Tomatopiaの日記帳

クラシック、思い出、短歌、旅、政治

短歌をラテン語で (その2)

2015-10-31 11:59:59 | 短歌

西欧語の世界でも短歌や俳句が受け入れられている、というのはずいぶん前から知っていたが、それに親しむ機会はなかった。今回それがどんなものか見てみようと思い立って、インターネットであれこれ探してみた。

英語、フランス語、ドイツ語で「短歌の案内」が見つかった。この順の頻度と「受容度」で紹介が出てくる。私の語学力のせいもあって、英語についてのみ典型的なサイトを見てみた。

 

日本の短歌はよく理解されているようだ。その「精神」において、そして技法についても――ただし、技法については言語の違いがあって、日本語の構成との違いからかなり自由な展開があるようだ。

日本の「現代短歌」の多くは一行で句読点も空白も入れずに書かれる。英語短歌では四行、五行が一般的な殆ど「定型」になっているようだ。日本短歌でもその形式を実践した(する)人はいる。石川啄木や釋超空などがすぐ思い浮かぶ

 

at the funeral of
one who said
God is dead
God is
dead

 

やはらかに柳あをめる
北上の岸辺目に見ゆ
泣けとごとくに       (啄木)

 

をとめ子の心 さびしも。
 清き瀬に
  身は流れつつ、
   人恋ひにけむ    (超空)

 

日本では短歌を「歌う」あるいは「朗誦する」習慣は多く失われかけているようだが、英語短歌では「音楽性」が重視されている、そして4行、5行での分かち書きが大切な役割を果たしている。どの英語短歌も口に出して読んでも美しく響く――もちろん、日本の現代短歌でもそれが内在するのは暗黙的に必須なのだが、表立ってそれが要求されることは余りないように思う。しかし朗誦して美しく響くことを大切にする歌人は多い。とくに近代短歌ではそうで、歌人もよく朗誦したそうだ。その録音も残っていて刊行されている

 

Just out of earshot,
the periodic blinking
of a night airplane,
not quite far enough away
to be as close as the stars

 

われを見て過ぎたる時の返らざる理(ことわり)をのみ云ふ山河かな  (与謝野晶子)

みなづきの氷小豆のほの赤き家族集へば影絵のごとく  (辺見じゅん)

ささやかに生きたあかしの歌一首弥生の街に残さむとする  (永井陽子)

 

現代短歌技法もずいぶん深く研究、あるいは「叙述」されていて、とても分析的な見方である。これはギリシャの「アリストテレスの詩学」以来の伝統なのだろうか、ストローフ、アンチストローフ、ピボット、ゼウグマ、シーサラスなど、我々にはまったく分からない言葉を用いて英語短歌が分析されている。われわれにとっては分析的な理解よりも、まず無意識的に「いまそこにあるもの」として短歌は口をついて出てくるものなのだか・・・かれらがまったく未知の文化を受容するとき、まずこのような接近方法を取るのは必然かも知れない。「和魂洋才」の変種であろう。

興味深いのは、いまや短歌が「短詩として確立された形式」とされ、「シュールリアル」、「ポストモダン」な詩、としてまで受け取られているらしい。このような詩型はこれまで西欧にはなかったもののようだ――いや、それに近いものはあったのだが・・・「エピグラム」、「アフォリズム」というものがそれに近い(たしかニーチェにもそんなのがあったかな?)。しかしそれは「詩」というより、「寸鉄人を刺す」ような短い諺のようにして使われていたと思う。

その「短詩」の神髄は「日本の短歌と全く同様に」深く理解されており--それを「幽玄である」とまで言われると、少しはづかしい気もするが--、その創作が実践されている。そして、短歌の神髄は他の外国語にも通じるものであり、様々な言語で実践することが勧められていた! これには感激した。

 

英語短歌は「非正式な構文や文型、日常言語の語彙を用いる」 とあり--しかし構文・文型は分かりやすいものでせいぜい「倒置法」が用いられている程度だ--つまり「口語短歌である」との宣言だろう。それならば、「口語ではない文語、つまりラテン語でも歌うことは十分可能」ということだろう。

そのサイトの説明では10首の英語短歌が挙げられているのだが、みなすぐれた日本短歌と同じ「風味」を持っている。

以下、そのいくつかを紹介してみる。  その後につけた和訳は私の逐語訳ならぬ「逐行訳」」)    これについては別ページで。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっと一仕事を終えた

2015-10-24 17:42:44 | 政治

http://blog.goo.ne.jp/tomatopiagoo/e/6a6bd1ae98a70182fecdc786d26f00bf

上の記事でお約束していた「フーバー元大統領回想録」の要旨、やっと今日「通史」の部分を粗削りながら書き上げた。(右欄の「ブックマーク」欄にリンク)

http://midi-stereo.music.coocan.jp/blogcopy/hoover/hoover.htm

漢字かな変換や言葉づかいの誤り、文意の通りにくい箇所や私の誤解などがきっとあると思うので、近いうちに再度見直して修正せねばならない。

 

通史を読み上げたいま感じるのは、先の大戦はユーラシア大陸と太平洋と北米大陸を舞台として世界の諸国民を巻き込んだこの上なく大きな悲劇であった、ということである。悲劇の典型であるギリシャ悲劇はあの地域の一人の英雄の出来事だが、この大戦の悲劇は全人類の悲劇と言うべきで、その規模が違う。この本は 外交史として述べられているのだが、その裏にある世界の人々の悲劇的運命がひしひしと伝わってくる。英米両国以外のすべての国の国民が悲惨な境遇に陥った (例外は この本には述べられていないが その後植民地から独立した東南アジア諸国だけだろう)。 読み進んでゆくうちに、あたかも平家物語を読んでいるような気持ちになった。この本は間違いなく古典となるだろう。

また当時、日本がいかに世界に、とりわけ欧米諸国に理解されていなかったかを痛感する。我々は日本が古来から現代風=欧米風に言えば民主的・平等であり高い文化と道徳を持つ国であったと思っているのに、かれらは野蛮な国としてしか知っていなかった。これは大きな教訓となるだろう。また、広島・長崎への原爆投下は「ホロコーストであった」とはっきり述べられているのは注目される。

「通史」部分以外にポーランド、シナ、朝鮮、ドイツについても「個別的な事例史」が著書には含まれている。その中の或る部分については興味がもたれるので、いずれ、そのいくつかの要旨を再度紹介してみたいと思う。著書の最後に編者(G・ナッシュ)による重要部分の抜粋があるが、これについては学者の方がすでにその要旨を発表しておられる。

http://blog.goo.ne.jp/bellavoce3594/e/f6cd758148cc7385f568de1802cfe8dc

とりわけドイツについては「ドイツへの復讐」と題されている。通史でも述べられたドイツの不幸は痛切に胸に響く。この大戦でドイツは本来の領土を縮小され国を四つに解体され滅亡した。そして従来言われてきた悪者ヒトラーも実は大変な苦境にあった国の救世主として登場したのだった--永久に支払い切れない程の高額な賠償金、経済の低迷 (失業率が50%)、ユダヤ人による経済支配 (これは日本と或る類似性がある)、領土喪失、ソ連工作員の浸透 等々、第一次大戦後のベルサイユ体制はドイツにとってとても苛酷なものであった。しかもヒトラーは最初から最後まで国民の大多数の支持を得ていたのだ--何となく分かった気になっている常識が本当はどうなのか? と疑問が湧く。当時のドイツ史について勉強し直してみようと思う。

そして「朝鮮」、これは主として朝鮮戦争の説明のようだが、前書にあるフーバーの初めての朝鮮訪問の見聞はいまから1世紀前イザベラ・バードの旅行記に書かれているものとそっくりである。     今日余りに多くの偏見に満ちた情報が溢れており、我々は正しい史実が何であるか迷っている。ぜひ当時の最高の情報を持つ著書の言葉を聴いてみたい。

ついでながら、これはあくまで私的な目的のための要旨をまとめたものであり、翻訳ではなくその権威もない。一日も早く正式な邦訳が出版されることを期待している。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ショパンコンクール、本選へ

2015-10-17 14:33:45 | 音楽

いま21日午後10時、コンクールのホームページを見ると入賞者が決まったとのこと。

http://chopincompetition2015.com/winners?tab=2

Aimi Kobayashi は「Distinction」賞である。おめでとうございます!  多くの称賛のコメントがあったこと、称賛のコメントばかりだったことを忘れないで !

他の入賞者も見てみたが、あまり私好みの順位ではない。コンクールではいつものこと。バリバリと弾くスタイルが審査員には好まれるようだ。M・アルゲリッチの影響力が強かったのかなと想像する。

 

--------------

 http://chopincompetition2015.com/news/75f12b10-a9e9-45cb-97fc-cd213378ed44

18日、 本選の出場者が決まったようだ。二人以外みな男性である !  本国1人、東欧2人、ロシア1人、北米4人、アジア2人とは、かなり政治的意図も感じられる。米国は2人とも移民、カナダも1人が移民だ。西欧がゼロとは、もう決定的になった傾向のようだが、どういうことなのだろうか?  

課題曲は2つの協奏曲のいずれかである。   同じ曲を10回あるいは5回も聴くのはつらい・・・ 私は1回で音をあげるかも・・・

https://www.youtube.com/watch?v=54176UBcub0&list=PLTmn2qD3aSQvC1JbRpHihzKgkYsveBZIm&index=1

 

Ms Aimi Kobayashi (Japan)

申し分のない完璧な演奏、ピアノを弾き終わると曲が終る前から長く続く拍手!  立ち上がって拍手する人もいた。

Mr Aljo?a Jurini? (Croatia)

前のステージとは全く異なる印象。安定していて無理がない、安心して聴けた。

Mr Charles Richard-Hamelin (Canada)

Mr Szymon Nehring (Poland)

Mr Georgijs Osokins (Latvia)

Mr Dmitry Shishkin (Russia)

Mr Yike (Tony) Yang (Canada)

Ms Kate Liu (United States)

Mr Eric Lu (United States)

Mr Seong-Jin Cho (South Korea)

 

聴衆からのAimi Kobayashiへのコメントの抜粋

・・・まったくその通り!ずば抜けていた、ただそれだけ。Aimiの演奏は欠点がない。私はライブで観たことがあるのでそう証言することができる。Aimiの感情表現は驚異的なもので、正直いって他の演奏者を引き離している。  Aimiの解釈のセンスは完璧で、説明のしようがない要素もあって、それが他の人との大きな違いだ・・・

別のことを言おう。細かいけれど大切なことだ。作曲者が自分の作品を演奏する時、作曲者がオーケストラを「率いる」のであって、その反対ではない。指揮者の役割は奏者がオーケストラを導くのを見守って従うことだ。奏者である作曲者自身が何もかもを観るわけには行かないから・・・オーケストラはショパンに成り代わった奏者Aimiに率いられて演奏を進めた・・・

われわれはここで誰が最も正確にショパンを分かり、解釈し、表現するか品定めしているが、Aimiはそれをもっともすばらしくなし遂げたと思う。演奏は驚異的としか言いようがない! ショパン自身がそこにいてピアノを弾いているようだ・・・

 

 

ところで、3次審査の幕間に、ショパンに造詣が深かったと思われるリトワニアの詩人の語りが挿入されていた。大変に有意義なものと思ったので、そのハイライト部分の字幕を転載させて頂く。

 Rhythm is the main thing in music as well as in poetry.  One could say that in the life of the universe, everything is based on rhythm - the rhythm of stars, thythm of black holes, the rhythm of galaxies, and so on.

Chopin’s etudes are treatises, treatises on history.  Pasternak also said, they are investigation into childhood and introduction to death through the piano.

For me, music is necessary in that it is parallel to poetry and literature, but it is neither poetry nor literature. It is even closer to the transcendental extremity.

Chopin lived at an intersection of three cultures, and as Heinrich Heine said, from the Polish culture, Chopin took chivarly, from French he borrowed some charm and grace, and from the German culture he took depth.

Each great artist borrows a little from various cultures.  And Chopin, though he was a national Polish musician, elevated this national aspect to global dimensions, and that is how it should be.

There is also a myth that if an artist is separated from his soil his roots must perish. This is not entirely true – the most renowned Polish authors, such as Mickiesicz, Slowacki, Norwid, Milosz, and Gomblowicz, were all emigrants. They wrote great timeless things. And it is the same as the Russian literature. When emigration happens, one mustn’t nurture this unhappiness, this emigration trauma, although undeniably it is a trauma.

But, one need to know how to move on and to keep on working. Chopin did this, and we have an excellent example in his music.

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ショパンコンクール、準本選へ

2015-10-15 01:32:08 | 音楽

2次審査の結果が決まったようだ。明日から3次 (準本選) となる。

さすが、ポーランドが最多、国から1名しか参加していない欧州勢も多い。演奏画面のコメントを見ると、「なぜこの人を、あの人を採らなかったのか」という審査員への恨み節が沢山ある。演奏者も聴衆もそれだけ多様ということ、そして必ずしも審査員が信じられてはいないということだ。それに基準は決して「音楽だけ」ではない。政治的配慮なども加えてバランスよく各国から選んだのだろう。初夏にあったチャイコフスキーコンクールもそんな印象だった。

3次の課題曲にマズルカ8曲、ソナタまたは前奏曲24曲全部、となっているので、これをどう弾くかも重視される基準なのだろう。つまり「ポーランド魂」、あるいは短歌俳句のように圧縮されたショパンの心のひらめきへの共感である。  マズルカはともかく、「前奏曲全部」を指定したのは斬新。

放送は明日かららしいので、ゆっくりと楽しもう。 (下の人名でタイプライタの字体で記した2人は10代)

 

 https://www.youtube.com/watch?v=Irn1YYi3QkA&list=PLTmn2qD3aSQvC1JbRpHihzKgkYsveBZIm&index=3

Aimi Kobayashi Japan Birthdate: 23.09.1995 (14日)

今日、気持ちよく聴けたのはこの人だけ。この人は「コンクールなどに出なくとも天才少女ピアニストとしてやって行けばよかったのに」という人がいるが、私も同感だ。もうコンクールで他人と競う必要がない水準だ。中学生になって早々にドイツグラモホンと契約したのならもう世界的ピアニストだ。ゆっくりとやって行けばよいのに。ヒラリ・ハーンやサラ・チャンのような前例もある。そもそもホロビッツもコルトーもハイフェッツもコンクールなど出なかった。まだ20才と若いのだし勉強するのならピアノや音楽以外に沢山あるだろう。

Dinara Klinton Ukraine Birthdate: 06.07.1989 (14日)

Su Yeon Kim South Korea Birthdate: 04.06.1994 (14日)

Aljo?a Jurini? Croatia Birthdate: 02.06.1989 (14日)

Chi Ho Han South Korea Birthdate: 19.01.1992 (14日)

Seong-Jin Cho South Korea Birthdate: 28.05.1994 (14日)

Galina Chistiakova Russia Birthdate: 27.04.1987 (14日)

 

今日2日目、昨日とは打って変わって、とても気持ちよく聴ける演奏がいくつかあった。 

 https://www.youtube.com/watch?v=P6S3QCBgV-c&list=PLTmn2qD3aSQvC1JbRpHihzKgkYsveBZIm&index=1

Georgijs Osokins Latvia Birthdate: 25.04.1995 (15日)

Szymon Nehring Poland Birthdate: 29.09.1995 (15日)

Eric Lu United States Birthdate: 15.12.1997 (15日)

Kate Liu United States Birthdate: 23.05.1994 (15日)

Krzysztof Ksi??ek Poland Birthdate: 05.08.1992 (15日)

タッチがよく音色とくにピアニシモを美しく弾く人。 この人のCDは私の収集箱入りだ。

?ukasz Krupi?ski Poland Birthdate: 05.06.1992 (15日)

Marek Kozak Czech Republic Birthdate: 08.06.1993 (15日)

十分にコントロールができていて余裕があり、どの曲もくっきりと曲想が描かれる。この人のCDも私の収集箱入りだ。

 

https://www.youtube.com/watch?v=8yHwLBxZlrs&index=1&list=PLTmn2qD3aSQvC1JbRpHihzKgkYsveBZIm

Yike (Tony) Yang Canada Birthdate: 07.12.1998 (16日)

Zi Xu China Birthdate: 24.12.1994 (16日)

Luigi Carroccia Italy Birthdate: 19.06.1991 (16日)

Alexei Tartakovsky United States Birthdate: 17.03.1989 (16日)

パラードは感動的。この人も完成されたピアニスト。

Dmitry Shishkin Russia Birthdate: 12.02.1992 (16日)

Charles Richard-Hamelin Canada Birthdate: 17.07.1989 (16日)

舟歌がきれいに弾かれた。初めて聴いた時 (SPである) のことをせつせつと思い出す。マズルカは感動的。この人は完成されたピアニストだ。

 

今日  聴いて思ったのだが・・・ショパンコンクールは特別なコンクールだと思う。ショパンの運命はポーランド人の運命、願い、誇り、希望そのものである。カメラが写した聴衆を見てみると、かれらはドイツ、フランスのような「上流階級」ではなく庶民のようである。 ショパンを自分の運命と重ねあわせているのだ。ここに単なる「腕試し」でやってきてはならない、という感じがする。

毎回の休憩時間に 審査員とのインタビューがある。これがとても興味深く、また示唆に富んでいる。これだけで一冊の本になりそうだ。

E・ポブロスカ審査員 とのインタビューでは、審査の基準は?  という問いに、「自分に忠実に美しく弾くこと、審査員は音楽を聴きにきているのだ」、「ただ音を聴いている、音を聴けばただちに奏者の感性が分かる」「音楽的でない音、野蛮な音は受け入れられない」「きちんと宿題をやってきた生徒ではなく、才能を探している、すでに備わっているのではなく内に隠された才能を探している」・・・

また、歴史的ピアノ (ショパンの使ったプレイエルも含め昔のピアノ) を使うことの大切さを認めていた。これは別のインタビューに応じていたダンタイソン審査員も同様であった。大きなホールいっぱいに「耳をふさぎたくなるような大音響」を出す現代ピアノと、狭いサロンの親密な空間で弾かれる歴史的ピアノの違いは、発想だけでなく表現の違いにも出てはずだ。

また海老彰子審査員とのインタビューでは、日本でなぜショパンが愛されるのかと訊かれ「ショパンの音楽の繊細さ、美しさなどは日本の文化と共通しており、ショパンの『悲劇の国を思う心』は我々にもよく分かる、両文化は互いに尊敬しあう関係である」とのことであった。

P・アントルモン審査員は「ショパンは協奏曲の管弦楽をよく書けなかったと言われるが・・・」と訊かれ、「たしかに最善ではないが・・・」と答えていた--
-- 私が思うのは、39才での夭折、短い24年の音楽家生活、そして20歳台からすでに病に取りつかれていたショパンは、「生き急いだ」のだと思う。あれこれと試みる余裕はなく「死ぬまでに早くやっておかなければ」という気持ちにいつも取りつかれていたのだと思う。すでに26才の作品、前奏曲に「死」の音楽が入ってくる。(12年8月15日の記事)

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

身辺雑記

2015-10-13 18:47:55 | 日記

 ここのところなかなかブログ更新がはかどらない。

9月いっぱいで終えるつもりだった「フーバー元大統領回想録」要旨もあと140ページ位残っている。やり始めてもすぐへとへとにくたびれて進まないし、読み返してみると最近はとくに文章が荒い。不眠、めまい、疲れやすさなど、全身的に体調不良に陥ったようだ。しかしこの本は目からうろこの記述が多く、日本人ならぜひ読んで実情を知らねばならない、という気持ちがますます強くなってくる。あと2週間くらいで出来上がればなあ、と思っているが・・・

ラテン語の短歌についてもいつも考えているのだが、その前に現代西洋語による短歌もちらっと見てみたり、その歌人たちが日本短歌をどう思っているか、受け入れているか、興味深いテーマであることを発見し、これについてもちょっとなでるようにでも見てみなければ、と思いついた。また、外国語による短歌というのは、漢詩や新体詩など外来の詩の日本化とは逆の方向にあり、これらがどんなに享受されていたかも振り返ってみたい。ともかく、これらは終りのない課題ではある。

ショパンコンクールは毎日見ているが、実に楽しい。あと1週間続くようだし、終わっても記録がYouTubeで提供されているのでずいぶん長い間聴くことができる。ただただ注目しているのは日本勢の活躍である。あらためて日本人のピアニストの良さや特徴、「直き心」が、音だけでなく弾きぶりから表情や服装に至るまで、すとんと心に落ちてくる感じがしている。優勝などしなくともいい、第一次審査で見せてもらった音楽性と演奏力で基本的に十分だ、そのまま日本で活躍できるはずだし、我々も応援せねばならないと思う。「舶来信仰」はもう止めよう。日本の音楽市場は世界一なのである! (15年2月17日の記事を参照)

もう一つ、楽器は3種類、スタインウェイ、ヤマハ、カワイが用意されているようだが、かつては「練習用」と言われていた日本製ピアノも世界最高水準になったことを納得した (音の狂いが一番大きかったのはスタインウェイである。これはオクターブや単音の "うなり" ではっきり分かる)。 同時に、「ショパンが弾いていたピアノ」でショパンの曲は弾かれるべきではないか、との思いもある。特に前奏曲24曲はみな違った調性で書かれており、その性格の違いを正しく表現するには平均律ではなく、ショパンの頃の古典調律でなくてはならない。

2、3日前にこのコンクールを聴くためにパソコン用のスピーカーを買った。いつもヘッドホンで聴いていたのだが、わずらわしい感じもしてきたので。仕事部屋に置ける小さなものだ。音は最善ではないが、大きな店に行っても日本製のいいものが見つからない。割と大きなウーハ付きの3点ものを選んだ。安い価格でウーハ付きは割と良心的、という点で仕方なく妥協した。

 

 

 

あれこれと書き出すと止まらないのでこの辺で。これから本屋に「海潮音」文庫版を買いに行かねば。

今日のところの課題はこんなもの、明日は明日でまたやらねばならないことが出てくるだろう・・・

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加