隊長のブログ

中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポーツ観戦。

食の文京 No.34 『MALIKA インドネパールレストラン』

2015年10月18日 | 食の文京

隊長の地元 東京都文京区の美味しい物を紹介する「食の文京ブランド100選」シリーズの第34回は、『MALIKA インドネパールレストラン』をお送りします。

 


文京区内のおいしいお店100軒を選考して紹介しているのが「食の文京ブランド100選」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/d/20130620


選考委員長は、先日亡くなられた料理研究家の岸 朝子(きし あさこ)さん⇒
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6f42bf2e3a40f9bc23ba489d4e63fb58


その100軒を文京区の地図上にマッピングした “おいしゅうございまっぷ” を、文京区観光協会が発行しています。


『MALIKA(マリカ)』は、文京区湯島にあるインド・ネパール料理のお店。料理長もスタッフも全員インド・ネパール出身です。


同店がノミネートされている「食の文京ブランド100選」の “各国料理” 部門に登録されているお店は7軒あります(その内、ベトナム料理のミュンは廃業)。


「隊長のブログ」では、7軒の内これまでに;

第14回で 『カレー専門店 デリー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8d14babcc0126b5d6b863f1539ecf246

第31回で 『玻璃家(ボーリージャー)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8b14b64e65f7d8051827325076b6f460

の二軒を紹介しています。


お店は「サッカー通り」に面していて、この通りでは夏には『サンバ・カーニバル』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/94aec65f19767c6020a96300e37a6281 が開かれます。


また、近くには「苺シャンデ」で有名な『オザワ洋菓子店』http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/661d086db56a4669d22a58befe43f74d もあります。


店内に入ると、アジアンティストが溢れる造りで、BGMもインド音楽です。


お昼に訪れたこの日にオーダーしたのは、“マトンカレーセット”。お値段は900円(内税)。


ランチセットには、サラダ、ナン、サフランライス、ドリンクが付きます。ナンとサフランライスはお替り無料。


カレーの辛さの程度と、ドリンクは選べます。辛い物が苦手な隊長は“中辛”で、ドリンクはラッシーをオーダーしました。


運ばれて来たカレーを口に入れると、“中辛”だけど隊長にはかなり辛く感じられますが、美味しいです。


マトンは臭みがなく、柔らかくもなく硬くもなく丁度良い食感です。


ナンは美味しかったのですが、サフランライスはパサパサし過ぎていたので、カレーの器に入れて“サフランカレーライス”にして頂きました。


ラッシーも甘すぎず、濃さも丁度良かった。


インドネパールレストランでサフランライスを食べていると、米国企業の日本支社に勤めていた時の出来事を思い出しました。


本社から日本に出張して来たインド系アメリカ人を通訳兼ガイドとして、地方の工場へ二泊三日で連れていったことがあります。


そのアメリカ人は、ベジタリアンでした。初日のお昼に入った喫茶店で、彼がオーダーしたのが野菜サンドイッチとミルク。


テーブルにサンドイッチが運ばれて来るなり、これは食べられないと言い出しました。


理由を聞くと、野菜にマヨネーズが付いていて、マヨネーズには卵が使われているからだそうです。


隊長は、ベジタリアンは肉と魚介類が駄目だと思っていましたが、卵が駄目なベジタリアンもいるとのこと。


次に彼は、野菜サンドではなくサフランライスが食べたいと言い出しました。地方の喫茶店、サフランを用意してある訳がありません。


そう伝えると、それではバターライスならどうだと言います。卵は駄目でも、牛乳から作るバターは良いそうです。


これからが大変でした。朝・昼・晩、どこへ言っても彼が食べるのは、バターライスにミルクと果物だけ。


とても三食は付き合いきれませんが、ランチは時間的な制約もあり、同じ料理を注文した方が早いので、隊長もバターライスのお付き合い。


成田空港で彼を送り出した時には、ホットしたことを思い出しました。


尚、『MALIKA』の住所は、東京都文京区湯島2-11-7 TSビル1F、電話番号は03-3814-3327です。

 


===「食の文京」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/a52f0d5a750f37d914378b5d2d103af2

No.1~25 省略

No.26 2014/8/5 『万定フルーツパーラー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b8fa981abc4143f720730f15a315959d

No.27 2014/8/30 『湯島 手打古式蕎麦』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cb11cbad16713f08e01e6f43bc90cb84

No.28 2014/9/4 『かつ吉 水道橋店』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/37d15d1896a07bf083eb159c24b02495

No.29 2014/9/9 『上野 井泉 本店』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/349df8a96aa7b55175861043bcd44a5a

No.30 2014/9/22 『喫茶 ルオー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5326834cecc0171e24a5c40b9edbeffb

番外編 2014/12/6 『湯島「天庄」「鳥つね」「手打古式蕎麦」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/17a2f9580cda8017751adf1dcfb2424b

No.31 2015/3/18 『玻璃家(ボーリージャー)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8b14b64e65f7d8051827325076b6f460

No.32 2015/5/28 『金魚坂』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0f9da9ca937a9cdc5d0b31b3e5dfb70f

No.33 2015/9/15 『和・洋菓子 松右衛門』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3197283c32e1a43ba228bed88a987b06

番外編 2015/10/3 『訃報:岸 朝子さん』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6f42bf2e3a40f9bc23ba489d4e63fb58

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テレビ Vol.106 『関口知宏の... | トップ | ブログ その104 『パンダでも... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL