うざね博士のブログ

緑の仕事を営むかたわら、赤裸々、かつ言いたい放題のうざね博士の日記。ユニークなH・Pも開設。

ギボウシ・スーパーサガエ を再度入手する。

2016年10月31日 05時20分00秒 | ぎぼうし栽培日記
先日、帰郷した際にたまたま寄った道の駅で、ギボウシ 『スーパーサガエ』 を¥1250.で購入した。実はこの品種については昨年も同じ場所で手に入れたが、特性的に 『サガエ』 よりも繁殖力が遅いと思っていて在庫を増やしたかった。
 わたしは売る側であるがこういう仕入れもある。珍しい品種や入手困難な品種は見つけ次第、即時に買う。見逃すといつになるかわからないのだ。ホームセンターの売り場にはたまに出るが、掘り出し物の品種はこういう地方に行った場合や、山野草店に限る。その時は財布の中身をありったけはたいても買う。
●スーパーサガエHosta‘Super Sagae’
【栽培難易度:中】(中型大葉・黄覆輪・色;淡紫色系白花・花茎; ・結実;○:発芽率?・・・・芽出し;?・成長度;?・伸長時期;?)-------メリクロン増殖変異種(芽変わり)。オランダで育種。寒河江に葉の切れ込みが入る?。



**** ** ****** ** *****
●各品種の単価一覧表は、7/7付けのこのブログで公開しています。クリックしてみてください。
●今までのギボウシの育成や繁殖、自家栽培については、このサイト左側の、 カテゴリー [ギボウシ栽培日記] などをクリックするとご覧になれます。  
●ギボウシの販売は当ブログのみでおこなっております。価格面や数量については、お問い合わせするか、カテゴリー [草花ナーセリーWeb直販コーナー] をクリックし日々の書込み履歴をご確認願います。必ず、最新の情報をお確かめください。
**** ** ****** ** *****

 ※品種の鑑定、購入の受付けやコメント、お問い合わせに際しての連絡は、ハンドルネームにて下段のコメント(0)をクリックし書き込むか、少々面倒ですがこちらのH・P 有限会社グリーンワークスから入り、お問い合わせフォームに書き込み送信をお願いいたします。必ず、返信をいたします。再確認を必要とされる場合がありますので、その際は、社会マナー上最低限必要な、氏名と電話等を明記してください。提供された個人情報は厳守することを確約いたします。
             
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大型ギボウシです。

2016年09月09日 05時39分08秒 | ぎぼうし栽培日記
この頃、8月半ばから続いている長雨や台風が今後どうなるのか。台風9号では東日本大震災以来になるが、わが家では半日停電になった。しかしながら暦の上では、白露 も過ぎて今日は重陽の節句だ。
 わがギボウシも花が終わりに近づく。ここでは、大型になるもの、大葉の品種を4種アップする。

撮影:平成28年9月8日









●セトウチギボウシHosta ‘pycnophylla’
【栽培難易度:易】(中型三角葉・灰緑葉・縁は波打ち、葉裏は白・薄紫色系白花・花茎;中・結実;○:発芽率 良・・・芽出し;早・成長;早・伸長時期;春)----山口県周防大島の自生種。

●サムアンドサブスタンス Hosta ‘Sum and Substance’
【栽培難易度:中】(超大型大葉(葉裏-銀色)・照葉クリームイエロー色・淡紫色系白花・花茎;短・結実;×-・・・芽出し;早・成長度;早・伸長時期;春~初夏、初秋)∪--黒ギボウシ系とウラジロギボウシの交配種。ウィルスに罹患している株が出回っているので、要注意。

●シーボルディアナサンダーボルトHosta sieboldaina‘Thunderbolt’
【栽培難易度:難】(大型丸大凹凸葉・葉肉厚・黄中斑・白色花・花茎;中・結実;○:発芽率 優・良・不良・強健種・・・芽出し;遅・成長度;遅・伸長時期;春?)----オオバギボウシ系・エレガンスの変種。

●ブルーエンジェルHosta‘Blue Angel ’
【栽培難易度:中】(特大型中葉・灰色がかった緑色・淡紫色系白花・花茎;長・結実;○:発芽率?優・良・不良・・・芽出し;極遅・成長度;極遅・伸長時期;春?)----美しいブルーがかった灰緑色葉。葉長が50cm近くにもなる大型種。本来の大きさになるには2~3年かかるが、あらかじめ植付けスペースが必要になる。オオバギボウシ系。
                   
**** ** ****** ** *****
●各品種の単価一覧表は、7/7付けのこのブログで公開しています。クリックしてみてください。
●今までのギボウシの育成や繁殖、自家栽培については、このサイト左側の、 カテゴリー [ギボウシ栽培日記] などをクリックするとご覧になれます。  
●ギボウシの販売は当ブログのみでおこなっております。価格面や数量については、お問い合わせするか、カテゴリー [草花ナーセリーWeb直販コーナー] をクリックし日々の書込み履歴をご確認願います。必ず、最新の情報をお確かめください。
**** ** ****** ** *****

 ※品種の鑑定、購入の受付けやコメント、お問い合わせに際しての連絡は、ハンドルネームにて下段のコメント(0)をクリックし書き込むか、少々面倒ですがこちらのH・P 有限会社グリーンワークスから入り、お問い合わせフォームに書き込み送信をお願いいたします。必ず、返信をいたします。再確認を必要とされる場合がありますので、その際は、社会マナー上最低限必要な、氏名と電話等を明記してください。提供された個人情報は厳守することを確約いたします。
             

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タマノカンザシの花が咲く。

2016年09月02日 18時17分19秒 | ぎぼうし栽培日記
こんなことは初めてであったが、ブログ開始以来(10年に及ぶか!)、8月は一切記事更新をしなかった。わたしがとりたてて忙しいわけでもないのだが、結果的にFacebookに樹木医関連の記事の書き込みが多いことになったのである。まあ、日常的には樹木医の活動とか、時候や時事的には台風やオリンピックがあり、日数があっという間に過ぎてしまった。実は、平日よりも土日が忙しい。

 それはさておき、いよいよ、ギボウシの花も終盤です。いずれも一日花。今の遅く咲く品種は「タマノカンザシ」、「薫風」です。中でも白花の タマノカンザシ は夜開性で、玄関の花瓶にさしているのですがオーデコロンのような引き込まれる香りを発します。
●玉の簪 Hosta plantaginea var. japonica
【栽培難易度:中】(中~大型大細長葉・淡緑色・白色花・花茎;長大・結実;×・芳香花(一重咲き)・・・芽出し;早・成長度;早・伸長時期;春?)★----マルバタマノカンザシより全体が小さい。葉幅が細身。新芽が紫がかる。
●薫風 Hosta‘Kunpuu’
【栽培難易度:易】(大型大葉・青緑色・裏白;淡紫系花・芳香花・花茎;中・結実;?:発芽率?・・芽出し;極早・成長度;早・伸長時期;春?)----タマノカンザシ系。

撮影:平成28年8月26日                    
           


       


**** ** ****** ** *****
●各品種の単価一覧表は、7/7付けのこのブログで公開しています。クリックしてみてください。
●今までのギボウシの育成や繁殖、自家栽培については、このサイト左側の、 カテゴリー [ギボウシ栽培日記] などをクリックするとご覧になれます。  
●ギボウシの販売は当ブログのみでおこなっております。価格面や数量については、お問い合わせするか、カテゴリー [草花ナーセリーWeb直販コーナー] をクリックし日々の書込み履歴をご確認願います。必ず、最新の情報をお確かめください。
**** ** ****** ** *****

 ※品種の鑑定、購入の受付けやコメント、お問い合わせに際しての連絡は、ハンドルネームにて下段のコメント(0)をクリックし書き込むか、少々面倒ですがこちらのH・P 有限会社グリーンワークスから入り、お問い合わせフォームに書き込み送信をお願いいたします。必ず、返信をいたします。再確認を必要とされる場合がありますので、その際は、社会マナー上最低限必要な、氏名と電話等を明記してください。提供された個人情報は厳守することを確約いたします。
             
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギボウシ・スーパーサガエの開花

2016年06月24日 15時17分28秒 | ぎぼうし栽培日記
今は梅雨の真っ最中、ギボウシ スーパーサガエ も開花した。この品種はひょんなことから昨年の今頃に入手、淡い紫色の花が咲いた。

●スーパーサガエ Hosta‘Super Sagae’
【栽培難易度:中】(中型大葉・黄覆輪・ 色;淡紫色系白花・花茎; ・結実;?:発芽率?・・・・芽出し;?・成長度;?・伸長時期;?)-------メリクロン増殖変異種(芽変わり)。オランダで育種。寒河江に葉の切れ込みが入る?。

撮影:平成28年6月24日 14:00過ぎ                   
                   
                   

**** ** ****** ** *****
●各品種の単価一覧表は、4/21付けのこのブログで公開しています。クリックしてみてください。
●今までのギボウシの育成や繁殖、自家栽培については、このサイト左側の、 カテゴリー [ギボウシ栽培日記] などをクリックするとご覧になれます。  
●ギボウシの販売は当ブログのみでおこなっております。価格面や数量については、お問い合わせするか、カテゴリー [草花ナーセリーWeb直販コーナー] をクリックし日々の書込み履歴をご確認願います。必ず、最新の情報をお確かめください。
**** ** ****** ** *****

 ※品種の鑑定、購入の受付けやコメント、お問い合わせに際しての連絡は、ハンドルネームにて下段のコメント(0)をクリックし書き込むか、少々面倒ですがこちらのH・P 有限会社グリーンワークスから入り、お問い合わせフォームに書き込み送信をお願いいたします。必ず、返信をいたします。再確認を必要とされる場合がありますので、その際は、社会マナー上最低限必要な、氏名と電話等を明記してください。提供された個人情報は厳守することを確約いたします。
             
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギボウシ・アバダバドゥの変異種

2016年06月15日 16時00分11秒 | ぎぼうし栽培日記
ギボウシは突然変異種が多いことで知られている。今回は、ギボウシ・アバダバドゥについて記したい。この現象を初めて確認したのは平成24年の5月、その後2回にわたり株分けし変異株を2株の別のポットにした。下の画像でご覧いただくと分かるが、同じ株の内で一枚の葉の主脈に沿って半分が黄緑色のうぶに片方が全緑(切り斑状)、及び支脈に沿ってうぶが入り(縞斑状)、また一枚の葉の全体が黄緑色の葉が出現する。芽変わりと言うらしい。この アバダバドゥ は葉形も含めて幾何学的にスッキリしたデザインだ。全く珍しい葉の特徴あるギボウシになる。
 以前には サガエ にも芽変わりという現象があったが、安定せずにいつの間にか消えた。わたし自身はギボウシの交配や育種にはあまり関心がないのだが、確認して以来今年で4年目になり、遺伝的に形態が安定してきたのかなと判断している。どうやら、世界に唯一の新しい園芸品種として発表し命名することになりそうだ。例えば、 ≪半月≫ とかどうだろう。この場合は世界最大の園芸団体であるアメリカギボウシ協会(AHS)に登録申請する運びとなりそう。また、必要であれば一般への頒布は来年以降に考えたい。
 わたしなりに、資料的には権威あるAHSや 、「Hosta Library」の英語ウェブサイトにあたってみたが、該当する品種が見当たらない。いずれ、「日本ぎぼうし協会」に鑑定をお願いする予定である。
 どなたか、同じ栽培経験のある方はご意見をお寄せ願いたい。

 下段にこの本来の品種の特性、栽培メモとその履歴を付す。         
                 
                
                 

◎アバダバドゥ Hosta‘Abba Dabba Do’
【栽培難易度:易】(大型・大葉・緑葉、黄糸覆輪・薄紫色系白花・花茎;中・結実;×:・・・芽出し;遅・長度;早・伸長時期;春?)----Sun Powerの突然変異種。
200611 H・Cにて購入、→1
200627株分け1→2
⇒21.0vp--1    6号プラ鉢--1              
210905鉢替え1→1
⇒6号プラ鉢--1→21.0vp--1               
221019株分け1→3
⇒21.0vp--1→ 21.0vp—1 15.0vp—1 13.5vp—1
230521株分け1→3
⇒8号プラ鉢--1→21.0vp —215.0vp—1
23521出荷→1                           
230605 株分け1→2
⇒21.0vp—1
240501 株分け1→3
⇒13.5vp—1 12.0vp—1
240503出荷→1
240519 株分け1→3(芽変り2株あり)
⇒8号プラ鉢--1 13.5vp—1 12.0vp —1
280418株分け1→2
⇒1→ 21.0vp—2 計 9株

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギボウシ・サンダーボルトの花が咲く。

2016年06月13日 09時00分41秒 | ぎぼうし栽培日記
今は梅雨の真っ最中、ギボウシも早い品種は開花し始める。ここではギボウシ・サンダーボルトの純白の花が咲いたので画像をアップする。
●シーボルディアナ サンダーボルト Hosta sieboldaina‘Thunderbolt’
【栽培難易度:難】(大型丸大凹凸葉・葉肉厚・黄中斑・白色花・花茎;中・結実;○:発芽率 優・良・不良・強健種・・・芽出し;遅・成長度;遅・伸長時期;春?)----オオバギボウシ系・エレガンスの変種。
                   
                    5月中旬過ぎ
                   

**** ** ****** ** *****
●各品種の単価一覧表は、4/21付けのこのブログで公開しています。クリックしてみてください。
●今までのギボウシの育成や繁殖、自家栽培については、このサイト左側の、 カテゴリー [ギボウシ栽培日記] などをクリックするとご覧になれます。  
●ギボウシの販売は当ブログのみでおこなっております。価格面や数量については、お問い合わせするか、カテゴリー [草花ナーセリーWeb直販コーナー] をクリックし日々の書込み履歴をご確認願います。必ず、最新の情報をお確かめください。
**** ** ****** ** *****

 ※品種の鑑定、購入の受付けやコメント、お問い合わせに際しての連絡は、ハンドルネームにて下段のコメント(0)をクリックし書き込むか、少々面倒ですがこちらのH・P 有限会社グリーンワークスから入り、お問い合わせフォームに書き込み送信をお願いいたします。必ず、返信をいたします。再確認を必要とされる場合がありますので、その際は、社会マナー上最低限必要な、氏名と電話等を明記してください。提供された個人情報は厳守することを確約いたします。
             
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギボウシ 天竜 の最近の生育状況

2016年06月06日 18時54分03秒 | ぎぼうし栽培日記
食用ギボウシの紹介です。
早春時に出回る食用ギボウシ、東北での地方名「ウルイ」は自生種の オオバギボウシ のこと、降雪の時期に温床栽培で軟白処理され出荷される。
画像は突然変異した園芸品種ギボウシの 天竜 です。品質がいいので、わたしは故郷の同級生の農家に換金作物として休耕田で生産を薦めています。3株を提供して3年経過、今春、株分けをして18株を定植、畝立てしていよいよという段階。大量栽培で出荷まで持ち込みたい思惑でいます。因みに、食用ギボウシの調理方法は法蓮草と同じ扱いでいいでしょう。
 下に栽培メモと最近の生育状況の画像を付す。興味がある方は乞う!連絡を。

・トウギボウシ(品種名:天竜)Hosta sieboldiana‘Tenryu ’
【栽培難易度:中】(大型大葉・濃緑色・薄紫色系花・花茎;長・結実;×○:発芽率?優・良・不良・・・芽出し;早・成長度;早・伸長時期;春?)----トウギボウシ。長野県の辰野町で見い出され栽培されていたもの。葉丈1m以上で花茎は2mを超える、超大型種。食用可(うるい[オオバギボウシ]よりも美味、食味や食感が良いとされる)。


**** ** ****** ** *****
●各品種の単価一覧表は、4/21付けのこのブログで公開しています。クリックしてみてください。
●今までのギボウシの育成や繁殖、自家栽培については、このサイト左側の、 カテゴリー [ギボウシ栽培日記] などをクリックするとご覧になれます。  
●ギボウシの販売は当ブログのみでおこなっております。価格面や数量については、お問い合わせするか、カテゴリー [草花ナーセリーWeb直販コーナー] をクリックし日々の書込み履歴をご確認願います。必ず、最新の情報をお確かめください。
**** ** ****** ** *****

 ※品種の鑑定、購入の受付けやコメント、お問い合わせに際しての連絡は、ハンドルネームにて下段のコメント(0)をクリックし書き込むか、少々面倒ですがこちらのH・P 有限会社グリーンワークスから入り、お問い合わせフォームに書き込み送信をお願いいたします。必ず、返信をいたします。再確認を必要とされる場合がありますので、その際は、社会マナー上最低限必要な、氏名と電話等を明記してください。提供された個人情報は厳守することを確約いたします。
             

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギボウシの葉を活ける

2016年05月23日 17時43分58秒 | ぎぼうし栽培日記
時候は入梅前、日中は紫外線が厳しい。早いものはつぼみを着け始めた。それでも夏日を迎えて、ギボウシの葉を花瓶に活けてみた。ギボウシの品種は下の栽培メモの通り、大金鶏菊とシャスターデージーの花を組み合わせる。

●サムアンドサブスタンス Hosta ‘Sum and Substance’
【栽培難易度:中】(超大型大葉(葉裏-銀色)・照葉クリームイエロー色・淡紫色系白花・花茎;短・結実;×-・・・芽出し;早・成長度;早・伸長時期;春~初夏、初秋)∪--黒ギボウシ系とウラジロギボウシの交配種。
●ステンドグラスHosta ‘Stained Glass’
【栽培難易度:中】(中型大丸葉・黄緑色濃緑覆輪・波打ち葉・白花・花茎;中・結実;×: 芳香花・・・芽出し;遅・成長度;早・伸長時期;春)-------2006 Hosta of the yearを受賞。メリクロン増殖変異種。グァカモーレから葉色が鮮明に変化する。フレグラントブーケ系。

               


**** ** ****** ** *****

●各品種の単価一覧表は、4/21付けのこのブログで公開しています。クリックしてみてください。
●今までのギボウシの育成や繁殖、自家栽培については、このサイト左側の、 カテゴリー [ギボウシ栽培日記] などをクリックするとご覧になれます。  
●ギボウシの販売は当ブログのみでおこなっております。価格面や数量については、お問い合わせするか、カテゴリー [草花ナーセリーWeb直販コーナー] をクリックし日々の書込み履歴をご確認願います。必ず、最新の情報をお確かめください。

**** ** ****** ** *****
 ※品種の鑑定、購入の受付けやコメント、お問い合わせに際しての連絡は、ハンドルネームにて下段のコメント(0)をクリックし書き込むか、少々面倒ですがこちらのH・P 有限会社グリーンワークスから入り、お問い合わせフォームに書き込み送信をお願いいたします。必ず、返信をいたします。再確認を必要とされる場合がありますので、その際は、社会マナー上最低限必要な、氏名と電話等を明記してください。提供された個人情報は厳守することを確約いたします。
             
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キヨスミギボウシほか、ギボウシの導入品種の紹介

2016年05月06日 12時15分56秒 | ぎぼうし栽培日記
連休中に、新規ギボウシの導入株の株分けや鉢上げ作業をおこなった。これで184品種、 858株をカウントする。わたしは多品種を集めているが、各品種ごとにその特徴をつかむことはなかなか大変である。下段の栽培メモは調査した資料データ上のもので、これからは実地に栽培経験を踏まえて修正や追記をして行きたい。

・サムライ Hosta sieboldiana Samurai
【栽培難易度:中・易】(大型中葉・黄覆輪・色系白花?・花茎;?・結実;?・・・芽出し;・成長度;中・伸長時期;春)---フランシス・ウィリアムスの変異種。

・レイクサイドリトルタフト Hosta
【栽培難易度:中・易】(中型小葉・細葉、黄葉+緑覆輪・ 色系白花?・花茎;?長・結実;?・・・芽出し;・成長度;?・伸長時期;春)---

・シュガーダディ Hosta Sugar Daddy
【栽培難易度:中・易】(大型中葉・緑葉+黄覆輪・薄紫色系白花・花茎;?・結実;?・・・芽出し;・成長度;中・遅・伸長時期;春)---ビッグダディの斑入り、変異種。葉に凹凸の突起あり。

・キヨスミギボウシ Hosta kiyosumiensis
【栽培難易度:易】(小~中型中葉・緑葉+散縞斑・淡紫色系白花・花茎;?・結実;?・・・芽出し;・成長度;中・遅・伸長時期;春)---千葉県清澄山で発見、関東南部、東海、紀州から関西まで分布。品種不明。

・A.G Hosta
【栽培難易度:易】(小型小葉・淡緑葉・ 色系白花・花茎;?・結実;?・・・芽出し;・成長度;中・遅・伸長時期;春)---
**** ** ****** ** *****

●各品種の単価一覧表は、4/21付けのこのブログで公開しています。クリックしてみてください。
●今までのギボウシの育成や栽培については、このサイト左側の、 カテゴリー [ギボウシ栽培日記] などをクリックするとご覧になれます。  
●ギボウシの販売は当ブログのみでおこなっております。価格面や数量については、お問い合わせするか、カテゴリー [草花ナーセリーWeb直販コーナー] をクリックし日々の書込み履歴をご確認願います。必ず、最新の情報をお確かめください。

**** ** ****** ** *****
 ※品種の鑑定、購入の受付けやコメント、お問い合わせに際しての連絡は、ハンドルネームにて下段のコメント(0)をクリックし書き込むか、少々面倒ですがこちらのH・P 有限会社グリーンワークスから入り、お問い合わせフォームに書き込み送信をお願いいたします。必ず、返信をいたします。再確認を必要とされる場合がありますので、その際は、社会マナー上最低限必要な、氏名と電話等を明記してください。提供された個人情報は厳守することを確約いたします。
             
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギボウシ・ビッグダディの株分け

2016年05月02日 05時13分54秒 | ぎぼうし栽培日記
ここではわたしが行っているギボウシ・ビッグダディの株分けを紹介する。この作業は同時に、注文を受けて発送株もつくる調整作業と同じである。ついでに、オリジナルの栽培データを付す。

☆ビッグダディ Hosta sieboldiana ‘Big Daddy’
【栽培難易度:中】(大型大葉・青紫色・白花・花茎; ・結実;×:・・芽出し;遅・成長度;遅・伸長時期;春、初秋)

☆撮影日時:平成28年 4月25日(月曜日)11:00頃

株分け前の状態。ビッグダディを準備。

21VPの株を移植ゴテとハサミで解体せずに株の根元近くを探
り掘りをする。この際に親株と子株も同時に切り離す。作業
は慎重に行う。

鉢から株自体をゆっくり引き抜く。

雑草や小石の除去、古い根や長い根をカット。ビッグダディ
の根は棒状で伸びるのがわかる。


新しい鉢の中心に根をほぐし立てて、用土を入れる。用土は
鉢の外周に沿って万遍なくつき入れる。最後に株の根元近く
を押さえる。ギボウシの株自体を固定する要領でおこなう。


水やりは鉢の高さまで何度も繰り返し、最終的に鉢底から水
が流れ出たら完了。これは通常の水やりという意味ではなく、
根と土が密着させることに注意する。直後は日陰に置き、1~
3日間程度、養生(湿潤)状態にしておく。葉全体が立ち加減
で葉面がピンとみなぎれば水を吸い上げている証拠になり、
OKである。株分け作業完了。

**** ** ****** ** *****

●各品種の単価一覧表は、4/21付けのこのブログで公開しています。クリックしてみてください。
●今までのギボウシの育成や栽培については、このサイト左側の、 カテゴリー [ギボウシ栽培日記] などをクリックするとご覧になれます。  
●ギボウシの販売は当ブログのみでおこなっております。価格面や数量については、お問い合わせするか、カテゴリー [草花ナーセリーWeb直販コーナー] をクリックし日々の書込み履歴をご確認願います。必ず、最新の情報をお確かめください。

**** ** ****** ** *****
 ※品種の鑑定、購入の受付けやコメント、お問い合わせに際しての連絡は、ハンドルネームにて下段のコメント(0)をクリックし書き込むか、少々面倒ですがこちらのH・P 有限会社グリーンワークスから入り、お問い合わせフォームに書き込み送信をお願いいたします。必ず、返信をいたします。再確認を必要とされる場合がありますので、その際は、社会マナー上最低限必要な、氏名と電話等を明記してください。提供された個人情報は厳守することを確約いたします。
             
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[2016年ぎぼうし展のお知らせ]を転載します。

2016年05月01日 05時50分16秒 | ぎぼうし栽培日記
いよいよ、爽快な新緑の季節が到来した。野外では紫外線が強いが、一年を通じて気候が穏やかで安定した季節だと感じる。以下に、日本ぎぼうし協会の案内を転載する。ここ数年来伺っていないが、今回、わたしは6月11日のセミナーを目当てに予定している。ぎぼうしフリークの皆さん、見かけたらお声をかけてください。

☆☆☆ ☆ ☆☆☆☆ ☆☆ ☆☆☆☆ ☆ ☆☆☆ ☆ ☆☆☆☆ ☆☆ ☆☆☆☆
2016年 ぎぼうし展のお知らせ

開催日:2016年 6月7日(火)~6月12日(日)
会場:神代植物公園特設展示場
   調布市深大寺元町5-31-10
Tel:042-483-2300
展示時間:9:30~17:00
入園料:一般・大人500円(65歳以上250円)中学生200円
交通:京王バス 調布駅北口~深大寺、つつじヶ丘駅~深大寺
   小田急バス 三鷹駅南口~調布駅、吉祥寺駅~調布駅北口
   ※各路線とも「神代植物公園前」下車
展示内容:原種選抜品種、国内海外の人気交配品種、受賞品種等多数出品
*見どころ
鉢植えとしては中心的存在の、中型、小型の新品種、稀少種に重点を置き展示予定。更に大型株の展示に就いては可能な限り新新種をまじえて展示。ギボウシ愛好家によっては必見のもの。
セミナー: 6月11日(土) 13:30-15:30
      園内 小集会室 参加費無料
      講師 安倍浩 氏(Bearsfoot園主)
      「東アジアの植物‘ギボウシ’とその利用」
      ①ギボウシの国内外での利用
       庭園・鉢、コンテナでの楽しみ方
      ②新しいギボウシの品種
       国内での新品種と鑑賞方法の変遷
      ③食用ギボウシの品種
       国内での品種と利用方法
      ④展示品種解説 
販売:会員が増殖した珍しい品種苗多数のほか、日本ぎぼうし協会編集・誠文堂新光社発行の「ギボウシ図鑑」を特価4,300円で展示場にて販売します。
☆☆☆ ☆ ☆☆☆☆ ☆☆ ☆☆☆☆ ☆ ☆☆☆ ☆ ☆☆☆☆ ☆☆ ☆☆☆☆ 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギボウシ・曙徳玉の株分け

2016年04月26日 05時01分34秒 | ぎぼうし栽培日記
ギボウシ・曙徳玉の株分けを紹介する。この作業は同時に、注文を受けて発送株もつくる調整作業である。注文者は都内練馬区のSさん。ついでに、オリジナルの栽培データを付す。
☆曙徳玉(黄中斑トクダマギボウシ)Hosta.‘Tokudama Aureonebulosa’
【栽培難易度:中】(中型中葉・緑色、黄中斑・白花・花茎;中・結実;○:発芽率 良・芽出し;遅・成長度;中・伸長時期;春)

☆撮影日時:平成28年 4月25日(月曜日)11:00頃


株分け前の状態。注文を受けたジューン、曙徳玉、ビッグダ
ディ、リバティ、サンパワーを準備。

プラ鉢から株自体をゆっくり引き抜く。

雑草や小石の除去など根の整理、曙徳玉は先端部が細根状で
伸びるのがわかる。徳玉系品種は分けつして繁殖する。

根を両手で力を込めて丁寧に左右に引っ張ると、芽株ごとに
株が離れる。古い根や長い根をカット。

新しい鉢の中心に根をほぐし立てて、用土を入れる。

用土は鉢の外周に沿って万遍なくつき入れる。最後に株の根
元近くを押さえる。植物を固定する要領でおこなう。

水やりは鉢の高さまで、最終的に鉢底から水が流れ出たら完
了。これは通常の水やりという意味ではなく、根と土が密着
させることに注意する。

作業終了。直後は日陰に置き、1~3日間程度、養生状態にし
ておく。葉全体が、立ちみなぎり水を吸い上げて落ち着けば
OKである。出荷準備完了。
**** ** ****** ** *****

●各品種の単価一覧表は、4/21付けのこのブログで公開しています。クリックしてみてください。
●今までのギボウシの育成や栽培については、このサイト左側の、 カテゴリー [ギボウシ栽培日記] などをクリックするとご覧になれます。  
●ギボウシの販売は当ブログのみでおこなっております。価格面や数量については、お問い合わせするか、カテゴリー [草花ナーセリーWeb直販コーナー] をクリックし日々の書込み履歴をご確認願います。必ず、最新の情報をお確かめください。

**** ** ****** ** *****
 ※品種の鑑定、購入の受付けやコメント、お問い合わせに際しての連絡は、ハンドルネームにて下段のコメント(0)をクリックし書き込むか、少々面倒ですがこちらのH・P 有限会社グリーンワークスから入り、お問い合わせフォームにてのメール等でお願いいたします。必ず、返信をいたします。再確認を必要とされる場合がありますので、その際は、社会マナー上最低限必要な、氏名と電話等を明記してください。提供された個人情報は厳守することを確約いたします。
      
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒河江とスーパーサガエ(寒河江)

2016年04月23日 04時11分00秒 | ぎぼうし栽培日記
 ギボウシ≪寒河江≫と≪スーパーサガエ(寒河江)≫の比較画像をアップする。今後はせっかく入手した≪スーパーサガエ≫、わたしにとって不明な部分であった栽培データをまとめていきたいと考えている。

☆撮影日時:平成28年 4月20日(水曜日)14:00頃
              
                  左側:スーパーサガエ 中側:寒河江
○スーパーサガエ Hosta
【栽培難易度:中】(中型大葉・黄斑入り・ 色?; 系白花・花茎; ・結実;?:発芽率?・・・・芽出し;?・成長度;?・伸長時期;?)-------メリクロン増殖変異種(芽変わり)。オランダで育種。寒河江に葉の切れ込みが入る?。

○寒河江(黄覆輪くろなみぎぼうし)Hosta fluctuana‘Sagae’
【栽培難易度:中】(特大型大葉・広葉、黄白色覆輪・薄紫系白色花・花茎;長・結実;○:発芽率 優・・・芽出し; ・成長度;中・伸長時期;)------2000 Hosta of the yearを受賞。葉は波打つのが特徴。 この品種は、山形県寒河江市の農家の畑で食用ギボウシを栽培中に見い出されたことはギボウシ愛好家の世界では有名、今ではアメリカをはじめとして鑑賞用のギボウシ№1になった。
**** ** ****** ** *****

●各品種の単価一覧表は、4/21付けのこのブログで公開しています。クリックしてみてください。
●今までのギボウシの育成や栽培については、このサイト左側の、 カテゴリー [ギボウシ栽培日記] などをクリックするとご覧になれます。  
●ギボウシの販売は当ブログのみでおこなっております。価格面や数量については、お問い合わせするか、カテゴリー [草花ナーセリーWeb直販コーナー] をクリックし日々の書込み履歴をご確認願います。必ず、最新の情報をお確かめください。

**** ** ****** ** *****
 ※品種の鑑定、購入の受付けやコメント、お問い合わせに際しての連絡は、ハンドルネームにて下段のコメント(0)をクリックし書き込むか、少々面倒ですがこちらのH・P 有限会社グリーンワークスから入り、お問い合わせフォームにてのメール等でお願いいたします。必ず、返信をいたします。再確認を必要とされる場合がありますので、その際は、社会マナー上最低限必要な、氏名と電話等を明記してください。提供された個人情報は厳守することを確約いたします。
      
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Hosta:寒河江、パラダイスジョイス、薫風、ジューン

2016年04月15日 06時03分21秒 | ぎぼうし栽培日記
ぎぼうしの除草、株分けがやっと終了。現在展葉中の主だった品種の画像を掲げる。

●寒河江(黄覆輪くろなみぎぼうし)Hosta fluctuana‘Sagae’
(特大型大葉・広葉、黄白色覆輪・薄紫系白色花・花茎;長・結実;○:発芽率 優・・・芽出し; ・成長度;中・伸長時期;)------2000 Hosta of the yearを受賞。葉は波打つのが特徴。この品種は、山形県寒河江市の農家の畑で食用ギボウシを栽培中に見い出されたことはギボウシ愛好家の世界では有名、今ではアメリカをはじめとして鑑賞用のギボウシ№1になった。


●パラダイスジョイスHosta‘Paradise Joyce’
(中型中葉・クリーム黄色+濃緑色覆輪・ 色系白花・花茎; ・結実;×○:発芽率?優・良・不・・・芽出し;中・成長度;早・伸長時期;春)----ジューンの芽分かれ。


●薫風 Hosta‘Kunpuu’
(大型大葉・青緑色・裏白;淡紫系花・芳香花・花茎;中・結実;?:発芽率?・・芽出し;極早・成長度;早・伸長時期;春?)----タマノカンザシ系。


●ジューンHosta ‘June’
(小型小葉・濃緑覆輪黄緑・薄紫色系花・花茎; ・結実;×・強健種・・・芽出
し;早・成長度;早・伸長時期;春?)----ハルション系ハドスペンブルーの斑入り種、ハルションの芽変わり、メリクロン増殖変異種。2001 Hosta of the yearを受賞。日をよくあてたものと日陰で育てたものでは別種のように葉色が大きく異なる。


**** ** ****** ** *****

●品種についての単価一覧表は、一昨年の5/22付けのこのブログで公開しています。
●今までのギボウシの育成や栽培については、このサイト左側の、 カテゴリー [ギボウシ栽培日記] などをクリックするとご覧になれます。  
●ギボウシの販売は当ブログのみでおこなっております。価格面や数量については、お問い合わせするか、カテゴリー [草花ナーセリーWeb直販コーナー] をクリックし日々の書込み履歴をご確認願います。必ず、最新の情報をお確かめください。

**** ** ****** ** *****
 ※品種の鑑定、購入の受付けやコメント、お問い合わせに際しての連絡は、ハンドルネームにて下段のコメント(0)をクリックし書き込むか、少々面倒ですがこちらのH・P 有限会社グリーンワークスから入り、お問い合わせフォームにてのメール等でお願いいたします。必ず、返信をいたします。再確認を必要とされる場合がありますので、その際は、社会マナー上最低限必要な、氏名と電話等を明記してください。提供された個人情報は厳守することを確約いたします。
            
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食用ギボウシ(うるい)を食べる。

2016年02月05日 07時40分36秒 | ぎぼうし栽培日記
 画像の食用ギボウシはこちら東北では“うるい”と呼ばれる。全国的に様々な地方名がある。品種的には自生種の オオバギボウシ である。下段に栽培メモを掲げる。
 わたしは数年来、郷里の同級生に換金作物として食用ギボウシを無償提供し、その栽培を進めていている。おすすめの品種は 天竜 で、先年、長野で確認された変異種とされてギボウシのなかでも葉が肉厚で一番の美味である。
 画像は山形県の庄内地域で製品化されたもので、籾殻をかぶせて軟白栽培にしている。野外は積雪の季節に加熱された温室内での促成栽培品。スーパーでは4株入りで 295円+消費税 はする。本来は株分けで繁殖させるが、商品としては育成手間代と付加価値の付け方が課題か。値付けが難しい。調理法は簡単でホウレンソウに準ずる。

●オオバギボウシHosta Montana
(大型中葉・濃緑色・淡紫色系白花・花茎;長・結実;×・・・芽出し;早・成長度;中・伸長時期;春)∪---食用可。定植・露地植え。
 山野に自生し山菜として食用にされる、野生種。これこそが、食用ギボウシとして山菜や栽培作物として “ウルイ” と呼ばれる。暖地よりも寒い東北地方の自生地では草姿が大型になる傾向がある。くせがなく食べやすい。わが地元の関東では冬場でも色々な野菜が栽培されているのと、多年草なので、数年間のあいだ、畑を占めてしまい単年作物に向かず、あまり重視されない野菜である。



 さて、これは、懐かしいものに出会った。地元のスーパーで値引きをされて売っていたもので、 ずいき(芋茎) である。里芋の茎を寒風にさらしてつくる。わたしにとっては幼いころに食べたもの、冬の保存食だ。球根はご存知の里芋で、当地では芋の子汁にして食べるが、ずいき は味噌汁や和え物の副食にする。
 

 わたしの今回の実家の千葉へのお土産は、地元の野の ふきのとう を既に摘んであり、ほかはすべてスーパーで購入。牛タンの端切れ、 湯通しこんぶ、 湯通し刻みめかぶ、南三陸町の養殖ものの 銀鮭 の切り身塩麹焼き である。これに うるい と ずいき を加えると、荷物としては結構な量になる。今の時代、お土産は土産物店で買うのが定番化しているのもおかしいが(実はお金を出してその地の産物を買うというのも正しい考えとも言えないのだが、理想は手作りかと思う)、なんだかこれは買い出しみたいである。
       
       
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こちらも・・・

blogram投票ボタン