19blues

負けないこと
投げ出さないこと
逃げ出さないこと
信じぬくこと
ダメになりそうな時それが一番大事

ウマ!な日

2006年09月06日 | ボランティア
 
 いやー
 今日も多くの患者さんに会いました! 
 
 
 緊急外来の患者さんを案内したり
 病室に車椅子を届けたり
 タクシー乗るのを手伝ったりと
 いい経験でございます。 

 
 
 タタミ屋ママが
 「来週またウナギ食べに行こう!!」と誘ってくださり
 楽しみですなー
 ほんとよくしてもらってます
 
 
 
  
 今日は銀座ママは
 70歳以上のバスタダ券発行登録の短期仕事が
 ありこれず。来週もこれず。
 
 
  
 帰り道に図書館に寄ろうと歩いていると
 よっこちゃん(大家様)の娘のアヤちゃんに遭遇。
 =オヨの日記に時々出てくる”けいちゃん”のママ 
 
 
 
 アヤちゃんも本を返しにきたんだね。
 
 「オヨちゃん!
 これからお昼一緒に食べようよ!
 あたし今仕事の昼休みなんだ♪
 ちょっと待ってね(お財布確認)
 うん!まかせて!」
 

 

 ということで
 近所にあるおしゃれな食堂に行きました。
 
  
 
 あやちゃんは酢豚定職で
 オヨは上海風焼きそば


 

 
 
 
 二人で半分こしたよ
 
 
 
  
 あやちゃんの就職話や人生話など 
 女トークをしてご帰還しました!
 
 
 
コメント

ちょっと語り口調が違うんですが

2006年08月16日 | ボランティア
 
 今日のボランティアは畳屋ママが用事で来れなく
 行ってみたらオヨひとり。
 
 
 
 
 初診受付の近くで案内をしているオヨ。
 
 
 ※初診受付…看護士2名(途中から院長もくる)が待機し、
          どこの科に行ったらいいのか分からない患者さんの
          対応を行っている。
 





 この初診受付の看護士さんは本当に大変そうで
 必要最低限の優しさ。 
 
 
 きっと
 ”今日こそは笑顔で”って思っても
 いつの間にか忙殺されてるのだと思う。 
 
 
 だからそんな彼女らの
 網からもれた患者さんはオヨが救う。 
 
 
                 
 これはボランティアしかできないことだと思う。 
 
 
 
 
  
 
 
 さて、息子と母親が来た。
 母親は足が固まっていて視力も弱く車椅子に乗っている。
 
 
 
 その息子に母親のトイレの補助をして欲しいと頼まれた。 
 その息子は「女じゃないから分からない」という。 
 
 
 
 なんという息子だと思った。
 それで介護をした気になっているのか。
 いつもは奥さんに任せっぱなしの気がした。
 
 
 
 オヨも分かるはずがないが、
 なんとか体を持ち上げ便器に移動させる。 
 
 
 
  
 ここで思ったことは、
 私たちが当たり前のようにできること、通じることも
 高齢者にとってはそうではないということだ。
  
 
 オヨは核家族なのでそういったことに今更気付く。
 
 
  
 
 
 たとえば、用をたし終わってズボンをあげ
 車椅子に座らせようとする、
 そのときに
 
 
 これから車椅子に移動しますから
 まずは右足を前に少し動かしてくださいね。 
 
 
 
 という動作の説明を詳細にしないと通じないのだ。 
 20歳になって初めて知った経験である。
 

  
 
 
 10分ほどの出来事だったが
 自分ひとりでは大変であった。 
 
 
 やっぱり誰かの優しさってみんな欲しいよ。
 
コメント

いただきまぁす!

2006年07月05日 | ボランティア

 
 今日のボランティアのあとは
 きらきらばぁちゃんとランチをして帰ろうと
 前から約束をしておりました!

 昔、お店でママをやっていて
 ほんと生き生きしているので
 キラキラママに名称変更しよう!
   



 ”あなた親元離れてるなら今度食事行きましょ”と言われ
 きらきらママのご飯がいい!といったのです。

 で、お互いにお弁当を持って集まろう!ということに。


 オヨは早起きをして
 鮭わかめおにぎりと切り干し大根を作ったよ。  
 あとは昨日の夜購入した漬物。  



 もう一品作ろうと思ったんだけど
 有ると思っていた玉ねぎが無かったから却下。  



 ちょっと物足りないかな?と思ってながらも 
 朝のゴミ出しに行ったらヨッコちゃんと遭遇!  

 

 

 するとヨッコちゃん

 お稲荷さん作ったから今からおいで!!

 とおっしゃる。

 

 

 

 わーい☆

 

 

 もらいに行く
 ついでにヨッコちゃんが作った焼き豚もらう。
 これがまた珍味なんですね

 

 

 

 家に戻って 
 おにぎりを減らしてお稲荷さん持ってく準備。

 

 ついでに違うお弁当箱にレタスをひきつめて
 (レタスは日曜に買った)
 焼き豚をもりつける

 

 

 おぉ急にゴージャスになったぜぃ

 

 

 

 ~ボランティア後~

 

 二人の持ち寄ったものを広げた結果はこんな感じ

  

 キラキラママがオヨ用にお弁当をっ。
 中身は

 ・切り干し大根えび入り(バッティング
 ・はんぺん
 ・鮭
 ・きゅうりの漬物
 ・ピーマンの煮物
 ・プルーンを甘く煮たの 
 ・しらすワカメご飯
 

 おかずとして
 ・手羽先の甘酢
 ・枝豆

 

 いやぁ豪勢であります。

 

 

 

 そして嬉しかったのが
 キラキラママがオヨ用にお弁当箱を新調してくれ(おそろい)
 それに合わせたお弁当袋を作ってくれたこと。

  

 漆器です。
 食べ終わったらコンパクトになるタイプ。


  


 こちらの袋、しっかりお弁当箱の底と同じ大きさで
 底があり、裏地もあります。

   
  

 

 ミカンなど、デザートを入れるように
 高さもあるよ。

  

 

 

 

 いやぁほんとここまでして下さることに感動でした

 

  

 紐の色が交互で違うピンクでまたカワイイ!

 

 スタミナもりもり!
 キラママは話上手の聞き上手!さすがです

 

 

 今度は畳屋ママが働いてるウナギ屋に招待されてるよ。

 

 

 

 あっ、前に畳屋ママからもらったトートバックの写真!

 こちらです

 

 

 なんとこれ、タタミのヘリで出来ているのです!
 すんごい丈夫で雨にも強い!そしてメチャ軽い!

 

 

 内ポケットもついてます

  

 

 

 

 温かい方に囲まれてます

 

コメント

今日はいろんな人と話すボランティア

2006年06月21日 | ボランティア

 

 おばあさん(85)が神経外科までついてきてというのでお供。

 

 そのおばあさん、70歳ころ脳卒中を経験。
 先月にデパートのエスカレーターでフラっときて
 そのまま頭から落下、階段に頭を何回もぶつけ血だらけになり
 足から上の階にたどり着いたそう。  

 

 

 なんで私だけ。。

 とつぶやいていたよ。 
 その言葉ちょっと怖く感じた。



 高齢者というのは話し相手がいないもので
 オヨにいろいろと話してくれる。  


 煌びやかでいたいから 年金で服を買う話。
 いま見につけている服、帽子、ブローチの話。

 デイケアセンターで歌う八代亜紀の話、
 保険のセールスマンをやっていたころの話。
 7月に息子に会いに北海道に行く話しetc  

 

 

 そして”結婚して本当の女よ”といっていた。  

 オヨはあまり結婚願望がないので最初は
 
 は?ちょっと考え古くない?って思ったけど 
 なんかそれも分かるような気がした。   




 で、元の場所に戻って キラキラばあちゃん(元銀座ママ)に

 しかしMさんは若いですねー!  

 って言ったら   

 

 あたり前よっ!!私は71よっ!!
 だからね、後悔しないように毎日送りなさいって言ってるでしょ!!
 そしたら年とっても色々と受け止められるから。  

 

 

  ごもっともで。

 

  

 あとは小学生の女の子が売店に行くのにお供したり
 明日から入院する男性の買い物を付き合ったり
 地下の精神科までご案内したりetc

 

 

 

コメント

すれ違い

2006年06月14日 | ボランティア

 夫を精神科につれてきた女性、
 診察のあとに乗ったエレベーターで
 夫が違う階で先に降りてしまったので奥さんとすれ違いに。



 どこにいるか分からない。
 呼び出してもこれる能力はもうない。


 
 頼んでいるシステム会社に
 夫が持っている受信機からエリアを割り出してもらうも
 病院の中で電波を遮断している部分もあり絞りきれない。

 

 奥さんのほう、本当に疲れていた。
 娘に言ったところで
 ”お母さんがしっかりしてないからでしょ”って。


 
 


 
 
コメント

すやすや

2006年05月31日 | ボランティア

 

 病院に入って初めて目を合わすのは
 オヨの可能性が高くて 

 そこはやっぱり笑顔で挨拶でしょ!
 いいのよ無視されてもっ☆

 

 

 

 今日は出産をして退院していく夫婦を
 何組か見たよ。

 

 

 ちっちゃーいのっ。ほんとに

 

 キラキラおばあちゃん、病気をするまで
 銀座でママやってたんだって!自分のお店。

 話し上手だったり歌うまかったり
 いろんなこと知ってるの納得!

 今度、お互いがちょっとした料理を作っていって
 公園で食べて帰る約束したよ

  

 来週は教習の筆記本試験に行くのでおやすみ

 

 

コメント

ケセラセラ

2006年05月26日 | ボランティア

 

 外来ボランティアで一緒に活動を行っている
 おばちゃん(70歳くらいなのでおばーちゃんかな)2人は
 とってもおもしろい!!そしてとってもおちゃめでかわいい!

 

 畳屋さんのおばぁちゃんキラキラおばぁちゃんと呼ぼう。


 畳屋おはぁちゃんは、うなぎ屋でも働いているのよ。
 お孫さんが幼稚園くらいでけっこういる。
 品がある。
 ニコニコしていてやさしい。
 早朝、ウォーキングをする。雨の日も傘さして行う。
 ご主人を45歳で、この病院で亡くしている。

 

 

 キラキラばぁちゃんが自分でつくる帽子はオヨも
 欲しいくらいにセンスがよくて素敵!
 歌を習ったり美術館の学芸員をやっている。
 携帯メールもやっちゃうしパソコンも使う。
 活動的で大変いきいきしているので
 友達と話しているみたい。知的。
 結婚はしなかった。この病院で手術経験がある。

 

 今週の会話の抜粋

 

 

 

 28日歌の発表会なのよぉうまく歌えるかちょっと心配!
 
 そうなんですか?ちょっと歌ってくださいよぉ


 あんたもサボらせ好きねぇ
 ♪ いつの間にか夜がふける~
(song by 加藤登紀子・あなたが行く朝)
 あっ!間違えた夜が”明ける”なのよぉ

 

 あはははははは!
 大丈夫!!歌詞を聞くの忘れるほど歌声いいから!
ポンポン
 (肩を抱きしめる←この辺が友達っぽい)

 

 ♪遠くの空に

 窓をあけて朝の息吹きを

 この胸に抱きしめる

 あなたの行く朝の

 この風の冷たさ

 私は忘れない いつまでも

 

 いい歌ですね!!

 そうでしょ!!間違えてもご愛嬌よねっ!! 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょっと3階病棟に車椅子戻しにいくけど
 一緒にくる?
 
 はい!

 こっちこっち、ここから富士山が見えるのよぉ!

 その日は見れなかったけど
 いいこと聞いちゃった!

 

 

 

 

 えっ?!あんた大学3年なの?
 子供ねー!!!
 わたし高校生じゃ来れないから1年かと思ってたわよ!
 言われない?

 えぇ前、中学生に間違えられました笑  
 

 

 

 

 ちょっと血圧測りにいきましょ
 
 はい!

 (測定後)
 
 うわっ!!最高にやばいわっ
 あなた健康ね~!

 

 今日は私が一番成績がよかったわね
 (数値が高いので)

 

 

 

 

 

 畳屋のおばちゃん、畳のヘリで作った
 買い物かばんを作ってきてオヨにくれた。
 すごい上手!今度写真UPしまっす。
 

 で、帰り際キラキラばぁちゃんが畳ばぁちゃんに

 まぁ~娘にこんなものをいただいてしまってすいません

 おほほほほほ!!
 あははははは!! 

 

コメント

なるほど ザ ホスピタル

2006年05月17日 | ボランティア
 
 病院はもっと患者にとって近い存在であるべき、
 上の役員の人も現場を知るべき

 
 こんな考えから
 本日の総合案内には院長が座っていた!
 
 総合案内には看護士が2人待機して
 応答を行っている。
 その間にチョコンとおじさん。

 
 誰ぞや?と思いきや院長でありましたよ。
 
コメント

オヨ業務

2006年05月17日 | ボランティア


 個人情報なんかも気をつけながら今日は
 どんなことをやったかというと

 ・初診の方のご案内
 ・車椅子の用意、押す
 

 この変はよくある!

 

 番外編 

 公衆電話の使い方説明
  (残り時間が少なくなったら10円を入れる役含む)

 代わりに近所の薬局に処方箋を受け取りにいく
 

  

コメント

新鮮体験

2006年05月17日 | ボランティア

 

 水曜午前中担当の方はオヨも入れて4人、
 そのうち2人は今日がデビュー!!

 

 初日から学ぶことが多かった!  

 

 一番大きいのはこれ!!

 あえてやってあげない優しさ

 

 

 サービス業でバイトをずっとしてきたオヨは
 いかに機転が利くか、いかに言われる前に行動するかを
 常に考えていた。

 

 お客様が求めるものより多くをやってあげる。

 

 

 

 しかしボランティアって違うんだね。
 できるところはやってもらう

 相手が聞いてきたことや求めてきたことに
 親切に応答する。

 

 その人のためにとって摘んではいけない分部ってのが
 あることを教えられたよ

 

 

 

 

 ボランティアさんは年配の方が多い。
 今日指導してくださった人は71才。

 

 だけど本当に71才になんて見えないの!
 お世辞でもなんでもなくて!

 

 

 楽器をやっていたり帽子の先生をやっていたりと
 多くの顔を持っている。

 

 興味をもって外に外に向かう気持ちが若さの秘訣らしい
 実に魅力的な人だった!
 歳をとるの悪くないと思わさせてくれる

 

 

 

 人に対して少し優しくなれるでしょ
 それからこの病院に以前お世話になったから恩返し

 

 

 

 71才、すごい!厚みがある。
 これからいろんなこと吸収するぞ

  

  

コメント