うさぎくん

小鳥の話、読書、カメラ、音楽、まち歩きなどが中心のブログです。

タイムカプセル

2017年03月20日 | 日記・エッセイ・コラム

暖かな連休だったが、僕はいくつかの用務で外出したものの、ほぼ家にこもって整理を続けていた。

とはいえ、ここしばらく睡眠不足でひどい状態だったので、休みを取ることも大事な仕事だった。こういうことしていると、とにかくまとまった時間がほしくなる。そうするとどうしても夜型になってしまい、数日間の平均睡眠時間が3時間強という事態になったりする。実際、昨日も電車に乗って座ると間もなく意識がすっ飛んでしまい、気が付いたら目的地、ということを繰り返していた。まさにここはどこ状態。

さて、以前から戸棚や押し入れの書籍が、今回最大のネックになろうと思ってはいたが、なかなか手を付けられずにいた。先週はそれでも、かなりの雑誌を資源ごみに出した。夜出すと持ち去り屋にさらわれてしまうので、朝早くから少しずつ出すのだが、それでも完全には防げない。朝の6時過ぎに、ひもで縛った書籍などを少しずつ指定場所に置いていく。いったん戻って、数分後に戻ると、もうなくなっているのだ。電柱の陰で狙っているのだろうか。。

勿論、こちらとしては所有権放棄して整理してもらうために集積所に持ってきているのだが、なんか気持ち悪いじゃないですか。。資源ごみは「資源」なのだし、僕らの出す相手は公共の自治体のはずなのに。。

まあ、そんな話はともかく、雑誌でも書籍でも古本に回すことはできるはずなので、ネットで古本屋さんを探して引き取ってもらうことにした。これなら業者さんと相対で取引することになるし、まあ多少のお金ももらえる。これこそが本来の取引だ。

とはいえ、古本屋さんは回収業者ではないので、価値のないものは向こうももらいたくはないだろう。その辺申し訳ないとは思ったが、電話でその旨伝えて、来てもらった。

鉄道関係の雑誌が多かった(この道40年、古本を買ったことは多いが、手放したことはなかった)が、スペースの関係で今回泣く泣く手放すことに(とはいえ、手元に残すものもかなり多数あるが)。ほかにも、本棚に収まりきらずに押し入れに箱詰めしていた単行本、文庫、新書その他多数を引っ張り出して並べた。

こちらを読んでくださっている方にはお分かりかもしれないけど、僕はなんでも取っておくことが好きな人だ。だからこそ今苦労しているのだが、今苦労している、ということは、逆に言うと、徹底した保管マニアではないということでもある。本物のマニアなら、悩むことなく全部取っておくだろうから。

それはともかく、掘り出して処分した雑誌類の中で、いくつか興味深いものを。

インターネットマガジン 99年7月号

特集 いま インターネットが面白い100の理由

集中企画 本気で使える電子メールテクニック

特別企画 それはmp3から始まった 疾走するノンパッケージミュージック

仲間でつくろう パーソナルメーリングリスト など。

こうしてタイトルを眺めていると、やはり保存しておきゃよかったかな、という気もしてきますね。。

同誌は発展的解消の上、ウェブ上のコンテンツとして盛業中の由

FMVファミリー 1997年No.1 月刊化第一号。

こういう、メーカーのシリーズごとに作られる雑誌の歴史は長くて、古くはOh! FMなどの名前で出ていた。Oh! FMも買ったことがある。

これを買ったのはもちろん、僕が富士通のFMV5133というパソコンを買ったからだ。既にDOS/Vの時代だから、メーカーごとに紙面を分けるほどの必然性はあまりなかったのかもしれないが、昔からの流れで分けていたのだろう。

こんな時代も二度と来ないという意味で、手元に置いていてもよかったとは思うが、まあきりがないので。

ASAHIパソコン 98年6月1日号。windousはそろそろ98が出るという頃ですね。

表紙がパット・メセニーさんというのも豪華な感じですが、わりと敷居が低くて、オタクっぽさのないという意味でこの雑誌は好ましい印象がありました。会社のネット環境もようやく、各個人すべてのPCがネット接続できるようになり始めたころでした。まだまだITリテラシーは低く、僕の上司も初めてネットにふれて「あのヤッホーっていうの、面白いね。。(もちろんYahoo!のこと)」などと言っていた時代でしたね。。

バブル崩壊後、一時的に車の方向性が乱れいていた時期ですね。それまでのコスト意識が一気にひっくり返って、安っぽさを前面に打ち出したような?新車も出てきたり。プリウスが出るのはこの数年後です。

間違いだらけの・・は、古本でそろえるなどして、一時期すべての年の分がそろっていたころもあったのですが、今は手元に1-2冊残すのみ。

文庫版で、珍しくもなんともないのですが、気になったのはなぜか付箋が張ってあるところ。何考えて付箋をつけたのか、思い出せない。。

動物のお医者さんは一時期、オフィスで流行ったのでした。あと、「アドルフに告ぐ」も。オフィスの女子グループに混ぜてもらって、回し読みしてました。

 

文庫の大半は捨てましたが、それでも結構残っています。パッと見て、直感的にこれはいる、こっちはいらないとやるのですが、そのとき結局基準になったのは、その作家が好きかどうか、だったみたいです。。村上春樹、安倍公房、井伏鱒二はかなり残した。司馬遼太郎は、好きじゃないわけではないけど、とりあえず今読み返したいとは思わなくて。。藤沢周平は残した。あとは、辞書代わりに使える「世界の歴史」とかは結構残したけど、歴史書も時間がたつと記述が変わっていくので、残すべきだったかどうかは。。

というわけで、パンドラの箱は開いてしまいました。

実はこれで終わりではないのですね。押し入れの上段は今回手を付けてないし、シュレッダーすべき書類はまだ見始めたばかり。カメラやオーディオのカタログは、スキャンしようとは思っているけど、時間的に無理かもな。。

押し入れというのはまるでブラックボックスで、多少整理すれば膨大な書類を収納することができてしまうんですね。

そういえば、3.11のときは、細長いCD棚が倒れたことと、押し入れの書類が部屋に散乱したのが印象に残っています。

その写真を掲げておきましょう。おそらくは家の構造がやわで、我が家の地震被害は近所のほかの家などより格段にひどかったのだと思います。

当日、この家にいたらそれこそケガしていたかもしれない。

これは12日午後の早い時間の撮影ですが、同日の午後7時ごろには、一応室内を歩ける程度にまで復旧しています。

ただ、このときは応急的に並べなおしただけで、きちんと整理しなおしたのはゴールデンウィーク前半だったと記憶しています。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早春

2017年03月19日 | まち歩き

ここのところずっと、家で夜な夜な片づけをしては、深夜に車で戻るという生活をしている。

なので、昼間の近所の風景が物珍しいというか、なんだか家にいるのがもったいような気分になってくる。

間もなくここを去るという感傷は、たしかにあるのだが、実際には今後もこの地域と縁が切れるわけではない。なので、引き続きこの地域の変遷を見続けていくことにはなるのだろうが、まあ地元ではなく他所の地になれば、風景の見え方も違ってくることだろう。。。

本当は片づけも終わっていないが、ちょっと疲れたので一息。。

この地に来たときから閉店し続けている、札幌ラーメンの店。ちょうど交差点に近いところにあるのだが、この辺に住まう前はこの辺をよく車で通っており、そのころからこの店のことは知ってはいた。信号待ちのとき、窓に張られたこの、劇画のキャラクターみたいなシールを見ながら、ぼんやりと考え事をしていたのだ。

やや線の太い、白土三平とか矢口高雄あたりを思わせるような絵柄。このひと、たぶん色白で女性にしては上背が高くて、ちょっとどすの利いた、低めの声で並み居る荒くれ男たちを仕切っているんじゃないかと。

などと昔は思っていたのだが、改めてこの絵を見るとそんなに印象深い絵でもないですね(^^;。年月を経て、オーラが消えてきたのかしら。

今日は久しぶりにワカケさんの声を聞いた。ただ、数は相当減っているはずだ。

一般論として、お寺は瓦葺、神社は藁葺や銅板屋根のことが多いらしい。

久しぶりに街を撮り歩いたが、こういうのは慣れないとなかなか感覚がつかめないものだな。。

さて、明日は荷物や業者を待つ間、家で作業の続きをしないと。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さいきんの移動音楽事情

2017年03月18日 | うんちく・小ネタ

 ひと月ほど前にこの記事を書き始めたが、多忙でまとめる時間がなく、ずるずると時間がたってしまった。

通勤などの移動中に(再び)音楽を聴くようになったのは1月以降のことだ。いつの間にか季節も廻り、今の生活様式も定着してきたようだ。

数年前の健康診断で、聴力が基準よりも落ちている(無音の環境でもわずかに高音の耳鳴りがする)と言われた。それ以来、耳を酷使するヘッドフォンステレオを通勤時に聞くことは止めた。1年ぐらいしてから、偶にはいいだろうと思って休日に長時間電車に乗るときとかは聞くようになったが、習慣的には聞かずにいた。

しかし、昨年末以降電車に乗っている時間も長くなり(通勤に加え、家と仮住まいともよく移動する)、だんだんと移動中の時間がしんどくなってきた。もちろん本も読むが、混雑具合によってはスマホも開けない時がある。

というわけで、自然イヤホンを耳にすることが多くなってきた。

しばらく使っていなかったウォークマンを再び使い始めた。さいしょはPCを何度かリカバリするなどして、音楽データをなくしてしまったものが多く、コンテンツ的にあまりぱっとしなかったが、改めてリッピングしたりして、徐々に環境を整えた。

音楽データがふるいのは、1年ほど前からGoogle Play musicを使い始めていたからでもある。Googleのコンテンツは、主に仕事で一人オフィスに残っているときなど、タブレットに音楽データを落として聞いていた。または、キッチンなどでBluetoothスピーカーと接続して、家事をしながら聞くとか。外出中に聞くことはほとんどないので、それほど積極的に使っていたわけでもない。3か月100円のお試し期間を経て、今は月に980円かかっているが、あまり聞かないのでやめようかと思っていた。

ただ、せっかくライブラリをまとめたことでもあるし、せっかくだからもう少し活用してみようと思い、Amazonで評判の良かったSoundPEATSのQ12というイヤホンを買ってみた。

このブランドについて予備知識はなかったのだが、ランニングなどのときに使えるイヤホンとして、ネット上では結構な評判になっているようだ。価格も安い。これを、Google Play Musicからコンテンツをダウンロードしたスマホを接続して聞く。スマホはこのほかに、普通にパソコンからダウンロードしてきた音楽や、ボイスレコーダーの音とかも入っているので、それも聞ける。テレビの録画とかもあることはあるが、あまり見ていない。

こんなポーチが付属している。本体に比べてやや大きい気もするが、ある程度のサイズがないとなくしてしまうのかもしれない。

本体はこんな感じ。リモコンには3つのボタンがあり、電源のオンオフ、Bluetooth接続、音楽のオンオフ、スキップ、音量調整すべてできる。充電はUSB端子から。

 

で、いまのところこの二つ(パソコンのリッピングデータを取り込んだウォークマンと、Q12+スマホ)を併用している。

はっきりした使い分けがあるわけではないが、Google Play musicはクラシックが弱い(コンテンツとしてはあるのだが、リファレンス性が悪くて、ライブラリには入れていない)ので、自然ウォークマンをクラシック系、それ以外をスマホみたいな使い分けになっている。とはいっても、ウォークマンにもカーペンターズやらキャロル・キング(それってクラシックじゃ?)も入っているが。スマホというか、Google Play musicではプレイリストに昭和歌謡みたいのも入れてあり、いしだあゆみとか岩崎宏美とか(だからそれってクラシックじゃ?)も聞ける。

音質でいうと、やはりウォークマンのほうが多少良いようだ。それよりも、ノイズキャンセルが強力だという点のほうが大きいかもしれない。3年前の製品だが、昔に比べるとノイズ遮断技術は隔世の感があるなあ、と改めて思ったりする。Q12もノイズキャンセル対応になっていて、一般的にはこれでも十分だが、ウォークマンのほうが遮音が強い。

スマホ付属の音楽プレーヤー(Samsung製)は、アルバム単位で演奏する場合、そのアルバムが演奏し終わったらアプリも停止する。ウォークマンはアルバム単位で演奏して、そのアルバムの最後の曲が終わると、次のアルバムの演奏に移る。外出して手が塞がっているとき、これは結構便利だったりする。

それと、ウォークマンはイヤホンが有線だが(Bluetoothもついているが、これが酷い代物で、全然ペアリングできない)、これも案外と使いやすかったりする。Bluetoothは電源入れてペアリングしないといけないが、出先でQ12の小さなボタンを長押しして接続を確認して・・とやるのは案外ストレスだったりするのだ。きちんと接続できないまま、スマホの演奏ボタンを押せば本体から音が出てしまう。電車の中でそれをやったら、そりゃ恥ずかしい。。なので、有線であることは必ずしもディスアドバンテージとも言い切れないのだ。

家の自動車はBluetoothをサポートしている。車での移動は、スマホをつかった音楽演奏の独壇場だ。 さっき書いたように、ウォークマン付属のBluetoothはとても弱くて、車では認識できない(というより、ほとんどの機器と接続できない)。ここで問題となるのは、さっき触れたアルバム単位での演奏終了だ。運転中に演奏が終了したら、スマホ画面を見ながら別のアルバムを選択して・・などとは簡単にはいかないし、だいいちそれは違法だろう。グーグルではなく、スマホのミュージックプレーヤーなら車側である程度操作はできる。グーグルのほうはそれもできないので、長めのプレイリストを準備しておくしかなさそうだ。

話は少し変わるが、引っ越し時に廃棄予定のスピーカー、TEAC S-350。

既に結線を外されて久しい。もとはサブシステム用として、テレビともつないで使っていた。一見シングルコーンに見えるが実は同軸の2ウェイで、突板仕上げの上品なキャビネットと相まって、同社が輸入代理店をしているTANNOYのスピーカーを思い起こさせる。システム構成から、ニアフィールドで聞くと精密な音場感が味わえる、と紹介されていたが、それほど切れ味の良い音という感じではなく、個人的には上手に使いこなせなかった、という印象が残っている。試しにミニコンポにつないでみたことがあるが、こもったような音になり、結果はよくなかった。経年でエッジが切れてしまい、中古でどこかに持ち込むこともできなさそうだ。

22年前に買った、ミニアクティブスピーカー。電池2本で動く。ウォークマンにつないでよく出先で使っていた。こちらこそ、ニアフィールドで聞くと信じられないくらい、精密な音場が再現される。よく枕元において聞いていた。

今の家の引き渡しを受けた後、家具の配置を決めようと家の中に入ったことがある。このスピーカーとポータブルMDを持ちこんで、外にどのくらい音が漏れるか、確認してみた。窓を閉めて外に出てみたが、案外盛大に外に音が漏れることがわかり、ちょっとがっかりした。当時はマンションに住んでいて、音漏れに関する隣家との関係に神経を使っていたのだ。曲はモーツァルトの36番か39番の交響曲だったと思う。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Green

2017年03月16日 | 日記・エッセイ・コラム

先日軽く触れたが、今の家の近くにある、小さな森の伐採が進み、もはや森とはいえないほどになってしまった。

実際、何か別の用途に使うために伐採しているのだろう。いくつかの大きな木は、区の指定樹木となっていてこれらは伐採できない。それ以外の、椿のような背の低い樹はみな切られてしまった。

 公共の公園などでも、維持管理には相当の人手と費用を必要とするが、こうした都市部に「森」を維持して行くことの難しさは想像がつく。実際、持ち主の方と立ち話をしたことがあったが、自治体の人からも色々言われたり、たとえば台風の後など、落ちてきた枝や葉を掃除するだけでも大変な労力がいるのだそうだ。

美しい花を咲かせる桜も、虫がついたりして色々大変らしい。

理解はできるが、心情的にはやはり寂しいという気持ちをぬぐうことはできない。

などと、考えながらGoogle ストリートビューを見ていた。

今回初めて気がついたのだが、デフォルトでは最新の画像が表示されるが、同じ場所の過去の画像も見ることができるんですね。

毎日眺めていて、その場では変化に気が付いていても、忘れてしまっていた色々の事がよみがえってきて、かなり面白いです。

今は整骨院になっているところが、以前はコンビニだったりとか、いつも通る駐車場に止めてあった、古い車がいつごろまでそこにいたのかとか。

もっと些細なこと、いまはきれいに整備されているフェンスが、少し前まで赤さびた古いものだったりとか。毎日のように通っていたので、ディティールがよみがえってくる。

そんなものは写真にとらないですからね。

緑の話に戻ると、ストリートビューの最も古い画像は8年ほど前ですが、その頃はかなり緑豊かだったらしい。いつの間にか、随分と変わってしまっていたのだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネスト

2017年03月14日 | セキセイインコ

気が付いたのは2月末の日曜日。その時は同窓会で道を急いでいたので撮影はできなかった。

せっせと枝を運び込んでいた。針金のハンガーも運び込まれている。

今の家の通勤途上だが、既に仮住まいにいることが多くなっていて、撮影の機会はなかなか訪れず。

ようやく先日、Q-S1+06 TELEPHOTO Zoom で狙ってみたが、ちょっと小さいかな。

巣の持ち主はカラス。おそらく都の対策なのだろうけど、ここに住み始めたころに比べると随分カラスの数は減ったが、もちろんいなくなったわけではない。

ただ、このように巣を作るのを見るのは初めてだ。

別の話だが、以前はしょっちゅう鳴き声を聞くことができたワカケホンセイインコを最近見かけないな。どこへ行ったやら。

話変わって、ココちゃんのお宅にお邪魔しているアル。

なんて顔しているんだ、アル・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加