疾風の如く!

弓道と美人画に生きる日々。

映画「道士下山」

2017年07月13日 | Weblog




主人公は、山奥の寺院で育った、武術の才能を持つ冴えない男。

この男が、下山して、俗世間を垣間見るお話です。


・・・が、この映画、後から後から登場人物が追加されて、

いったいなにがどうなっていくのか見当がつかなくなります。




重要人物が一人が死んだら、芋づる式に次の重要人物につながって、また次に・・・。

正直、こういう構成は、見ている人を混乱させます。

主人公も、物語の語り部的な存在で、親しみはあるもののかっこよくはないし・・。

肝心のアクションも、CGとワーヤーでぶっ飛びすぎてる感がありました。



まあ、唯一、この人だけは、雰囲気があってかっこよかったですけど、

武術を極め、悟りも開いたこの人すらも、銃に撃たれて死んじゃうという・・はあ??





武術に才能ある男が、下山していくという設定は、おもしろいけど、

自分なら、もうちょっと別の物語にしていくだろうと思います。










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 的前で勝負!! | トップ | 的前 Ⅱ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む