Tomatopiaの日記帳

クラシック、思い出、短歌、旅、政治

ベトナム祭に行く(代々木公園)

2017-06-14 00:18:04 | 旅行

 

10日と11日「ベトナムフェスティバル」というものが代々木公園であった。懐かしさもあってたち寄ってみた。

 

 

原宿から行く。真っ先に出会うのは明治神宮。心の中で柏手を打って代々木公園へと向かう。

 

このまえ代々木の森に来たのはもう10年以上前だった。一段と大きく高く深くなっていた。そして別世界のように静かである。ふかふかの落ち葉が一面に覆っていた。

 

最近来日したのだろうか、2人の記念写真を撮っていた。

 

橋の上から広場の様子をみる。一目見ただけで圧倒される!

 

 

今日はそれほど暑くなくしかも涼しい風が吹いている。気持ちのいい橋の上で宴会をはやばやと開く仲間たち。他にも何カ所かこんな宴会が見られた。
みんな頭がよさそうな顔をしている。多分同郷で、Y シャツ姿は就職した先輩、T シャツ姿は後輩の学生かな?・・・などと想像してみる。

 

橋の階段はひな壇状態。座りやすく展望もあり、また風も吹いていて、うってつけの場所のようだ。

 

聞こえてくる言葉の6割はベトナム語みたいだ。人も見ただけで雰囲気から日本人がベトナム人か当てられそう。
回りはみな軽食の屋台だが時々「送金サービス」の申し込みブースがある。「最近このサービスの需要が多くて・・・」とセールスマンは言った。自分の生活は倹約して収入の多くを家族に送るのだろう。ベトナムの平均月収は3万円程度だと聞いた。日本円はあちらでは数倍の価値がある

 

ちらほら少数民族姿も見かけた。出身に誇りを持っているのだろう、そして服装を今日のためにしまっていたのだろう! 男性が持っているのは「笙の笛」に見える。

 

 

木陰は貴重。ここは公園であることを思い起こせばどこだってシートを敷いてゆっくりできる!何の遠慮がいるだろう?

 

 

現地のサンドウィッチ「バインミー」。フランスパンに肉や野菜などを色々と挟み「パクチ」(コリアンダー)と 魚醤「ニョクマム」 で仕上げる。 ひとつ買って食べたのだが、味は・・・ ちなみに現地で売られているのはこんなものだ--https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9F%E3%83%BC&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwi30fLO2pXVAhWLE7wKHePUAPEQ_AUIBigB&biw=1002&bih=628
胸のワッペンは国花「ハスの花」。

 

 

アオザイコンテストみたいなのも行われていた。 原色傾向が強いこういうのが人気のデザインなのだろうか?

 

むしろ私にはこのような中間色やけばけばしくないしゃれたデザインの方が目になじみ易いが・・・
前回ベトナムに行った時、実はアオザイ姿は殆どみかけなかった。見かけたのはカフェや書店の店員だけで大体白一色だった。
ついでだが左のT シャツの赤地に黄色い星はベトナムの国旗。

 

 

果物を売っていた。右はタマリンドという甘酸っぱい実、左は名前を忘れたが香りは柑橘類のようだった。左端にちょっとだけ見えるのは悪臭で有名なドリアン、よく熟れた色をしている。日本人客は珍しそうに見るだけ、買うのは味を知っているベトナム人だけだった。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

虎ノ門ニュース6月1日号

2017-06-03 19:37:39 | 政治

https://www.youtube.com/watch?v=TKiS6rplucU
「虎ノ門ニュース」6月1日号で次のような小川栄太郎・有本香両氏の対話があった。とても啓蒙的であり、しかもニュースは数日後には抹消されるためここにその核心的な箇所の要旨を記載しておく。
・・・・・・・・・・・

国連の特別報告者ダビッド・ケイ氏はA4版20ページにわたる「報告」で次のように云う--日本の現状には大きな懸念が持たれる。歴史的議論を行うメディアには政府から直接的・間接的圧力が加えられ民主主義的基盤をむしばんでいる。政府の関与を認めた放送法第4条は撤廃すべきである。我々は報道に対しとりわけ沖縄問題、原発問題、人権侵害問題(慰安婦問題を含む)について支援が必要である。歴史的解釈への政府の介入も慎むべきである。先の大戦での日本の犯罪についても国民への宣布に務めるべきである・・・

昨年末日本政府・外務省は国連のこの趣旨の指摘に反論を行ったが、今回の「報告」にはそれが全く反映されていず、国連の態度への憂慮を表明した。


この報告者は特定秘密保護法を読むことすら怠っており、国内の特定勢力の主張をそのままなぞっただけである。


40数年前テルアビブで岡本公三他による日本赤軍のテロが起きたが、これは北朝鮮に支援されていた。これはその先赤軍にソウルでテロを起こさせる準備であり、その後も日本の過激な左翼運動にはつねに北朝鮮が支援者として関わっている。南朝鮮、そしてその裏に隠れた北朝鮮を含む朝鮮半島勢力がこれまで長年に渡り国内で混乱を引き起こしてきた。アイヌ民族運動による日本分裂活動もその一つである。

「日本は悪である、過去に罪を犯した、これを倒し自分らが新しい国を造らねばならない」というのがかれら南北朝鮮とシナの思想である。これに基づく運動をこれまで何十年も継続してきた。

日本はかつて戦争犯罪(war crime)侵略(aggression)を犯した、とこれら勢力は主張する。国内では侵攻(invasion、これは侵略とは異なり許される行為である)との区別がなされず、「戦争責任」(responsibility)という語であいまいな理解と誤解によりわれわれは自虐思想を抱きがちである。

一部左翼によるマッチポンプに端を発し国連をも利用した朝鮮からの謀略に動かされこれに我々の誤解が重複して残念な現在の実情が続いている。

70年代は学生運動、80年代は教科書、つまりソフトパワーによる工作の時代であった。90年代にはオウム真理教のテロ「革命」事件があった--この裏には北朝鮮とロシアの工作が疑われる--しかしオウムには破防法すら適用されなかった。2000年代になるとクワラスミ報告があり、ついに民主党政権が成立する。7%の支持しかない政党が政権を取ったというのは極めて謀略的といわざるを得ない。


外国でもハリウッド映画、「ニューヨークタイムズ」新聞など日本の貶めがこまめに行われており、パリやドイツその他西欧諸国でのメディアはみな日本貶めのための謀略的な報道が行われている。連合国、半島、シナはみな共通して利害が「反日、日本封じ込め」である。


かつて戦後間もなくの日本には「アカ」に対するシンパシーが共有されていた。当時は共産主義とアジア主義、左と右、大東亜共栄圏思想、軍の人々、米国依存かアジア共産圏と組むのか、革命思想、ファッションとしての反日本、左翼的アカデミズ、すべてが混沌としていた。そんな中で日中国交回復も行われ青嵐会もでてき左右を問わず対米独立の感情も生まれた。「戦後レジームからの脱却」もこの流れにある。

これからは侵略aggressionと侵攻invasionを区別し、日本は「戦争犯罪国家ではない」との主張を「英語で」外国に宣伝する必要がある。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白鳥 (サンサーンス)

2017-04-06 02:14:31 | 音楽

 昨晩夜の帰り道を歩いていると何処かからかかすかにサンサーンスの「白鳥」が聞こえてきた。(私の住まいの近くは車が余り通らず静かなのだ。)
この曲は昔のあらゆることを思い出させてくれる・・・ 田舎のこと、子供時代のこと、いまはない旧い家のこと、父母のこと、兄や姉、弟のこと、そして何年かぶりに家に戻った時の母の姿、その昔妻といっしょに行った数多くくの旅、若くして亡くなった何人もの友人のこと・・・ みなはるかな思いとなって心を駆けめぐる・・・ 

聞こえてきたのヴアイオリンが入った特別な編曲の音であった。帰ってからYoutubeで色々な編曲を聴いてみた。その編曲のものは・・・見つかった。それとともにその他多くの形態で演奏されていることも知った。みなそれぞれ楽器の組み合わせや奏者により印象がかなり違っていた。

たとえばこのようなものが見つかった。

 https://www.youtube.com/watch?v=Vqvc1TCC6Ng

これがサンサーンスの原曲(2台のピアノとチェロ)でバレエにもこれを使っている。

 

下はチェロとピアノ、もっとも普通に聞かれるものだ。
気取らず平明に弾かれたいくつかの演奏(日本人女性2人のものも含む)が私には最も心に訴えてくる。

 https://www.youtube.com/watch?v=zAvDotUEaIk

 https://www.youtube.com/watch?v=xHbMbvCtuGw

 

下はヴァイオリン用の編曲。すっと心に沁みこんでくる演奏だ。

https://www.youtube.com/watch?v=9-GVZ6Ae9Qs

 

この曲にもピアノ編曲があった。難曲への編曲専門家のゴドウスキーによるものや2台のピアノへの編曲も見つかった。とちらも描写風であり蓋を閉じて音色に配慮しているのが興味深い。

https://www.youtube.com/watch?v=N7tYEDur_y8

https://www.youtube.com/watch?v=xWkLTjJYHak

 

Youtubeのおかげで昔のあるいは最近のあらゆる有名無名の演奏家の様々な演奏が聴けるようになった。実にありがたいことだ。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベトナム点景

2017-03-21 18:03:27 | 旅行

ベトナムを3日間旅した。
目的地はサイゴン (ホーチミン)である。ベトナムは シナ、フランス、アメリカ、共産中国などの侵略、南北内戦と、長く動乱が続いた国だ。そのためなのか、人々は我々とは違う鍛え抜かれたなにかしらを持っているように感じた。人々は概して私など日本人に対しとても友好的だった。

まったく知らず言葉も通じない土地なので、旅は3日とも案内人付きであった。往復とも夜行の飛行機を使い、3日間を町で過ごすという余り余裕のない旅だった。2日目だけ近くのメコン河畔のミト村という所で小舟に乗った。

 今回の旅はじつは慰霊の旅で、故人が20年前にここを訪れた跡を辿るためだったが、その目的は遂げられたと思う--近代化はしつつあるもののサイゴンという町やミトという村そのもの、そしてそこに住む人たちの生活すべてが古かったと思う。

 

この町一番の観光名所、マリア教会と郵便局、ともにフランス時代の建造。しかしカトリック教徒は少なく大部分は仏教徒とのこと。
バイクの若者はみなマスクをかけている。色は白だけでなく、青、黒などで、みな「活性炭素」入りだそうだ。空気の汚れをみんな気にしている。
大気汚染にはベトナム戦争時の枯葉剤のダイオキシンも含まれており、その影響はいまだに残り、おかげでこの国の人口が減っている、と案内人は言った。

 

バイクの奔流、チラホラトヨタも見える。公共交通機関がバスしかないのでバイクは男女をとわず人気。いま町を南北に貫く地下鉄が日本のODAによって建設中で5年後には20kmの路線が完成するとのこと。地元の人は皆その期待を口にしていた。その暁にはこのような情景も変わるだろう。

 

 道端のカフェテラスに座ってぼんやりと夕景を眺める。向こうの美しい建物は学校で、この町一番の高校だそうだ。かつて「ラマン」という悲恋映画で主役のフランス人少女が通う女学校として登場したことがあるという。
所在なくたばこを喫っていると物売りの子供が姉と弟でやってきた。売り物をいれた箱を首からかけ黙って私の斜め前に立つ。大きな目を開き明るい顔つきで身なりもきちんとしておりうらぶれた様子はない。あたかも遊びとして働いているかのようだ。財布にあった小金をあげると喜んでかけ去っていった。

 

 

メコン河畔ミト村の船着場。船はみな観光船。向こうには漁船もあるが、河の大きな魚はもう取りつくした、と案内人は言った。ここから河の真ん中にある中州に渡る。メコン河はヒマラヤから平野に入るとすぐこんな色になるそうだ。浮かんでいる水草は日本にもよくある「ホテイアオイ」のように見える。

 

中州に上がる。この部落は観光用物産を売って生計を立てている--ハチミツ、木彫りのあれこれ、袋ものやTシャツ、ココナッツの飴や酒、 果物、そしてベトナム民俗音楽の実演-- 「ベトナム経済のためぜひ買って」と案内人が言うので、ワンカップの蓋ほどの容器に入ったローヤルゼリーを千円で買った。同行のおばさんはその1ケースを5千円で買っていた。

このゴツゴツした木は年代ものだ--もう樹齢何十年にもなるだろう。木製の鉢に入った「盆栽」に見える。向こうの家は、これこそ昔ながらの農家の作りだろう、屋根は草葺きである。

 

町の中で一休みしていると、現地青年のリーダーに率いられたベスパのツアー客が出発して行った。 メットを被って暑いのに・・・非力なベスパで走っても遠くには行けないだろうに・・・景色はみな原っぱばかりだろうに・・・ と余計な心配をしてしまった。やはりかれら西洋人にとってはここはまずリゾートであるようだ。

 

 

町の中にはいくつもかつての戦争の記念館がある。その一つにこれが野外展示してあった。しっぽの星印からすると北ベトナム軍のもので多分ロシア製だろう。二枚羽では非力、鉄板も見すぼらしい。やすやすと撃ち落とされたにちがいない。ベトナム戦争時のものだ。

 

 

これは別の記念館の入り口で。中学生たちだろう、国旗にある黄色の星印がついたおそろいの赤いシャツと青いシャツを着ている。制服のようだ。日本で言えば、生徒がみなそろって靖国神社に参拝するという場面だろうか、国の成り立ちをこのように子供たちに教えている。

 

 

市場にて。みな知らない果物ばかり。果物、生水、生野菜は外国人には(特に日本人には)危ないと言われ、味見もしなかった。ちょっと心残り。

 

 これは別の市場で、地元の人の日常生活のための市場。ここでも殆ど知らない野菜ばかりだ。こういうものは都内のベトナム料理店でも出てこないんじゃないか。

 

 

夜、下町を歩いてみる。ガイドブックなどでは「危ない、危ない」と言われているが、そんなことはなかったようだ。 ともかくこの町にはホテルが多い。日本のツアー会社御用達の有名大ホテルだけではなく下町では小規模な無名のホテルを無数に見かける。

この先で小さなカフェテラスの前を通りがかるとメイドさんに笑顔を向けられたのでお礼に中に入って飲み物を頼んだ。しきりに「ジャバ、ジャバ」とおっしゃるのが分からなかったが、どうやら「ジャパン」の意味だったらしい。顔色は似ていてもすぐ日本人と分かるようだ。ベトナムの菅笠を被っていたのだがこれは親善上とても有効なようだ。

 

夕暮の公園にて。直射日光がなくなった夕方には仕事を終えた近くの人たちが夕涼みがてら出てきて食べながら飲みながら一時を過ごす。だが、風がないのが残念だ。

 

 

夜市の屋台に親子連れで売りにきていた。この子、大きく見えるがじつは乳母車に乗ってきている。手を握って話しかけると恥づかしがって幌に顔を隠そうとする。

 

一家で家の前で夕涼み。中学生ほどのこの女の子 は教科書を広げて勉強。

 

 

大通り沿いだけでなく路地にも店ができつつある。市内への日本資本の進出も急速で 「日本人街」などの地域では地価の値上がりも東京に匹敵するとのこと。
左は日系人のカレー屋、わりと辺鄙な下町の一画なのだが現地の人にもだんだん人気が出てきつつあるそうだ。 

 

旅行の前に「日本の古本屋」でベトナム旅行記を探したのだが、これ一冊しか見つからなかった。これは20年も前 1998年の出版で当時20台の女性2人がベトナムを縦断した日々をイラスト入りで綴ったとても興味深い本だった。当時と今を比べれば(といってもサイゴンの一部だけだが) 当然というべきか、近代化はあきらかなように見える。なにしろ当時はトイレや水にさえ苦労があったようなのだ。
このお二人は今ほど便利にも安全にもなっていないこの国を勇敢にも旅し多くの人たちと心からの交流を果たした。とくに北方のモン族部落の訪問には胸を打つものがある。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハノンで遊ぶ - ピアノを再開した

2017-02-22 08:47:14 | 音楽

長い間やめていたピアノ練習を再び始めた。その理由は--指の運動が頭の運動にもなるというまったく非音楽的かつ実用的な理由もあるが、じつはただの気まぐれか「昔とった杵柄」が忘れられないということに過ぎないのかも知れない。


ここ3年半殆どピアノには手を触れなかったが、いま触ってみるとピアノを弾く感覚は残っている、しかし筋肉がダメになっていて「肉体的運動練習」が必要とわかった。
それでまずハノンから始めることにした。

ハノンは嫌いではない。ハノンだけを1時間やっても飽きないのが常だった。ただし、あの教本の譜面に書いてある通り面白くもなんともないフレーズをそのまましかもオクターブで弾くのでは退屈極まりない責め苦となる。



こういう課題が教本の多くを占め、またこの種の練習がこの教本の主な効果をもたらす。その他音階、分散和音も含まれているが、これらはハノンとは別にやればよく、ハノンの真骨頂は上のような練習にある。

いろいろ試みてみて退屈せず「楽しくできる」とわかったのはこんなやり方だった--


(1)左右の間の音程を変えてみる。半音階的音程にまで踏み込んでやってみる。
(2)左右の間の時間をずらしてみる。
(3)あらゆる調(キー)でやってみる--コルトーの教本ではこれを「必須」だという。
(4)音型のリズムを変えてみる--多くのピアノの先生方はこれを推奨される。
(5)レガート、ノンレガートでやってみる。
(6)テンポを変えてやってみる--手首の使い方が変わってくる。普通の曲についても遅いテンポから始めるよう多くのピアニストたちは推奨する。
(7)ダイナミック(cresc.、decresc.、アクセント)を変えてやってみる--これはピアノを弾く時の「自然」である。


これでほぼ無限のバリエーションが生まれ、一巡するのに何カ月もかかる程になる(それでも4のリズムの他多くについてはまだ試していない)。

ハノンでこれらをやってみて思いがけなくも興味深い結果となったのは1、2であった。
(1)の音程は10度(3度)、6度で響きがいいが、6度は3度の転回なので同じとみなし10度のみを採用する。


同度では退屈きわまりないこのフレーズも10度では「聴いて、面白い、工夫のしがいがある、指も拒否反応を示さない」響きになる。
いろいろな音程で試みたが、結局これしかないようだった。

(2)の時間をずらす試みでは、2拍が安定している。(1小節以上を離すと(1)と同じ効果となり無意味。)1拍、3拍ずらすことも可能だろうし、またバッハなど対位法の曲、カノンの曲でもそれがあるが、ここでの試みではうまく行かなかった。
結局これは、カノンを機械的に作ってみるということなのだが、とても面白い結果となった。
両方の手をそれぞれ別々に感じることが必要だ。「対位法的面白さ」を感じる。この練習が「対位法的感覚の訓練」に役立つのは確かだろう。

 

 

同度を2度、3度、4度・・・と順に広げてみる。面白い響きとなったのは結局2、3、4、6、7度だった。半音にも広げてみたが、この「複調効果」はこの音型では違和感が強くなかなか成功しにくい感じだった。ただ減5度はこの音型でも楽しめた。最も遠い調なのだが親しい感じがするとは不思議でもある。

 

ハノンには上のような音型とはまた一風変わった音型がある。
左右がいきなり10度の間隔で記されている。多分そうしないと最初の2つの音が左右でぶつかるからだろう。
ちなみにこのフレーズそのままがバッハの平均律1巻変イ長調の前奏曲で最後のあたりに出てくる。  https://www.youtube.com/watch?v=QaEFu6HGi2M  (57秒あたり) とても美しく私の好きな曲である。

 

 

この音型は時間間隔を1拍、2拍ずらして面白い効果となった。
1拍ずらした場合、音程間隔は同度、4度がいい響きである。

 

2拍ずらした場合は6度の音程がいい響きになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加