めて僕が期待してきたYURIというアーティストは 光と影を纏う女神のような女性だった
いつしかそんなことをも感じさせない もっと大きな存在に変わっていった
今ではどこにいてもあなたのメロディは僕たちの世界の一部に在るんだ

ファンとして多くを望むのなら・・・
これからもごく自然に YURIの新しい煌めきを感じていたいのだけれど
地球で過ごす同じ人間としてのYURIの幸せを考える時 
それはあなたにとって過酷な生き方になってしまうのかもしれないんだね

もしも僕たちファンがあなたを狭い場所へ閉じ込めようとしてしまったのなら
それがたとえ無意識のうちに結果としてなったのだとしても・・・
YURIがいつも魂で歌ってきてくれた歌のように 
僕たちファンの方から応えて行くことなんだと覚悟している


あなたの決めたことだから 僕はそれが本当のYURIの気持ちだと受け止めた
YURIの新しい旅立ち前の休息が 素晴らしい日々になるように心から願っています

今までのあなたの全てに 
美しい時間を共有できたことに ☆☆☆<ARIGATOU>☆☆☆ をお還しします

行ってらっしゃい お元気で・・・ 帰りを待っているから いつまでも

See you!



島村Mジョー



   (*オレンジのバラ/YURI Official Blog

追伸 YURI、今まで本当にありがとう!ゆっくり休んで下さいね
        そして、今年もよいお誕生日をお迎え下さい! 
コメント (27)

「YURI<ARIGATOU>が伝えること」

2011-04-10 17:21:44 | ジョーの囁き

Secret Gardenより (おかえりなさい)

僕ら日本人は自然災害への危機感を共有し 
忘れていた大切なことを思い出した 
それは平時からYURIが歌を通して伝え続けてきたことだ 
YURIのメッセージ<ARIGATOU>は 
近い未来に対する僕たちへの問いかけでもあった
彼女の歌や言葉から
想像力を働かせて生きることの重要さを知った

決して自己欺瞞じゃない人類と自然との共存とは・・・?
今や人間同士で争っている場合ではないんだ
残念ながら それが分かっていながら
些細なことでいがみ合い憎しみ合うのが人間だけれど・・・
全体主義思想とかではなく もっと大きな意味での共同体にならないと
本当に僕たち人類は滅亡するかもしれない

一人でも多くの日本人が身をもって一歩先に進み出て
地球上で無事に暮らしているということをよく考え感謝しながら
これから直面するエネルギー問題や食糧問題に対し
勇気と知恵を最大級の武器に立ち向かって行く時なんだろう

たとえ国の境界線はあっても
地球市民としてのハートはボーダレスでありたいと願う
YURIのスピリッツを僕は支持する

そしてSecret Gardenのあるこの世界を 僕は信じている
コメント (67)

「ジョー 近めのルーツを探る 浅草編」

2011-04-06 15:43:47 | ジョーの囁き

YURI official Blogより yanajun作品 やなさんありがとう

寒い季節が過ぎ ようやく春らしくなってきた
僕の父親の生まれた町には 夏の訪れを告げる祭りがある
三社祭・・・
今年は早々に自粛を決めた 残念だけれど仕方ないと思う
上野と並んで浅草には 北関東や遠くは東北方面の人たちもやって来る土地柄だ
近頃は外国人観光客も溢れている(今は消えているらしい)

浅草にはたくさんの所縁がある
父方祖母は伝法院通りで呉服の露天商をやっていた
その昔(戦前?)・・・母方祖父は浅草六区という場所で綱渡りの曲芸師だった
(元祖・日本のクーザだ)
天丼と揚げまんじゅうが美味い(カロリー度外視の江戸っ子だ)
人形焼きも捨てがたい(つぶあん こしあんどっちもグー)
すき焼は年一のお楽しみ(・・・見栄張りました 今までで2度しか・・)
花やしきっていうコンパクト遊園地が浅草寺並びにあり いかすジェットコースターが売りで

三社が終わると隣に神田祭が来て ほおづき市になれば夏も本番
そして隅田川の花火で夏を締める(それはちと早い でもやはり今年はないかも)

なんか こち亀的ムードな感じだけれど 

ゆり姫、お近くにお越しの際は ぜひ浅草で元気100倍になって下さーい!
コメント (10)

「ジョー 震災前と変わったこと」

2011-04-03 19:11:54 | ジョーの囁き

Secret Gardenより

この震災後 心情・行動共に個人的に変化しつつあることを記そう
思いつき順に記すので順次要度は関係ない


猫と同じくらい犬も好きになった
自分も含めた人間の無力さを愛おしく感じる
海が怖くなった

みんな本当は不安なんだと覚った
買い物の列に並ぶこと 少しはできるようになった

忍耐力
他人の顔を見れるようになった
自転車の偉大さをあらためて実感
渡り鳥がちょっと羨ましい

見知らぬ子供たちの笑顔に救われている自分
でも本気で(子供たちを)守らなければ日本の未来はないということ
日本人の味方
この国における自然との共存の意味を考えた

何だか分からないが罪の意識と強迫観念的心情の存在
マイ美学の微妙な進化

街の軽さ
夜の道路の暗さと闇に対する警戒心
人間の日々の無常
サヴァイヴァル根性の開花

準備観
命の儚さ
さらに深まる夢を持つことの重要さ
地球の存在と宇宙の関係

ご近所付き合い
この国で村八分が起こる理由

普通の生活の大切さ
電力への依存度を低める
直感力と予備知識のバランス

三度の飯を食うということ

自分の仕事を雑にしない
仲間意識
正直さ
・・・・・・・・・・・・・・・・


まだまだありそうだが長くなったので 最後に以前と全く変わらないことを


YURIファンである自分
白夜隊を初めファンたちとの熱い友情

コメント (10)

「新設 <発電クラブ>へようこそ!」

2011-04-02 20:54:46 | ジョーの囁き

Secret Gardenより

僕たちはYURIの白夜隊なので 今日は前向きな話をしよう

節電対策として 各大学に<発電クラブ>を作る 
これはいきなり設備が必要だから 地方自治体ぐるみ、大きくは国の政策参画として船出する

一つの形態例としては いつかタモリの世にも奇妙な物語でやっていた感じの

人力自転車発電機を設置して 部活時間に部員みんなで発電するのだ
それを大学が蓄電利用する 頑張った人には 特別単位をあげちゃったりして盛り上げる
特別奨学金でもいいな~大学自治区の電力を賄う根性を見せた部員には

学食代1年間免除とか
学食ラーメンにチャーシュー乗せほうだいとかy餃子食べほうだい券とか
焼き肉ツアーのハシゴ券とかなんかもやる気がでそうだし 特典にしたりして

とにかくやる気と体力で電気が溜まる溜まる!さらに体力UP&ダイエットのおまけつき
それに 学校にも社会にも大いに貢献できている気分になれて高まる帰属意識と愛国心
そんなところから エコロジーや新エネルギー装置開発に目覚めたりするもうノリノリだ

理系文系だれでもOK
さあみんなで自転車を漕ぎまくろう!
ソーラーシステムに水力発電 風力発電に原発(←これには多くの課題が)と 人力発電
もうこなったら 講義実習にも組み込んじゃって 一般学生も参加!もち必修だ

やがてこの試みは大学のみならず 
暇な時間を持つ全国のニートたちへと広がって行くのだった
みんなで乗ればこわくなーい。。


てな具合で ほんの一例っす

本格的な新電力源発明チーム求む!

若き頭脳たちの発想と実現力に期待するジョーです
コメント (5)

「決して諦めない東北人 尊敬します」

2011-04-01 21:00:55 | ジョーの囁き

Secret Garden より

お金がない
愛が足りない

人間には様々な悩み事があるだろう でも一番耐え難いことは何か?
やっぱり 自由を奪われることじゃないだろうか

自由には責任が伴うと言うけれど 多少の負担を背負ってでも 人間は好きにしていたい
それを奪われたくないんだよね

規律を保ちたい
怠惰でありたい

何れも自由であればどちらでも自分の好きにできる

気を遣いたい
気を遣いたくない
迷惑をかけたい
迷惑をかけたくない

自由でなければストレスでパンパンになっちゃう

(だから収監刑罰ってすごく効果あるんだろうな)

目の当たりにした津波の脅威に 為す術もなく翻弄された後の被災者の方々とはいえ
3週間もの不自由な集団避難生活では 多くの不満も蓄積していることだと思う

都会人ならもって1週間がいいところ・・・
本当に辛抱強くストレスに負けない人々だと 心から尊敬します

でも 一見元気そうに見える人 特に小さい子たちの傷は深いのでは?

親を亡くした子供たちの未来の問いかけに・・・涙が出る

いつか YURIの歌声を聴かせてあげたい


コメント (5)