隊長のブログ

中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポーツ観戦。

猛虎通信 Vol.67 『金本阪神首都初見参』

2016年03月20日 | 猛虎通信

隊長が好きなプロ野球チーム、阪神タイガースを応援する「猛虎通信」の第67回は、『金本阪神首都初見参』をお送りします。


我がタイガースの『金本新監督』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8038915e4b3bd6a336bcd658d0614bdf にとって、初めての東京での試合が、3月17日(木)の神宮球場でのヤクルトとのオープン戦でした。


その『金本阪神首都初見参』を応援する為に、同じく虎キチのイーフ君と神宮に行って来ました。


神宮球場を訪れるのは、昨年7月の『生ビール半額ナイター』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9b52e7b3638b7ecd79f1b328b3ec82ae 以来です。


その時には気がつかなかったのですが、球場の外壁が綺麗に改装されていました。工事が行われたのは、このシーズンオフか、それとも去年のシーズンオフだったのですかね?


球場内に入ると、いつもの見慣れた光景と違い、外野席に観客を入れていません。それと、スコアボードが新しく、モニター画面も大きくくっきりとなった様です。これも、今年から?


この日発売の入場券の券種は、「内野自由席」2,100円(税込)の一種類のみ。


13時試合開始の45分前に入場したのですが、バックネット脇の席に座ることが出来ました。神宮で、こんなに良い場所で観戦するのは初めてです。


試合開始時には、平日の昼間にもかかわらず、開放された内野席はほぼ満員です。


しばらくして、後方を見ると、放送席の上の屋根も新しく改装された様です。それと、以前は有ったカウントの電光表示が無くなっていました。


試合の方は、ヤクルト 小川泰弘(ヤスヒロ)、阪神 岩田稔投手の先発でスタート。


1回の表、阪神の攻撃、一番バッターのドラフト一位指名の新人 山俊外野手⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e85f2d83d999c04d44337e9be75b67ee が、いきなり初球を左中間に運び、ツーベースヒット。


続く、二番の高卒3年目 横田慎太郎外野手も、ショートヒットでつなぎます。そして、続く三番の新外国人 ヘイグ内野手のレフト線タイムリーツーベースで、先制点を奪います。


しかし、その後はチャンスを作るも、タイムリーヒットが出ず、昨年11勝した小川投手に抑えられて、追加点を奪えません。


一方の岩田投手は、テンポ良く投げ、6回まで完璧な投球で、昨年のセリーグ覇者ヤクルトに点を与えません。


しかし、7回裏からマウンドに上がった二番手で今年15年目のベテラン 安藤優也(ユウヤ)投手がヤクルト打線に捕まってしまい、1点を失います。


その後、両チームとも、相手投手に抑えられて、1対1の引き分けでゲームセットとなりました。


勝てなかったけれど、“若虎”の躍動感あふれるプレーが見られて、ますます今年の『金本阪神』に期待が持てた試合でした。

 

 

===「猛虎通信」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/4aa91a87a04eacbc3c2222df6065bd1d

Vol.1~55 省略

Vol.56 2015/7/4 『生ビール半額ナイター』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9b52e7b3638b7ecd79f1b328b3ec82ae

Vol.57 2015/7/25 『古いチケット』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0eda600e0247fb63f49196f58f079617

Vol.58 2015/8/10 『山・山・山』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a2b79282def807236ace58f2f21415a4

Vol.59 2015/9/25 『関東地方全球場制覇したけど。。』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3dbf1d3ca2bd6e71170d1159c18b314d

Vol.60 2015/10/2 『関本 まだやれるぞ!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e93b3fb696cb28d3d08a7d19e3fbef03

Vol.61 2015/10/8 『死んだ筈が生き返った』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3f045117be48dbd21a208b14b0cbd93c

Vol.62 2015/10/21 『金本新監督誕生』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8038915e4b3bd6a336bcd658d0614bdf

Vol.63 2015/11/26 『2015年の総括』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/07d4646a83e91d109b25abe7c4671ae4

Vol.64 2015/12/19 『応援グッズ』(その4) http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fcd1a0e4cc7c220ef71c5ff9da553e70

Vol.65 2016/2/1 『2016年の新戦力』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e85f2d83d999c04d44337e9be75b67ee

Vol.66 2016/3/10 『「超変革」 実践中』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4baba02baeb7fc0c664f40bf4e3c2214

『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 学ぶ 36課 『東京からの恩返... | トップ | テレビ Vol.126 『ドラマ 「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL