隊長のブログ

中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポーツ観戦。

猛虎通信 Vol.69 『「ピッチャー 藤川」に沸く神宮球場』

2016年06月02日 | 猛虎通信

隊長が好きなプロ野球チーム、阪神タイガースを応援する「猛虎通信」の第69回は、『「ピッチャー 藤川」に沸く神宮球場をお送りします。


プロ野球は、一昨日(5月31日)からセ・パ交流戦が始まっています。我が阪神ターガースは、コボスタ宮城での楽天戦が、交流戦のスタートで、昨日終了時点で、1勝1敗の五分です。


隊長は、先週の神宮球場での対ヤクルト3連戦の初戦(5月24日)に、応援に行きました。


神宮は、3月17日の『金本阪神首都初見参』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee3f021fc78f96de1bdf9ac9da53ee1c 以来です。一緒に応援するのは、前回と同じくイーフ君。


4:30に球場に到着。この日のチケットは、外野自由席です。外野自由席と言っても、神宮の同席は、内野にはみ出していて、座席の位置によっては、“内野席の端”と言ってもいいですね。


開門直後だったので、15段209と言う選手が出入りする通路のすぐ脇の良い席をゲット出来ました。丁度、阪神の打撃練習中でした。


神宮の外野自由席は、久しぶりなのですが、通路の脇に“立入禁止”のエリアが出来たのですね。試合終了後、通路の上から選手に応援・罵声をかけるのを少しでも食い止める為ですかね。


先ずは、“サッポロ生ビール黒ラベル”で喉を潤します。普段は、西日が射して暑い球場ですが、この日は曇り空で、風も吹いて、生ビールが美味い!


段々と暮れていく上空に、燕が飛んでいます。今日は、燕(スワローズ)を撃ち落とすぞ。


この日の始球式は、元衆議院議員でタレントの杉村 太蔵と、プロレスラーの蝶野 正洋⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/abe691bc3a689e9c47e5efeda9014204 です。


バッターの蝶野がピッチャーの杉村を威嚇するパフォーマンスで、場内を笑わせます。


18時にヤクルト 八木、阪神 能見の先発で試合開始。阪神は、2回に北條のタイムリーなどで3点を先制し、3回にはピッチャー 能見の犠牲フライで、4対0とリードを広げます。


能見は6回1失点と好投し、マウンドを降ります。三塁側、レフトスタンド側を埋めたターガースファンは、ラッキーセブンの応援にも力が入ります。


そして、7回裏のヤクルトの攻撃が始まる頃に、藤川球児がブルペンで投球練習は始めました。すると、多くのファンが試合の応援をそっち抜けで、スマホやカメラで藤川を撮影します。


8回裏のヤクルトの攻撃、「ピッチャー 藤川」の場内アナウンスに、三塁側、レフト側は大盛り上がりです。


その球児、押し出しで1点を与えたものの、かろうじて役目を果たしました。試合は7対4、阪神3点のリードで9回裏を迎えます。


ストッパーのマテオも1点を許し、サヨナラ負けのピンチを迎えたものの、7対5で、なんとか逃げ切りました。


試合終了後、真っ先に通路に現れたのは、多くの記者を引き連れた金本監督です。通路両脇の阪神ファンから声援が飛びます。


そのあと、途切れ途切れながら、選手・コーチ・スタッフが通路に現れます。


試合終了後、15分ほど過ぎて最後に現れたのは、この日もホームランを打ち、ヒーローインタビューに答えていた原口捕手です。原口は、グラウンドに一礼して去って行きました。


さて、いつも行く東京ドーム近くのフィットネスクラブで、『藤浪・藤川・江越と遭遇』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/154a62c47d9712eff067409c930fda55 した事を書きましたが、5月29日の昼には同じ場所で、藤浪と岩崎 優(いわざき すぐる)投手と遭遇しました。


藤浪は、相変わらずの表情ですが、初めて間近かで見た岩崎、優しい顔をしていますね。厳しい勝負の世界に生きている男と言うより、好青年の顔でした。


今度は、誰と遭遇するかな。

 

 

===「猛虎通信」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/4aa91a87a04eacbc3c2222df6065bd1d

Vol.1~55 省略

Vol.56 2015/7/4 『生ビール半額ナイター』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9b52e7b3638b7ecd79f1b328b3ec82ae

Vol.57 2015/7/25 『古いチケット』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0eda600e0247fb63f49196f58f079617

Vol.58 2015/8/10 『山・山・山』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a2b79282def807236ace58f2f21415a4

Vol.59 2015/9/25 『関東地方全球場制覇したけど。。』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3dbf1d3ca2bd6e71170d1159c18b314d

Vol.60 2015/10/2 『関本 まだやれるぞ!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e93b3fb696cb28d3d08a7d19e3fbef03

Vol.61 2015/10/8 『死んだ筈が生き返った』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3f045117be48dbd21a208b14b0cbd93c

Vol.62 2015/10/21 『金本新監督誕生』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8038915e4b3bd6a336bcd658d0614bdf

Vol.63 2015/11/26 『2015年の総括』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/07d4646a83e91d109b25abe7c4671ae4

Vol.64 2015/12/19 『応援グッズ』(その4) http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fcd1a0e4cc7c220ef71c5ff9da553e70

Vol.65 2016/2/1 『2016年の新戦力』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e85f2d83d999c04d44337e9be75b67ee

Vol.66 2016/3/10 『「超変革」 実践中』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4baba02baeb7fc0c664f40bf4e3c2214

Vol.67 2016/3/20 『金本阪神首都初見参』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee3f021fc78f96de1bdf9ac9da53ee1c

Vol.68 2016/4/7 『藤浪・藤川・江越と遭遇』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/154a62c47d9712eff067409c930fda55

『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上海城市新聞 Vol.26 『初夏... | トップ | 上海城市新聞 Vol.26 『初夏... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL