うさぎくん

小鳥の話、読書、カメラ、音楽、まち歩きなどが中心のブログです。

2ドアセダン

2017年02月26日 | 鉄道、車、のりもの

久しぶりにミニカーを買います。

今回のテーマ(そんなものあるのか、という気もしますが)は2ドアセダンです。

男前ですね。

今見てもすっきりした、いいデザインです。

510の2ドアセダンは、実車はあまり見かけなかった気はしますね。

これの一つ前の、410のほうは近所の方が乗っていました。色は青でした。あの頃近所で車に乗る人といったら、となりの家が仕事用のバンを持っているくらいだったかな。

昔見た、ハルバースタム「覇者のおごり」に基づくNHKのドキュメンタリーでは、日産アメリカの片山豊氏が、BMWに対抗できる車としてこの510をOHC(当時としては斬新)、4輪独立懸架(これも新しい)という仕様に仕立て、北米での販売を成功させた、というまとめ方をしていました。ボクシーなセダンでの成功ははのちの日産車に繰り返し影響を与え続けます。

カローラもブルと同じころのものですが、カローラは少し格下の1100CCで、ボディサイズも少し小さかったはず。

ミニカーで見るとほぼ同じに見えます。どっちかがおかしいのかな。

これもすっきりとして嫌みのない、いいデザインですよね。約50年ほど前、これは魅力的に映ったことでしょうねえ。

一度乗ってみたい気がしますが、カローラの古い中古ってあまりないんですよね。取っておくようなものではないと思われたのか。コロナ/プレミオとか、例えばローレルみたいな車だと、1オーナーで大事に乗られた車が残っていたりしますが。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コンパクト シティ

2017年02月25日 | 日記・エッセイ・コラム

ちょっとタモリの番組のようなな話になるが、長年親しんできた町から、別の環境に触れてみて、改めて実感したことがある。それは、徒歩(と鉄道など公共交通機関の利用)を中心とした街と、自動車を中心とした街との、街の「スケール感」の違いだ。

自動車を中心に考えられた街を歩くと、なんだか飽きてくるし、いくら歩いても変化が少なくて、歩くことが苦痛に思えてくる。徒歩を前提とした街というと、駅前の商店街とか、昔からの街ということになるが、ここを車で移動するのもまた楽なことではない。それぞれ、移動手段に適応した街づくりになっているのだ。

それと、人が良く歩いていると、細かいところに目が行くので、街がよりきれいに整備されている感じがする。大きな街道の歩道などは、どうしても埃っぽくて掃除が行き届かない感じになりがちだ。車で通っている分には特に目立たないのだが、ゆっくり歩くと嫌でも目につくのだ。徒歩の街だと、街の人たちがこまめに手入れをして、美観を保ちたいという気になりやすいのだろう。建物などもそうだが、庭や公園などの施設などもきれいに保たれやすい。街全体がちいさくて、整備しやすいのだ。

とはいえ、街がちいさければ店などの品ぞろえも十分ではないし、観光地でなければ人もたくさんは集まらない。車中心の街なら、多くの集客が望めるし、店舗の規模も大きくしやすい。都心の中心部の住宅が、必ずしも買い物などの生活環境に恵まれているとは限らず、むしろ郊外の町に住む人のほうが近くに安くてなんでもそろう店に恵まれている、ということは、なんとなく想像がつく。

どちらが良いのか、という質問に答えられるだけの見識はないが、とりあえず僕は歩くのが好きなので、歩いて楽しい町のほうが良いとは思う。

今回生活環境が変わるにあたり、改めて今まで住んできた街が、コンパクトできれいにまとまった街であることに気づかされた。それが当たり前のように思い、なんとも思っていなかった町の風景だが、そうだったのだね。

というわけで、小さき良き町から、あたらしいまちにうつることになりました。

郷に入れば郷に従え。じぶんの車、買おうかしら。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2000

2017年02月25日 | 鉄道、車、のりもの

すみません、番号だけ残しました。。

斜め後ろにいたときは、マツダロードスターかな、と思っていたのですが、よく見たらトヨタ2000GTでした。

そのうち前に出て来ました。

大きさは、マツダよりも少し小さい気がします。

50年近く経過しても、古くなっていないボディデザインは驚嘆すべきですね。

会社の子に見せて話をしたら、こういうのを見ていると、自分でも免許を取って運転したくなる、のだそうです。彼女はレースカー好きです。

僕は時々、古い車の中古車情報を見てはため息ついてます。スポーツセダン系も、今のはムキムキみたいのが多くてどうも。。ああ、昔はよかったとつい言いたくなっちゃうな。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビデオテープ

2017年02月23日 | 家電

そうなることはわかっていたはずですが。。

探し物をしていて、戸棚を開けると、大量のテープが出現。

この際、本当に必要なものだけ残して捨てようかと。

思って、何年振りかでデッキにテープを入れたら。。

案に相違してちゃんと動くことに感激。

そろそろVHSにも秋風が目立つようになっていた、2002年に、あえて買ったデッキですが、15年を経て健在な模様。

もっくん。むちゃくちゃになつかしいです。

全大河ドラマ中、個人的に一番好きなシリーズです。

ちょうど、ここに越してきたときにやっていたんですよねえ。。

整理するつもりが、つい見いっちゃう、ていう落ちですよね。

まさに昼間、会社の子とそんな話をしていてたその日に。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

その先にはおおきな沼が広がっている

2017年02月20日 | カメラ、写真

ここ数年、CP+には毎年行っていたような気がするが、今年はちょっと無理みたいだ。

特に見たいものもないが、さいきん出た製品でひとつ興味があるものを聞かれたら、Pentax KPになるだろう。

発売は23日だが、もう展示品が量販店においてあった。ので、横浜に行かずとも触ることができた。

小さいですね。。

展示品にはDA20-40mm F2.8-4.0 Limitedが組み合わせられていた。近くにいたリコーの販売員さんによると、予約ではこの組み合わせが一番多いのだという。

こちらにはほとんど予備知識がなく(レンズキットの設定がないことも知らなかった。もちろん発売日も)、Qシリーズのユーザーであること、一眼レフは10年以上前のニコンで止まっていることを伝えて、話をした。Qの操作メニューは実につかいやすかったので、興味はあると。Kマウントのレンズはないので、1からとなるが、というと、それなら最初は18-135mmでしょうね、ボディと合わせて17万いくらかです。レンズは別なので、ポイント使ってレンズも買えますよ、という話に。たしかに、それだとだいぶハードルが低くなりますなあ…。

今は使う機会もないので、半年ぐらいしたら。。そのころにはだいぶ下がっているのでは、と聞くと、価格の問題はメーカーでも悩みでして、今回これは、最初から価格を低く抑えているんです。だから、半年たっても変わらないと思います。去年出たK-1も、1年間変わってません。なるほど。

まあとにかく、気に入った。

ここ1,2年、こういうものには投資を抑制しているので、もう少ししたら、何か考えることになるかと思う。とか言って、いつでも「検討」はしていたりするんだけどね。去年PEN-FやGX8が出たときも、考えたことはあったが、1年たった今となるとね・・。昨日はNikon D5600(出たことを知らなかった)を店頭で見かけた。先輩いわく、ニコンは選んでいるうちに、どんどん上位機がほしくなってしまう、そういう製品構成になっているという。確かにそうかもしれない。D5000系列はちょっと小さくなりすぎではないだろうか。MFTと見まごうほど小さいが、レンズはそれほどは小さくできないから、ちょっとした望遠ズームでもボディとレンズがアンバランスになりそう。

むかし、さんざん悩んでフィルム一眼レフNikon F80Dを買ったとき、組み合わせたのはTamronのA03(28-200mmの高倍率レンズ)だった(当時ちょっとした流行のように、よく売れていた)。今回販売員さんが推奨の18-135mmと同じ用途のレンズだ。これがあればとりあえず万能で使えるかな、と思っていたが、その後数か月で単焦点50mm, 広角17-35mを揃えてしまった。

MFTのときもそうだ。最初はそもそも市販のレンズラインナップ自体少なくていいなあ、と思ってたが、気が付くと。。なので、マウントを新しくしたら、その先がどうなるのかも、考えておいた方がよい。

ペンタックスのカタログを見ると、豊富な単焦点DAレンズ群が嫌でも目に入る。

その先にはおおきな沼が広がっている、と考えた方がよさそうだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加