余暇馬鹿の時々旅行記

主に、山行・テニス・自転車に関する趣味の日記

荘→山荘→小屋→ヒュッテ→ホテル

2017-08-13 19:37:49 |  常念山脈縦走
山行き五日目の続き。
明神から河童橋への最後の行程がなかなかきつかった。
平たい道だが距離がある。
いや、行動時間がこれまでになく長くなったからだな。
背中の荷物がどんどん重くなる。
途中で2度も休憩してしまった。



ようやく河童橋に到着。
もう少し歩いた先にある上高地アルペンホテルが今夜の宿。
料金後払いのホテルである。
こんなとこに登山の格好をした汗臭い客がうろついてもいいのか?
まあ、ハイカーズルームなんて設けてるんだからいいのだろう。
教えられた部屋番号のハイカーズルームには4つベッドがあった。
山小屋の2段ベッドと同じような造りだが、一つのベッドに二人が割り当てられることはなさそうだ。
各ベッドには浴衣が一つ置いてあった。



使用するベッドは早いもの勝ちだとフロントの人が言っていたが、もう17時だというのに先客はいなかった。
Webで予約した時は残数わずかだったはずだが、キャンセルでも入ったのだろうか、結局後から到着した人はおらず、私が部屋を独占することに。
やっぱりシーズン前の平日はいいなあ。
注意書きが何も無いので、フロントに浴衣とスリッパで館内を歩いていいか聞いてしまった。
歩いていいって。
よかった。
お風呂に入って、サッパリとした浴衣だけで夜を過ごせた。



翌日の予定を決めるのに、館内の貼り紙情報が役にたった。
上高地の宿の宿泊者限定で大正池までのバス代を200円にしてくれるらしい。
歩いて往復しなくてよくなった。
さらに新島々行きのバスに乗るには整理券がいるとの情報をゲット。
危ない危ない、そうなのか。
事前にどの日のどの時間のバスのが欲しいといえば発券してくれるらしい。
なのでバスターミナルで整理券を取得した上で大正池へのバスに乗ることにした。



幸運続きのお天気も、明日は曇り雨の予報がフロントに表示してあった。
傘で歩けるくらいの雨でありますように。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上高地の奥地から | トップ | 三回目にしてしっかり味わった »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。