メランコリア

メランコリアの国にようこそ。
ここにあるのはわたしの心象スケッチです。

『モンスター図鑑 フランケンシュタイン』(ほるぷ出版)

2016-12-10 07:36:45 | 
『モンスター図鑑 フランケンシュタイン』(ほるぷ出版)
原題 in the footstepes of FRANKENSTEIN 
スティーヴ・パーカー/編 樋口真理/訳
初版1996年 1500円

※1996.12~のノートよりメモを抜粋しました。
「読書感想メモリスト」カテゴリーに追加しました。


【内容抜粋メモ】

メアリー・シェリー
1816年生 18歳の時の著作
休暇中のジュネーヴで嵐の晩、恐い話をして遊んだのがきっかけ
これは映画『ゴシック』の中でも描かれていたな


ストーリーは、ケネス・ブラナーの映画がもっとも忠実かも
空想科学小説に近い今作(ドラキュラは民話、歴史等に基づく)では、
メアリーの時代のレヴェルがどの程度だったかが興味深いポイントになる

実際、死体の解剖は不道徳とされながら、次第に人体、生命、遺伝子の仕組みが研究され、新たな発見も相次いだ

「雷で生命を吹き込む」のは、映画の脚本
怪物の姿も原作では「立派な体つき、黒い長髪、真っ白な歯、筋肉や血管が透けるほど薄い黄色い肌」
今作でメアリーは「人が神の真似をして命を作ろうとした恐ろしさ」を伝える

ギリシア神話でも
「プロメテウスが土と水で人を作ったことにゼウスが怒り、彼をハゲワシに永遠についばまれるようにし、
 パンドラを地上に送り、箱を開けさせて善悪がはびこった」とあるそう

『マンガ ギリシア神話1 神々と世界の誕生』(中央公論新社)

生命、ことに人の出現は、ずっと謎に包まれ、神話と結びついてきた
現代では、人工知能ロボット、クローン技術、臓器移植等、神を恐れぬ好奇心はとどまることを知らない


映画の紹介:
『フランケンシュタインの花嫁』(1935)
『ヤング・フランケンシュタイン』(1974)
『フランケンシュタイン』(1994)


科学者の肉親を失った悲しみから生み出された怪物は、
フシギにも醜い姿と裏腹に優しい心を持っていた

醜いがゆえの孤独で憎しみが生まれ、造り主をも死に追いやるが、ラストは自らも炎に身を投じる
偶然に生まれた話とは思えない、この壮大で深いドラマはホラーを越えている
こちらも原作をじっくり読みたい


「オレは誰にも理解されたことがない
 殺人を犯したのは孤独だったせいだ
 だが心配するな
 地球の一番北の地に行き、弔いの火をおこし、
 罪を償うため、苦しみのうちに燃え尽きるのだ」



同シリーズに「ミイラ男」「狼男」あり 図書館にはなかった




フランケンシュタインの映画もたくさんある 2016

中でも傑作だと思うのは、ジョン・ハート出演のこちら
『Roger Corman's FRANKENSTEIN unbound フランケンシュタインの解放~禁断の時空』(1990)

ケネス・ブラナーの『フランケンシュタイン』(1994)
『アンディ・ウォーホルのフランケンシュタイン』(1973)
『Gothic』(1987)
『フランケンシュタインの花嫁』(1935)

(観たけどメモがないな・・・
『ヤング・フランケンシュタイン』(1974)
(メル・ブルックス大好きww



『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 土曜ドラマ スニッファー 嗅... | トップ | 『モンスター図鑑 ドラキュ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。