慶喜

心意気
「明日迄の命の気持ちで、人生を!」
「不老不死の気持ちで、知識の習得を!」

「橋下氏」調査と民進党のチグハグ調査?の違い

2017年03月30日 | 新聞記事
森友学園問題を橋下前大阪府知事総力をあげて取材した結果

何が問題なのか?行政組織のどこの問題なのか真相を記載する
橋下氏の判断は、関係者の話を総合すると、近畿財務局のチョンボでした
情報の信用度は5段階評価で3レベルと自己評価
民進党、正確な調査もしないで偽装工作?国会を本来職務停止状況に追い込む
首相夫人と籠池夫人メール全文が、民進党辻元清美氏にブーメラン!
 ☆民進党・辻元清美議員によるスパイ工作疑惑が記載されていた
 ☆野党側がこぞって『メールを公開すべきでない』と抵抗していた理由は明確
マスコミは、辻元氏のこの事実を報道しないスタンス
知識・意欲の向上目指し、記事を参考・引用し、自分のノートとしてブログに記載
記述に誤り不明点あると思います、詳細、出典記事・番組・画像等で確認ください
出典、公式メールマガジン《橋下徹の「問題解決の授業」》、産経新聞、虎ノ門ニュース






橋下氏(ネットより画像引用)

問題の土地は、大阪音楽大学の隣接地
大阪音楽大学は国と売買交渉をした
土地は国土交通省大阪航空局の所管
 ☆売却手続きは近畿財務局が行う
問題の土地は関西国際空港会社が新会社になるとき、会社より現物出資され新会社の所有となった
近畿財務局は、大阪音楽大学に売却できると思い、新会社所有となった当該土地を国所有に戻した

大阪音楽大学への売却は交渉決裂&破談
土地が国のものとして余ってしまうのである
民間だとそれの何が問題なの? と感じるだろう
行政の世界では大問題なのである
伊丹空港の騒音区域に指定された土地は、国土交通省大阪航空局が管理する
大阪航空局は管理していた土地をどんどん売却処理していた
関西国際空港の新会社に現物出資し処分は終了した
 ☆大阪航空局は騒音区域として管理していた土地を全て処分できた
大阪航空局としては管理している土地を処分するのが仕事で、仕事は完了した

近畿財務局が大阪音楽大学に売れると思った土地
関西国際空港新会社に移した土地を再び大阪航空局所管に戻した
近畿財務局は売却に失敗、大阪航空局はまた土地を抱えることになってしまった
大阪航空局は、担当部署を解散、そこに再び土地が戻ってきてしまった

大阪航空局にとり面倒なこと
近畿財務局に売却先をきちんと見つけるように迫っていた
近畿財務局は売却先を見つけるのに焦っていたという状況
このような状況の中、森友学園が近畿財務局に土地を買いたいと言ってきた
近畿財務局としてはラッキーで、何とか売却したいと一生懸命になる

自民党が公表したメールのやりとり
民進党や辻元清美の悪事が述べられていた!
辻元清美ら民進党議員は、森友学園の塚本幼稚園の先生方を怒らせるため
 ☆ニタニタ笑いながら幼稚園に侵入
辻元清美氏は、極左暴力テロ集団「連帯ユニオン関西地区生コン支部」の工作員を送り込む
 ☆小学校の作業現場に3日間だけ作業員が送り込まれた
作業員に、マスコミに向け嘘の証言をさせた!(誰が?)(送り込んだ会社の社長にも問題発生?)
 ☆その作業員は、指示があったので、敷地内に穴を掘り、そのゴミを埋めたと嘘のコメントしている
民進党は、籠池妻のメール内容は事実無根だと主張
 ☆メディアに対して拡散しないよう強く要求した!(報道規制をした)!



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「日本のミサイル防衛体制」... | トップ | 3月31日練習 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む