Tomatopiaの日記帳

クラシック、思い出、短歌、旅、政治

2月のぶらあぼ

2016-01-28 23:37:42 | 音楽

毎日寒い。心も寒い。あと1週間で立春、もうあれから1年か・・・・
上野を通りかかったのでいつものように文化会館でちらしとぶらあぼを入手。

世界に誇る堂々たる日本のオペラ、これこそ日本の代表的オペラ !
 (あの「蝶々夫人」というの、今月もどっかでやってるようだが、これはもう止めてもらいたい。恥ずかしい自虐的な筋書きがダメなのだ。いくらうまく演奏しても歌ってもだめなのだ。劇の中に「人種」が入ってくると物語が歪んでしまう。シェイクスピアの「オセロ」ですらそうだ。白人は人種観のゆがみから抜けきることができない。)

 

興味深い選曲。老練な方々。

 

久しぶりのリート(歌曲) のリサイタル。シュトラウスが多い。これは聴き逃したくない。

 

デビューからもう10年くらいにはなるだろうか?? 向こうに行ったきりだと日本語や日本アクセントを忘れてしまわないかな?? と心配になりそう。

 

3月、4月、毎日のように上野公園内の博物館・美術館など芸術施設でコンサートが開かれる。二重の贅沢だ。

 

たとえ1つでもよい、2つでもよい、ぜひ若いグループが根付いて欲しい。

 

わが今井先生率いるカルテット、これはラサールやベルクみたいに歴史的な存在となるだろうか?? ぜひなってほしい。

 

現代音楽の作曲家の方がお弾きになる、ご指導下さるクラシックとはどんなものかな?? 興味を惹かれる。

 

選曲が興味深い。ご自身の作品もお弾きになる!

 

エレクトーンを使ってオルガン曲、エレクトーンはクラシックの楽器としてなり立つ時がきているのかな?

 

これは今年の応募受付発表。「外国人にまで広げる」というのが心配されたが、見てみると審査員については大丈夫のようだ。応募者はどうなるか???

 

こういう事業があったとは知らなかった。残念ながら、今年度分は一つ(邦楽舞台)を残して終わっていたようだ。都関連団体の主催のようだ。立派、尊敬すべき事業だ。https://www.artscouncil-tokyo.jp/ja/

 

会場は宇都宮だが、 1時間かけて行ってみる価値はあるぞ。(2月14日)

 

新しい分野を開拓 !  興味深い。 (2月25日)

 

なつかしい歌ばかり、美しい日本の歌は心に染み通る。(2月25日)

 

現代ものである。いつもながら、どんなものか全く予想もつかないが・・・(2月26日)

 

この人、何年か前ショパンコンクールでかなりのところまで行った人と記憶するが・・・(2月10日)

 

マーラーのこの曲を合唱で、どんなものになるか?  期待。(2月9日)

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安倍首相はなぜあんなことを・・・

2016-01-18 11:56:15 | 政治

元旦の記事に引き続き、これも根拠の不確かな私の感触にすぎないが、先日安倍首相が隣国と驚くべき、そして過去と将来のわが国民すべてを傷つけ、今日のわれわれ国民すべてを裏切るような合意を行ったことの「裏」を想像してみる。

 いま様々な混乱が世界中で起きている。順不同であげてみよう・・・

 ――ドイツその他欧州諸国への中東・北アフリカからの難民流入、いや「民族大移動」、これによるEU組織の崩壊、伝統的欧州社会の崩壊
――「ドイツ帝国の成立」と呼ばれるほどのEUの変質
――無事なのは日本だけといわれる世界各国の経済の弱体化
――ドイツの中核産業、VWの失墜、経済の先行き不安
――日本へのシナ、朝鮮からひっそりと行われ増大している実質的な移民の増大(現在すでに250万人に達している)
――日本に対してシナはともかく、あの弱小国南朝鮮までが恫喝的にふるまっている。
――シナ、朝鮮経済の崩壊危機、にも関わらず人民元のSDR化の保障
――このような経済・社会的動乱から無事で高見の見物をしているのは英国と米国だけ。
――米国社会は伝統的なアメリカ人ではなくユダヤ人エリートの支配下に組み込まれてしまった。
――米国は製造業を失い、金融、農業、ITだけで生きている。
――同じく英国は一切の産業を失い金融だけで生きている。
――中東の社会的混乱は米国が引き起し、さらにその前、第1次世界大戦後に英仏両国がその原因を作った。
――ロシアはエリツィン時代の財閥支配をプーチンが破壊し、民族主義・国民経済化を目指しているが、その後主要産業であるエネルギーの価格が米国の操作のため低く維持されていることにより経済危機が予想されている。
――第2次世界大戦後の世界秩序が終りを迎えつつある、と言われている。

 

このような動乱の中で日本はどんな立ち位置にあるのか? 
メディアはいつも歴史を排除した近視眼的な事象ばかりを報じ、あるいは左からの偏見にみちた報道しかしない。われわれはいつも真実に目ををくらまされている・・・
思い出してみよう、戦後GHQによる言論検閲と戦犯意識計画(ウォーギルト・インフォーメーション・プログラム、WGIP)が、われわれ国民に分からないように密かに実施され、われわれは皆その落とし穴に落ちてしまった。いまなおそうである。
計画に協力した数千名の日本人がおり、かれらは秘密のうちに国家の要職につき、GHQ=日本壊滅路線を実行した。愛国的人士は社会的に抹殺された。あの時のルーズベルトの米国は「自由、民主主義」を掲げた社会主義(フランクフルト派)であった。
(参照 http://hidemichitanaka.net/column/single/110727/)

GHQに協力した日本人は判明しつつあるが、あっと驚くような人物たちである。東大の教員その他のインテリが多かった。かれらは隠れ左翼となり、官僚体制を支配し、学会を支配し、メディアを支配し、われわれ国民の洗脳を行った、そして今なお行いつつある !  (私はこれを知って初めて、大学時代の教員がなぜあのように低資質であったか納得がいった。そして一生懸命にそれら教員について学ばなかったのは、それでよかったのだ! と逆にホッとしたのである。)

わが国はいまなお「敗戦国」として戦後の世界秩序=ヤルタ体制、ポツダム体制に捉われており、経済的に世界有数の国になったにもかかわらず、脱けだそうとする努力がいまだ報いられないでいる。

この秩序を維持したい世界勢力がある--EU諸国もシナも朝鮮も弱い日本を望んでいる。
米国もそうだ。北方領土の返還を妨げ、尖閣については言葉を濁し、日本の孤立と米国依存を決して放棄しない。 (イアンフ問題を焚きつけたのは実は米国民主政権であった--オバマ政権時のクリントン国務長官の振る舞いを思い出そう。長官が東アジアを歴訪するたびにこの問題がシナ、朝鮮から沸き起こった)。またシナをニクソンとキッシンジャーが1970年代に訪問して言明した「日米軍事同盟は日本を閉じ込めておくためのビンの蓋」論は、いまだ米国民主党の党是のようである。(共和党は日本の積極的国防力強化を認めているようだが。)


GHQが日本の「分割統治=Divide and rule」のために許したわが国内での朝鮮人利権はいまだ排除されず、反対に国家の中枢である官僚体制を始め社会の隅々まで、文化や宗教にまでも浸透を続けている。


これらを照らし合わせて想像してみると、大きなプロットが見えてくる――

『日本、ドイツ、ロシアを再興させてはならない。英米より強力な勢力の勃興を許してはならない。世界を支配するのは英米 (=ユダヤ金融資本??) である。シナは先の大戦時と同様、大きな市場であり、いかにチベットやウィグル、満州で非人間的な抑圧があろうとも、 15億の人口は今後の世界最大とも言える経済的ポテンシャルである。そしてシナのトップ連中はすでに支配下に置いた!』と世界の支配者は考えている。(彼らにモラルはない。人間を単なる「経済的動物」と見ている)。

シナと朝鮮は尖閣や対馬だけでなく、いずれ日本全体を乗っ取るつもりのようである。その言動を隠そうともしない。かれらは百年単位で歴史を計画し、これまで数えきれないほど自国の興亡を経験してきた民族である。

諸外国は、日本をこれまで通り「犯罪的国家、政治的・道徳的に弱体な国家として世界に通用させたいのだろう。米国の歴史家らは確信犯であり、真実の主張に対しては馬耳東風である。かれらの説は歴史学とか学問とか呼べるものではない、単なるプロパガンダである。


今回も何らかの命令が密かに下り、安倍首相は、田中角栄、橋本龍太郎、中川昭一氏らが受けた闇の仕打ちを避けるため、あの評判が悪い合意を決めたのではないか、と推測する。
決して「日本を取り戻す」ことや「瑞穂の国の経済」を棄てたのではない、と信じたい。にもかかわらず、我々はあの合意が失敗であった、敵対国に心を許してはならない、と絶えず主張して行かねばならない。

われわれが今手にしている力は・・・ インターネットによる情報収集・発信力、過去の正しい歴史的認識、高貴な伝統にもとづく愛国心、鎌倉武士の勇気、そして一票の投票権と行動力だけである。
そして思い出そう--秀吉の頃イエズス会によるキリシタンの日本侵略を退け、徳川末期のペリーによる日本植民地化の野望を挫き、明治初め武器商人グラバーをも使った英仏による日本の内戦・植民地化を防ぎ、先の大戦後マッカーサーによるたとえば国語廃止(ローマ字化) などによる文化的伝統の抹殺を防いだのは、わが先祖たちの「高い民度」であったことを。

 

(参考 1)「がんばれ産経新聞」ブログ

(参考 2) 「民団新聞」より

(参考 3) 今も残るGHQの指令

GHQによる検閲において「削除または掲載発行禁止の対象となるもの」

1、連合国最高司令官(司令部)に対する批判
2、極東軍事裁判への批判
3、司令部が憲法を起草したことへの批判
4、検閲制度への言及
5、合衆国に対する批判
6、ロシアに対する批判
7、イギリスに対する批判
8、朝 鮮 人 に 対 す る 批 判
9、中 国 に 対 す る 批 判
10、他の連合国に対する批判
11、 連合国一般に対する批判
12、 満州での日本人取り扱いに対する批判
13、 連合国の戦前の政策に対する批判
14、 第三次世界大戦への言及
15、 ソ連対西側諸国の「冷戦」に関する言及
16、 戦争擁護の宣伝
17、 神国日本の宣伝
18、 軍国主義の宣伝
19、 ナショナリズムの宣伝
20、 大東亜共栄圏の宣伝
21、 その他の宣伝
22、 戦争犯罪人の正当化、擁護
23、 占領軍兵士と日本人女性との交渉への言及
24、 闇市の状況への言及
25、 占領軍軍隊に対する批判
26、 飢餓の誇張的言及
27、 暴力と不穏行動を煽動すること
28、 虚偽の報道
29、 司令部、地方軍政部に対する不適切な言及
30、 未開禁の報道の公表

 


 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月2日、宮城へ

2016-01-06 02:51:59 | 旅行

もう2,3十年ぶりだろうか、天皇陛下と皇族方がわれわれにご挨拶くださる2日のお昼すぎ、宮城に向かった。
今年は平成に入ってから2番目の人出だったそうだ。

東京駅から皇居に向かうひっきりなしの人々の群れ。

 

1キロほど歩くと宮城前広場に多くの人が並んでいる。
馬に乗った騎馬警官、シェパードを連れた警備官・・・そうだ、かつて天皇陛下は婚礼の時 6頭立ての馬車でパレードをなさったことを思い出す。

 

 りりしい姿。

 

二重橋を渡って皇居に入る。

 

 

陛下や他の皇族方がお並びになってご挨拶を頂く。後ろの方にいてお姿はまったく見えない。カメラを高く持ち上げて撮ったのだが、これだけしか撮れていなかった。「天皇陛下万歳」の声が何度も何度も繰り返される。君が代もあちこちから聞こえてくる。お言葉は短かったが、感激した。私の根幹がここに続いている、ということを実感した。

 

帰り道、お庭はとてもよく手入れがされていて美しい。赤い実と黄色の実、なんだろう??

 

帰りは桔梗門から。立ち去り難い気持ち。多くの人がたたずんでいた。

 

やっと外に出た。お堀には水草が浮かんでいる。
バスやブールギルは駆逐できましたか??と警官に尋ねたら、???  であった。よくご存じないようだ。

また来年のお正月にこよう、と心に決める。
駅に向かう途中、立ち飲みの店があって、久しぶりにビールとおつまみを頂いた。
駅に着いた頃、もはや夕暮となっていた。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弁護士の問題

2016-01-03 12:10:27 | 政治

先日私の郵便受けに 「戦争法の廃止を求める署名のお願い」 などという署名を求めるビラが入っていた。呼びかけ団体として次のような名前があった。

戦争をさせない1000人委員会
解釈で憲法9条をゆるすな! 実行委員会
戦争する国づくりストップ! 憲法を守りいかす共同センター 安倍教育政策NO! ネット
安倍政権にNO! 東京・地域ネットワーク
安全保障関連法に反対する医療・介護・福祉関係者の会
安全保障関連法に反対する学者の会
安保関連法に反対するママの会
NGO非戦ネット
沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック
女の平和
改憲問題対策法律家6団体連絡会
原発をなくす全国連絡会
国連人権勧告の実現を! 実行委員会
さようなら原発 1000万人アクション
自由と民主主義のための学生緊急運動 (SEALDs)
首都圏反原発連合
戦時性暴力問題対策会議
宗教者・門徒・信者国会前大集会
脱原発をめざす女たちの会
止めよう! 辺野古埋め立て国会包囲実行委員会
日韓つながり直しキャンペーン2015
日本軍「慰安婦」問題解決全国行動
反貧困ネットワーク
「秘密保護法」廃止へ! 実行委員会
mネット民法改正情報ネットワーク
立憲デモクラシーの会
全国労働組合連絡協議会
全国労働金庫労働組合連合会

そして取り扱い団体としてある弁護士事務所の名前、住所、電話番号が大書してあった。

これらはみな特定の野党勢力、外国 (シナ、朝鮮) 勢力が裏で糸を引く団体である。これらの団体がそのまま存在するのではなく、実体は一つか二つで、それが多くの仮面をかぶっているのであろう。つまり、「フロント」と呼ばれるものである。
それらのまとめを弁護士が引き受け、反日運動を行っている。

 

弁護士は「弁護士法」によりその任務が規定されている。

   第一章 弁護士の使命及び職務
(弁護士の使命)第一条  
   弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする。
 弁護士は、前項の使命に基き、誠実にその職務を行い、社会秩序の維持及び法律制度の改善に努力しなければならない。
(弁護士の職責の根本基準)第2条
弁護士は、常に、深い教養の保持と高い品性の陶やに努め、法令及び法律事務に精通しなければならない     (以下略)

 

日本で弁護士が活動するためには弁護士会に所属せねばならないとされる。ところが、今日その弁護士会が特定の政治的勢力、左翼、朝鮮人勢力の代弁者として活動している。
日本の弁護士であるにもかかわらず日本と日本国民ではなく、外国 (シナ、朝鮮)、外国人 (在日朝鮮人・シナ人) の利益のために働いている。さらに在日外国人にも日本の弁護士資格が与えられ、日本の法律を歪めて利用し、抜け穴を探し、外国人の利益のために日本の政治・行政を動かそうとして働いている。

公正、公平かつ日本のための「社会正義」のために働くべき弁護士が日本国内で外国人による日本社会の破壊・侵略のために働いている、という現状を許すことはできない。

いま京都である弁護士がこのような弁護士会の活動を違法として提訴している。はやくそれを認める判決が出ることを願う。
http://biboroku.net/nichibenren/
http://nihonnococoro.at.webry.info/201507/article_2.html


百歩譲って、弁護士が個人としてどんな政治的傾向を持つことも許されよう。しかし特定の政治的立場の「弁護士会」に所属せねば弁護士活動ができない、という規則は不条理である。
法務省はこのような左翼弁護士会の活動を停止させねばならない、あるいは「弁護士会への所属義務」をなくさねばならない。
また外国人弁護士がその外国人の利益のために働くことは、日本の弁護士として許されるべきではない。それは日本の国益、日本人の利益と相反し日本の崩壊を導くことである。

 (参考) http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/?s=%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年の政治変動を予測する (つづき)

2016-01-02 10:00:50 | 政治

今年の南朝鮮についての私の予想である。裏付ける情報も根拠もないが、あり得るかもしれない、くらいの個人的な着想として読んで頂きたい・・・・

 

南朝鮮はバク政権が朝鮮民を適切に支配できない事態に見える。
逆にNGOテイタイキョーの活動が政府を支配している。テイタイキョーは北の傀儡である。

次の選挙では従北勢力の勝利が確実視されている。
このままでは遠からず内部から北に支配されるだろう。核を持つ北は米国の思い通りにはならないやっかいな存在である。

もし南が自由陣営に留まることができるとすれば、その道は一つしかない。
軍の自由陣営勢力による「クーデター」独裁である。

まもなくそれが起きるのではないか、軍内部にはその勢力が密かに成長しつつあるのではないか。

南朝鮮と軍部独裁との相性は非常によい。過去何代もそれが続いてきた。
南朝鮮が近代的民主主義国家となるには早すぎた。もともと李王朝という古代国家が日本により保護されていた。先の大戦の結果支配者は米国となった。冷戦の結果仕方なく民主主義国家として独立を与えられた。実質は両班そのままの李承晩による古代的・圧政的独裁であった。15年の独裁の後李はアメリカに亡命した。

思えば、過去の軍独裁 (朴正煕、全斗煥、盧泰愚、60年~92年) も米国の了承下で成立したのではないか??  もともと古代人的精神構造の南朝鮮人がいきなり独立した自由人によるまっとうな民主主義国家など作ることは不可能だったのだ。その後の金エイサン以降の実験的民主政治の失敗は見事にそれを証明している。これまでに結局「国体」(国柄)を確立することもできなかった。ゆすり、たかり、ぱくり、虚偽、不道徳、文化の欠如など、ことごとくそれに反している。また民族全体として特異な性格を形成した。

いま約半数の南朝鮮民が北に近親感を抱いている。パクは49対51でかろうじて当選した。いま国内経済も破滅に瀕しており、米国=ユダヤ資本は朝鮮権益を失うことを許さない。ひたすら朝鮮の権益を維持しようとするだろう。どんな混乱があろうとかまわない。それは米国が作り出した中東の状況を見れば明らかだ。

密かにクーデターの相談が軍との間で行われていると想像する。
まもなく先祖帰りをして、独裁的自由主義国家となるのではないか。

その時、日本がなすべきことは、戦後日本に非合法・合法を問わずやってきた在日朝鮮人をすべて送還することである。資産つきなら大喜びで迎えられることだろう。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加