19blues

負けないこと
投げ出さないこと
逃げ出さないこと
信じぬくこと
ダメになりそうな時それが一番大事

スペイン旅行 備忘録

2018年11月18日 | スペイン旅行2018


【気候】
9月中旬~下旬の気候は
日本より暑くて日中の地中海の日差しは強い。
朝方は少し冷えます。
室内はクーラーがガンガン効いてるでもなく丁度良い温度設定。
グラナダは午前中はやや寒く20℃くらい。
ちなみに日本人は23度前後で長袖を着たいらしい。
その日は私も上にパーカーを羽織っていました。
でもそれ以外はみなさん半袖。
それからバルセロナは湿気がすごく暑かった!
グエル公園なんて人だらけで余計暑い☀
現地の日本人ガイドさんも”今日の湿気は異常だね”と言うほど。
今回は傘を一回も使わずラッキー✨


【スリ】
これも相当懸念していたのですがグループ全員無事でした。
手口もどんどん新しくなっているようで
事前にネットで知った手口以外で驚いたのが
”ホテルマン詐欺”。
部屋に故障があると言って入ってきて
浴槽等、チェックして帰ったと思ったらバッグが
盗まれていたというもの。
海外では注意に越したことはないですね。


【物価】
日本と似ているなぁという感想なんですが
レートが134.56円だったので高めに。
ガイドさんの話を聞いていても住宅価格なども似ていました。

【タクシー】
バルセロナの自由行動でホテルに帰るために乗りましたが
ちゃんとしていて逆に驚きました。
初乗料金は2.1~2.3ユーロ(1㎞につき1.07~1.4ユーロ加算)。
ナビも最新でちゃんと合理的なルートで運転してくれます。
中心地からホテルまで1,000円弱で帰れました。

【人柄】
観光地やホテルで会う人ばかりなのであれですが
みんな優しくて親切な人が多いです。
ノリが良い人も多い。
可愛い人、綺麗な人、カッコいい人は本当にレベルが高い。

【交通】
海外特有のラウンドアバウト形式の交差点なので
停車することがあまりないです。
高速も一定スピードでみんなどんどん飛ばす印象。

【食事】
いい意味で驚いたのがどれも美味しい。
最後まで飽きることなく楽しみました。
これは去年のアメリカ旅行に比べると満足度大!
なんならイタリアより楽しみました。
(日本の美味しいイタリアンの印象が強すぎた)

【日の出日没】
7時でも窓の外は暗くて
20時でも明るい。
なので夕飯の時間帯は大体のところが20時から。
スペインでは子供への遅いから寝なさいは0時くらいみたい。
コメント

スペイン旅行 9日目

2018年11月18日 | スペイン旅行2018

バルセロナプラット国際空港へはバスで30分ほど。
前便がキャンセルになったとかで
空港は本当に混んでいてフライトも1時間遅れ。

チェックインにこんなに待ったのは初めて

待っている間はグループの方と昨日のバルセロナ自由行動の振り返り。
疲れて行けなかったサクラダファミリアのライトアップについて
行ったご夫婦に感想を聞くと
「初めて見た昼間の感動には及ばないよ」と大人な対応

このご夫婦大好きだったな。
特にご主人は写真の構図の切取りが上手でよく写真を撮ってもらってました。
お気に入りの写真の何枚かはこのご主人によるもので本当に感謝です。
笑顔の引き出し方もうまいのよ(笑)
私もこのご夫婦のツーショットを何枚か撮ったのですが
いい写真がお手元にあるといいなぁ。

アムステルダムの乗継時間は10分くらい!?
バルセロナからの日本人待ちでした。

スタバでオランダ限定のマグカップを買おうと思っていたけど
そんな余裕は一切なく、
乗り換えであんなに急いだのも初。

帰りの飛行時間は11時間10分。
そうそう、行きは機内の電気はほぼついてましたが
帰りはほぼ消えてました。






到着は10日目の午前9時。

あっという間だったな。
お天気にも恵まれて、無事に帰ってこれてよかったな

8泊10日を共にし、写真をたくさん取り合ったり、
多くの食事をご一緒したりしたグループの方や添乗員さんとのお別れはやりさみしい。

スペイン旅行、最高でした!
今日現在、私が最ももう一度行きたい国はイタリアを越えて
スペインかもしれない。
スペインの旅行記事も他の国に比べると一番多くなりました

歴史を知ると更に楽しそう。

スペイン最高!!
コメント

スペイン旅行 8日目③

2018年11月18日 | スペイン旅行2018


夕飯は事前に調べていたVI NI TUS ヴィニトゥスへ。
このお店が大変よかった★★★★★!!

これからバルセロナへ行く方へ是非お勧めしたいです。
20時45分くらいにお店に行くと
店舗前は人だかり。

待ちそうだな~と店内に入ると
2名と4名以上に分けて受付をしていて
10分も待たずに呼ばれました⌚

カウンターへ。
これがよかった

というのも目の前で調理しているので
美味しそうな料理があれば
「同じのください!」と指を指して言える(笑)

海外ではメニューもよく見ずにこの
”同じの下さい”作戦をよくやります。
この見た目の直観は
写真のないメニューを見て想像するよりも大体当たります💡
”おいしそ~”は大体当たるもんです。




これがドビンゴでした。
白身魚にホワイトソースのような甘めのソースがかかっていて濃厚。
溶けるように美味しかった!
ちなみにこれはお隣の人が頼んでいてそれを見て注文。
帰り際に話しかけて下さり東南アジア系の現地の方かと思ったら
日本人のバックパッカーでその方も店員さんにおススメを聞いて注文した一品だった。





事前に口コミサイトで
”どれを食べても美味しい!”と見かけましたが
まさにそのコメントに尽きます。

バルセロナに行ったら是非また行きたい!
バルセロナはスペインの中でも物価が高いようですが
お値段も日本と同じくらいです。


そうそうここのカウンターの中では常時5人くらいが
目まぐるしく働いていましたが(厨房は別にあり)、
そんな中でも皆さんの気配りと接客が素晴らしかったです

座って少し時間がたったころに
「飲み物どうする?」と英語で聞いてくださいますし
追加メニューで迷っていると
イケメンのお兄さんがこれまた英語で
「よし!OK、シーフード、お肉、前菜系何がいい?」
と、メニューとともに一緒に選んでくれる。

旅行客の若もんに気を配ってくれる。

バルセロナと言えば地中海、
「シーフード!」と言うと
「OK!」と厨房に”あれはあるか?”的な確認に行かれ
「貝の器にホタテ、チーズなどが乗ったアメイジングなものがある!
ぼくはそれを自信をもって勧めるよ!」なんて言うから
「よし、そのアメイジングをプリーズ!」なんて頼むと
とてつもなく美味しかった
それがこれ。



しかも7.2ユーロ。
とてつもなく高いものを勧めるでもなくイケメンだし(ポイント笑)
本当に最高じゃないか


大満足でお店をあとにし、
疲れていたのでサクラダファミリアの夜景は辞めてタクシーで
ホテルへ戻ると22時くらいでした。

いやぁ楽しかった!
やっぱり自由行動があるプランにして良かった。

バルセロナは街もおしゃれで賑わっていて
最高峰の世界遺産もあり最高すぎ。

世界遺産が街に溶け込む街。

明日は8時ホテル出発で空港に行くんだけど
ホテルから空港まで30分しかなく朝食のランチボックスを
食べる時間がそんなにないからと添乗員さんが前日にくれた。
今回の添乗員さんの気配りが本当に神でしたよ。

荷物をパッキングして0時前にはおやすみなさい
明日は帰国かぁ

マドリードにいたのが遠い昔のようだなぁ
コメント

スペイン旅行 8日目②

2018年11月17日 | スペイン旅行2018

さてさて、
午後は自由行動です。

今回、このプランに決めた大きな要因の一つが
バルセロナの自由時間が半日あること

カタルーニャ広場という街の中心で解散し
まずはその向かいにあるエルコルテ(デパート)で昼食を。

ここの屋上のフードコードおすすめです!
パエリアリベンジとお魚をチョイス🍴



これとレモンスカッシュで30.08ユーロでした👛
魚は値段が分からず頼み、
なんか見た目が派手で高そうだな~と思っていたのですがよかった(笑)

アジアンやイタリアンなどもあり
各国の観光客でとても賑わってます

トレイを専用のカートに乗せて
好きなコーナーに行き注文するスタイルです。

席もたくさんあり、大学のカフェテリア巨大版。
窓際の席でサクラダファミリア側もあります。
混んでいたので内部の席を確保。

昼食後はこのデパート内部でお土産などに目星を
またここを通る予定があるので
この後の自由時間を身軽にするためにも目星だけ。

地下1階のお土産系食品コーナーにはおしゃれな商品が沢山。
売れてしまいそうな缶入りのお菓子だけはこの時に購入。



このサクラダファミリア柄はラスト5個のうち4個購入。
レトロでかわいい。
参考までに4.5ユーロ。中身はチョコ菓子です。

小型のサクラダファミリア缶は
ガイドブックで見て何個か買おうと思っていたのですがラスト1点。
こちらは中身は飴で3.55ユーロ。カラフルでかわいい

あとで戻った時にはサクラダファミリア缶は無かったやはり
荷物にはなるけど買っておいてよかった💡
フラメンコ柄とグエル邸柄はまだありました

まず市内観光で向かったのは
カタルーニャ音楽堂(世界遺産)。
これは事前に予約が必要です。日本から予約していきました。

豪華で必見です!



これは外観で入場しなくても撮れます📷
では、中に入りましょう!





















豪華で必見です


地元の雑貨屋さん、ピカソ美術館を巡り
カテドラルの前を通り、ボケリア市場の前を通りグエル邸へ。
(相当歩いてます)




地元の雑貨屋さん ワワスバルセロナ
ガイドブックに載っていて行ってみたら可愛い雑貨がたくさん


ピカソ美術館ではお土産のみ購入。
このゆるキャラがかわいい



グエル邸は外観のみ。

前日にバレンシアで市場に行っていたのでボケリア市場は省略。

この時点でけっこう歩いているので
欲張らないのも大事ですよね。
こういうのも覚えましたよ(笑)


そこからジェラートを食べながら
カタルーニャ広場まで戻り、エルコルテで
目をつけていた商品をピックアップ。



こちらのエプロンはキッチン売り場で半額の6.45ユーロ。
ちょうど夏のセールの名残ですかね。
これはグラナダのエルコルテでも下見をしていました。
シンプルでmade inスペインでいい感じ
地中海を思い出させる綺麗なブルー!


こちらはイビザ塩を使ったナッツ。
イビザ塩のお土産はガイドブックでもよく見かけ
デパートや空港などにも売っている定番ですが
このナッツはここでしか見なかった
しかもお酒コーナーの棚の下段におつまみ的立ち位置で並んでいるので
目につかないですがおススメ!一つ4ユーロほどです。

午後は街歩きをたくさんしてこの時点で19時。

地下の食料品スーパーは地元の方も沢山で本当に混んでいるので
スーパー系のお土産は他で購入がおすすめです。
先ほどまで紹介していたお土産系食品売り場はそこまで混んでないです。

そのあとは有名ブランドが並ぶグラシア通りへ。
街を北上します。

FCバルセロナのオフィシャルショップも
街の所々にありますよ~
ヨーロッパサッカーが好きな同僚にお土産をお求め。





引き続きバルセロナ自由行動夕飯編へ🍴
コメント

スペイン旅行 8日目①

2018年11月17日 | スペイン旅行2018

楽しみにしていたバルセロナ市内観光。
ちなみにマドリードから入るプランは全体の3割ほど、
大体はバルセロナから入るプランが多いようですが
振返ると私はバルセロナが最終日で良かったです


では朝食いってみよー!



どこのホテルも朝食ちゃんとしてて満足満足
マドリードのホテルのチョコデニッシュの美味しさに感動し
大体チョコデニッシュがあるとそれを食べてました🍞
(マドリードホテルが一番美味しかった)









今日はホテル出発8時半🚌、
まずはグエル公園へ。

グエル公園もサグラダファミリアも
入場時間が決まってます(30分遅れまでOK)⌚。


グエル公園の混雑っぷりったら。カオス!
そんな中でも人がいない瞬間にパパっと撮った写真を
ご覧ください📷










そこからカサミラ、カラバドリョを見学。





ぐにゃぐにゃは地中海の波です🌊


そしてサグラダファミリアが
バスの車窓から見えた瞬間のみんなのざわつき(笑)
誰かが興奮してスマホ写メの連写を押して
その音が社内に響き爆笑!




















表側の生誕のファザードと
裏側の受難のファザード、
どちらも惹きつけられますますが
私がより気になるのは受難のファザード。
ひとつひとつの彫刻の意味が面白い。

サグラダファミリアの中のお土産屋さん、
可愛くておしゃれな商品が沢山あります
価格はちまたの似た商品より1~2ユーロ高い印象でしょうか
しかし、細部までちゃんとしていますしオリジナル商品も沢山。
私と同じでお土産情報の好きな方どうぞ!
2018年9月のサクラダファミリアお土産トレンドはこちら✨


















背景の商品と一体化してますが
最後の写真の手帳の奥にランプシェードみたなの分かります?
これはワイングラスにかぶせてあるだけ💡
グラスの中にキャンドルを入れればランプ替わりに。
この手の商品はバルセロナ市内でもよく見かけました
ナイスアイディア

サクラダファミリアは別格でしたやはり。

引き続き午後の自由行動編へ続きます。
コメント

スペイン旅行 7日目

2018年11月17日 | スペイン旅行2018

安定の7時起床、7時半朝食
8時15分トランクを部屋の前に、9時出発。

このタイムスケジュールがとてもよかった
だいたいトランクを出すと
早めに降りてフロントでまったりしてました




時計を気にしながら部屋で休むより
最初っからロビーでまったり派。
遅れる心配もないですしね


午前中はバレンシア市内の観光。


セラーノスの塔






世界遺産 ラ・ロンハ
15世紀後半に建てられた商品取引所です。



サンニコラス教会。
ここのフラスコ画がすごい!
フォトジェニック








メルカド市場へも行きました。
1時間ほど自由時間がもらえ市場内を散策。
観光客に地元の方にすごい賑わってます









塩アーモンドにハマりお求め。
4ユーロ/250gです。





お昼はやっと登場のパエリア。待ってました!












が、塩加減を間違えたのか大変しょっぱくて(赤い方)
みんなリベンジを誓う(笑)

午後はバレンシア~バルセロナまで約5時間の移動。
走れ走れですね🚌

ホテル(NHサンツバルセロナ)の目の前がスーパーでこれまた便利。

エレベーター近くの部屋でラクチンラクチン。



夕飯はホテルのレストランで
サラダ、魚料理(鱈)、フルーツです。







サラダにオリーブが沢山乗ってる。
同じテーブルメンバーの半数は半分は残してた(笑)

明日の午後はバルセロナの自由行動があるんだけど
みんなそんなに何をするか計画してなくて
(ツアーのお客様あるある笑)
なのに全然関係ない話をしながら大笑いをしつつ夕食を食べては
「こんなことを話している場合ではない!
我々は明日の午後の自由時間を…」の繰り返し。

夕飯を食べ終えると21時半ほど。
あー楽しい夜だった

部屋に戻ってグーグルマップでなんとなく明日の行動を決める。
このホテルは2連泊だったので
この日はお片付けなどなくてラクでした

明日はハイライトのバルセロナ観光ですからね!
服装もしっかり決めていこう!
コメント

スペイン旅行 6日目

2018年11月16日 | スペイン旅行2018

肌寒い朝、
というのもグラダナは一年を通して朝と夜の気温差が
激しいのが特徴とか。
冬は氷点下、夏は盆地のため40℃を超えという!


さてさて、ホテルからアルハンブラ宮殿まではバスで15分。
スペイン最後のイスラム王国の宮殿見学です。

王宮からヘネラリフェ庭園(王たちの夏の別荘)まで
3~4キロは歩く強気の宮殿。




まず有名どこでライオン宮。


このライオン、かつては黄金に彩色され
この庭を囲むスペースは王以外の男性は入れないハーレムだったとか。
ライオンの口から流れる水は四方の溝へ。
天国の川を意味し、宇宙の隅まで水が行き渡る様子を表しています。


それからどん、



コマレス宮。
アルハンブラ宮殿で最も重要な場所とされます。
水に映ることでより大きく見える造り。
ガイドブックでよく見ますねー
快晴!!
ここは、行った方が何倍も感動します
私も行くまでは”ん?コレ?”と思ってました。

壁や柱も細かで美しい!














天井も抜かりがないですよー


北の回廊からは世界遺産・アルバイシン地区の全体を
見渡せます。
山の斜面にこの地区を囲っていた城壁があるのが
分かるでしょうか




そして歩いて歩いて
丘の上にあるアルハンブラの夏の離宮へ。






王の畑の間を通ります。
なるほどー
畑の見回りとかしてたんだなーとなる。



宮殿から始まり、普通に歩いているだけでも
いつの間にか当時の彩色がイメージされ
王みたいな気分になってくるからおすすめ。
(世界遺産への説明が雑)

私はアルハンブラ宮殿に行くまで歴史背景も知らずに
なんでこれが世界遺産なんだろう?って思ってました。
特にコマレス宮の写真を見ては”なんでこんなシンプルな建物が世界遺産?”と。

行くと分かりました、
いい世界遺産ってのは当時にタイムスリップさせる。


広い!

さてさて
ここの公式お土産ショップがツボすぎたので紹介。


タイル柄のメガネケースにクリアファイル。


プラ素材のランチョンマットとコースターセット×2組入り


タイル柄の抜粋のブレスレット、ネックレス。


ガラス素材の小物置きトレイ。

結構買ったのでグループのみんなに爆買と言われた。

このあとはグラナダ~バレンシアへ7時間半のバス移動。
途中でレストランに寄りました。

ここのレストランは旅行会社も何年か前に結構探したみたい。
どれも美味しくて大満足。
ラザニア、パプリカの白身魚すり身の詰め物、ティラミス、プリン


走れ走れでホテルに着いたのは19時を回ったころ。
夕飯は20時半から。





こういう隙間時間にお風呂場にシャンプーなどを出したり翌日の服の準備、
寝る準備などをじゃんじゃんするのが好き。
ご飯から帰ってさっさとお風呂に入ってベッドでくつろぎ作戦

夕飯はホテルのレストランで
野菜のグリル、チキンのグリルをいただきます








ハネムーンカップルとディズニーランドの話になり
イッツァスモールワールドをイノセントワールド(ミスチル)と
言い間違えててこの日一番ウケた。

ツアーの方と仲良くなるのが好き。
今回もみんな良い方ばっかりで楽しかった





コメント

スペイン旅行 5日目

2018年11月15日 | スペイン旅行2018

大体モーニングコールの1時間位前には
目覚めていたんだけどこの辺りから
モーニングコールで目覚めるようになる(長期旅行あるある)


朝食はこんな感じ🍞





途中からスイカが定番となり
甘くて美味しいのでよく食べてました。
(味は日本と全く同じです)
生ハムは朝食でたくさん並びます。


午前中はセビリア観光へ。
スペイン広場楽しみにしていたんですよー

広場は1929年にセビリアで開催された万国博覧会の会場施設として造られたもので
セビリアをはじめアンダルシア地方の典型的な建築様式であるムデハル様式。



両翼に半円形に延びる回廊と、
スペイン各県の歴史的出来事を描写した壁面タイル絵が特徴。
とても広いのでネットでもなかなか全体像の写真がないなぁ~(上記参照)

広場の回廊の手前部分にはベンチが設置され
その背景にはスペインの歴史的場面のタイル装飾が。












ドン・キホーテにグラダナ陥落、
ゴルドバに、コロンブスの航海場面。






コロンブスは1492年にスペインの女王の支援を得て
スペイン南西部サルテス川の河口から、
三隻の船で出航したんですね


ムリーリョ公園には記念碑が。
ライオンの足元には航海を意味する地球が。







セビーリャのカテドラルはコロンブスの墓と
主祭壇、その両脇の巨大なパイプオルガンと
見どころ満載です。


この写真の右前の人の剣の先にはザクロ(ザクロはスペイン語でグラナダ)が。
グラナダの陥落を示します。


高いところにあり距離があって上手に撮れていないですが
このステンドグラスが大変好みだった♡






高さ94mの鐘楼(ヒラルダの棟)は
スロープ状になっていて登れます。

自由時間が30分ほどありましたが3mほど登って
引き返しましたよあたしゃ(婆さん)。


この写真がこの旅のベストショットです。
あと少し遅ければもっと日が出て撮れなかったと思われる📷




キリストの12聖人。
まつわる道具を持っています。
ノコギリを持っているのは切られて殉教したと言われていシモン。
ただ見るよりも解説が入ると何倍も楽しい。


このあとはセビリア~ミハスへ3時間のバス移動。
途中の高速道路のサービスエリアで昼食です。


ガスパチョと呼ばれるアンダルシア地方の冷製スープが登場。
トマトベースできゅうりやニンニクが入っています。


それからイカ墨ライス、チョコムースをいただきます

これ美味しかったな😋




午後は白壁の街並みで有名なミハスへ。
自由時間が70分ほどありました。






お土産物店もたくさん、
暑いのでジェラートを食べたり🍋





そこから更にバスで2時間、グラナダ到着です。


ホテルはセルコテルグランホテル ルナ


目の前にスペインのデパート、エルコルテイングレスがあり、とても便利です。

夕飯はホテルでバイキング🍴





種類も沢山あり美味しかったです😋

エルコルテには夕食の前後と合わせて2回行きました。
ニトリのようなキッチン用品や寝具、生活雑貨を集めた売り場は
別建物でホテルの横に。
道向かいには食料品、生活用品を中心とした建物があります。

22時までの営業で夕食後(夕食は大体20時~)あまり時間がなく
バルセロナのエルコルテにも行く予定があったので雑貨類は下見を。

お土産の定番、カモミールティーを買いました。



大体グループの人もスーパーにいるので
その場で何を買っているか話したりするのが楽しい。
みんなそれぞれ事前に調べたりしているので情報共有

さぁ旅も後半へ。
明日はどんな出会いが
コメント

スペイン旅行 4日目

2018年11月13日 | スペイン旅行2018

この日は少し早めの6時30分モーニングコールで起床。
隣の部屋から同じグループの方のバタバタ音が聞こえるけど
時にはこゆのも楽しい。

8時25分にホテルを出発してバスまでは石畳の坂道をトランクを押して移動。
路地なので大通りまで少し歩く。

気に入った街から移動するときは名残惜しい。


朝のバスの車窓からみた旧市街の東にあるアルカンタラ橋。


今日はまずトレドからコンスグラへ約1時間の移動です。


風車の風景とドン・キホーテの話で有名な
ラマンチャ地方へ。








のどかだなぁ
風が気持ちよかった
風車は小麦を挽いていたんですね。

コンスエグラ~コルトバへは約4時間の移動。
昼食はコルドバのレストランで。


左の筒コロッケは肉巻きフライ。
生ハムとロース肉を棒状にして揚げたコルドバの定番料理です。


このチキンスープが美味しかった
伸びて短いラーメンみたい(この表現は美味しいのか!?)
なのが入っている。




ツアー旅行では飲み物は別途頼むのが定番。
今回の旅行では水をよく頼んでました。
だいたい2ユーロとか。

食後は中世の面影が残る白壁の旧ユダヤ人街へ。




「花の小道」と呼ばれるこの20mほどの小道、青の鉢と白壁の対比が綺麗で
観光客で賑わってました。


このおじさんは白内障の手術を成功させた人。


このおじさん何だっけな
靴を触ると頭が良くなるんだよな。
(忘れてる時点で嘘)

※ガイドブックで調べたところ、
コルドバ生まれの哲学者マイモニデスでした。



それから闘牛博物館の前を通り、メスキータ(世界遺産)の見学へ移動。




2万5千人の信者を収容できた世界最大級のモスクです。





柱が沢山でしょう
ひょっこりはん(2018年芸人)で写真を撮ったりした。







自由時間も40分ほどありました~
可愛い柄のお土産が沢山ですスペイン。







ローマ橋を渡り、グアダルキビール川を越えてバスへ。
この日の日差しは強烈だったなー



夜はフラメンコショーへ。
夕飯を食べながら鑑賞。

こんな感じの会場で見ます。



初めてみたけどタップがすごい!
男性の踊りはカッコいいです。






みんなで踊ったり
8人くらいの踊り手が椅子に座り
”次誰いく?俺?俺?よしいっちょ俺いくか!”といった雰囲気で
(伝わりますかね笑?!)どんどん踊りが変わっていきます。

あとは衣装がすごい。
女性はこの長いドレスの裾をぐるんぐるん回したり
ヒールの踵で蹴り上げたり。





夕飯はこんな感じね。






デザート雑ー(笑)!
これ日本でも食べるフルーツの缶詰~!



そこからホテルへは25分ほど。

これまた近くにスーパーがあり便利。
ららぽーとみたいな複合スーパーで洋服なども売っていた。


あ!昼間のスープ発見!



これにベーコン入れただけか!?(多分ちがう笑)
ここでまたまたアクエリアス購入。

そうそう、スペインに着いた初日のスーパーでも
無性にアクエリアスが飲みたくなって買ったのよ。
味は日本のアクエリアスと少し違うけど
一番近い味は何か?って言われたらアクエリアスという味。

私は海外に行くとアクエリアスが飲みたくなるのか?
それともアクエリアス成分が不足していたのか?
よく分からないけど次回からトランクに入れておこう。

バラマキお土産に丁度よさそうな
こちらのハンドクリームは良い香りでなんと1ユーロ。




ホテルはね、なかなか無機質な感じ。






今日も日付が変わる前には就寝⌚


コメント

スペイン旅行 3日目

2018年11月12日 | スペイン旅行2018

引き続き朝食を楽しみに食堂へGO
チョコパン♪チョコパン♪(前日の記事参照)

今日は街全体が世界遺産指定のトレドへ移動です。
「1日しかスペインにいれないのならトレドに行け」と言われるトレドです。
16世紀には首都が置かれたかつての政治の中心地。

トレドからの景色も楽しみにしていたんですよね。

ではご覧ください✨









ん~、夕方の景色も綺麗なんだろうなぁ。

上空から見たトレドはこんな感じ。


狭い路地が沢山。
この路地は千年以上前のイスラム統治時代の名残。

三方を川に囲まれ標高500mの丘の上に建つトレドはまさに天然の要塞。
そのためローマン人やイスラム教徒、キリスト教徒と支配者が次々と変化。
その中で最も街並みに影響を及ぼしたのが8世紀にやってきたイスラム教徒だとか。

彼らはこの天然の要塞を固めようと街を改造、それがこの路地になったんだって。

敵が一気に攻め込めないようなるべく狭く迷路のように張り巡らせたトレドはまさに迷路。

イスラム教徒はおよそ4世紀にわたってトレドを支配、
今なおイスラムの香りが漂う古都となっているトレドで
イスラムの痕跡探しが楽しみ方の一つです。

で、それをやったのかーい?
と聞かれるとまったり過ごしていた(笑)


カテドラル、サント・トメ教会の見学を。
すでにカテドラルの記憶が薄い(笑)
今回の旅行、カテドラルパレードなんです。
旅行中に記録すればいいんだけどすっかり抜ける、サボる(笑)












トレド大聖堂の祭壇大礼拝堂






グレコの
『オルガス伯爵の埋葬』(1586~88年)が飾られています。




これはサント・トメ教会の建設に貢献した伯爵だとか。
聖母マリアの右手のあたりの白いのが魂。
参列者の中でこちらを向いているのがグレコ。
一番手前にいるのがグレコの息子とか。

グループの人とはぐれないように
路地×アップダウンのある街を進み一旦バスへ戻って
昼食を食べに近くの宿泊場所とは別のホテル内にあるレストランへ移動🚌


昼食のレストランはタパス(スペインの小皿料理)。





じゃがいも沢山(笑)
じゃがいもの奥の生ハムメロンが美味しかったな。
キノコの炒め物は見た目より食べたほうが美味しい😋
キノコの周りはスペイン的クリームコロッケです。


昼食後、ホテルにチェックインして午後は自由行動です。

宿泊したホテルはカルロス5世。
映画のロケ地にも使われたようです

壁にはジョニーデップがどーん。
あとでグループの方に話を聞くと
部屋によって写真や雰囲気が違かったみたい。









このホテルは街中に位置し
このあとの自由行動が楽だった♪
部屋は狭めでお隣の音も聞こえるけど中心地からの便利ならそれもよし。

午後は路地だらけ×坂道のトレドを散策。
グーグルマップ必須ですよ~!

お菓子屋さんやお土産物屋さんが沢山あります。





こういったタイルも沢山売っている








列車型のミニバス、「ソコトレン」は定期的に走っていて市内を周遊します。






中心地のお土産屋さんをみて過ごしたりしましたが
他のグループの方は教会に行ったり、
冒頭の展望スポットへ再度行ったりみんなの過ごし方をあとで聞くのも面白い。

坂の街で日差しも強かったので中心地でお土産を見たりして過ごしました。
あとカフェで休んだりね。

途中、夕立があり一旦ホテルへ戻りお昼寝。
坂道×暑さで結構疲れていた(笑)
展望ポイントで夕方の景色を見に行く元気はなくまったり過ごしてました。


こんな時も中心地のホテルは便利ですね。

夕飯は地元民にも人気のスペイン料理レストランに繰り出しました。

ソコドベール広場から徒歩2分の場所にある
アバディア』というお店。
日中、下見に行っていたので行き方もバッチリ。
ホテルからは徒歩5分くらいかな。

このお店は事前に調べていきました。
カウンターや1階の簡易的な席は賑やかだけど
レビューで見たようなテーブル席にはどうやって案内されるのだろう??
20時からということで行ってみたけどなかなか案内されず交渉してみると
地下の洞窟のようなテーブル席に案内されました。



ここではメニューがよく分からなかったので
口コミサイトのレビュー写真を見せて注文(笑)

地下でスマホ通信ができないので
この作戦の方は事前に画像を保存してから行きましょう。

注文したのはタパスの盛り合わせ
お肉のグリル盛り合わせ





どれも美味しかった😋

今回のスペイン旅行でスペインという国の魅力にハマり大好きに。
どの都市も思い出があり好きなんだけど
やっぱり1日しか居れないなら行くのはトレドなのかも

コメント