サリイの時折猫日記

天使になって空から見ています

年忌

2021年04月13日 | Weblog

朝の雨も上がりそうな空もようです。

クロさん、車の屋根の上で縄張り監視中。

 

 きょうはお寺で年忌供養。

お寺では新型コロナウイルス感染症の再蔓延に対し

混雑緩和のため、受付と本堂で入堂制限を実施中。

 

午前中の早い時間に到着。

本堂でお経を頂いて、仏様にお参り。

気分スッキリであべのハルカスへ向かいます。

 

このリス君、遠い以前からこの位置にいます。

 あべのハルカスのシースルーのエレベーターで14階まで。

エレベーターの天井もガラス張り。

 

美々卯で昼食。

 

この店の屋号の「美々卯」。

以前我が家にいたミミュウという名の猫。

もともと「ミミウ」と名付けたかったのですが

老舗のうどん屋さんの「美々卯」と間違えそうなので

「ミミュウ」と名付けたのを懐かしく思い出します。

 一日の用事を終えてテレビのニュースを見ると

大阪府の13日、新型コロナウイルス感染者が

過去最多の1099人。政府に対する緊急事態宣言の要請は、

「19日の週の状況を見て判断する」らしい。

 

 

 

 

コメント

聖火リレー

2021年04月11日 | Weblog

バレンさん、ミルクを美味しそうに飲んでいます。

 

明日の4月12日(月)に東京2020オリンピック聖火リレーが

馬見丘陵公園からスタートします。

公園内はチューリップが満開。

後は晴天を望むばかりです。

 

園内も聖火が通るようです。

交通規制が八時半から十時五十分頃まで行われるようです。

 

チューリップの間にネモフィラもきれいに咲いています。

ハナズオウや

 

ヤマブキも綺麗に咲いています。

野鳥も元気。

地面でエサ探しをするツグミをよく見ますが

 

木の枝にいるツグミは少し違って見えます。

 

ホオジロも見ることができました。

 

きょうは気温も高くてすがすがしい日です。

 

家の近所の中央公園のサトザクラが見頃になってきました。

 

この公園の近くが聖火リレーのコースになっていたのですが

新型コロナウイルスの感染の急拡大で、大阪府が府民に対し不要不急の

外出自粛を要請したことで聖火リレーが中止になりました。

万博記念公園内で一般の観客を入れずに開催されるようになりました。

 

 

コメント

花冷え

2021年04月05日 | Weblog

きょうはお昼を過ぎてから寒くなりました。

日が暮れて、南の空高く見上げると冬の大三角が

いそがしく瞬いています。

 バレンはただいま夕食中。

 

この距離が限界。

 

 

きのうの日曜日は、馬見丘陵公園のチューリップフェアに行きました。

清掃の行き届いた公園のあちらこちらでチューリップが咲いています。

 

池の水面も穏やかです。

 

野鳥たちが地面に降りてエサ探し。

よくいるのがツグミ。

 

時々見かけるマミチャジナイ。

 

シメもエサ探し。

 

目の縁取りが金色に見えるシロハラ。

 

 お昼2時ころから雨になりましたがチューリップは一層きれいに見えます。

 

いく種類ものチューリップです。

 

ゆっくり見ていたいのですが、

 

雨が強くなってきましたのでこの日はこれまでです。

 家の近所の公園では桜の花が散り初めています。

 

 

コメント

威風堂々

2021年03月28日 | Weblog

いつものように朝の用事を済ませて

「又兵衛桜」イザ!見参。

クロとちびはフィジカル・ディスタンスで留守番です。

 

又兵衛桜へ車で向かう途中

奈良県宇陀市の宇太水分神社近くの水分桜(みくまり桜)。

あいにくの雨模様ですが、

満開の桜並木に「来てよかった~!」。

そしてここから車で15分くらいの又兵衛桜へ。

到着!!。

 

「見事!!」。

周辺のソメイヨシノや、コブシ、ハナモモ、菜の花、水仙、ヒカン桜も

とてもきれいに咲いているのですが、威風堂々、それらを従えての咲きっぷりです。

 

見る位置で表情が変わります。

 

雨を忘れて見とれてしまいました。

 

 

 

 

コメント

定期大会

2021年03月21日 | Weblog

季節の変わり目にはよく雨が降ります。

 バレンが雨宿りをしています。

 

きょうはおじさんが入っている組合の定期大会。

定期大会の時もよく雨が降ります。

去年は中止になりました。

去年は親睦会やレクリエーション活動も

新型コロナのために中止になりました。

今年は、大阪では緊急事態宣言を外されたので

開催されました。

参加者の検温、消毒、マスク着用、

各々の距離を保って着席。

来賓参加は丁重にお断り。

議事進行もスムーズ。

数名の新規組合員の紹介と、

一人の事務員さんの定年退職の慰労の感謝の花束贈呈。

新型コロナに負けない健康を誓い合って閉会。

 雨は強くなるばかり。

 

 

コメント

渋滞

2021年03月20日 | Weblog

ゆったりクロさん。

 

春分の日です。

おじさんは3月渡しの仕事が一段落して

休日の休日になりました。

和泉リサイクル環境公園では、ラッパ水仙が

満開となっているらしいので見に行こうとしましたが

車の渋滞がひどく予定変更で裏道走って

馬見丘陵公園で散歩して奈良健康ランド行きに変更です。

馬見丘陵公園では桜が咲き始めています。

 

 

メジロも遊びに来ています。

 

桜と間違いそうなスモモも満開。

 

チューリップもそろそろ見頃です。

 

足元にはホトケノザ。

 

ヤマガラ君もいます。

 

高い木の上にはイカル。

 

ユキヤナギは今が盛り。

 

明日は荒れた天気になるそうです。

 

 

コメント

眼科検診

2021年03月15日 | Weblog

朝食のあと、バレンとチビ²が休憩しています。

バレンとチビ²は姉妹です。

人とのソーシャルディスタンスを保っています。

 きょうはおじさんの白内障の手術後の診察の日。

経過は良好で次回は点眼薬がなくなったころに、

約6ヶ月後。一安心です。

散瞳検査(さんどうけんさ)で瞳孔が大きくなっている(散瞳)状態で、

まぶしくて昼過ぎまで休憩。

そのあと、馬見丘陵公園で散歩。

カンヒザクラにメジロが来ています。

 

ハクモクレンが開花。

 

シメ発見。

 

元気者のヤマガラ君。

 

 

マミチャジナイはエサ探し。

 

シジュウカラは

木の幹の穴の中へ入っていきました。

天気は上々。

奈良健康ランドで平日の休日。

 

 

コメント

ホワイトデー

2021年03月14日 | Weblog

バレンがいます。

バレンの名前は、バレンタインデーのチョコレイト色に

似ているのでバレンと呼んでいます。

バレンはお母さん猫とそっくりです。

お母さん猫は来なくなりましたが、バレンは時々やってきます。

触らせることはありませんが、こうやって家の中で

ゆっくりしている時があります。

 天気が良いので、花博跡地の鶴見緑地公園へ。

異国情緒の風車の丘。

 

ビオラが綺麗。

 

風車を過ぎるとユキヤナギ。

 

ユキヤナギの道。

 

大池へ向かう途中。

あんずの花が咲いていました。

 

ヨウコウザクラが満開。

 

メジロが来ています。

 

ムクドリも珍しく低い枝にとまっています。

 

大池には幾種類ものカモたちがいました。

 

春ですね~。

 

 

 

 

 

コメント

梅まつり

2021年03月07日 | Weblog

朝食を終えてクロさんがゆっくりしています。

「行ってらっしゃいニャ~」

留守番を頼んで出かけることにしました。

「古民家でひなまつり」の開催に合わせ、大和民族公園では

「梅まつり」を3月6日(土)・7日(日)に開催しています。

 

この公園には、江戸時代に建てられた民家が15棟あります。
そのうち、重要文化財3棟、県指定文化財が10棟あります。

旧臼井家住宅ではひな壇飾りを見ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅林は満開です。

 

 

古民家には申し込みなしで見学することができました。

民家の部屋の鴨居の高さは低く、

おじさんには頭を下げないとゴッツン!するような位置にあります。

現在の建物のドアの高さは低くても1m80㎝、高いと天井までが

普通になってきています。

温故知新です。

 

コメント

2月は逃げる

2021年02月28日 | Weblog

もう二月が終わります。

ひと月が短いのだから短く感じて当たり前なのですが。

そんなの関係ないのがちびちゃん。

 

クロが来ないときは安心しきってゆっくりしています。

 

 おじさんとママさんは馬見丘陵公園へ

2月27日・28日で開催している『馬見 梅と桜の花回廊』を楽しみに。

中央エリア・梅林と南エリア・春まちの丘で、和傘約200本を飾り付けています。

 

梅林は満開状態です。

 

南エリアの河津桜も見ごろ。

 

和傘とのコラボ。

 

ボケの花も咲いています。

 

サンシュユも今が盛り。

 

花を楽しんだ後は野鳥。

ジョウビタキの背中。

 

イカルの食事風景。

 

明日からは三月。

いろいろと忙しい月になりそうです。

コメント

猫の世界