うさぎくん

小鳥の話、読書、カメラ、音楽、まち歩きなどが中心のブログです。

ジェンダー

2016年09月29日 | 日記・エッセイ・コラム

日経ビジネスON LINEに連載中の小田嶋隆氏のコラム入院した中年男性がおしなべて不機嫌な理由」を読んで、本誌上にちょこっとコメントを書いたりした。

小田嶋氏の記事の趣旨は、中高年男性は病院などでの対人マナーなどに問題のある人が多い。その理由はおそらく、そうした場では彼らがいつもビジネス社会の中で機能しているプロトコルが通用しないからだろう、というものだ。もっと単純に言ってしまうと、男は仕事場以外では無礼で不愉快なやつになってしまう、ということだ。氏によると、女性は年齢にかかわらずそれなりの対応をするし、若い男もそんなに態度の悪い者は見ないという。

読者の反応は様々だ。小田嶋氏の文章は、そう言っては何だがそれほど上手だとは僕は思わないのだが、その着眼点には人々を刺激するものがあるようで、毎回多くのコメントが寄せられている。この文章の趣旨である、いわゆる「老害」について触れたものが当然もっともおおいが、「若い男性の態度が良い」に反応した人も多い。僕と同様、女性のことに触れた人も、少数ながらいる。

ちなみにコメントでは大略こんな風に書いた。「女性が陰口を言っているのを聞くとかなり強烈だ。人間の業に男女差はないと思うが、失礼をまき散らす男性は比べると不利かもしれない。女性にはウラがあって時に陰湿。 男女にかかわらず、多少失礼でもユーモアで中和できる人がいいのかも。)。

このコラム、本当は女性のことなどに言及しないほうがよりわかりやすかったのではないかと思う。

男というのは基本的に戦闘要員なのであって、特定の場面では活躍するが、それ以外の場では身を持て余し、不器用で、時に非常に滑稽な存在になる。ソフィスティケートする努力は必要だし、それが紳士としての伝統にもなっている。だが他方、だらしなかったり、どこかで崩れてしまっている男は昔からよくいたみたいだし、たぶん昔はそうして身を持ち崩し、自然に消えていったのだろう。

女は・・。少し前に、「ヨコハマ買い出し紀行」のエピソード解説をするサイトでこんな話を読んだ。物語では、人型のロボット(人類に極めて近い)が多数作られたが、男性ロボットは「弱い」らしく、ほとんどが早いうちに「死んで」しまった。サイトの解説者は言う。「生物の基本は女性であり、(社会の衰退等で)所定の目的を失った男性は、先に消えていった、ということなのだろう」と。

実を言うと、この解釈を読んだときは、はけっこう心にしみた。たしかに、女性のほうが適応能力は高いし、生活力もある。歴史的には男性中心社会が長かったが、これは人類全体がフロンティアに接している時期が長かったからだろう。そのころは男性の価値観、スケールで物事が語られていた。

時代が落ち着いてくると、女性が本来の力を示すことができるようになる。女性が社会の中心になり、女性の価値観、スケールで物事が測られる。今がそうなのだろう。今年は世界中で女性リーダーが登場したが、そのことを裏付けているのかもしれない。

地球上にもうフロンティアはなくなってきた。用済みになったおっさんは、「ただ消えゆくのみ」ということもできず、弱った体で「老害だ」と言われ続けることに甘んじるしかない。いろいろ無念の思いもあるだろうが、まあそれも世の常だ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

間が

2016年09月28日 | 日記・エッセイ・コラム

少し間が空いてしまいました。

週末は少し忙しくて、移動したり待ったり。

友人のコンサートにも、ぎりぎりで会場に駆けつける始末。出口から7分と地図にはあったのだけど、そもそも出口までの通路が数百メールあって・・。もちろん走りましたとも。。

そのコンサート、初めて聞いたのですが、素晴らしかったです。モーツァルトの宗教曲からいくつかと、シューベルトのミサ曲。前者のいくつかは多少聞きかじったことはあるが、後者の曲を聴くのは初めて。

ソリストも立派でしたが、100人編成程度の合唱も見事なもので、けっこう聞き入ってしまいました。プロの合唱団でも、なんだか世間ずれしたような演奏をされると興ざめするときがありますが、アマチュアなりに音楽への愛情を魅せる演奏というのもあるようです。。

 

もともと僕は、クラシックに関しては、おおむねミドル・オブ・ザ・ロードをうろうろしていて、日常は古典派からロマン派初期の交響曲やら鍵盤楽器あたりのCDを漫然と聞いていることが多い。声楽では独唱はそこそこ、あとはオペラが中心。なので、宗教曲あたりはすっぽり抜けていて、大変に不勉強であります。

というわけで、当日演奏された曲のCDを、帰りがけに買ってみました。

当日は帰宅してから、疲れがどっと出て轟沈。

心は至福だったわけですが、目が覚めると月曜日、仕事。

職場にて。

もともと意見がかみ合わないので、会議などではこれまでやや遠巻きに意見を述べる、みたいにしていたのですが、ちょっと思うところもあったので、やや踏み込んでものを言ってみた。そうすると意見がぶつかる。押し加減は調整はしたが、一度踏み込むと、自分の中がだんだんと辛いことになってくる。

前線の軍隊同士が不測の衝突を起こすと、事態収拾が難しくなって戦争になってしまう、ということにも似ているかもしれまい。

話し合いの席を離れ、一人になってからも、いろんな気持ちがむくむくと上がってくる。まあ、腹を立てているわけだ。

 

残念ながらというか、いままでいろんな経験を積んできた自分の理性は、そんな自分に賛同しようとしない。

心情としては怒りに身を任せたいところだが、そうすればするほど、解決とは逆の結果になりそうな気がする。事態の拡大は避けたい。

情けない気もするが、ほかの人だって別のことでうまく行かない思いをしているのだろうから、やはり同情はできない。

これでも幸せなほうだ。と思っているにも関わらず、ときおりまた収まらない気持ちがむくむくわいてきて。。

 

結局、やれやれである。もし踏み込んで言わなくてもやれやれ、と思ったかもしれないが、言えば言ったで余計しんどいわ・。

本来、意見を交換し合うことはもっと前向きなことのはずなんだが、なんでこうなってしまうのか、考えてみてもわからない。。

週末出かけたときは、食べに行ったわけではないから当然かもしれないが、どうも食には恵まれず、うまいもの食いたい感が強くなってきた。

同僚と久しぶりにお昼。これは一口アジのなんとかイタリア風、だそう。基本タニタ系健康料理の路線らしい。

お味噌汁がカレー風味なのはちょっと驚いたけど、まあうまかった。

というか、実は話に夢中になっていて、なんとなく食べてしまった。

出先で、時間がだいぶあったので、なんとなくココネさんを描いてみたりしました。。

というわけでした、って、どういう・・?

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨降って

2016年09月23日 | 日記・エッセイ・コラム

雨降って・降って・降って・降って・・

どこまで降り続くのかと思ったが、今日の夕方になってようやく降りやんだ。ただし、明日の予報も雨らしい。

今週は台風もきて、台風一過の晴れ間を拝むこともできず、それからずっと降り続けた。

シルバァウィークなんて浮いた感じじゃなくて、休んだりまた仕事したりで変な感じ。

明日は用務で出かける。出先で東京藝大の本を読みたいと思ったが、丸善にもAmazonにも在庫がない由。

人気があるのかな。

美大とか、美術専攻の人たちが、どんな青春時代を送っているものなのか、実際には知る由もないが(芸術家を職業として、社会で活躍されている方々は多少知己があるが、彼らは自営業者としての社会性をしっかりと身に着けた方々である)、つい自分なりに理想化してしまいたくなる。

本当に自分の心の核に忠実に生きることができたら、その人の作り出すものや、その人自身はいったいどのようなことになっていくのだろう。または、外から見てどのように映るものであろうか。

変な言い方だけど、行くところまで行ってしまった人は、やっぱり、相当にかっこいいかもしれません。

Twitterで誰かが書いていたけど、昔はなんとかき○○いとか言っていたものが、やがて「おたく」と呼ばれるようになる。おたくも最初はどちらかというとネガティブなイメージの存在だったのが、次第に「をたく」と変じてきてむしろ選ばれた民にちかい感覚で語られるときがある。

考えてみれば、天才というのはおたくのひとつの変形なのかもしれない。

いずれにしても、僕は若いころに何かを追求しつくし、心の核に迫ることもしなかったし、オタク的なこだわりをすることも、結局できなかった。なにかをしていると自分で作ったリミッターが見えてきて、そこでやめておこう、と思うことが多かったし、今でもそうだ。 なんとも中途半端だ。

若いころに、もっと限界まで自分を突き詰めてみたかった気はする。

でもだぶん、いろいろな環境や、生活条件などの関係で、それは無理なことだったんだろうな。

まあ、その一方で、社会人としては何度も崖っぷちに立ち、溝に落っこちては這い上がりながらここまで来たんですけどね。。

道具としてのカメラは好きだけど、写真家志望ではないので、重い機材はあまり好きではない。

使っていると相性のいい道具というのはあるもので、このG3などは、後継のG6を持っているのに、いまだにいつも手元にあって使っている。

先日G8が発表になったので、もう4代もまえのモデルなんだけどね。

今のカメラは昭和レトロ風が主流になってしまい、あまりこういう傾向のデザインは出てこない。

もうひとつの普段使いはこれだけど、さいきんはスマホにその座を脅かされている。もうちょっとシャキッと取れてくれればなあ。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入り口みつかる

2016年09月22日 | セキセイインコ

それにしてもよく降る雨です。。

今日は先日案内状の来ていた、横浜のグループ展に行くはずだったのに、朝から土砂降りの雨で、とても出かけられない。

あそこは結構な坂を上っていかなければいけないのに、この雨ではとてもその気になれず。

ので、家に引きこもり、鳥さんも外にだして(部屋の中ね)遊ばせます。

アルの体重は40.5g、先週と変わらず。彼にしては頑張ったほう。ココちゃんは34gぐらいだが、途中でアルが一緒に乗ってきちゃったので正確には計測できず。先週は36.7gと、ややぽっちゃり気味だったので、これまた頑張って戻してくれた。

鳥たちは二人の世界で夢中になっているので、その間主人は鉄道模型のレイアウト(ジオラマ)を出して遊んだりしている。

・・そういや、今朝寝坊しているときに夢見たな。大きな会場にいて、どういうわけか子犬を2匹もらった。生まれてすぐくらいの、スリッパぐらいの大きさのこげ茶の子犬。仰向けになっていて、ぐにゃぐにゃという感じだった。黄色いルチノーの小鳥ももらったが、ケージもなにもなくてそのままもらったので困ったことになったと思っていた。そのあとは仕事のモードになっていて、オフィス(現実世界では知らない場所だが、自分のオフィス)からボストン?かどこかに電話して、指示をあおいだ。「リンドンズオフィスに送ってくれ」と言われる。リンドンってLBJ? 住所も知らないから、確かめようとまた電話したが、もう通じなかった。

・・あれだね、こうしてストロボ焚くと、川の水が濁った泥水みたいに見えるんだね。。ふだんは灰青色なのですが。。

このあと、ココちゃんは久しぶりに飛び立って(さいきん飛ぶのが下手になっている。ちょっと気にしている)、久しぶりにレイアウトに降り立ってしまった。

列車は運行停止。ココちゃんを救助して、いったんおうちに帰す。

おうちですみっこ暮らししているココちゃん。扉は開けておく。

アルは気になっているようだが。

・・気が付いたら、ふたり一緒にいた。

これまで、入り口付近をうろうろしながらも、どうしても中に入ろうとしなかった(そこが入り口だとわからなかった?)アルたちだが、ついに入り口を見つけたらしい。

ココちゃんに会いたいのはもちろんだが、腹が減ったという事情もあるようだ。。小松菜に足をかけながら・。。

うおっ・・。

ぬっと出た。

・・おまえは何やっとるんだ。

遊んでいる場合か!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おじさん

2016年09月21日 | アニメ・コミック・ゲーム

自分のことじゃなくて・・って、いや別に呼ばれたらもちろん否定はしませんけど。。そういや、うまれてはじめておじさん、って言われたのは29のとき、ちょうど母親とマンションのモデルルームを見にいったときだったな。そこに来ていた、どこかの子供が急に話しかけてきて「おじさ~ん、みてえ、ほら、カエル!」と言ってくる。ほんとだ、カエルだねえ、と答えたら、その子はつい、とどこかに行ってしまった。なんだったのだろう、あれは。

なんとなく読んでいる本に飽きてきて、久しぶりに「ヨコハマ~」を読みかえしてみたのでした。

おじさんがアルファさんを泣かしちゃう場面ですね。。

この物語では、アルファさんは非常にセンチメンタルなのですが、おじさんや小海石先生も、それに通じるものを持っていて、それがこの物語を親密でしっとりとした印象にしているところがある。おじさんはアルファさんの気持ちが、時に痛いほどわかるんだけど、二人でいるときは人生の先輩らしく、あまりそういう面を見せないですよね。。(一人を語るにはまだ若すぎる」なんて言うエピソードもありました)。

おじさんは先生には多少弱みを見せます。若いころは子分みたいな存在だったみたいだし。何十年という付き合いなのでしょうね。その間に彼らや、彼らの周りの人たちや、世界は何を経験したことやら。

海に行くアルファさんとココネさんに車を貸して、おじさんは留守番。昔をおもいだして、なんか懐かしい感じ、と思うんだけど・。

という、この気持が、しみじみとわかる年代に、僕もなったわけですね。。

ほんとうに、時のながれるのははやいものです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加