Tomatopiaの日記帳

クラシック、思い出、短歌、旅、政治

9月のぶらあぼ

2016-09-10 11:02:34 | 音楽

秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞ驚かれぬる

やっと涼しい風をかんじるようになった。朝晩だけだけど・・・
色々な大事件が起きる今日この頃、日本は、そして我々はみな疾風怒濤の中で揉まれているようだ。

万葉の響き-「音楽劇」だろうか、それをクラシックとして聴ける日がきた!嬉しい。

 

どんな新しい「日本の歌」が生まれているのだろうか、昔の西洋の曲もすばらしいけど、音楽は新しく生まれてゆくものでなくては。

 

旧朝香宮様のお屋敷。すばらしい石造りで音響も申し分ない。隣に広い目黒自然園があって武蔵野の散策がゆっくりとできる。これから紅葉が始まる。

 

はやく帰国して腰を落ち着けて頂きたい。

 

この作曲家は存じ上げないが、全作品とは思い切った試み。演奏家の方々もみな一流である。

 

このホールは海に近い。マチネだし、前後に海を散歩すると楽しいかな? 客船用の埠頭があった。だがさびれていた。いまはどうだろう? 広い道に大きな並木があった。もう何年も前のなつかしい思い出。

 

西欧の音楽は爛熟し乾燥し何もかも飛散してしまった、と言うべきだろう。東欧はいまだ静かな前世紀の、ときには中世の雰囲気を残していると言われるが・・・一度訪ねてみたい地である。

 

バレエ「忠臣蔵」! ぜひ見てみたい!

 

なつかしい歌、なつかしい響き、この時代の作曲家たちはみなしみじみと心に響く。

 

日本の歌の伝統を守ってゆきたい。みな新曲のようだ。

 

スターリンに消された?にも関わらず多くの作品が生き延びたのはよかった!ずいぶんつらい生活を送られたようだ。「機械主義」であるが他方で民謡の採譜なども行った、というのは興味深い。YouTubeでは前者の例が載っている。後者のものも聴いてみたい。

 

オルフェオ、あるいは亡くなった妻を探して黄泉の国へゆく、という世界中の古文書で物語られた人類的なテーマ。補作によって原作を完成された、というのはすばらしい。

 

このマーラーの曲、私は中学生か高校生の時に聴いてそれ以来一度も聴いてなかった。どうしてかというと・・・ これについてはまたの機会に。ピアノでなくオーケストラ伴奏での歌曲、というのはあまり機会がなく貴重。

 

私費を投じて六本木の自社ビルでこのようなイベントを続けていらっしゃるのは実に尊敬すべきことだ。コンクールのレベルも高い。いまに東京を代表するコンクールになるだろう。(9月10日)

 

邦楽が新しい表現を得つつあるのは嬉しい。日本の作曲家はみな、山田耕筰はもちろん武満徹もじつは邦楽の精神に貫かれている、と私は感じる。(9月10日)

 

「子供は宝」。額田王の言葉には深くうなづかれる。子供は愛情の源泉、思い出の源泉、創造の源泉である!

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本人のためのコンクールに戻れ

2016-09-01 10:24:32 | 音楽

前回の記事で東京音楽コンクールへの懸念を書いた。
http://blog.goo.ne.jp/tomatopiagoo/e/611f61e238cce23dd4b044b70d9e3a75
この記事の最後のあたりだ。いまもそのままの気持ちなのだが・・・

8月末、東京音楽コンクールが終り、入賞・入選者が発表されている。
http://www.t-bunka.jp/onkon/onkon.html


ピアノと声楽は一位を反日国が占めている。そもそも国を挙げて憎悪する日本のコンクールに出てみようという気持ちが分からない。良い成績を収めてコンサート開催を後援してもらっても人気は出ないだろうに・・・

これは国際コンクールというより、2国の共同コンクールとなってしまった。互いに背中を向け合う相手とそんなものを開催する必要がどこにあるのか? 無意味、かつあまりにも異形だ。結局、他のもろもろのこの種の機会と同様、価値観が相反する反日国のために日本がひたすら犠牲を払い便宜を提供する格好になってしまった。
まさにそのような都政に邁進し、最後にとうとう出自が明かされることになったマスゾエ元都知事の置き土産であるのは確かだろう。

審査員全員も審査委員長も公表されていない。審査員はピアノの方(3名だけ)はみな名前を聞いたことがあるが、声楽の方はみなまったく知らない人ばかりだ。全員の正しい本名(通名でなく)を公表してもらいたい。
審査員は言うだろう--「実際その〇国人の演奏はよかったのだ」。その時、「わが日本の文化、伝統、感性」という判断基準はあったのか? 
日本のピアノ学生と他国のかれらとは感性が、従って音も違う。他国のそれを聴くと「おお、面白い!」と思うだろう。しかし、だからといってそれが「図抜けている」などと判断してはいけない。
たとえば日本の大学の学生の大半が他国からの出身者で占められることになったらどうだろうか?-- やがて日本の文化も学問も社会も滅びてしまうだろう。

結論--コンクールは元通りに「日本の若手の発掘と後押し」という本来の仕事に戻ってもらいたい。

いま日本社会、日本文化の様々な場面で日本人の存在が押しのけられ他国人がその地位に着く動きが進んでいる。実に残念だ。
「多文化共生」、「人種差別反対」という所謂ポリティカルコレクトネスの標語が叫ばれるのだが、そんな共生はありえないし、わが日本とわれわれ日本人の社会・文化を守らねばならないのは当然のことだ。ポリティカルコレクトネスというものがいかに欺瞞的か、その「先進国」で人々は本音を語り始めている。

EUもアメリカもその失敗を犯して文化も社会も崩壊しつつあり、伝統的社会の保守への回帰に向かっている。前者はドイツがかつてユダヤ人600万人の抹殺を行ったため、また後者はインデアン虐殺(全体の95%)、黒人・シナ人の奴隷制度という原罪があるため、「イスラム難民を無制限に受け入れる」とか「黒人も白人もすべて平等」とか言わざるを得なかった。しかし日本にはそんなことを言わねばならない過去の国民的犯罪、人道的犯罪、歴史的犯罪はない。我々が受け継いできたのは世界でも最も古い誇りに満ちた文化である。この歴史を思いおこし、大切にせねばならない。それが我々に今迫られている最大の切実な課題だ。

思いだすのだが、ショパンコンクールでも何年か前、2位がなくて3位に2人隣国の財閥の息子が同位で入賞したことがあった。当時ずいぶんと話題になって「審査員全員へのわいろ攻勢」などとネットでは「炎上」した。賄賂は大昔からの儒教文明の習慣である。
その入賞者のその後は聞いたことがない。また他の回におけるその国の入賞者も「正当」であったのか、判断し難い。ときどきYouTubeで見かけたりはするが、「なるほど、あの国の感性はこんなものか」と思うだけで何ら感銘はない。

少し横道にそれるが・・・
何年か前に「劇団四季」の事件というものがあった。これは劇団員がある時いっせいに日本人から〇国人に代わってしまったのだ。正しく美しい日本語が舞台から聴こえてこず、演技も姿も日本人のものではなくなり、出演者も通名で発表され、ポスターではどれが日本人でどれが〇国人なのか分からず、日本人の公演を選ぶこともできなくなった。これを嫌った固定客はみな離れてしまった。日本は大衆的な音楽演劇という大切なジャンルを失った。

これは劇団運営者がその国を訪問して公演許可を依頼したとき、交換条件でそんなことを受け入れたためと言われる。どんな対価を得たのか知らないが、自分の利益と引き換えに国の文化をそっくり反日国に売り渡すとは、言葉を失う。

(そういえばこの人はかつて長野の冬オリンピックで演出の責任者をやり、その時入場式の行進曲に「ある晴れた日に」--アジアの植民地支配時代、日本の現地妻が自分を捨てていった白人の男の帰りを信じてひたすら待つ歌である--を使って我々国民をいたく恥づかしくいたたまれない気持ちにさせた。未だに忘れられない。 ついでに言えば、その時の音楽監督は名前がよく知られたあの老指揮者であった。)

テレビ放送が、そしてそこに登場する「音楽」や「芸能」がみな日本人の支配を離れつつある。いまやとうとうクラシックにまで及ぶのか、と感慨深い。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

靖国へ

2016-08-17 11:41:03 | 日記

 一昨日15日午後、靖国神社にお参りした。恥づかしながら初めてであった。

私の父、長兄は従軍の経験がある。しかし無事に戻ってきた。その頃の軍服姿の写真を見たことがあるが、詳しく訊ねたことはなかった。もはや鬼籍に入ってしまったため、もう訊きなおすことはできない。

最近そのような家族の歴史がふとしたはずみに思い出されてくるのである。父は、母は、兄は、そして姉は、その時どんな風に生きたのだろうか?・・・・ 当時、私は幼児で、おぼろげにかれらの笑顔や話しっぷりや夕食の団欒くらいしか覚えていない。
いま私の生涯で初めて、当時の人たちの気持ちをじかに知りたい、と思っている。

 

『空を衝くような大鳥居・・・』 かつてよく歌われた歌謡曲を思い出す。
 https://www.youtube.com/watch?v=10o8dWULtjY

 

 

今日はとても混み合っている。 10万人以上だったそうだ。

 

遊就館の正面玄関。これは「武の歴史館」とも呼ぶべきものだった。とても内容が充実しており、1、2時間で見尽くすことはできなかった。まる1日必要だろう。収蔵品は単なる「軍事記念品」ではなく、みな芸術品の域にある。改めてまた訪れるつもり。地方の方、ぜひ1泊、2泊してでもここを訪ねられることをお勧めします!
http://yusyukan.yasukuni.jp/history/index.html

もう一つ「靖国偕行文庫」という文書資料館が隣にあるそうだが、知らなかった。こちらも同時に訪れてみよう。
http://www.yasukuni.or.jp/archives/

 

 

 遊就館のロビーに飾られた「零戦」戦闘機。工芸品のような、と言っても過言ではない素晴らしい作りだ。これは、この施設に飾られたすべての品物についても同様だ。薩摩藩が造ったという大砲なども、今日の製品、と言われても通用するだろう。日本の技術や創造力は当時から高かった。誇らしいことだ。

 

多くの参拝記念品を各所で売っていたのだが、持ち帰る体力が不足。これ一冊だけを買い求めた。「聴け、わだつみの声」と同様、戦いで命を落された父や兄あるいは祖父の世代の方々の遺言が多く記されてあった。 

 

 

 同日、神田小川町からここ九段下にかけて、2つのデモ行進があったという。一つは共産・在日の「反天連」によるデモ、もう一つはそれに対抗したデモ(桜井誠氏も参加されたようだ)。デモのことは帰宅後に知った。実況記録で見てみると参加者はこちらの方が圧倒的に多かった。
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/ (16日の記事)

 

 

 そして、その数日前、シナの海軍民兵や軍艦が尖閣諸島に迫ってきた。今日もなお居すわっているそうだ-- 戦後の歴史で今年は転回点になるのではないか、という気がする。気持ちを引き締めてゆかねば・・・

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミトローヒン文書

2016-08-11 11:22:27 | 政治

「KGBと世界」という標題のいわゆるミトローヒン文書(Mitrokhin Archive II)と呼ばれるソ連の機密暴露文書が公刊されていることを知って早速入手し、その一部を読んでみた。

 

 

この文書は、外国の諜報活動の監督を担当していたソ連KGBの工作員ミトローヒン(活動期間は1948年~1984年)が1992年に英国に亡命し当局に手渡したものである。

原著は600ページ余りの大著だが、その中から日本に関する20ページ足らずの部分だけを要約して紹介する。

1948年から1984年とは、日本では片山哲、芦田均、吉田茂、鳩山一郎、石橋湛山、岸信介、池田勇人、佐藤栄作、田中角栄、三木武夫、福田赳夫、大平正芳、鈴木善幸、中曽根康弘と多くの内閣が交代した時代である。

この間、この著書に述べられたような諜報工作がわれわれの知らないうちに行われていた。ロシアとなったソ連は今もこれを続けているに違いない。またその他の諸国、特にあの3つの隣国も同様である。

それ以上に日本の政治・社会・文化・組織に入り込んで力を行使していることは、いまや誰の眼にも明らかになっている。たとえば先の民主党政権では同党国会議員のうち70余名が朝鮮系の帰化人であり、政権党である自民党にも親韓議員が派閥を成し、ともに政権に関与している公明党も在日外国勢力の支配下にある。短期間ではあれつい先日まで都知事の椅子が朝鮮系の手に渡っていた。

国の根幹である官僚組織も各地では地方官僚に朝鮮人が大量に入り込み、国を分断する地方政治を実現している。中央官僚にも帰化人が日本人の名前(通名)を使って多数採用され、外国のために働き日本を根幹から崩壊させている。

左翼政党はすべて外国系に支配され、市民運動という名前で外国人の政治運動が跋扈し、いま日本はあらゆる部分でかれらによる乗っ取り(=背乗り)状態にある、といってもよい実に危険かつ残念な状態である。

これまで我々は「朝鮮進駐軍」の暴虐や、今やっと全貌がわれわれに明らかにされつつあるGHQ・米国によるあからさまな日本支配の振舞いを目にしてきた。ソ連の暗闇での工作がこの著書に描かれたように行われたのならば、われわれの目の辺りにしたあれらの国々の裏工作はどれほどのものだったのだろうか? 

著書に示された多くの工作は、いま沖縄で進んでいる状況と相手の国以外すべて合致することにある種の感銘を受ける。

http://midi-stereo.music.coocan.jp/blogcopy/mitrophin/mitrophin.htm

(今日から数日かけて掲載する予定)

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぶらあぼ、8月

2016-08-08 08:08:04 | 音楽

毎日暑い。8月1日の前後2週間は毎年覚悟しているが、今年は特につらい。
きょうは8日、朝晩は涼しくなった、と感じられる日が待ち遠しい。
今月も色々あって、書くべき記事をいくつか落してしまった、残念。

 

ここは毎年モツアルトの歌劇をやっている。いつも魅力的である。上手、下手、というのを通り越して、ともかくさわやかで気持ちよく聴かれ観られるのだ。

 

このような編曲に接したのは初めて。バッハはどんな編曲も受け入れる人だったと思う。ピアノでの演奏もチェンバロなどより相性がいい、と思えることもある--ただ、調律が古典調律でないのをいつも残念に思っているのだが・・・

 

 

 

エレクトーンが現代の万能オルガンとして登場するのをよく目にするようになった。特に違和感はない。かつての「電気音」という印象もなくなった。足鍵盤の音域がもっと広がればいいのだが・・・

 

邦楽家だったご先祖の記憶が自分の音楽によみがえる--そのようなことは音楽家であってもなくても誰もが経験することではないだろうか。われわれは毎日近い、そして遠い先祖を思い出しながら生きている。

 

武満徹の後継者を自負する外国の作曲家がいらっしゃるようだ。日本ではどうなのだろうか?

 

「絶滅危惧種」的で「前人未踏系新種」とは、いったいどのようなヴァイオリニストなんだろうか?

 

われわれに最も親しいクラシッグは日本の歌だ。その系譜をすべて辿ってみたい、といつも思っている。

 

少年少女たちのオーケストラ、ぜひ聴いてみたい。(21日と27日)

 

また今年もこのスクールの季節となった。今回は、いつも名前だけの「ドレンスキー教授」がおいでになるもよう。(13日)

 

このコンクール、日本でも一番興味深い登竜門となったと思う。(18日)

 

2次予選が始まるようだ。(ピアノは28日)
今年から応募も審査も「国際化」したとのことだ。

例のマスゾエ知事 (第9の演奏会に公費・公用車を使って家族で行っただけでなく 「音楽政策」 にまで手を出していたとは驚いた) の置き土産と推察されるが、案の定、隣国から数名の予選通過者が出ているようだ。このコンクールはもともと、わが国の若手を発掘して応援するというのが趣旨だったはず、それなら国籍限定であってよい。やはり「国際化」している仙台のコンクールもそうだが、徒らに「国際コンクール」を標榜するのは意図に反した(?)結果となるだろう。
念のため、このコンクールの主催者は、東京都、文化会館 (都営)、読売新聞社、花王株式会社(この会社は親韓として有名)。

たとえば、邦楽や日本語歌曲、邦人作品、現代音楽で国際コンクールを、というなら日本発のクラシック音楽の後押しであり、全く問題はない、というより、そのように世界に向けて主張できるような地位を日本が早く占めることを待ち望んでいるのだが。

国際コンクールは国の威信をかけて行われる。ポーランドのショパンコンクール、(旧)ソ連のチャイコフスキーコンクールを見れば、一目瞭然だ。それが逆の印象を与えることになったのでは元も子もない。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加