うざね博士のブログ

緑の仕事を営むかたわら、赤裸々、かつ言いたい放題のうざね博士の日記。ユニークなH・Pも開設。

令和3年・ギボウシ販売のお知らせ

2021年04月11日 06時04分27秒 | 草花ナーセリーWeb直販コーナー
 ここはギボウシ販売専用のブログサイト(草花ナーセリーWeb直販コーナー)です。令和3年は例年より天候の影響を受けてギボウシの新芽展開が早い年になりましたが、ここで今年の販売を開始します。
 わたしたちは趣味が高じて、ギボウシ各品種の蒐集、原産地、特性、繁殖形態などを10数年にわたって研究している者です。このサイトや販売体制は一切の組織や会社とは無関係の個人主体で運営にあたっています。
 現在のギボウシの在庫状況は、233品種 934株になります。 
 当サイトでは仕入れ入荷や委託栽培ではなく自家栽培品、多品種少量販売をポリシーとしています。ここでは、あわせて現在の在庫状況をお知らせしております。
 なお、必ずしも、同一品種の大量栽培はしておりませんので、あらかじめ、ご了承ください。また、現在のギボウシの (販売休止) と育成途中にある (在庫少) の品種については、今後の生長状況を見ながら販売予定です。また、たびたびおこなう更新経過に注目してください。
また、販売するギボウシはすべてポット栽培品です。それゆえ掘り上げ時に根を傷めていないので、ほぼ一年中、植え付けが可能です。(地上部のない冬季などの季節を除いてですが。)
 最近は、ギボウシ各品種の特性を主体に他の樹木や草花を組み合わせた本格的な庭  [ホスタガーデン] 作りをおすすめしております。今までの実績をもとに、ホスタガーデンをお考え中の方はぜひ協力させてください。もし出張作業になった場合の経費等は実費精算にて検討させていただきます。

 <赤字下線部分を左クリックすると、別画面を開くことができます。>
 ギボウシのご注文、ご質問やお問い合わせは H・P有限会社グリーンワークスのお問い合わせフォームにてお願いいたします。サイトが展開しない場合は直接メールで  うざね博士 hah05551★ams.odn.ne.jp  にて受け付けます。(ご利用の際は★を@に変更してください)  

 ●更新日●
 ①20210411 全体的に価格面は例年と比し微動範囲です。一部の品種が販売休止、要望の多い「八重丸葉玉の簪(アフロディーテ)」、食用ギボウシ「 天竜」は少量ですが販売可能です。
 
【ご注文にあたって】
・トラブル防止のために、必ず電子メールにて事前に、品種、価格、在庫状況をご確認ください。また、その間のやりとり、応答は、注文ミス防止のため原則としてすべてメール文の送受信のみでおこないますので、あらかじめご了承ください。
・1株でもご注文に応じています。また、根株調整作業や荷造り代郵送料を考慮して、品種、注文量が多い場合は割引を検討いたします。

【購入時、栽培上の注意事項】
・ギボウシの出荷荷姿はビニールポット品とし1~3芽数とし7.5~13.5cm vpを基準とする。ただし、 [大型鉢物]  [食用ギボウシ] をのぞく。このギボウシはわたしたちの圃場にて、直接、株分け苗、播種苗を育成したものである。発送重量によっては、培養土を少なくしたり、根鉢土を振い湿潤養生して送ります。また、化粧鉢等は別途加算する。
・商品は生き物ですので到着し次第速やかに梱包を開き、ギボウシの品種・状態・数量を確認してください。問題がないようであれば、すぐにでも、深植えにならないよう注意し十分にかん水しながら植えつけてください。なお、荷造りに際し、わたしたちは、表面的なデザインや体裁の装飾よりギボウシという植物の品質重視の考えのもとに再生品を利用して包装しています。
・ギボウシは品種ごとに特徴があります。その資料 ≪ギボウシ各品種の特性・栽培メモ≫ が必要な方は申し添えてください。

●ギボウシの販売は当ブログのみでおこなっております。価格面や数量については、お問い合わせするか、カテゴリー [草花ナーセリーWeb直販コーナー] をクリックし日々の書込み履歴をご確認願います。必ず、最新の情報をお確かめください。

***** ** ****** ** *****
 

 

 小さい写真上では、左クリックすると画像を拡大して見ることができます(タイトルバーの横の⇦ボタンで元に戻る)。

***** ** ****** ** *****

         
■◎ギボウシ販売品種計画表◎■
 *マークはダブッて表示しています。

【販売品種・希望価格】



●[令和元・2年導入品種]  [25種]

1.トゥルーブルー ¥650.(在庫少)
2.富士錦  ¥ 1,500.(在庫少)
 3.アキカゼギボウシ(黄覆輪)     ¥650.
 4.相馬錦    ¥600.
 5.ホワイトフェザー    ¥600.
 6.ウラジロギボウシ  ¥ 750.
 7.金閣      ¥2,000.(在庫少)
 8.ゴールデンサンバースト    ¥650.
 9.八重丸葉玉の簪(ヴィーナス) ¥1,800.
10.イエローリバー    ¥750.(在庫少)
11.飛竜     ¥400.
12.グリーンヒルズオンザレイク¥750.(在庫少)
13.ムーンスプリット   ¥1,350.(販売休止)
14.手中の玉    ¥700.
15.金牡丹    ¥750.
16.ラッキーマウスイヤー  ¥1,200.(販売休止)
17.レモンライム   ¥400.
18.クィーンジョセフィーヌ   ¥750.(在庫少)
19.モーニングライト    ¥1,350.(在庫少)
20.天城イワギボウシ   ¥500.
21.H00704    ¥1,000.(在庫少)
22.M00709    ¥550.(在庫少)
23.00704 ISO-1渦の舞萌黄覆輪 ¥600.(販売休止)
24.00704 ISO-2渦の舞萌黄覆輪 ¥400.(販売休止)
25.ビル ブリンカ ¥650.(販売休止)

●[平成25・26・27・28・29・30年導入品種]  [ 59種]

 1.ヒメイワギボウシ  ¥480.
 2.ウバタケギボウシ  ¥ 480.
 3.ウラジロウバタケギボウシ     ¥550.(販売休止)
 4.オモトギボウシ    ¥550.(販売休止)
 5.中斑白洋    ¥450.
 6.セカンドウインド  ¥ 500.
 7.テトラスリーク      ¥650.
 8.バックショウブルー    ¥600.
 9.ハニーベルズ     ¥650.
 10.フレグラントドリーム  ¥ 720.
 11.マウントトム      ¥600.
 12.モエヘルム      ¥600.
 13.モーニングライト  ¥600.
14.アースエンジェル ¥800.
15.パラダイム ¥720.
16.エメラルドグリーン ¥600.
17.ジプシーローズ ¥720.
18.樺太姫ギボウシ ¥550.
19.レインフォレストサンライズ ¥750.
20.ブレッシングハムブルー ¥600.
21.フライドバナナ ¥650.
 22.オレンジマーマレード ¥600.
23.アボカド ¥750.
24.ノーザンエクスポージア ¥1,200.(在庫少)
25.スリーピングビューティ ¥650.
26.アメリカンヘロー ¥750.
27.スーパーノバ ¥680.(販売休止)
28.エンタープライズ ¥750.
29.シュガーアンドスパイス ¥720.
30.ムーンライト ¥820.(販売休止)
31.木枯らしギボウシ ¥650.
32.オースチンディキンソン  ¥820.
33.F・G ¥600.
34.サムライ ¥950.
35.レイクサイドリトルタフト¥550 .
36.シュガーダディ ¥1,200.(在庫少)
37.キヨスミギボウシ ¥600.
38.A.G  ¥450.
39.アルバタインタイラー  ¥600.(販売休止)
40.ベンバーノーイ ¥950.
41.リメンバーミー  ¥800.(在庫少)
42.キヨスミギボウシ(清流)¥800.
43.レイクサイドバナナベイ ¥700.(在庫少)
44.グランドマーキュー¥700.(在庫少)
45.ヒュウガギボウシ ¥400.
46.レイクサイドカップケーキ ¥750.(在庫少)
47.ブルーマンモス ¥1,200.
48.ファイヤーアイランド ¥600.
49.ピザッツ ¥650.(在庫少)
50.リビー ¥600.
51.スィートイノセンス ¥700.(販売休止)
52.マリリン ¥600.(在庫少)
53.イズイワギボウシ ¥700.(在庫少)
54.プレイングハンズ ¥600.(販売休止)
55.クリフォードフォレストファイア ¥850.
56.フォービデンフルーツ ¥850.
57.マイティマウス ¥600.
58.八重丸葉玉の簪(アフロディーテ) ¥2,800.(在庫少)
59.ビッグママ ¥1,100.(在庫少)

●[逸品]     [ 10種]

*1.リバティー ¥ 950.
*2.錦ギボウシ    ¥ 680.(在庫少)
*3.金星      ¥1,500.(在庫少)
*4.富士錦  ¥ 1,500.
*5.金閣      ¥ 2,000.
*6.八重丸葉玉の簪(ヴィーナス) ¥1,800.
*7.八重丸葉玉の簪(アフロディーテ) ¥2,800.(在庫少)
*8.スーパー寒河江  ¥1,800.(販売休止)
*9.シーボルディアナ サンダーボルト ¥ 1,400.(販売休止)
*10.H00704    ¥1,000.(在庫少)

 ●[人気品種]   [ 26種]
                   
 1.パトリオット    ¥ 650.
2.フランシー   ¥ 700.(販売休止)
 3.ゴールド スタンダード ¥ 500.
 4.キャプテン クック(カーク)     ¥ 760.
5.バーチウッド パーキーズ ゴールド   ¥ 500.
 6.ミッドウエスト マジック     ¥ 560.
 7.モンタナ オーレオマルギナータ     ¥ 560.
 8.オーガスト ムーン    ¥ 560.
 9.アイオナ  ¥ 560.
 10.クリスマス キャンディ  ¥ 720.
11.ナイトビフォークリスマス ¥ 600.(在庫少)
 12.ジューン   ¥ 580. 
 13.ファイヤーアンドアイス ¥1,000.
 14.レボリューション   ¥ 950.
15.イエロースプラッシュリム    ¥ 650.
 16.デボングリーン       ¥ 500.
 17.モーレハイム     ¥ 600.
 18.ノックアウト     ¥ 680.
 19.ブルーマウスイヤーズ   ¥ 840.
 20.ストリップティーズ   ¥ 850.
 21.ドリームクィーン     ¥680.(販売休止)
 22.金星      ¥1,500.(在庫少)
 23.薫風       ¥ 650.
24.クリスマスツリー   ¥ 740.
 25.スーパー寒河江  ¥1,800.(販売休止)
 26.チェリーベリー     ¥650.(販売休止) 
 
●[普及品種]   [ 28種]
                    
1.ワイドブリム    ¥ 580.
 2.ブリムカップ    ¥ 580.
 3.ボールドリボン    ¥ 640.(販売休止)
 4.ジュリーモース     ¥ 640.
 5.トワイライト      ¥ 720.
 6.アニー(アン)   ¥ 600.(在庫少)
 7.アンチョーチ(アンティオク)  ¥ 580.
 8.スノーキャップ    ¥ 850.
 9.アビクアリクルーズ  ¥ 680.(在庫少)
 10.ドレスブルース  ¥ 450(販売休止)
 11.アルボマルギナータ    ¥ 650.
 12.グランドマスター   ¥ 450.(販売休止)
 13.トーチライト  ¥ 500.
 14.ドリームウェバー ¥ 680.(販売休止)
 15.ダークグリーン ¥ 500. 
16.アレガンフォグ     ¥ 500.
 17.ギンコクレイグ    ¥ 550.
 18.アンネ         ¥ 680.
19.R無銘ギボウシ      ¥ 500.
20.ウルバイン    ¥ 550.
 21.ヘレノワイズ    ¥ 550.
 22.アルボピカタ  ¥ 600.
 23.ジャネット  ¥ 600.
24.エルニーニョ ¥ 750.
25.ミニットマン ¥ 650.
 26.レインフォレストサンライズ ¥ 650.
27.ブレイジングサドル ¥ 600.(在庫少)
28.ブルーキャデッド ¥ 500.

●[有望品種] [ 16種]
                   
 1.ママミヤ    ¥ 800.(在庫少)
 2.パラダイス ジョイス   ¥ 660.
 3.アルポ ピクタ   ¥ 680.
 4.リバーシッド ¥ 750.(在庫少)
 5.パトリシア ¥ 480.
 6.キャサリンルイス   ¥ 480.
 7.リトルオーレア   ¥ 400.
 8.ポールズグローリー ¥ 700.
 9.シーボルディアナ サンダーボルト ¥ 1,400.(販売休止)
 10.天竜     ¥ 1,500.
 11.カーニバル ¥ 760.(在庫少)
 12.インデペンデンス  ¥ 850.
 13.ジャストソー ¥ 760.(在庫少)
14.ファーストフロスト ¥ 800.
15.グァカモール ¥ 700.
 16.グランドマーキュー¥700.

●[大型(大葉)品種] [ 9種]
                   
 1.リーガル スプレンダー   ¥ 650.(送料別途計算)
 2.アバ ダバ ドウ   ¥ 650.(送料別途計算)
 3.サム アンド サブスタンス ¥ 600.(送料別途計算)
4.シーボルディアナ フランシスウィリアムズ ¥1,000.(送料別途計算)
 5.グレートエクスペクテーション ¥ 900.(販売休止)
 6.ブルーエンジェル   ¥1,050.(送料別途計算)
7.長大銀葉 ¥ 900.(送料別途計算)(販売休止)
*8.薫風       ¥ 750.(送料別途計算)
*9.ブルーマンモス ¥1,100.(送料別途計算)

●[匂いギボウシ・タマノカンザシ系]   [ 22種]
                   
1.玉の簪    ¥ 700.
 2.丸葉玉の簪   ¥800.
 3.フレグラント ブーケ    ¥ 600.
 4.フレグラント ゴールド    ¥ 640.
 5.フレグラント ブルー     ¥ 600.
 6.サマー フレグランス     ¥ 700.(在庫少)
 7.ダイアナ リメンバード    ¥ 750.(在庫少)
 8.ソー スィート    ¥ 500.
 9.ロイヤル スタンダード   ¥ 500.
 10.ステンド グラス    ¥ 950.
11.シュガー アンド クリーム     ¥ 700.
 12.シェイドファンファーレ     ¥ 700.
 13.スウィート スーザン     ¥ 600.
 14.インビンシブル     ¥ 720.
15.グァカモール ¥ 600.
*16.薫風       ¥ 750.
*17.フレグラントドリーム ¥ 720.(在庫少) 
*18.フライドバナナ ¥ 650.
*19.アボカド ¥ 750.
20.八重丸葉玉の簪(アフロディーテ) ¥2,800.(在庫少)
*21.シュガーアンドスパイス ¥ 600.
*22.オースチンディキンソン   ¥820.(在庫少) 
 
●[原種系]   [ 40種] 
                   
1.オオバギボウシ ¥ 400.
2.タチギボウシ     ¥ 430.
3.ハチジョウギボウシ    ¥ 500.
4.ムラサキカンザシギボウシ    ¥ 400.
5.イワギボウシ(白王界)    ¥ 750.
 6.セトウチギボウシ     ¥ 600.
 7.ウラジロヒュウガギボウシ    ¥ 400.
 8.ウナズキギボウシ    ¥ 750.(在庫少)
9.覆輪白洋    ¥ 400.
 10.津軽小町  ¥ 400.
 11.錦ギボウシ   ¥ 680.
 12.白覆輪ミズギボウシ   ¥ 550.
 13.乙女ギボウシ   ¥ 320.
 14.サクハナギボウシ   ¥ 520.(在庫少)
15.阿仁ギボウシ    ¥ 650.
16.尾瀬丸葉白花ギボウシ   ¥ 540.(販売休止)
 17.黄金乙女      ¥ 430.
18.千島斑入りギボウシ    ¥500.
19.カンザシギボウシ ¥ 800. 
 20.ツボミギボウシ      ¥ 600.(在庫少)
21.黄金トクダマ      ¥ 640.
22.黄金ツシマギボウシ      ¥ 430.
 23.中斑姫トクダマ    ¥ 800.
 24.黄筋(キスジ)ギボウシ     ¥ 650.(在庫少)
 25.屋久島ギボウシ  ¥ 320.
 26.白覆輪乙女ギボウシ      ¥ 430.
 27.小杉谷ギボウシ      ¥ 430.
28.黄覆輪徳玉 ¥650.
29.ウバタケギボウシ  ¥ 480.
 30.ウラジロウバタケギボウシ     ¥ 550.(販売休止)
 31.オモトギボウシ    ¥ 550.(販売休止)
 32.中斑白洋    ¥ 450.
33.樺太姫ギボウシ ¥ 650.
34.木枯らしギボウシ ¥ 780.(販売休止)
35.キヨスミギボウシ ¥600.
36.ヒュウガギボウシ ¥400.
37.イズイワギボウシ ¥700.
38.アキカゼギボウシ(黄覆輪)     ¥650.
 39.相馬錦    ¥650.
 40.ウラジロギボウシ  ¥ 750.

 ●[古典/高級品種]   [ 12種]
                    
 1.寒河江  ¥ 800. (送料別途計算)
 2.曙徳玉  ¥ 900.
 3.シーボルディアナ エレガンス¥ 700.
4.ハルシオン    ¥ 750.
 5.ビッグ ダディ   ¥ 950.
 6.徳玉   ¥ 720.
 7.姫徳玉      ¥ 450.
 8.文鳥香     ¥ 450.(在庫休止)
*9.長大銀葉 ¥ 900.(販売休止)(送料別途計算)
10.ザウンズ ¥ 620.(在庫少)
11.リバティー ¥ 950.
12.サンパワー ¥ 620.

 ●[小型/愛玩品種]  [12種]
                   
*1.アイランド チャーム ¥ 480.
*2.シルバー ストリーク ¥ 750.(販売休止)
*3.カビタン    ¥ 650.
*4.白カビタン   ¥ 750.(在庫少)
*5.ホィール ウインド   ¥ 680.
*6.エメラルドティアラ    ¥400.
*7.カビタン(黄金)    ¥400.
*8.乙女ギボウシ   ¥ 320.
*9.千島斑入りギボウシ    ¥500.
*10.文鳥香     ¥ 450.(在庫休止)
*11.ウナズキギボウシ    ¥ 750.(在庫少)
*12.ゴールデンティアラ ¥ 450.

●[斑入り品種・花壇・緑地/公園向き] [ 5種]
                     
*1.白覆輪お葉付きギボウシ     ¥ 500.
*2.スジギボウシ   ¥ 360.
*3.メディオ バリエガータ  ¥ 600.
*4.レディ ギネヴェーレ   ¥ 600.
*5.ホワイトフェザー    ¥650.

●[グラウンドカバープランツ・花壇向き] [ 11種]
           

*1.オオバギボウシ ¥ 400.
*2.タチギボウシ     ¥ 430.
*3.ハチジョウギボウシ    ¥ 480.
*4.ムラサキカンザシギボウシ    ¥ 400.
*5.ウラジロヒュウガギボウシ    ¥ 400.
*6.ゴールデン ティアラ 2芽立 ¥ 320.
*7.サクハナギボウシ   ¥ 400.(在庫少)
*8.相馬錦    ¥600.
*9.レモンライム   ¥400.
*10.クィーンジョセフィーヌ   ¥650.(在庫少)
*11.天城イワギボウシ  ¥500.

 合 計 233品種

 
●[青紫(淡紫)系花色の品種]     [ 31種]
*1.ボールドリボン    ¥ 640.(販売休止)
*2.ジュリーモース     ¥ 640.
*3.アンチョーチ(アンティオク)  ¥ 580.
*4.ママミヤ    ¥ 800.(販売休止)
*5.アビクアリクルーズ ¥ 680.
*6.パラダイス ジョイス   ¥ 760.
*7.アルポ ピクタ   ¥ 680.
*8.オーレオマルギナータ     ¥ 560.
*9.アイオナ  ¥ 600.
*10.覆輪白洋    ¥ 400.
*11.津軽小町    ¥ 400.
*12.ミズギボウシ(白覆輪)   ¥ 610.
*13.アイランド チャーム   ¥ 480.
*14カビタン  ¥ 470.
*15.白カビタン ¥ 750.
*16.乙女ギボウシ   ¥ 320.
*17.白覆輪お葉付きギボウシ     ¥ 550.
*18.スジギボウシ ¥ 360.
*19.レディーギネヴェーレ  ¥ 620.
*20.ゴールデンティアラ 5芽立以上  ¥ 900.
*21.レボリューション   ¥1,300.
*22.kヒュウガギボウシ(?) 3芽立以上  ¥ 850.
*23.p紫花系ギボウシ(?) 3芽立以上 ¥ 850.
*24.q紫花系ギボウシ(?)  3芽立以上 ¥ 850.
*25.カンザシギボウシ ¥ 880. 
*26.黄金トクダマ      ¥ 640.
*27.キヨスミギボウシ ¥600.
*28.グランドマーキュー¥700.
*29.M00709    ¥550.(在庫少)
*30.イエロースプラッシュリム    ¥ 650.
*31.F・G ¥600.

●[大型鉢物] [ 21種]
  ※大株(草丈:30cm以上 葉張り:40cm前後)(送料別途計算)
6号~8号のプラスチック鉢、または 15.0~21.0cm のビニールポットの容器共、ただし化粧鉢は別途。
           
           
 1.寒河江 2芽立以上   ¥2,200.
2.スーパー寒河江 ¥3,500.(販売休止)
 3.パトリオット 3芽立以上 ¥2,200.(販売休止)
 4.ゴールド スタンダード 3芽立以上 ¥2,100.(販売休止)
 5.玉の簪 2芽立以上     ¥2,300.
 6.丸葉玉の簪 2芽立以上 ¥2,500.
7.八重丸葉玉の簪(ヴィーナス) 2芽立以上 ¥3,000.
8.フレグラント ブーケ 2芽立以上     ¥2,100.
9.ソー スイート 3芽立以上 ¥2,000.(販売休止)
10.ビッグ ダディ  2芽立以上   ¥2,500.
11.バーチウッド パーキーズ ゴールド 3芽立以上¥2,100.
 12.モンタナ オーレオマルギナータ 3芽立以上  ¥2,100.
13.リーガル スプレンダー 2芽立以上  ¥2,100.
 14.アバ ダバ ドウ 2芽立以上   ¥2,200.
15.サム アンド サブスタンス 2芽立以上  ¥1,900.
 16.ロイヤル スタンダード   2芽立以上  ¥1,800.
 17.長大銀葉  2芽立以上  ¥2,000.(販売休止)
 18.薫風  2芽立以上   ¥2,200.       
19.シーボルディアナ フランシスウィリアムズ 2芽立以上¥2,400.
20.ブルーエンジェル  2芽立以上 ¥2,300.
21.徳玉   2芽立以上  ¥1,900.

●[食用ギボウシ] [ 5種]
※裸苗、湿潤養生、伏せて荷造り梱包(草丈:30cm以上 葉張り:30cm前後)(送料別途計算)
 販売休止中ですが、事前に個別対応しますので必ずご連絡ください。詳細については、5/12付け のブログ最新記事をご覧ください。
 1.天竜  10芽分 1芽あたり ¥ 550.(販売休止)
 2.徳玉 4芽分 1芽あたり ¥ 400.
3.寒河江  5芽分 1芽あたり ¥ 400.(販売休止)
4.オオバギボウシ 7芽分 1芽あたり ¥ 250.
5.長大銀葉 4芽分 1芽あたり ¥ 450.(販売休止)
 

***** ** ****** ** *****

 ※ギボウシのご注文はH・P有限会社グリーンワークスのお問い合わせフォームにてお願いいたします。サイトが展開しない場合は直接メールで  うざね博士 hah05551★ams.odn.ne.jp  にて受け付けます。(ご利用の際は★を@に変更してください)  
 また、ハンドルネームにて下段のコメント(0)をクリックし書き込むことが出来ます。必ず、返信をいたします。再確認を必要とされる場合がありますので、その際は、社会マナー上最低限必要な氏名と電話等を明記してください。提供された個人情報は厳守することを確約いたします。
            
コメント

あちらこちらで、お土産を買う。

2021年04月10日 05時15分19秒 | 地方・故郷・方言
現在わたしは千葉在住だが、この4月3日に戻って一週間が経つ。ここでは福岡を拠点とした3月の “怒涛かつ進撃の旅” で買い集めたわたしの土産品を披露する。画像一枚を下に添付する。車と船での実際の旅行内容はまとまり次第アップ予定。今回は賞味期限を見て極度に選別した。わたしの土産品蒐集癖は30代からのもので、バブル景気の頃は行った先から自宅へ宅配便で送ることさえした。外食にはこだわらないが、ある意味度し難い無駄遣いの性かもしれない。

 ①萩・山口行ではある目的があって行ったが、外面的には観光めいて見えるかもしれない。萩は明治維新の地を売り看板にしている。実は機械音痴のわたしにとって初めてナビを使えるようになった旅であった。 フグ茶漬け (夏みかん加工品)
 ②対馬一泊旅行では、市内はあまり観光地然としておらずかつて韓国人観光客にあふれていたのがウソのようで地元では残念がっている。日韓問題とコロナで今は不景気か。ここは古代から連綿と続く「国境の島」自体が売りか。人口も3万人を割り閑散としている。島の植生自体は離島独特のものがあり、山々への踏破欲が湧く。環境省の飼育施設にツシマヤマネコを訪ねて行ったが、コロナ禍でずっと閉鎖中であった。ちなみにこのぬいぐるみだが稚拙で出来が良くない、観光店ではなんとなく情にほだされて買ってしまった。 ツシマヤマネコのぬいぐるみ たいの釜めしの素 のどぐろのふりかけ
 ③宇和島・高知・周防大島の一泊旅行は振り返れば強行軍であった。豊後水道と防予諸島をフェリーで渡った。合理的に自由時間が取れずじまいだ、ちぐはぐだが伊達氏の城と植物と民俗学の宮本常一が主題の旅。 じゃこ天のかまぼこ 土佐日記 (はりまや橋団子) 一六タルト
 ④唐津・伊万里・平戸島では小さな山並み、田園、地方都市、焼き物の里。離島であった平戸島はキリスト教色の強い観光地で、海と山の取り合わせの景観はいい。この島は九州内では珍しく海産物が多く獲れる。 丸ぼうろ いか鉄ちゃん いか昆布巻 九十九島せんぺい いりこ いわしせんべい 

           

 これに加わるのは帰葉時に、九州道の古賀SAで 博多通りもん を3箱¥3,600.と、名神高速道路の上郷SAで賞味期限の短いことで知られる伊勢名物の 赤福 をひと箱¥1,100.で購入する。この品物は車よりも駅や飛行場での取り扱いが多いらしく、高速道路ではこのSAだとあらかじめしらべておいたのだ。
 帰りには米原JCTを経由して⑤敦賀や福井方面から朝倉氏庭園跡・永平寺から九頭竜湖を廻り東海北陸道から名神高速道路に出て帰った。途中の山間地の九頭竜湖周辺はいまだに残雪があり桜の開花もまだであったが、天然物のふきのとうを¥150.×2パックを手に入れた。ふきのとうは今年間に合ったが、われわれ夫婦の大好物なのだ。
コメント

楓(ふう)の木の新緑です。

2021年03月31日 02時36分05秒 | ランドスケープデザイン
こちらは福岡の土木の現場、ある大学の跡地である。この日は、ちょっと遠くを見れば中国からの迷惑な黄砂舞う光景だが、ここでは楓の木の新緑があまりにも奇麗なので画像を掲げる。この一本の木の前にわたしは立ち尽くす。大きさは目測で 目通り周1,7m、樹高は15.0m、枝張りは 6.5m 程度か。春に芽吹く萌黄色の色合いのバリエーションは見惚れるほどだ。楓の木は樹冠全体がすぐに黄緑色に一変する。これからは森羅万象すべからくパステルカラーの草木萌える時節に至るのだ。
 日時は3月30日、午後3時頃。  
 もうすぐ、わたしはこの地を離れる。

          

          

          

          

          
コメント

旅行企画を立てる・・・その2

2021年03月26日 06時07分38秒 | わが単身赴任の暮らし
わたしの福岡での残り時間は一週間、ここでは当地での 旅行企画④ほか を新たに追加して載せよう。先日の①萩と山口市内への日帰り旅行に次いで以下のように計画している。②一泊の対馬行き、③一泊旅行、大分の別府からカーフェリーで四国へ渡る、宇和島と高知へ松山からまた船で山口の周防大島である。
 ここ数日間は書き込んでいく。言わば、現在進行形で進む。旅程日時は土、日曜日になるが、よほどの荒天でない限りは予約をして目的地へたどっていきたい。
  最終的に旅の結果についてこのブログやFacebookにアップする予定である。

 ①先週は、曇りの中で出発したが現地の天気は小雨もやいで萩と山口市に行ってきた。費用はクルマでの走行距離418㎞、ガソリン代 3,570円、高速代は約 4,000円。お土産代2,225円、外食はなし、コンビニで買ったおにぎり2個と持参のお茶入り携帯ポットのみだ。入館料なども含めて、〆て、¥11,000.。
 08:30自宅⇒(車)⇒福岡IC*美祢東IC⇒道の駅・萩往還⇒松陰神社(松下村塾)⇒雲林禅寺
⇒道の駅・長門峡⇒常栄寺雪舟庭⇒瑠璃光寺五重塔⇒小郡IC*古賀SA⇒福岡IC⇒17:30自宅

 ②まず、3月13日から14日は対馬行きだ。基本的には自家用車ダイハツのTANTOを運転して行く。
 10:00博多港→(九州郵船カーフェリーきずな)→14:45厳原港⇒(車)⇒上島*比田勝へ “民泊たちばな” に宿泊⇒韓国展望所⇒ヒトツバタゴ原生林⇒3/1415:25厳原港→(九州郵船カーフェリーきずな)→20:10博多港⇒20:30自宅
 費用は船代往復で40,740 、宿泊は二食付きで 7,100、対馬の下島から上島までの走行距離約50㎞か、福岡都市高速の高速代は約 1,300円、以上全てカード決済。ほかに雑費、土産代も含めて合計で¥50,000程度で済むか。
 
③3月20日から21日は、愛媛県宇和島市の伊達藩の城と、山口県の宮本常一(星野哲郎)の生地である周防大島に回っていきたい。また、セトウチギボウシの自生地が存在するのであれば巡ってみたい。
 今回は豊後水道、瀬戸内海を横断する。わたしの日本国内での未踏県である愛媛県と高知県を通過、滞留する目的だ。残るは福井県のみになる。実はこの旅程表を作るにあたって、地理的に、四国全県はわが出身県である岩手県の面積がほぼ同じなんだという安直な思い込みがあった。大したことはない、と・・・・・。
 3月15日中にフェリーと宿の予約を終えた。どうやら、今回の旅程が一番タイトだ。カーナビもほぼ使えるようになった。早起きのわたしだが、なんとか寝坊せずにこなしていきたいものだ。
 04:00自宅⇒福岡IC*北九州JCT*別府IC⇒06:25別府港→(宇和島運輸フェリー)→09:10八幡浜港~大洲北兄IC⇒宇和島北IC~宇和島城~国道320号*国道381号*四万十町中央IC⇒高知IC~県立牧野植物園~コンフォートホテル高知、宿泊*出発3/21 07:00~高知IC⇒川之辺東JCT*松山IC~09:40三津浜港→(防予フェリー)→10:47周防大島・伊保田港~星野哲郎、宮本常一記念館~国道437号~玖珂IC*山口JCT⇒福岡IC~18:00自宅
 費用はカー-フェリー代で18,000 、宿泊は朝食付きで 9,000、車での総走行距離は約550㎞か、高速代は約 8,100円、以上ほぼカード決済。ほかにGS代、食事、土産代も含めて合計で¥40,000程度で済むか。

  ④3月27日か28日の日帰りで、福岡の都市高速に乗り一般道を行く。佐賀の唐津から伊万里に陶器の里に小ぶりな山間地や田園地帯を過ぎる。陶磁器は苦手ではなく、特に鍋島焼は好きであるが器を買うには大金と心の準備が足りなさすぎる。呼子への立ち寄りは無理か。次に北松浦半島を玄界灘沿いに潜伏キリシタンの地・平戸島に渡り、佐世保を通過して長崎道で帰ってくる。食事にあたってわたしは豚骨ラーメンやちゃんぽん系は苦手、わたしは中華そばや関東在住の札幌ラーメン世代である。なお、この旅程は事前に佐世保出身二人にリサーチした。今回は予約の必要がなくて気が楽だ。大きな買い物はなく¥10,000以内で済めばいい。
 7:00自宅⇒松島IC*(都市高速道)*福重JCT*前原東IC⇒唐津・虹の松原~国道202号~伊万里~国道204号~平戸大島~平戸島~国道204号~西九州自動車道⇒武雄JCT*長崎自動車道*鳥栖JCT*九州自動車道⇒福岡IC~19:00帰宅

 PS. 実は、車での福岡から千葉への帰省時に寄り道をする予定だ。全走行距離は単純計算で1,200km、14時間とされるが、さすがこれは肉体的にきついので途中で一泊する。そこで琵琶湖の東側にある高速道路内の多賀SAでのホテルに宿泊後に、米原JCTから北陸自動車道を経由して福井県の敦賀ICで一般道に降り、一乗谷朝倉氏庭園跡、永平寺に寄る。次に国道158号~九頭竜湖を辿り東海北陸自動車道*白鳥IC⇒一宮JCT*名神自動車道そして東名高速道路に乗り変える予定である。
 ここは、 江戸時代末期に水戸の 天狗党の乱 の悲惨な終焉地である敦賀などとこの箇所は歴史的な所でもあるが、この目的にはわたし独自の理由がありいづれ後ほど明らかにしたい。


コメント

旅行企画を立てる・・・・・

2021年03月16日 07時48分49秒 | わが単身赴任の暮らし
わたしの残り時間は半月余り、ここでは当地での旅行企画を載せよう。
 先日の萩と山口市内への日帰り旅行に次いで以下のように計画している。ここ数日間は書き込んでいく。言わば、現在進行形で進む。旅程日時は土、日曜日になるが、よほどの荒天でない限りは予約をして目的地へたどっていきたい。

 ①先週は、曇りの中で出発したが現地の天気は小雨もやいで萩と山口市に行ってきた。費用はクルマでの走行距離418㎞、ガソリン代 3,570円、高速代は約 4,000円。お土産代2,225円、外食はなし、コンビニで買ったおにぎり2個と持参のお茶入り携帯ポットのみだ。入館料なども含めて、〆て、¥11,000.。
 08:30自宅⇒(車)⇒福岡IC*美祢東IC⇒道の駅・萩往還⇒松陰神社(松下村塾)⇒雲林禅寺
⇒道の駅・長門峡⇒常栄寺雪舟庭⇒瑠璃光寺五重塔⇒小郡IC*古賀SA⇒福岡IC⇒17:30自宅

 ②まず、3月13日から14日は対馬行きだ。基本的には自家用車ダイハツのTANTOを運転して行く。
 10:00博多港→(九州郵船カーフェリーきずな)→14:45厳原港⇒(車)⇒上島*比田勝へ “民泊たちばな” に宿泊⇒韓国展望所⇒ヒトツバタゴ原生林⇒3/1415:25厳原港→(九州郵船カーフェリーきずな)→20:10博多港⇒20:30自宅
 費用は船代往復で40,740 、宿泊は二食付きで 7,100、対馬の下島から上島までの走行距離約50㎞か、福岡都市高速の高速代は約 1,300円、以上全てカード決済。ほかに雑費、土産代も含めて合計で¥50,000程度で済むか。
 
③3月20日から21日は、愛媛県宇和島市の伊達藩の城と、山口県の宮本常一(星野哲郎)の生地である周防大島に回っていきたい。また、セトウチギボウシの自生地が存在するのであれば巡ってみたい。
 今回は豊後水道、瀬戸内海を横断する。わたしの日本国内での未踏県である愛媛県と高知県を通過、滞留する目的だ。残るは福井県のみになる。実はこの旅程表を作るにあたって、地理的に、四国全県はわが出身県である岩手県の面積がほぼ同じなんだという思い込みがあった。
 3月15日中にフェリーと宿の予約を終えた。どうやら、今回の旅程が一番タイトだ。カーナビもほぼ使えるようになった。早起きのわたしだが、なんとか寝坊せずにこなしていきたいものだ。
 04:00自宅⇒福岡IC*北九州JCT*別府IC⇒06:25別府港→(宇和島運輸フェリー)→09:10八幡浜港~大洲北兄IC⇒宇和島北IC~宇和島城~国道320号*国道381号*四万十町中央IC⇒高知IC~県立牧野植物園~コンフォートホテル高知、宿泊*出発3/21 07:00~高知IC⇒川之辺東JCT*松山IC~09:40三津浜港→(防予フェリー)→10:47周防大島・伊保田港~星野哲郎、宮本常一記念館~国道437号~玖珂IC*山口JCT⇒福岡IC~18:00自宅
 費用はカー-フェリー代で18,000 、宿泊は朝食付きで 9,000、車での総走行距離は約550㎞か、高速代は約 8,100円、以上ほぼカード決済。ほかにGS代、食事、土産代も含めて合計で¥40,000程度で済むか。

  ④3月27日か28日の日帰りで、佐賀の伊万里や唐津から長崎の佐世保を目指したい。




コメント

再掲!! 号泣と沈鬱と、そして鎮魂を、東日本大震災

2021年03月10日 07時35分33秒 | 東日本大震災のこと
 以下の記事は10年前に書き込まれたものです。また、左のカテゴリーの ≪東日本大震災のこと≫ でもほかに数編を読むことが出来ます。あれからわたしは、その後、福島やわが郷里に近い宮城県の気仙沼市に復興支援の土木工事で、かれこれ一年半は現地に滞在した。

          

          
 これはまったく個人的なことですが、東日本大震災について、3月15日のブログに記事を書き込んだ通り、重苦しい心理の内側でわたし自身の意識に震災前、震災後という、区切りが生まれつつある。いまだ曖昧模湖ながらも、わたしは、思いを新たにしなければならない。
 とはいっても、現実的な対応として、わたしには現在の仕事や生活環境の事情で災害救助の活動はできない。こんな場合の無償ボランティアの実際面については、経験上、少々知っているが、いまは物理的、時空的に無理な状態だ。せめて、宅配便による物品として東北方面の交通事情が解決していき次第、身近な親戚関係ではあるが津波に遭った岩手県内にいる姪に、栄養価が高くてすぐ食べられるわたしの住む地元特産の落花生をキロ単位で送る予定である。
 ところで、けさほど、体調不良の中、たまっている仕事に出かける電車の車中で、たまたま、浮かんだ駄句を以下につらねたい。内容はいたって極私的な述懐そのもの。無益な妄想の表現であることは、重々、承知の上である。

  *わがみちのく 母のふところにたてまつるなり


  *春まだ来 おどろおどろし あめつちを怨む


  *はかなくも みずくしかばねに 春の海


  *遠きまなこ 無口の民らに 草木萌ゆ


 房総の千葉のわが町では、早くも辛夷の白い花がひっそりちらほらと咲き始めた。やがて、そして、いよいよ百花繚乱の世、万緑の季節がくるらしい。もうすぐ、彼岸の中日。が、寒い彼の地は遅い春の時候である。凶事に対し、わたしは森羅万象の移り変わりがこの世に吉祥をもたらすことをひたすら信じる。
コメント

萩と山口に行く

2021年03月08日 08時00分53秒 | 地方・故郷・方言
から8時半に当地を出発、夕刻5時半にアパートに戻る。走行418㎞。九州道から中国道へ、美祢東ICから無料の自専道であっという間に萩市内へ、まず道の駅の 萩往還、市内を迷い若い郵便バイクの人に教えられて 松陰神社 にたどり着く。ここであの 松下村塾 を見る、なるほどクロマツの巨木の下にあり、時雨じみた中で境内は閑散としていながらも凛としている。萩市は長州藩の毛利藩主がいてそれから現在の山口市に移ったらしい。萩市は“維新の町”を標榜し、世界文化遺産に指定されている。                     
           

           

           

 次に行きつくかどうか疑問視していた、市内外れの臨済宗の 雲林禅寺 だ。当然、連絡もなしの訪問になる。かなりの田舎で近くの島根県境にはあの 津和野 があるらしい。田園やかなり寂しい山中も通り、心元のない無人の地、わが東北の田舎を思い出した。さいわい、わたしが苦手としたカーナビを試しにここで起動させたのが功を奏した。
 ここは数年前にギボウシの注文があり宅配便で納品した所、その後わたしはここが観光的にネコ寺と知りここへ来たかったのだ。チェンソウによる猫の彫像の数がおびただしい。霧雨の中で生きた猫は見かけず。この時間にも猫好きのカップルが訪れていた。初めてご住職に面会し、庭や植物談義や仏教などの話も弾み、またお知り合の別の寺へも連れていってくれた。ご住職もざっくばらんなお人柄で、なかなか稀有な機会だったかと思う。
           

           

           

           

           
 帰り道は国道315号線からJR山口線と並行しながら、 9号線の道の駅 長門峡 を経由し 常栄寺雪舟庭 へ向かう。
           
           
           

           

           
         
           
           
           
           

           
          
           

           

 すぐ近くの瑠璃光寺五重塔、うーん、とわたしは奈良の 室生寺 の五重塔と想い浮かべ比べている。
 実はこの時点でデジカメがバッテリー切れでこの画像はなし。スマホで撮ってはみたが、取り出し方が分からない。

 帰途は、中国道の小郡ICから乗る。途中には夕食の担々麵を探しに古賀SAに寄るが、売り切れてなし。ちなみに帰京、帰郷の土産にと考えていた 博多の通りもん が並べられていてほっとする。この菓子はわが息子が大好きなのである。
コメント

侘助椿を・・・

2021年03月04日 04時50分33秒 | ガーデニング・庭づくり
当地では緊急事態宣言も解除されて、なんとか春先の情景が戻ってきた。この勤務もあと一ヶ月。ここでは、工事現場で現在、花が唯一咲いている 侘助椿 を挙げる。保全樹木になる。園芸品種でこれは 太郎冠者 だろうか。手近に事務所のデスク、部屋内のコーヒーの空きビンに活ける。
 今まで花と言えば、菜の花が12月以来に確認されていて、殺風景で荒涼たる土木現場でこぼれ種子で発芽したもの。
           

              

           
コメント

ボヤキの日々

2021年02月18日 07時15分09秒 | わが単身赴任の暮らし
時々 春の節句と 立春 も過ぎて、こちらは曇天気味の合い間にチラホラと雪が空から落ちてくる。この18日は 雨水 だ。

           
 ここでは身近に花がなく、ヒヤシンスが3色ともやっと咲きそろった。

           
 アパート内は全てが狭苦しい。これはテレビの上で書棚らしきものがあるが、整理棚である。 
           
           
 ある日のスーパーでの買い物をキッチンに広げてみた。11品で¥1,551だ、今回はボリュームが少ない。酒のおつまみやお惣菜、食パン、その中で絹さや、山芋、大根、人参を含むが、わたしは自炊がメインの食生活だ。価格のせいもあるが、外食は嫌いで、店売の弁当は安直すぎて買わない。ご飯と味噌汁は自分で作る。

 わたしの日常は、コロナによる緊急事態宣言が出されて、1月18日から在宅勤務が週の内2日程度になり、一か月になるとさすがにいい加減してくれとボヤキが出てくる。言わば、蟄居状態だ。せっかく仕事で福岡くんだりまで来てと意気消沈してくるのだ。一挙一動の日常の行動がしばられてくる思いだ。
 この頃は観光目的と言う部分もあるが、他県と言うことで、長崎県の対馬、山口県の萩へと休日に旅行を考えていたのだが、この社会情勢で身動きできずにいる。また、3月に福岡県の知人にそれぞれ二人と会う予定だが、この分ではどうなるか。
コメント

一人カラオケ に行く。

2021年01月18日 05時48分58秒 | わが単身赴任の暮らし
昨日は二度洗濯をし、曇りがちで寒いのだが今日は散歩がてら防災堤公園にもなっている多々良川を廻る感じで近場を歩いてきた。帰り道にはホームセンターで食器とコーヒーカップ、スーパーで食パン、ミニトマトと売れ残りのバナナ、菓子、食料を購入する。わたしの生活費の受入れ先である郵便局に、コンビニを含めてこれらがわたしにとって徒歩圏内にあるのは生活環境として極めて好都合だ。ちなみに、明日からは福岡県でもコロナ緊急事態宣言を受けて週2回の事務所出勤、ほかの日は会社支給携帯とPCを持ち帰り在宅勤務になる。業態は建設工事だから工事現場は動いているのだ。また、ZOOMで会議参加にもなるのだ。一体、どうなるんだろう。
 ついでに、アパートの部屋があまりにも殺風景なのでヒヤシンスの鉢を買ってきた。それを狭いベランダの室外機の上に置く。わたしは実家では、何の木が葉を伸ばし花が咲き、何の花にはそろそろ水をやろうかとなどと、毎朝、玄関の鉢物や庭を見て回っていたものだ。
           
 その途中に、実はカラオケをのぞきそのままずるずると入店し1時間余り歌ってきた。カラオケルームは古びた大きなレジャー施設の中の二階だ。以前、大阪の枚方駅前のカラオケで一か月前知人とカラオケして以来だ。
 時間は11時半ころだが、20代の客ばかりでたまに若い夫婦のみ、中年以降の年代はいない模様である。部屋の利用率は3割程度か。わたしは70歳、つば付き帽子と古ぼけた普段着の厚手の濃い青色のジャンパーにしわのよった黒ジャージと地味な風体だ、何っ、かまうものか。
 新曲はひとつ、後は2,30年、忘却の彼方にあった半世紀前のもの、その曲目は次の内容である。ほぼ順番通りで掲げる。かれこれ、20曲は歌ったつもりだったが半分だった。わたしの選曲は無差別、老若男女問わずである。自由に飲めるドリンクはアルコールなしで数種のがぶ飲みだ。料金はというと、会員代¥200+¥500+税、でこれは安すぎると思う。

 森山良子の ≪この広い野原いっぱい≫ は古い曲でスムーズに歌えてしまった。
 梶光夫の ≪心の瞳≫ はわが田舎の中学時代に覚えていたもので思い出深い曲、もしやと探してみたら見つかりすんなり歌えてしまった。
 吉永小百合の ≪寒い朝≫ も古い曲だ。 
 谷村新司の ≪昴≫ は何年ぶりだろう。長い曲だが、声を落とし(キーを落として?)気味で歌い切った。
 因幡晃の ≪別涙≫ は意外と難しい。それと ≪わかって下さい≫ は自他ともに、長年わたしの十八番のひとつと言える曲なのだ。これとか 松山千春 の歌は家内と結婚してから覚えたものである。ところで、数ある十八番のなかで現時点でのわたしの十八番は石川さゆりの ≪天城越え≫ である?!。
 うたまろの ≪サルビアの花≫ はもともと女性の歌だが今回は滑らかに歌えることが出来た。
 前川清の ≪男と女の破片≫ は曲調の上げ下げなどのクセがあり意外と難しい。内容は込み入った男女間の情事めいた内容か。
 細川たかしの ≪望郷じょんから≫ は1番の歌がやはり上手くいかず歌詞の2、3番はカラオケ演奏を聴くのみ。負け惜しみだがここでアルコールがあれば・・・。
 最後は、氷川きよしの新曲 ≪母≫ で作曲はこの前亡くなったなかにし礼で作詞は杉本真人、これは初めて歌うが、歌詞の後半部のサビにかかると涙が出てきてついに歌うのをやめてしまう。カラオケ好きのわたしだが、これを機ににわかに満ち足りた空漠感を覚えてしまい店を退出した。
コメント

樹木の冬囲い

2021年01月12日 07時15分52秒 | 個人の庭・エクステリア
ここでは前回に続いて新潟県中越地方の民家を主体に樹木の冬囲い光景を載せる。厳しい気象条件の中で植物を大事にする心情がほの見える。ここ都市部では1.5から 2.0mの積雪量を見込む。時候的には11月中旬、いよいよこれから積雪シーズンを迎えるころだ。ちなみに道路の路傍の緑地には除雪スペース確保の為に小さな街路樹しかない、従って冬以外はのっぺらぼうの空間になる。
            

            

            
                        
            
コメント

消雪パイプ

2021年01月11日 06時42分48秒 | 地方・故郷・方言
時々福岡のこちらの天候は日本列島の半分が寒波襲来で、数日来、雪が舞い陽の出ない暗鬱な天候が続く。現今では北越道では渋滞情報のニュースが流され、日常生活に支障をきたしている。
 ここでは、以前、新潟県長岡市ほかで見た道路などの雪対策、消雪パイプ設備について思い出して画像をアップする。新潟県内ではここ中越と上越地方が積雪量が多い。この仕掛けはいずれも関東地方では見かけないもの。なお、路面が茶褐色に変色しているのは汲み上げた地下水に含む鉄分が酸化したことによる。画像では、旧商店街の雁木(雪避けアーケード)、晩秋の路面と、南魚沼市の夏場は冷却水として積雪時は一般家庭での屋根に取り付けた融雪装置を載せる。

            

            

            

            

            

            
コメント

STARFLYER はフォルムも良くてデザイン性が高い

2020年12月28日 11時54分48秒 | わたしの日常です。
そろそろ、年末も押し迫ってきた。なんだか、今年の正月は新型コロナ騒ぎによって、世間は地味目で静かな雰囲気になりそうだ。誰もが今か今かとコロナウィルスのワクチン接種を待ち望んでいる。オリンピック開催なんて、明後日の方に吹っ飛んでしまっている。わたしはこの記事を千葉の実家で書き込む。
 わたしは12月26日に福岡空港から帰葉したばかりである。わたしにとって飛行機でLCCは初めて、搭乗手続きでは厳しいコロナ対策や機内持ち込み荷物制限があり面食った。たまたま、ここでは出発時にわたしの大好きな STARFLYER(スターフライヤー)を駐機スポットで望見したのでアップする。この時、機体はプッシュバック後、2800mの滑走路へ向かう途中である。この飛行機は当初、2006年 3月北九州空港に初登場した頃に何度も機乗したものでファンになったもの。STARFLYER はフォルムも良くてデザイン性が高い AIRBUS 社の黒と白の機体色で、機内はシンプルで黒一色になっていて洒落ている。ちなみに隣がわたしが実際に乗った AIRBUS のA320である。
 ここでついでに、数年間、成田空港で夜間勤務で作業中に写した情景画像を載せる。         
          

          

          


          

          

          

          

          
コメント

今までの病歴、わたしの老後

2020年12月25日 04時53分05秒 | 老いの流儀
 死について、人間は誰しもが避けて通れないことである。しかし日本人の平均寿命は年々伸びている。わたし自身の葬儀は多分 家族葬 を選ぶだろう。一般論として、ある人の死去を知ったからと言ってどうなるものではなくむやみに知人などの他人に知らせる必要はない。生きている人を日常生活的に煩わせるのは違うことだと思う。
 ここではわたしの来し方を追憶気味に記す。振り返るとわたしの病歴は外科的なものは少ない。入院経験は4回だ。初めて入院したのは、故郷では小学6年生の時の ≪肋膜炎≫ でこの病気は肺結核の初期段階だったと思う。この時代では多かったが肺病やみとも言う。ここで振り返って思うのだが、この治療法としてストマイ(ストレプトマイシン)を筋肉注射したのではないか、それの副作用でわたしは難聴気味になったのではないかと疑っている(内耳神経に影響を及ぼすとされる)。村の診療所に入院し他への感染予防のために祖母だけが三食をつくり付き添いに付いた。治療法として栄養を付けて安静にするということであったらしい。そこは病院の敷地内にメタンガスが出る古ぼけた小さな池があり、東北の仙台への小学校の小旅行も不参加になる、その当時に初めてお見舞いに高級品であったバナナを食べた、そしてとても人に羨ましがられた記憶がある。当時流行していた病気は目はトラコーマ、消化器系の伝染病の赤痢、疫痢、腸チフス、パラチフスがあった。 
 その後、大きな一関市内の磐井病院の耳鼻科では耳垂れが出る滲出性の ≪肥厚性鼻炎≫ で手術を受けて一ヶ月程度入院する。それから、その後の治療はしばらく通院する。そして、昭和39年の東京オリンピック開催年の ≪急性虫垂炎≫ である。この時は切除手術のみで完了するのだがわたしには怖くて逃げまわった記憶がある。病気と入院そのものが、わたしの兄弟でもまた近所の仲間や同級生でもこういうことでの身近な例がなくて、当時、相次ぐ病気生活の中でわたしは農家であった田舎でひとり狭苦しく孤独感を感じていたものだ。6人兄弟の中でわたしは、親からの見たら最も病気治療費のかかる、一種の疫病神だったろう。
 それから高校を卒業して18歳で上京後、数年は耳鼻科に通う。結婚後の ≪椎間板ヘルニア≫である。それから ≪白内障≫ である。
 わたしは現在、持病として高血圧症や軽い糖尿病で毎日二回薬を3錠から4錠服む。定期的に三か月に一回診断を受けている。その費用は¥7,000.から ¥ 8,000.かかる。それが5年続いている。
 我が家は血縁的にはガンの系統ではない。母は早めに52歳で亡くなった、その前年の夏に発症し病院で転院をして翌年の1月早々に病死した。存命期間は父から傾斜しているタバコ畑で作業中に聞かされときは数か月の予想であった。肝臓がんだったと思われる。父は65歳、リンパ腫のホジキン病という珍しい病気で亡くなった。亡くなった場所はどちらも病院においてである。しこうしてわたしの、現在指摘されている病気は生活習慣病で括られている高血圧症、糖尿病、脂質異常症である。
 こういう経験を持つわたしだから、生きていく生活態度を意味する『一病息災』とは持病がある場合の養生を言っていると思われるが、『多病息災』は現実的にやむを得ずあることだが、『無病息災』はあり得ないものと深く感じている。 
 介護保険についてわたしは最近まで、全く無知でいて介護保険料をなんだかとられているなあ、といった程度であった。なんだか間抜けなことになるが、介護を受けるには事前に認定が必要なことも知らなかった。
 老人性のものとして、病気は心臓疾患、脳機能マヒ、血管疾患による心臓や脳の梗塞、認知症、痴呆がある。いまのわたしは、どうやら頻尿気味でしかも小便の切れや出が悪い。膀胱炎じみた失禁もたまにある。この上もし、予後のハビリの歩行訓練とか、いよいよ障害者となっての車椅子生活は最悪である。そして、直接的な死因は 転倒事故による怪我、喉での食物を噛み飲み込むことと気管への誤嚥、 風邪をひくことからかかる肺炎性の場合とされる。  

 ここからは赤裸々で卑近な例だが、わたし自身の肉体の変化をまとめてみる。
 白髪が頭だけではなく体の各所に混じるようになった。代謝の早い皮膚上の体毛や脇毛をのぞいてすべてである。わたしの頭はごま塩頭でそれ程でもなく、股間の恥毛、耳毛や眉毛の伸びが早く本人自身が辟易している。異様に長く伸びる。また、毛髪そのものが細くなり生え方が疎になる。わたしのあたまは二つつむじがあり、現状は禿げ頭ではないが額から頭頂部にかけて薄くなった。どうもこれは、実父に似て遺伝的なものか。口は義歯や入れ歯をせずに済んでいるが、抜けた箇所は前歯に1カ所、奥歯に1カ所である。皮膚については顔の表情がたるみ、しわやあざ、ほくろ、いぼが突然出来てくる。ここ数年は左眉毛とその目の間にいぼが出来て辟易としている。
 両手の甲はしわだらけ茶色いシミが多くて、わたしは気づくたびに密かに寂しい思いがしている。この原因は若い時から土いじりなどの野外の作業を手袋せずに素手でしてきたからだろう。紫外線の影響だろう。指は、わたしの面相とは異なりもともとは大きくて指もそろい綺麗な手だったのだ。その原因は、遠く少年時代の農家育ちの農作業をおこなう癖ゆえである。
 目は緩やかな視力低下傾向にあるが、免許更新時にはあわてるが0.6-0.7をなんとかキープしている。60歳直前から老眼は進み近くの物を見る場合、読書や文字を書く読んだりパソコンで仕事をする場合はメガネを着用する。クルマの運転時はかけない。近年は涙が出やすく、数年前に右目の白内障手術をおこなった。時に起き抜けの際には目やにがかさぶたのように両目の目尻に付く。
 鼻は特に異常はないと言える。耳は元々少年時代から悪い。その当時耳鼻科に数度通っていて通気器械で治療したが、そこで覚えたのが日常生活で難聴気味とわかると鼻をつまみ口内でいきみむと聴こえる外の音が急に高くなる。その感覚というと、鼓膜自体が元に戻るようなのだ。多分、内耳圧を高めて鼓膜を修正しているようなのだ。今は老人性難聴と医者から言われたが、聴力検査でも指摘されたが両耳が4,000ヘルツの高音が聞き取りにくい。数年前から、日常の会話自体も聞き取りにくい時はとぼけるかスルーしている。特に、仕事の場面で小声で話されると大変に困る。家庭では聞き返せるからいいが、その瞬間はいつも嫌な思いをする。どうしてもテレビは家族よりも大きい音量にセッティングすることになる。いずれ将来は補聴器を付けることになるが、数万円単位の金額がかかるそうだ。耳鳴りもひどい。以前から両耳にジィージィーと音がしていた。起業のまね事ではあったがわたしが業務的に独立した54歳ごろから極端に悪くなった。これは心因性のものか。治療法が分からず、今ではあきらめている。
 わたしのいぼ痔歴は20年越しだ。脱肛するほどではないが、完治はしない。大便の際には便秘の時は出血がひどくたびたびパンツを汚してしまう。トイレ使用は完全にウォシュレット便座愛好者である。仕事的にデスクワークが多いせいだろう。

 こんなふうに肉体の変化を文章化すると顔の画像を載せた方早いという気もするが、そうもいかない。!?
 わたしには医者にかかるとしても、まわりに負担をかけて、無制限に治療費用をかけて長々と病院に入院して治療や手術を施して本人が苦しむよりも、自宅でポックリ逝くのが理想とおもえる。何のことはない、人生、それっきりということだ。

 いつになるか分からないが、次回は文学書で表現されている老化を取り上げたい。
コメント

太宰府天満宮と九州国立博物館にも行く

2020年12月23日 06時51分28秒 | わたしの日常です。
相変わらずの曇天の中で、この日、一時、小雨も降る。そんな天候でもわたしは太宰府天満宮と九州国立博物館に行く。昼前に西鉄太宰府駅前の店でかつ丼を食す。
 ずうっと見てて思うのは、北限として自生するクスノキに馴染んだ九州の国土と言うことだ。植生と風土。ここ境内ではみなぎる活力、盤根錯節と言うか千変万化するクスノキの樹姿、樹勢には圧倒する。石碑には本来は万葉集で知られる大伴旅人を載せればいいのだけども、ここでは熊本出身の徳富蘇峰を載せた。実は松本清張のミステリーで〈顔〉という映画があったが、わたしはここで待ち合わせた1シーンを思い出していた。
 ここで、わたしは奥まった九州国立博物館にちょっとびっくりする。山懐をえぐったアクセストンネルに瀟洒な近代建築物、なんというフォルムと大掛かりなファサードだろう。なんだか、この博物館の所蔵品は分からないが、チラシで見た奈良・中宮寺の国宝 ≪菩薩半カ思ユウ像≫ が見られるかと思っていたが来年1月だそうである。多分、わたしは上野で見ている。いつものことだが、わたしの早とちりであった。

















 
コメント

こちらも・・・

blogram投票ボタン