メランコリア

メランコリアの国にようこそ。
ここにあるのはわたしの心象スケッチです。

シリーズ発達障害 自分の“苦手”とどうつきあう?@あさイチ

2017-05-28 08:46:32 | テレビ
シリーズ発達障害 自分の“苦手”とどうつきあう?@あさイチ

専門家ゲスト:梅永雄二さん(早稲田大学教授)
ゲスト:くわばたりえさん(タレント)、栗原類さん(モデル)
リポーター:瀬田宙大アナウンサー

NHKスペシャル 「発達障害~解明される未知の世界~」

上記の続編にあたる
今度は、背景をベージュにかえていた




<FAX>

「感覚が過敏な自分にとって、スタジオに鮮やかなものが多過ぎて話に集中できない」

(とにかく、あらゆる場所、場面で人工的な情報過多な時代なんだよね
 息が詰まると同時に、そのスピードに必死についてゆき、さらに多くの情報を求める自分もいる


騒音が苦手な女子高生~聴覚過敏
中学生の時に「聴覚過敏」と診断された
彼女にとって街中は音の洪水 外から帰ると疲労困憊する

「耳も、脳も疲れている 耳の裏のへんが圧迫されている感じ」

(私も音遮断のヘッドフォンが欲しい
 クルマ、しょっちゅうどこか掘ったり、マンション建てたりしている工事現場
 外まで流れる店内の宣伝音楽やアナウンス、、、これらに“慣れ”た脳の仕組みは進化なのか退化なのか


類さんの苦手は「初めての場所に迷わず行くこと」
類さんは8歳で「発達障害」と診断された
中学生の頃は、母親が調べてくれ、指示してくれたが、それでも間違えて、目的地にたどり着けないことが多かった

 
(私も方向音痴だけど、どこが違うなんだろう

今は仕事で遅刻しないよう、時々知らない場所に行く練習をしている(認知行動療法みたいなものかな

この日行くと決めたのは、初めて行く美術館
スマホを見ながら地下鉄と徒歩で行く 電車に乗る前もスマホで再確認



交差点など迷う恐れがある場所でもこまめにスマホをチェック
一度ルートを外れると戻るのに苦労するため

案内図も確認して、スマホとは別の道を行けば近いと分かり、チャレンジ
「スマホに頼り過ぎないこと」も心がけている

元の道に戻ってきてしまったが、無事到着
(あら、世田谷美術館前でもフリマをやってるんだ/驚

 


類:
ちょっと遠回りしてしまったが、重要なのは早く来ることではなく、行けるかどうか
結果としては来られたからなんとかなったかなと思う

(うん、認知行動療法では、実際行動して、自己肯定が大事v

約束の時間が決まっていると焦ってしまうことはよくあった
スマホのルート通りに行かないと、ちゃんと行けたという気分にはならないが
真っ直ぐ行けば近いとか分かるのにも2年くらいかかった

そこで母に言われたのは

「機械の言いなりになるな」
「ちゃんと周りの景色を見て、スマホにあるコンビニとかの建物を照らし合わせれば、わざわざ元に戻らずにも行ける」

と何度も何度も言い聞かされて、ここ最近、やっとそれが出来るようになった



「発達障害」とは? 主な3種類~ASD、ADHD、LD
「病気」ではなく、生まれつきの脳の特性

類:
僕はADHDと、音に過敏
たとえば、居酒屋に行くと、店内のBGMや、反対側で喋ってる人の声があまりに大きすぎて
隣りにいても、寄らないと聞こえない(居酒屋はうるさいよね



ヤナギー:それぞれの程度もあるじゃない? 違いがよく分からない



●「発達障害」の半数に「偏食」があると判明
「感覚過敏」が偏食の原因にもなっている高校2年生あっくんの例



あっくん:この豆、絶対食えない キノコ多い だって不味いもん
母:選んでるんだ

表面がなめらかな食感が苦手で、ゴムやプラスチックを口に入れたようで、体が一切受け付けない

(実際、プラスチックみたいな材料で出来た食べものが多い時代だよね
 過剰な添加物、金儲けのための嗜好品を子どもたちに食べさせ続けた大人への1つのメッセージでは?

あっくん:
ヌルヌルしてて、食べた時に気持ち悪い感触が舌に残ったりして嫌
吐きたいという思いが出てきて、のどの奥に入れたくない


 

高橋教授は約140人の当事者に聞き取り調査を行い
「発達障害」の背景に「感覚の過敏」があると分かった



美味しそうなイチゴも、つぶつぶが目に飛び込んでくるように感じられ、気持ち悪い、怖いと思う人が多い
サクサクのコロッケは、口の中を針で刺されているようで痛くて食べられないという人が多い

 

その他
「食べ物を噛む音が耳障りでガマンできない」
「ニオイが強く、吐き気をもよおす」などで食事ができないケースもある
(色素、香料を抜いた自然食品でもダメなのかな?


高橋:
従来は、好き嫌いは、わがままと言われがちな問題だったが
これは生理学的な問題なので、そもそも受け付けられない
“好き嫌い”と“過敏”は分けて考える必要がある



あっくんは、周囲の理解を得られないまま、学校給食で食べられるものがほとんどなく
昼休みも一人だけ教室に残されて泣いていた
「食べられない」と言っても「わがままだ」とまったく聞いてもらえなかった

あっくん:
怖かった 先生方が「それはおかしい」と決めつけて
無理やり食べさせてくるのが辛かった

母親は「少しでも食べられるものを増やしてあげたい」と
家ではさまざまな食材を出して、試行錯誤してきた

母:
何を食べるのかなっていつも思っていた
何かしら増やしてあげたほうが、生きていくのが楽になるかなと思ったけれども
小学2年生の時に「発達障害」の診断を受けて、初めて“好き嫌い”とは違うと気付いた

食べられないものを出してごめんねと思った
食べられるものをとにかく探そうね

今は「偏食を治す」のではなく、食べられる範囲で栄養バランスをとろうと心がけている

あっくんは、トマトのぶよぶよした感じが嫌だというが、
母親の期待に応えようと、努力して食べるようにしている
(トマトの食感が嫌いな人は多いよね

母:
食事は1日3回きますので、それを根を詰めてやると、親も子も辛いのでほどほどにですね
嫌なものも摂って、栄養バランスさえ整えれば、彼は幸せですか?
そこに幸せはない気がしているので、諦めたり、頑張ったり、綱引きして幸せを探しています


類:
僕も小さい時、初めて麻婆豆腐を食べて、麻婆茄子じゃなくて豆腐じゃないとダメ
母が作ったのと同じ色、野菜じゃないと残してしまう
給食でも、同じ色じゃないから残したら、母親が先生に呼び出されたりしていた
でも、母は家で栄養をとるように意識してくれていた


<FAX>
「背景のベージュがまぶしくて見えづらい」という意見が来て、照明を15%ほど落とした
(照明もどこも明るすぎるんだよ、蛍光灯やネオンで夜も星空もない

「テレビのBGMもうるさくて、話が聞きづらい時があります」


類:
日本のバラエティや報道番組のセットってポップで柄が細かい
アメリカでは色や照明も暗くて、セットもシンプル



偏食の問題は教育現場でどれだけ知られているのか?

池端:

教育現場ではまだまだ知られていないのが現状
誤解されて苦しむ子どもがたくさんいる

(アレルギー問題とかで、昔より緩和したと思ったけど、そうでもないのか

一律に「残さず食べましょう」という指導が行われているケースもあり
「食べない」という選択肢が認められないケースがある


(私も、給食のパサパサなコッペパンや、ソフト麺とか食べられず、
 残すと昼休み遊ぶのを禁止されていたから、コッソリと巾着袋に入れて持って帰ってたりしたことを思い出した

“好き嫌い”とどう違うのか詳しく分かっていないので判断が難しい
保護者と教師が相談することも大切

イノ:アレルギーの対策と同じようにしていくしかないのかな?

瀬田アナ:親御さんからも発信して認知されることが必要

池端:
あっくんの場合、母親が「偏食は発達障害のせいです」と伝えたが
なかなか理解してもらえず、止む無く「アレルギーだ」という言い方をした


有働:15人に1人というのは多いのに進んでいないんですね



改善に向けた取り組みの例

発達障害の子どもたちが通うセンター

まず、子どもの食事の傾向を細かく親から聞き取る


1人1人の感覚の適性に応じる(!


この日は「すき焼き」だが、肉や野菜の食感が苦手な子どものためにミキサーで柔らかくする

(肉をミキサーにかけた色のほうが私はヤヴァいな

逆に柔らかいのが苦手な子には、素揚げしてサクサクにする

 

食べられる食材を徐々に増やしていこうとしている取り組みのお蔭で
子どもたちは通常の調理法のものもだんだん食べられるようになるという



母親A「こんなにいろんな食材を食べられるようになると思わなかった」

母親B「食べることが好きになってきてくれた 「給食は楽しい」「美味しい」と言っている」




梅永:
まず、偏食は悪いことじゃない
我々でも食べられないものがあるし、成長にしたがい好き嫌いも変わる

ただ、ASDの方の中には、音・光・ニオイ・味覚に敏感な方がいるので
レタスのシャキシャキ感が苦手な人もいる

珍しい事例として、ある自閉症のお子さんは卵はダメ、カニは大の苦手
でも、お母さんに聞くと一番好きなのは「カニたま定食」だという
食感、ニオイとかが一緒になることで美味しくなることもある
だから、お母さんが工夫するのはとても素晴らしい(お父さんもね

イノ:味が嫌いなワケじゃないなら、最初に何がダメだと聞かないといけない?

梅永:
本人が何が苦手か我々が理解すること
やはり食べることは楽しくなければならないと思う
無理やり食べさせて失神した方もいます
ある意味、強引に食べさせるのは虐待に近くなる


瀬田:
一気に試すと本人も辛いので、たとえば小さいお皿でコレは食べられるかどうか
少しずつ親子関係の中で確認することがポイントになる



片付けが苦手と折り合いをつけた女性の例


娘2人を育てるシングルマザーゆいさん(44):
どこから手をつけたらいいかが、まず分からない
捨てる・捨てないの判断ができない

33歳の時に「発達障害(ADHD)」と診断され、片付けられない理由が分かりすごくホッとした
それまでは「ガマン・努力が足りない」と幼稚園の時からずっと言われてきて
自分を責めに責めてきたんですけど、医者から「発達障害の特性だよ」と言われた

(“世間”では「ゴミ屋敷」とか「汚部屋」とか呼ばれるけれども、
 それに至るさまざまな人それぞれの背景や事情がある
 「想像力」がないと「共感」も生まれず、「排除」や「攻撃」につながる

タンスの前に衣服が積み上げられていて、タンスの中は空いている状態
タンスに入れると服の存在を忘れてしまうため、必要な服は見えるようにしている

 

小学生の頃から「忘れ物が多い」「整理整頓ができない」といつも怒られて
どんなに頑張ってもムリだった

ゆい:
自分は“ダメな子”なんだ、という感じがすごく強くて
やっぱり「いい子だね」って言われたいし、認めてもらいけれども
それが全然上手くいかないのが辛かった

大学卒業後、秘書として就職したが、スケジュール管理がまったく出来ず、数ヶ月で退職
23歳で結婚したが、片付けが出来ないことを夫から責められる日々が続いた
悩んだ挙句に病院を受診し27歳で「ADHD」と診断された

しかし、その後も「片付けが出来るようになりたい」という思いは強く持ち続けていた

(こんな雑誌のような生活感のない状態は保てないよ


ゆい:
片付けが出来ない人間は、人として認めてもらえないという感じがずっとあって
片付けさえ出来れば、上手くいくんじゃないかと
それが解決すれば、もっといい生活、ステキな生活が出来るんじゃないか

ゆいさんは、片付け法を徹底研究した
写真を撮って、置いてあるモノをメモして把握し、しまう場所を事前に決める

ゆい:
その場に行くと、何をやっていいのか分からなくなる
決まってたら、決まっていることを考えないでやるだけ

 

 

「賞味期限切れの食材」「まとめて紙ぶくろに」とか書いてある



ビフォーアフターの番組みたい/驚 でも数ヶ月しかもたなかった

部屋の片付けだけで疲れ果ててしまい、他のことが手につかなくなった
夫との関係はかえって悪化して、離婚
この時「自分は決して片付けられる側の人間にはなれないんだ」と思い知ったという

ゆい:
ものすごいいろんな努力をしても、普通の人にはなれないんだと気付いた
だから、普通の人になるための人生はやめなきゃいけない

全体を片付けるのは諦め、大事なところだけ頑張ることに切り替えた
子どもたちと食事をするキッチンとダイニングだけはキレイに保つと決めた



ゆい:
ちゃんとご飯が食べられて、家族で話す場所があるのを
一番大事にしようと思っていて、自分のできる範囲を大事にしないと
生活が全部崩れちゃうので、これがいい状態なんです

(それぞれ、いちばん大切なものは違うもんね

自分を受け入れたことで、他の苦手なこととの付き合い方も変わった
ゆいさんは今、「発達障害」の人の就職を支援するキャリアカウンセラーの仕事をしている
ここではスケジュール管理など、苦手なことを同僚に隠さずに伝え、サポートしてもらっている

ゆい:
できないことに目を向けていると、いつまでたっても出来ることが見えてこない
全エネルギーで出来ないことばかり見てしまっているから
まずそこは整理して置いておいて、そうじゃないところに目を向けることが大事だと思っている

(この前向きさが“うつ”などの二次障害にいかなかったのか
 ゆいさんの場合、子どもを育てなければならないことが、
 強い“動機付け”になっていると思う


類:
僕も片付けるのが苦手
冷蔵庫でも、同じ場所に置かないと気持ち悪くなったりする
それは“几帳面”とは違う感覚

僕もデッドスペースはすごい多かったが、空いたスペースに入れることを
何年も何年もやり続けた結果、最近出来るようになった


<FAX>
「片付けが出来ないことと、発達障害の違いはどう分かるのか?」

梅永:
このゆいさんも、小さい頃から一生懸命努力されていると思う でも限界がある

発達障害に対する人たちを、私たちは「定型発達」と呼ぶんですが
「定型発達」の人は努力すれば出来るが、発達障害の方は限界がある

ゆいさんのように、出来ないことは出来ない
そこを理解してあげて、私は他の援助を受けてもいいと思っている

(類くんのように、何度も練習して出来るようになるケースもあるし、
 「定型発達」の人にも限界はあるし、ほんとうに複雑だな

ヤナギー:努力自体しない場合はどう?

梅永:
努力するよう働きかけが必要
発達障害の人は努力しても出来ない場合が多い

類:出来ないことを避ける方法を考えたりする


FAXでも「ADHDだが、あさイチのポップなセットは好きです」という人もいるのでセットを戻した



あるユニークな学校の取り組み

集団に馴染めない、学習で極端に苦手なことがある子どもたちが週に1回通っている

ここで8年前から行われている「自分研究」
苦手なことを“キャラクター化”して、いつ、どんな場面で起きるのか分析したり、対策を考える



 

感情表現が苦手でクラスで孤立しがちな子
イラストを使って、ほんとうの感情を伝える研究をした
「イライラしているように見えても、今はこういう感じ(疲れたり、ダルイ)だよって指でさすと、“ああそうなんだ”てなる」

 

Q:この研究をやってみてどうでした?
楽しくて、好きになりました


気持ちの切り替えや、突発的な出来事が苦手な子の『学校あるある事典』
「この本は学校あるあるを集めたんですよ!」

 


(「ま、いいか」はおまじないだねv


(この子たちが、社会の息苦しい“規範”に合わせてくれているんだな 自分の自由を犠牲にしても


文字を読むのが苦手な女の子


「読み上げペン」という道具があり、専用の教科書の文字にタッチすると女性の声で読み上げられる(!
去年から使い始め、それまで20点だったテストで80点とれた

(点数をとるのが目的じゃなく、本人に自信がついたり、やる気が出たりすることが大事なんだ


「自分研究」を導入したのは、小学校教諭の森村さん
きっかけは、苦手なことがあるせいで自己評価の低い子どもたち
苦手は対処できると気づいてほしいと思ったから

森村:


「バカなの?」とか「私って変わってる?」「おかしいんでしょ?」ということを
関係が出来てくると、訴えてくることが多くて

「ぼくはダメ!」みたいなことから切り分けて
あなたはあなた、問題は問題
だから問題だけに対応しようというふうにいけることが、とても研究だと思っている

マインドフルネスにも似てる

まる得マガジン ストレスに負けない! マインドフルネス(7)(8)
「新・瞑想法“マインドフルネス”で脳を改善!@サイエンスZERO
NHKスペシャル『キラーストレス』第2回 ストレスから脳を守れ ~最新科学で迫る対処法~



1年生の時から通っているてるきくん(10)の苦手なこと:喋りたい衝動を抑えること
このせいで、クラスでトラブルを起こしていた時期があった



森村:
1年前のてるさんは、喋りすぎてしまって
「うるさい」「うるさい」ってみんなに声をかけられて
「僕はうるさくなんかない」と言っていた

自分ばかり責められるので、学校に来るのが嫌になっていた

(近くで本人がいっしょに話を聞いているのもイイね ちゃんと話を聞いて、理解している


「てるきくんの研究」

1.悩みをキャラクター化(おお!強そう!

どんな時に現れるのかが見えてきた

てるきくん:ストレスとか、興奮が原因になって、コイツが暴れる(ちゃんと問題と自分を分けて、分析できてる

2.原因が分かったら、次は対処法


ストレスがたまり、ペラペラノドンが暴れそうだと感じたら「クールダウン」お札を発動


喋りすぎていることに自分で気づかない場合は、先生に「ストップ」お札を出してもらう

(素晴らしいアイデア/感動

クラスで実際試してみたら、効果があらわれた
研究に取り組んだことで、家族との関係も変わった

父:
止まれないとか、人の話を聞けない、というか聞かない
だから「ダメだよ」と言っても止まらないし、やめない
1回叩いたりして、痛いから1回止まるから そういうことをしていたが
終わった時に「はぁーーー」となってしまう
(反省

父はてるきくんの喋りすぎは「わがままだ」として、
将来を思って、なんとか抑えようとして厳しく接してきたが
研究の話を聞いて見方が変わった

父:研究を見せてもらって、あ、てるも大変だったんだなと分かった

てる:やっと分かったんだよね!



てるきくんの在籍するクラスでもこの手法を取り入れた
テーマは「自分の苦手を知ろう」
てるきくんは、クラスのみんなの苦手を聞くのは初めて

 

いろんな意見が次々と出た

「人の話を聞かない

「走るのが苦手

「意見が合っているか分からないから、なかなか言えない」

「ちょっとしたことですぐ怒る

「ただただ空気が読めない」(それに対して「あー言えてる、たしかに」て女子に言われてた


てるきくんは「自分研究」の成果を発表(すごいハキハキとプレゼンしてる/驚

研究のきっかけ:
 話しすぎて、相手も自分も困ったから
 うるさいと言われるのが嫌だったからです


 実験1:喋り過ぎてしまうことをキャラクターにしました
 名前はペラペラノドン 特徴は、授業中などいろいろな場面で現れる

 

(今ってこんな大きなスクリーンに映せるのね!
 昔は見づらいOHPプロジェクターだったけど


発表後、てるきくんの周りに続々と集まる友だち
自分の苦手なことも研究してほしいと依頼がたくさん寄せられた



てるきくん:
とっっっても嬉しかったです! みんなが素直に悩みを教えてくれた
“空気が読めない”とか“人の話を聞かない”とか、気持ちがすごく分かりました
なので依頼をこなすのは、僕しかいないと思った(自己評価ぐーんとUP

Q:ペラペラノドンはいなくなったか?

てるきくん:まだいますけどね

先生:それは大人でもいるから大丈夫

(この先生もステキ ちゃんと児童心理学とか学んだんだろうなあ



その他の対策グッズ
「気持ち切り替えレバー」
 

小学校2年生の女の子が作った、自分の気持ちを切り替える道具
「切り替える」と言って、「パタン」と倒れる音も含めて使う
(いいねえ、『ピタゴラスイッチ』みたい


「自分の気持ちをなかなか伝えられない子どもが、気持ちを伝えるイラスト」

(かあいい 『古墳ギャルのコフィー』ちゃんみたい

 

ブスっとしているように見えても「今は、ちょっと・・・」(触れないで欲しいと焦っている時)とか
緊張してドキドキしてますとか、いやいや今頑張るために気合いを入れているんですとか


類:
僕も顔が無表情なことが多かった
でもイライラしているわけじゃないということを周りに伝えにくかった
今思えば、こういうの作れば、上手くコミュニケーションとれたかもしれない

イノ:喜怒哀楽だけじゃない、細かいね!


「泣き虫ゴースト」


不安になると泣き虫になっちゃうので、絵に描いて、自分と分ける作業をする
特徴などを見ると細かく分析できる



左側は、そうなった時、自分はどうしたら落ち着けるのか、方法を考えた

1.「お守り」を見ると落ち着ける
2.短時間寝る(すごい大事なことばかり


梅永:
表現の仕方は人それぞれでいい
この先生は、お子さんの特徴をとてもよく捉えていると思う


類:
同じことを繰り返して、反省したりしても、また繰り返してしまう
反省しすぎた結果、自己肯定感が下がることがすごくある

こういう自分を助けてくれるアイテムがあれば、
時間がかかったり、道のりは長いかもしれないけれども
徐々に改善していけるかもしれない



NHKでは「発達障害プロジェクト」としていろいろな番組で向き合っていく





<FAX>

 

 




イノ:
こないだのNHKスペシャルでも「普通って何だろう?」て思った
学校でも言われてきたし、そうしたほうが全体的に効率的だと決められてしまったと思うけれども
でも「普通とは何か」答えられないこの状況はなんでしょうね?

有働:類さんはアメリカの学校に行っていて、その違いって何だと思います?

類:
人の捉え方にもよる 僕はとても不器用なので、何か調べるにもみんなは辞書で調べるけど
本をめくるのがダメなので、電子辞書を使ってて、それが許されていたけれども
日本では、みんな同じ条件で、平等でないと意味がないという考え方

たとえば、視力が弱い子が一番前に座れば、黒板が見えやすくなって、条件が同じになる
アメリカでは、それを30年前からやってる

僕らも他の人たちと同じ条件に追いつけるように認めてほしいと思います


有働:“普通”という概念が追い込んでしまうことはありますか?

梅永:
「普通」と言われてもやはり分からない
だから発達障害の方の出来る範囲で十分だと思う
ムリにその「普通」に合わせる必要はないと思います

有働:周りがどう配慮したらいいかという質問には?

梅永:
発達障害という診断だけではなく、その方の“困り感”を伝えてくれれば、周りも配慮してくれると思う
苦手をガマンするのではなく「コレは苦手だけど、コレは出来ます」と言って、互いに理解すればいいのではないか



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NHKスペシャル 「発達障害~解明される未知の世界~」

2017-05-27 14:41:40 | テレビ
NHKスペシャル 「発達障害~解明される未知の世界~」

なんでも「障害」という名をつけて「病気」みたいに言われるけれども、「特性」「個性」と捉えることもできると思う

もしかしたら、他の人より感覚が敏感で、
他の人に見えないものが見えたり、聞こえない音の周波数まで捉えられる「超感覚」とも言えるし
大半と異なるから「病気」と言うことに違和感を覚える

みんなが見ている「同じ世界」と思っているものも、目の違い、主観で随分差があるのではないかとも思う

パニック障害の私にとっては、満員電車で毎日潰れそうになって通勤していても
ココロやカラダに異変が出ない人などのほうが、よほど深刻な問題なのでは、と常に思う

それを「メンヘラ」といっしょくたに名づけて排除し、自分とは無関係とする空気も、
他の事象と合わせて、日本がいかに「不寛容」な時代になったか、人々に余裕がなくなったかと哀しくなる


【ブログ内関連記事】

知ってほしい!子どもの「こころの病気」2 自閉症とLD 仲良くできない(岩崎書店)
ETV特集 シリーズこころの新世紀(1) いじめ・虐待と自閉症スペクトラム
クローズアップ現代「“大人の発達障害”個性を生かせる職業とは?」
『子どものこころが傷つくとき 心理療法の現場から』

その他、関連図書は「読書感想メモリスト2」の【こころ】を参照のこと


***



「あさイチ」の夜ver.だったのか しかも生放送で1時間
当事者の生の声を聞くことをメインに構成

子どもも大人も悩んでいて、全国各地で受診希望者が相次ぎ、長いところでは1年待ち



発達障害の専門外来@世田谷
 

2017年1月 改善勧告が出た



行動の謎の背後にあるものが、科学で解き明かされつつある
発達障害の方は、情報処理の方法が他の人と異なると明らかになった




「あさイチ」でも3回ほど特集した

ほめて伸ばす!子どもの発達障害@あさイチ
(その他は「ブログ内検索」でヒットしなかったな


<FAX>

「発達障害というと、普通の生活が出来ない人、というイメージ」

「落ち着きがなく、学習にも支障が出る イスに座っていられない変わった人というイメージ」

「目で見てなかなか分からないので、わがままに思われたりして悲しくなります」

「中2の時から発達障害だと周りに言っているが、先生はなかなか理解してくれなかった」


ゲストは、栗原類さん
ブログでも以前から書いていたが、周りは「知らなくてビックリした」という声が多かった
番組で宣言してから「言ってくれてありがとう」「勇気をもらった」「代弁者になってほしい」と言われて嬉しい
僕自身を分かってもらえた感じがした
発達障害の方は人それぞれ違うので、僕の特徴が参考になるか分からないけれども役に立てればと思う



発達障害とは?

生まれつきの脳の特性 主に3つある


類さん:
小学生の時に診断された時は、こんなに部類がなかった
今見ると、ASDとADHDの間に当てはまると思う

イノ:ハッキリ分けられないから、重なっているんだね



最新の研究で謎に迫る 発達障害の方がもつ感覚

当事者の見る世界を可視化する試み@大阪大学などの研究グループ
当事者22人に聞き取り後、世界がどう見えるか解明しようとしている

 

「景色の見え方」
明るい所では、周りがまぶしく、光が目に刺さるよう、点々が見える など


ASD当事者:色はこんな感じだが、もっと細かい

動くものを見ると、色が失われたように感じたり、光の粒が見えたり など
 

当事者:
昼は、外全体が白っぽく見えて、目が痛い
夜は、クルマや自転車のヘッドライトが痛い


「感覚過敏」
ASDによく見られる症状で、注目されたのはここ数年のこと
長らく、発達障害は子どもを中心に研究されてきたが
数年前から発達障害と診断される大人が増えたため、違和感を表現できる当事者が増えてきた

当事者:
色とりどりのものが見えていて、「何だろう」とずっと子どもの時から思っていて
親に言っても「気のせいだ」と言われた



ASD当事者・都内に住む女子高校生・素子さん(18歳)を取材

(スポーツジムみたいな部屋だな/驚

外は晴れて明るいが、部屋はカーテンが閉められている

素子さん:この暗さがいちばん楽です

素子さんがもっとも辛いのは「音」
(私も、情報過多な音の洪水は辛い 慣れてしまっている人たちが羨ましい

6年前、発達障害と診断された
コミュニケーションが苦手と言われる発達障害

彼女も子どもの頃から人と話すのが苦手だったが、なぜなのか本人にも分からなかった
専門病院で調べたところ「聴覚が著しく過敏なため、コミュニケーションを妨げる原因の1つ」だと分かった

外を少し歩いただけでも疲れ果ててしまう
とくに辛いのは、スーパーの店内で、15分が限界



素子さん:
「キーン」「シャー」「ゴー」3種類ぐらい出てます
たぶん蛍光灯と冷蔵の音だと思う(電化製品はすべて音が出てるよね
周りの人も音に関して、こんなにうるさいものだと思っていた



ヘッドフォンから様々なノイズを突然出して、どれだけ驚くか反応をみる実験
 
発達障害の人と、そうでない人、両者の目の周りの筋肉の動きを調べる

発達障害の人は小さな音でも強く反応していると分かる
 

スーパーの店内の音が、パチンコ店の音より大きいという感覚/驚



「感覚過敏の子どもには、ものすごい大きな声に聞こえているかもしれない
 ちょっとした注意も、ものすごく怒られていつように感じてしまう
 社会生活を営む上で、かなり支障をきたしている可能性が大きい」



感覚過敏の人が非常に困難なのはコミュニケーション
とくに困るのは、様々な会話が混じる喫茶店
有働さんが「私の声が聞こえますか」と話している声が、周囲の雑多な声と同化して聞こえない/驚

素子さん:声が混ざって、聞き取るのが辛いです

「混ざって聞こえるのはなぜなのか?」
 

ASDの認知を研究する第一人者ハッペ教授の仮説:脳が出す指令が関係している

ASDでない人:脳の司令塔が他の音を調節して、聞きたい音を選ぶ
 
(“慣れ”というより“感覚麻痺”に近いのでは?

ASDの場合:不要な音を調節せず、すべてを高いレヴェルで受け取る


ハッペ教授:
台所で食器を洗う音が聞こえていても、慣れの機能が働き、脳が
「あれは背景の音だから聞く必要がない」と指令を出す

しかし、ASDの場合、常に新しい音として聞こえ続けるため、話し相手に注意を向けられない
彼らにとって世界はあまりにも情報が多過ぎて、脳が混乱状態に陥っているのです



スタジオの専門家と当事者に聞く

(この明るい背景はCGで、本当は暗い場所で撮っているのか、と思ったら違ってた


片岡:

人のいる所で相手の言葉を聞いて、意味にする、それに反応する3つを同時にやらなければならないのが大変だった
小さい頃は、他の子が近くにいるのがすごく辛くて、今考えると音で体調が悪くなった

ぬいぐるみを持っている理由は、スタジオがあまりに明るくて
なにか「ホールド」(センサリング?)していないと、不安定になる
根本的な解決にはならないがラクになる


「スタジオの明るさ」
最初に考えていたスタジオ設計(ムリだって最初に分からないのかな?


綾屋:

カラフルなのは嫌いではないが、一面囲まれると色と形の情報も多くて参ってしまうと思った

片岡:
人の顔を見ると、周りの模様も目に入るので、音と同様、顔を見分けるのに頭を使う

綾屋:
(今のセットは)モニターを見ると反射しているが、座っているぶんには大丈夫

片岡:モニターを見ているだけで辛い

イノ:これを見ている当事者も辛いと感じているかもしれないですね

(せっかくいろいろ調べたのに、なんだかなぁ・・・


「話し相手の顔を見ずに話したいという希望」

片岡:
人の顔を見ると、ホクロなどの形の情報が一気に入ってしまって、
余計な情報を捨てるのと、会話を続けるという2つのことを同時にやらなければならず
疲れるし、理解しないで話してトンチンカンな答えをしてしまう

最近は、相手をリスペクトしていると言ってから横を向いて話すなどしている

栗原:
僕と母もずっと相手の顔を見て話すのが苦手
どれだけ見ていれば、相手から不審に思われないのか“ほどほど”が分からない
話していたいが、エネルギーを使い過ぎてしまう それを意識しながら会話している
使うエネルギーが倍ぐらいに感じる

綾屋:
情報のインプットに気をとられて、自分が話す内容に気が向けられない
訓練して、「普通の規範はこれぐらいだろう」と分かっているが
全部、意識的に手動でやっているのでどっと疲れる


<FAX>

「双子の子どもがADHDで、『学校の水は臭い』と言って飲まない(塩素のせいかもね
 学校内の音も『耳をドリルでヤラれているような感じ』だという」

「触覚が過敏でフォーマルな服はほとんど着られない 『多少は我慢しろ』と言われるが、どうしても苦痛」

(ヒトって、自分も同じ状況にならないと分からないものだよね、病気に関わらず

有働:ガマンするレヴェルではない?

片岡:
30分とか時間を決めれば出来るが、頭痛、吐き気、体調が悪くなる
私は何十年もガマンして悪化させてしまったので、若い方にはガマンして欲しくない


イノ:
学校や親に「話す時は人の目を見なさい」と言われるが、
そういう社会でガマンしなきゃダメだという教育もあったかもしれないですね




「この感覚は、自閉症スペクトラム皆さんが持っているとはかぎらない
 もともと感覚の異常は専門家の間では知られていたが、
 誰がどの感覚が過敏なのかは個人差がけっこうある

 過敏でない人もいるし、逆に鈍い人もいる 辛くない人もいる
 他人から見て「こういう行動をとる人たち」という定義だったのが
 “内面でこういう感覚を持つ人たち”と捉えられるようになったのが新しいのでは」



ADHD、LDの特徴の例
 

例:
毎日忘れ物をする子、整理整頓が苦手
授業中は落ち着きがなく、集中力が続かない 授業をほとんど聞いていない
何度怒られても直らず、周囲からは「やる気のない子」と思われている



「本人はどう感じているのか?」
最初は真剣に聴いている→ポスターを見て授業のことを完全に忘れる
我に返るが→前の子のシュシュに集中
分かっていてもコントロールができない

 



(感受性が強いのは良いことでは?
 逆に、単調な話を座って一方的に聞いて暗記するだけの授業形態を変えればいいのに
 未来の学習方法は、より感覚的で効率的だと思うな
 なんでも集団を統一にして、ルールを守れる“いい子”なら幸せになれるとはかぎらない
 今“偉人”と呼ばれている人たちの多くが「学校は嫌いだった」てゆってるじゃん


LD(学習障害)


例:
教科書の音読が極端に苦手な子
教師に「家で読んでこなかったのか」と注意されてしまう

「人が言葉を読む過程」

1.「りんご」という文字を見る
2.視覚で脳が文字を認識
3.つづりで脳内のデータと照らし合わせる
4.読み方、意味を照らし合わせる
5.声に出して読むことができる

 



LDの場合、つづりの照合に時間がかかる


「本人は・・・?」


「この言葉はどこで区切れるんだろう?」→3文字を超えるとなかなか認識出来ない

読めないことを責められると、焦って文字がぼやけることもある



 
特別支援学校で美術の授業を担当(それぞれの特性を生かした場があれば問題ないよね
今も読み書きは困難で、文字を指で追うことでなんとか読める(私も読書する時、指をあてて集中することがある

神山:
読み書きに全神経を注いで、フル回転させて処理している感じで疲れます


片付けが苦手~ADHDの理絵さん(46)の例~


理絵さん:
今も1つのことを集中してやるのが苦手 部屋の片付けも注意が他に移ってしまう
捨てる捨てないの判断ができない

どうしても「だらしない」「みっともない」と見えることが多い
でも、本人も困っているがどうしようもないと理解してほしい




<FAX・メール>

 
「障害があっても、みんなと同じように接して欲しい」



有働:個性と障害の違い、それから性格と発達障害がどう違うのか?

本田:
片付けるのが苦手とか、今見たケースは、どんな人でも多かれ少なかれあること
問題は程度がどれだけ大きいかと、周りや自身の生活にどれだけ支障があるか

周りが受け入れる環境なら、あまり苦痛にならないことがある
字が読めなくても、普段は困らないと頓着しない人が周りにいれば、それほど悩まずに済む

イノ:社会に出ると「あの人大丈夫?」て言う人もいて、傷ついたりしますよね

本田:
どうしても多数派は、自分たちの価値観を優位に見ることがある
自分が出来ることが、出来ない人たちに対して、上から目線で見てしまうことがある
それで傷ついてしまう 多少、対人関係が苦手でも、1人で黙々とやる仕事とか(そういうの好き
友人関係も作れるが、会社が人間関係を重視していると辛くなる 環境が大事



二次障害

イギリスの調査でASDの7割がうつになると発表した
 


「普通って何?」

FAX:


「10代から人間関係のストレスにより精神科にお世話になっています」(20代 宇宙人)

(クリニックでも5分診療で、クスリの処方だけじゃ、10年経っても治療にはならない
 本当に「普通」の定義って何だろう?

 価値観、「常識」などは、時代、環境などによってまったく違うのに
 「多数派」でいることに何の疑問を持たない人をとても羨ましく思う

 ココロとカラダが一致していれば、ヒトは幸せだと感じる
 たとえ、そこがどうしようもない地獄であっても



当事者を追い詰めるものは何か?

例:リラさん(33)ASD+8年前そううつ病と診断された
現在は無職で、2週間に一度、精神科のデイケアへ就労支援の相談に通っている
精神的に追い詰められたのは、どの職場にも馴染めなかったから



リラ:静かなところとか(そもそも働くという動機付けが必要なんだ

リラさんの仕事の記録


“食品工場内の騒音、塩素の臭いに耐えられず”辞めざるを得なかった
(なぜ食品に塩素を入れているのかなあ?

事務職でも“人間関係と仕事への自信喪失のため退職”
何気ない会話が苦手で人間関係が上手く築けなかった

リラさんを苦しめるのは「普通」という基準

リラ:
社会の求める「普通」「人材」とかって、挙げるほど、自分からかけ離れていて
何がどう変で、何をどう改善すればいいか分からなくて困っている

(人と同じでないほうが、よほどクリエイティヴになれるのでは?



当事者の会 二次障害経験者

(全員、女性だね 男性は悩んでも、こういう所に来るのも苦手なのだろうか

「多い意見、多数派の意見を持ち合わせている人が、世間的に普通
 でも、私らは少数派だから、それに合わせるのが難しい」


「そう自分は思っていても、周りには通じないから
 “もっと自分の態度を考えたほうがいいよ”とか言われる

「“普通こうだよね”と言われて、合わせるのは難しいけど
 でもズレてると自覚しているなら、埋める努力をしろということ
 うーん、埋める努力しなきゃいけないのか~はぁ~って思ってる」


綾屋:
自分の身体が周りの規範と合わないのは分かるが、
理由が分からない中、ずっと普通のフリをして、毎日へとへとになる感じ
普通のうなづき、普通のジェスチャー、普通の目線をしている自分と
これで大丈夫かなと思っている俯瞰の自分と二重の調整をしつづけてきた

類:
学生時代は、自分が普通じゃないと思っていた
大多数のほうが勝っていたら、少数派は排除されるというシステムなので

信頼できる人がいなかった
信頼できるのは親と主治医 全部相談してアドバイスをもらって精神を安定させていた

(私の場合、親、主治医、医療、社会システム全体に違和感があるからなあ



<FAX>

30代
「“普通分かるだろ?”がとても苦手で怖い
 “普通って何ですか?”と聞いても“普通は普通だ”と根拠を示してくれません
 見えない普通に怯えて、心がどんどん萎縮してしまいます」

ADHD30代
「常に他人の速度、態度と比べられ、臨機応変さを求められるとパニックになり
 疲労感といじめに耐えられず、うつになって退社しました
 どう努力すれば“人並み”になれるのか教えてください」


綾屋:
自分もずっとそれに悩んできた
多数派、少数派でルールが違うんだと、今は考えている

たとえば、「顔を見ないでいい」とルールを変えれば、私たちは障害者ではなくなる
多数派とは違うルールを主張するのも1つの方法かと思う

多数派がルールを作っていて、無自覚に享受しているから言葉で説明はできない
だから頭ごなしに“普通は普通だ”という言い方になってしまうのだと思う



少数派がいるのが当然、という取り組みが海外で始まっている@イギリス・マンチェスター

イギリスでは、感覚過敏の人に対して社会全体で取り組む動きがある
あるショッピングモールでは、毎週土曜日、「クワイエット・アワー」という時間帯がある





店内の音楽・照明を消して、感覚過敏の人でも過ごし易い環境をつくっている
これまで店に来られなかった人も来られるようになった

 

(大型電気店が増える中、毎日、世界中で一体どれだけの電気が消費されているのだろうと、いつも思う
 どのテレビもつけておく必要があるのか、店内に轟音のように響き渡り、24時間、365日繰り返されるCM曲は
 客だけでなく、そこで毎日働く人たちの精神も歪めている


「多くの人と同じようにショッピングを楽しめるようになりました」

買い物客は1割増加(福祉も今は生産性、金儲けに結び付けないと何も進まないからねえ



アメリカでは、発達障害の特性を活用して雇用に結びつける動きが加速している
 

この世界的IT企業は、2年間で発達障害の人を29人採用(少ない
緻密さが求められるチェック作業に欠かせない存在となっている


「問題解決能力、記憶力、パターン認識力にも優れています まさに我が社が探し求めていた人材なのです」

(どちらかといえば、発達が進化している人々なのでは?


発達障害者に特化した就労支援企業@NY
世界15カ国で事業を展開 IT、コンサルティング会社に約1000人斡旋した

 

提携しているのは約100社

(あまり提携したくない方々だなあ



何か革新的なものを生み出さなければ、企業は競争に勝てません
 そのためには“他人と違うこと”はとても重要です
 誰も考えないアイデアを思いついたり、新しいものの見方、働き方を提示できる人材が必要になる」

(“障害”“福祉”の名を掲げて、大企業が利益のために利用することで苦しめられませんように/祈


日本では?@大阪


伊藤さんは、大卒後、IT関連企業の事務職として「障がい者枠」で採用された
伊藤さんと会社は、試行錯誤しながら働き方を模索してきた

観葉植物への水やりも「適当に」と頼んだら、カーペットにまで広がるほどあげていた
その後、曖昧な表現は止めて「コップで何杯」と言うルールに変えた

社員:数字で説明するのが一番伝わると分かった

数字へのこだわりが強い伊藤さんがもっとも得意な業務は経理(私が一番苦手なやつだ
小さなミスも見逃さない


18日の交通費の請求がないことに気付いたのでメールで確認 その緻密さは社内で高い評価を得ている

伊藤:
「ミスなくやってくれている」というのを聞くと、少しは役に立てたのかなと思う

1年前、経理以外にも業務の幅を広げてもらおうとしてトラブルも起こった

主任の西村さん:
課題にどんどん見事に応えてくれるから、業務量を増やした時期があった
すると、これまでにないミスが増え、自分を執拗に責めたりする変化が出てきた

「どうしてこんなことしてしまったんだ!」という自責の声がどんどん大きくなって
外で「わー」て叫んだとか、追い詰めてしまった

臨床心理士に相談すると
「発達障害者のミスは努力ではカバー出来ないため、幅を広げるのは大きなストレスになる」と言われ
得意分野だけに戻したら、元の調子を取り戻した

主任の西村さん:
伊藤さんの得意・不得意をちゃんと分かった上で、いっしょに働くのが一番いい 一戦力ですね

(これで過剰労働、長時間労働も減る傾向が広まればイイね これが“フツー”な感覚だと思う
 日本はとくに、やればデキる人に、さらに仕事が集まって、心身をすり減らしてしまうから


綾屋:
私たちもスーパーマンではないので、働ける総量は同じと考えてほしい
2倍の仕事を任されて8時間働いたら、やっぱり壊れてしまう


仕事の得意・不得意もやってみないと、本人もできる・できないの線引きができない(それはみんな同じだな
違うやり方で同じゴールにたどり着けることもある
働きながら、みんなで実験できるようになればいいなと思った


類:
社会では見た目で分かる人だけが“障害者”という認識が強いため
もっと知ってもらえれば認識も広がると思う

周りに言うのは最初怖かった 支えになる人がいるのは安心
自分を分かってくれる人を探すことが大切


イノ:みんなで考えなくてはいけないと思う


有働:それがみんなの生きやすさにもつながるんじゃないかというヒントにもなった



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プレミアムトーク 和久井映見さん@あさイチ

2017-05-27 14:40:40 | テレビ
プレミアムトーク 和久井映見さん@あさイチ

朝ドラ『ひよっこ』で永井愛子役で好演している和久井さん
役とは違って、普段は静かな声で喋る、とても控え目な人なんだな

16歳の時にディズニーランドでスカウトされ、
ポスターのモデルから始め、ドラマもブレイク、大河にも出た

 

「最初は、何をしているか分からないながらも、自分のやっていることは嫌いではなかった
 でも、今の若い俳優の方々は、最初からちゃんと分かってやっていて
 演出家の意図も的確に判断して動けているのはスゴイと思う

 私は今でもアタフタしているので、休憩所でも立ったままいっぱいいっぱいで演っている
 これまでも、今もその連続
 経験は積んでも、毎回、現場に入れば、役者も変わるし、すべて最初からという感じ」

(とっても謙虚 乙女寮のコたちを「乙女ちゃん」て呼んでいるのも可愛い

VTRゲストの有村架純ちゃんがゆっていたように
いくつになっても「可愛い」一面もあり、
愛子さんが見せる「一歩引いた」達観した部分もあり、
とても魅力的な方だと分かった


その愛子さんの部屋のセットをそのまま借りてきた!

昭和感が漂いつつ、愛子さんの“可愛いモノ好き”が覗ける(花柄とか、カチューシャとか

この救急箱、今、ウチで使ってるのと同じなんだけどw
中身も似たり寄ったり 消毒液や、包帯、ガーゼとかね

 

ベッドの上の棚にある小物は、結婚して乙女寮を卒業したコが
旅行などで買ってきて送ってくれたお土産なんだそう
相変わらず、NHKのセットは職人芸/驚



そして、なぜかプロレス好きw


寮とつながる戸のほかに、外に出られる戸もあって
独身の愛子さんが、いつカレシを連れてきてもいいように、向島電機の配慮だって、そこまで!



いろいろ苦労してきた愛子だが
「これからは幸せしかこないわよ! すごいことが起こるかも!」
と言ったセリフにもある通り、脚本家さんはいろいろ仕込んでいるそう 楽しみ♪


「くるくるカール」

これを見るたびに、短大の友だちも同じ髪型だったことを思い出す
とってもオシャレなコで、毎日、あの完璧なカールをどうやって保つんだろう?てフシギだった

やっぱり保つのが難しいそう
湿度や、動いたりするとカールが落ちてくるから、
その都度、メイクさんが巻きなおすなどしてキープしている




特選!エンタ 映画「LION/ライオン~25年目のただいま~」&「赤毛のアン」

いつもイイ映画を紹介していて、今回もどちらも気になった

とくに、「赤毛のアン」にマーティン・シーンが出てるのは感激
歳を重ねても色気は変わらないなあ!

 



プリンスエドワード島も本当に美しい 一度行ってみたい場所
 





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『天才はつくられる』眉村卓/著(角川文庫)

2017-05-26 12:04:04 | 
『天才はつくられる』眉村卓/著(角川文庫)
眉村卓/著 カバー/木村光佑、本文イラスト/谷俊彦 解説:矢野徹(昭和55年初版 昭和59年18版)

「作家別」カテゴリーに追加しました。


[カバー裏のあらすじ]

恐るべき天才少年少女のグループがあらわれた! 彼らはテレパシーを修得し、念力で自由に物を動かし、テストでも抜群の成績を修めている。
が、彼らは、何か巨大な悪の企みを抱いているらしい・・・。
ある日、ひょんなことから、ちょっぴり超能力を身につけた史郎にも、グループに入るように誘いがきた。
そして、断わった史郎に、彼らは命を取ると脅しをかけてきたのだ。
史郎は、友人の敬子とともに、天才グループと断固闘う決意を固めたが・・・。
スリルあふれる、学園SFサスペンスの傑作。「ぼくは呼ばない」を併録。


ウィキを参照して、順番通りに読もうかと思っていたけれども、読みたい順に読むことにした
今作は、以前、読み直して書いた感想メモがあったけれども、また読んだ

『天才はつくられる』 眉村卓/著(角川文庫)

やっぱり“学園もの”もいいな
私が最初に買って読んだのも、たぶんこの主人公と同じ年頃ではなかったか
“大人”になった今読んでもドキドキワクワクする 『ねらわれた学園』に似た雰囲気



あらすじ(ネタバレ注意

『天才はつくられる』
図書委員の松山史郎、ニューフェイスでテニス部と兼ねて来ている橋本敬子らは
新刊図書の整理に追われていた 担任は坂村先生

敬子「この本、注文台帳に載ってないんだけど」

『学習教程』と書かれた本には、超能力の基本概念、テレパシーの習得、
透視力への応用、念力の初歩・・・など不思議な内容がまるで教科書のように書かれている




帰り道、敬子は「あの本にあまり深入りしないほうがいいような気がする 勘だけど・・・」と言ったが
本のことが気になって勉強に身が入らない史郎は読み始める

「超能力者には適性がある 適性のない人間はいくら努力しても身につけることはできない
 適性を見分けるにはESPカードを使う・・・」


馬鹿馬鹿しいとは思いながら、つい熱中してメモをとる史郎
そして、数日間、その訓練法に従って練習もしてみた


坂村先生が慌てて来て
「本屋さんが来てるんだ ひどく慌てていて、あの本は間違って持ち込まれたものだから、すぐに返してほしいんだ」

あの本の内容は本当だったのだ
当惑している史郎の耳に、敬子の思いがまるで声のように聞こえた
(ひどく顔色が悪いわ)

読心術だけでなく、念力で本を持ち上げたのを見た敬子は驚く
(この人は、私の考えを読んでいるんだわ)

本屋に本を返していると、(まぬけな本屋だ)という思念が入ってきた
(こんな失敗をもう一度やったら、みんなで殺してしまうほかはない)

その声は史郎にも呼びかけた
(君はいずれ消されるよ)

外を見ると、1人の背の高い少年が立っていたが、突然消えた


敬子に言われ、坂村先生に相談し、実際、本を動かして見せると蒼白になる
「君がこんな能力を持ったと世間に知れるだけでも、ものすごい騒ぎになるだろう」
(読心力があると分かれば、友人もいなくなる テストの成績も信じてもらえないだろう)

史郎の両親にも相談するが信じられないようだった


道に再び、あの少年が突然現れる 彼の思念は読めない

(僕は、相手の読心力から自分を守ることができる 中途半端な超能力者ではないのだ
 今度だけは仲間に加えてもよかろうという申し合わせができた 我々のグループに入るか?

目的も分からず、断る史郎の頬にすさまじい衝撃を感じた
再び、攻撃が始まると分かり、史郎も必死に反撃する

(僕はどうやら君を見くびっていたらしいよ 君は消すには惜しい人間だ ゆっくり考え直すことだよ)

そこに心配した敬子が駆けつけ、家に送られる
史郎は体力的にも精神的にも疲れきり、眠り続けた

その後、先生と両親とともに話し合っていると、母親の思念だけ読み取れないことが分かる

坂村
潜在意識による制限というやつだ!
 君は心の底の底で、お母さんの気持ちまで読みたくはないと思っているから読めないんだ!
 テストの時も自動的にブレーキがかかるだろう つまり、自動ブレーキなんだ
 自身の道徳観が自身の破滅を防いでくれるんだ」とホッとする

それはテストの時に証明された
そして、先生、敬子、クラスメートに対してもブレーキがかかるのを感じた



敬子が校舎裏に史郎を呼び出し、新聞の切り抜きを見せた
“試験ノイローゼか? 中学生の自殺相次ぐ”

それとともに“松山くんに、早く僕たちのグループに入るようすすめてください”という封書も入っていた
なんて卑怯な! と憤りつつ、敬子の(メンバーになってほしくはないけど、今度は私が・・・)という不安の思念が読めた

先生に相談すると、同じく封書が届いていたという
“あなたが手助けしようとしていることは、非常に危険なことです”

「事情を知っている僕たちはやっかいな存在だ 結局、いずれは消されるんじゃないか?
 それなら分かってくれそうな人を選んで、事実を伝えよう」

史郎「仲間を増やして、対抗できるよう頑張ってみよう」

そういったものの、誰も本気にしてはくれなかった
いつしか、こんな苦労は無意味だと思い始めていた



敬子から「1年生のクラスで、全員の票を集めて図書委員が選ばれたんですって」

その新顔の女生徒・井戸崎玲子から(以前見た少年は地区グループのリーダー大須賀雄一さんよ)という思念が来た

そこに坂村がグラウンドで怪我をしたとしらせが入る
野球部のボールが急に曲がって、先生の頭に直撃したという

先生が持っていた雑誌には、30名ほどのグループの写真が載っていて、その中に大須賀もいた
“天才を自負する少年少女 学業は首席 スポーツは万能 抱負「僕たちは大きなことをやりますよ」”

史郎(彼らには良心による自動ブレーキなどひとかけらもないんだ!)

玲子に怒りを浴びせると動揺し(あれは指令だし、命に関わるほどの怪我じゃないわ)
この生徒は自分たちの仲間やリーダーを恐れているのだ

玲子(手始めは今度、敬子が出る区内庭球大会よ)




史郎は敬子に事情を告げず、テニス大会を見に行く
気付くと、大須賀ほかグループの真っ只中にいた

準決勝までいった敬子は、超能力により敵のボールが急に方向をかえられ劣勢となる
史郎が応戦しようとすると
(やめて! 向こうが超能力を使っているのは分かってる 松山さんまでそんなことをするのはやめて)

大須賀
(忍耐もこれまでだ あと1週間やる 来週の今日の午後5時までに仲間になる決心をしなかったら
 先生、敬子、君も消すつもりだ)




何もなす術もなく焦っていた時、“中学2年生で高校受験の2番になった大須賀くん”という記事を見つけて
先生「これが、やつらをやっつける材料だ!」

敬子にも史郎の思念が読み取れるようになる
先生は、2人で心でやりとりするのが実地訓練になったのではと推理する

大須賀らがやって来て、史郎はテレポーテーションも出来るようになる
その様子を見て、両親も信じざるを得なくなった

まず、中学の校長のところへ行き、半信半疑ながら実際の超能力を見せると
「やるだけはやってみましょう」

父の友人の警視の所にも行くと「信じられん!」と言いつつ、あと数時間しかないことで
「新聞社へ行け!」とうながす

「君たちを午後5時ジャストに新聞社の社会部の真ん中に置いてもらうよう頼んだ
 その連中も手を出すまい 騒ぎになれば、我々が一斉に動き出すさ」



新聞社に向かうタクシーの4輪が一度にパンクし、ドアも開かない
隣りのクルマにいる大須賀は(ここでハンドル操作を誤ったクルマにぶつかられるよりはマシだろう?)

そこに敬子の念力が加わり、クルマから脱出
史郎は、グループの心をかき乱すことで、集中できなくなり超能力が働かなくなることを知る

ギリギリに新聞社に滑り込むと、社会部長は
「半年ぐらい前から、いろんな奇妙な事件が起こっていることに気付いていた」と話す


5時が過ぎた時、一斉に停電した
大須賀(君を消すためにはどんなことをしてもいいという指令が出た)

室内は大混乱となる 机やイスが動き、蛍光灯が落ち、火の手が上がる
見ると、近くの屋上に大須賀らがかたまって立っていた
そして瞬間移動で社会部に来る

「我々は新しい時代の支配者だ 逆らうと酷い目に遭うぞ!」

部屋のあちこちでフラッシュがひらめいた

史郎がやられた・・・と思った時、敬子と玲子が協力して大須賀を倒す

(地区本部へ戻れ!)という命令がどこかから来て、グループは怪我人をかついで消えた
警察の機動隊がその直後に飛び込んできた

玲子は、小学生の時に友だちに誘われ、面白半分でグループに入ったが、恐怖で抜けられずにいた
しかし、史郎たちが敢然と戦うのを見て、敬意を抱き、グループを抜ける決心をした




警察は、ある果物屋がグループの拠点になっていると突き止めて包囲する
機動隊長がやられ、反撃しようとするのを止める記者

「君のお父さんやお母さんがどう思っているか、考えたことはないのか?」

「我々はそんなものを超越している 能無しのブタども 束になってかかってくるんだ!」

史郎は、大須賀がこんな無鉄砲なやり方をするのに違和感を感じる
機動隊との戦いに全力を使い果たし、大須賀は倒れる
史郎の勘通り、果物屋にいた仲間が全員、瞬間移動するまで大須賀が時間稼ぎをしていたのだった

玲子によると、超能力の素質は誰でも持っているが、それを使いこなすには
若いうちから訓練を受けねばならず、グループは組織的にメンバを集めて教育していた
玲子は大須賀の指令を実行するのみで、その上にどんな存在があるのか全貌は知らない


史郎は、大須賀が弱って眠っているうちに心を読んで欲しいと頼まれるが、すでに目覚めていた
「新しい世の中をつくるんです 本当の能力のある人間に治められる世の中をね」と言って消える



1週間後、警察が全面的に動き始めた 社会部で撮られた写真をもとに、
玲子が名前を言い、手配写真がばらまかれた
しかし、手がかりを掴んだと思うと、グループの証拠隠滅の手が入る




マスコミはこの事件をかなり派手に書きたて、史郎のもとにもテレビカーが来た
先生は、敬子と玲子もパトカーに乗るよう言う

父「警視の追及にたまりかねた組織が、とうとう暴れ出したんだよ」

百貨店などを襲い、強盗宣言のビラには先生、史郎ら4人が犯人だと顔写真が載せられていた


警視「やっとやつらの本拠が分かった」

都心のコーポラスの1つをまるごと持って、本拠にしていた
史郎は1人で、説得に行く なぜか憎しみより、哀れみに似た感情がわき上がり
警告のテレパシーは、史郎の透明な心を通り抜ける

超能力が働くためには、相手に受け止める対立する感情が必要だと分かる
(とうとう超能力の最後の秘密を知ってしまったようだな)

大須賀もまた、組織の命令に従う1人に過ぎなかったと分かり
冷静さが消え、あっという間に総攻撃を受ける

そこに敬子と玲子が加勢に来る
グループはなぜ彼女たちが来たのか理解できなかった

「そうよ! 私たちは自分の意志で来たのよ
 あなたたちのように強制されているのとは違うわ それがあなたたちと私たちの違いなのよ!」



(殺せ!)

新聞社で聞いた声が聞こえ、見ると、思念の主が立っていた
痩せて小さな老人で、憎悪に歪んだ顔だった

全世界が爆発したような音と光が放たれた
床に倒れていたのは、史郎ではなく老人だった
最も忠実だった大須賀に対する冷たい仕打ちを見て、超能力者たちは団結したのだ

彼らは自発的にコーポを出て、警察にくだった
もし組織がこうして本部に集まることなく、各支部に分かれ、すぐ上のリーダーから命令を受けるだけなら
みんな恐怖のために逆らわなかっただろう


(なんだか、政治や軍隊、国家の仕組みに似てるな


大須賀は助かったが、老人は心臓麻痺で亡くなった
あの老人が超能力理論を完成したが、その時は高齢になっていたため若い仲間を集めていた

警視
「あの本部に資料があった 催眠術で暗示をかけるとブレーキがかかって、超能力は凍結できるらしい
 君たちもそうしてもらったほうがいいんじゃないか?」

史郎たちはそうしようと決める

先生「今の時代では、超能力者は迫害されるだけでしょうから」

警視
「10年、いやもっと近い将来、我々は超能力を全面的に解放しなければならないだろう
 しかし、その時は、超能力をコントロールできるようになっていなければならない
 もっと自然なものになっていなければならないのだ

 その意味で、超能力問題は、今やっと始まったと言うべきだろうね」




『ぼくは呼ばない』
高校の柔道部員・道夫は、練習中にふいに頭の中が空白状態になる

その帰り、バス停で派手な女性に声をかけられ、靴まで脱いで追いかけられる
物陰に隠れても見つかって、互いが触れ合った瞬間、またさっきの異様な感覚となる
我にかえると、もう女性はいなくなっていた




家に帰ると、中学時代から文通している大阪に住む服部康子から乱れた字で

“今度の土曜日の午後6時にひとりで東京に着く
 どんなことがあっても出迎えてほしい、お願い”と書かれていた

その晩、期末試験を控えて、苦手な英語から始めると驚くほど調子が良い
他の教科も終えて、時間を見たら、わずか1時間しか経っていないことにも驚く


翌日、電車に乗ると、出勤途中のOLに囲まれる
昨日と同じ、憑かれたような目で見て追いかけてくる

学校に着くと、今度は女生徒たちがたちまち寄ってきて、周りの男子生徒はやっかみ始めた
授業では、どの教科でも冴えていた

授業後、再び女生徒に囲まれ、1人が手を握ると力が抜けたように倒れた
まるで彼女からエネルギーを吸い取ったかのように


その混乱の中、クラス担任の川上に呼ばれる
なにか話そうとしていたところに、職員室中の女教師たちが集まってきて、道夫は咄嗟に外に走り出る


逃げ出してから、カバンを落としてきたことに気付いた
遠回りして学校に行くと、川上先生が自分のカバンを持って
家に届けるのを理由になにか話がしたいのだと分かる

しかし、家に着くと、すでに玄関に20名余りの女生徒や、見知らぬ女性が集まっていた
「帰ってきたわよ!」と見つけるやいなや、猛烈に追ってくる

たまたま通りかかったタクシーに乗り、行き先を聞かれ、反射的に「東京駅」と答え
康子と会う約束をしていたことを思い出す


このまま混雑した駅に行くのは危険だと迷っていると
小柄で、帽子を深くかぶり、オーバーを着た康子が
見知らぬ男性に追いかけられているところに出くわす

道夫は男性に体当たりをして、「あっちへ逃げるんだ!」




やっと2人きりになると、互いに顔を見ても何も反応しないことに驚く
康子もまた、急に男に追いかけられるようになり、周りに相談しても信用されず
学校へも行けず、家では妄想者扱いで閉じ込められていたため、皮膚も全部隠して家出してきたと話す

「こんなことになっているのは、私たちだけじゃないのよ」

彼女が持ってきた俗悪な週刊誌には“異性に追われる奇妙な高校生たち”と見出しがあった
読もうとした時、クルマが停まり、運転していた男が走ってきた
2人は逃げようとして、道夫が康子の手をとると、鋭い電撃が走り、吐き気がこみ上げた


なんとか公衆電話ボックスに逃げ込み、記事の続きを読むと、ふざけた調子で書かれていて
“その生徒たちはいずれも、普段は真面目すぎるほどの性格”とある

家に電話すれば、川上先生もいるかもしれない
その時、パトロールの警官に声をかけられる
康子の手に触れると、互いにうつろな目になり、警官は全身の力を抜かれて壁にもたれた


2人を追う人数は数十人にふくれあがる
「私はもう走れないわ」

公園に着くと、さらに大勢に取り囲まれる
「こわい!」 唐突に康子が道夫に抱きついた

恐ろしい電撃が走り、全身が火柱となって燃える
この群衆に押し潰されて死ぬくらいならマシだ

2人が気付くと、群衆は夢から覚めたような顔で散っていくところだった


家に着くと、やはり川上先生がいて、これまで20例以上囁かれいることを告げる

実際はもっと多いだろうね 外聞の悪い事件は、外部に漏れないよう処理される傾向があるから
 相手は脳の活動が低下して、2時間も休めば元に戻るよ
 すでに研究に着手していたグループの報告によれば、両方とも被害者と考えられるんだ

 吸引力は、本人が備えていたものではない いわば寄生生物だね
 なぜ高校生にとりつくかは分からないが、内省的な若者が、彼らにとって住み心地がいいのかもしれない

 彼らにとって、仲間の宿った人間には用はないから、互いが触れ合った時、警告の意味のショックがあったわけだ
 それを無視したため、反発した寄生生物は耐えられなくなって飛び出していったという説も成り立つ」

道夫は、自分がひどく可哀相なマジメ人間のように思えて苦笑した

「明日の朝帰ります 試験が近づいていますので」
康子の頬にも苦笑に似たものが漂っていた




【矢野徹解説 内容抜粋メモ】

僕らの周りには2つのタイプがいるようだ
都会人のスマートさを売り物にするタイプと、田舎者の泥臭さを固執するタイプ


京都、大阪、神戸出身の作家でも、すぐ東京弁を喋るようになる人と、そうでない人ができたようだ
眉村さんは、どうもその後者らしい
僕は神戸出身で、50歳までは神戸訛りが抜けず、別に、東京弁を意図して喋ろうとしなかった

アメリカの国立公園に住むネクタイをした熊の漫画フィルムをもとに
眉村さんを“クマさん”と命名したのは僕だが、それが空前絶後のこととなった
いかに眉村さんが愛される人物であったか

『燃える傾斜』から泉鏡花賞を受けた大作『消滅の光輪』まで
眉村さんはロマンチックなものから永遠なるものへと、着実に進み、こつこつと書き続けておられる

第一期に属するSF作家の誰とも同じように、
眉村さんも中学・広告性向きの学習雑誌に大量のSFを書いておられる
当時はSF専門誌が1誌しかなく、大切な市場だったとともに、
将来の日本でSFが広く読まれるようになるための底辺作りに夢中だった時代だ


毎年の夏、日本のどこかでSF大会と呼ばれる、SFファンの集まりがあり
時には1000人を超えるファンが集まり、同じ宿に泊まり、SF作家、翻訳家と交歓する

30代、40代の女性が子どもを抱いて来られ「中学生の時、中学×年に載ったSFで・・・」
と懐かしそうに挨拶される 少年少女のSF読者がずっと読み続けてくださり、
それで今SFが世間一般に受け入れられている

ここにおさめられた2篇も、昭和42年に学研の「中一コース・中二コース」、「高二コース」に発表されたもの


作家はみな、空想、夢想、妄想の熟練者だ
それを首尾一貫した形にまとめて文字にするのが仕事
私は、作家が妄想した以上の妄想を楽しむのが、読書の醍醐味だと思う

僕が20年以上つきあった眉村さんは、誠実さの代名詞、
読者に大量の夢を見させてくれる人なのだ



(私は、当時流行っていた「中一コース」ではなく、「マイコース」とかいう名前じゃなかったっけ?
 でも、そこにSF小説なんて載ってなかった気がするが
 眉村さんは、角川映画つながりで知ったと、今でも思っているんだけど




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ATPテニスマスターズ1000 イタリア国際~ローマ~ A.ズベレフ×ジョコビッチ

2017-05-26 11:45:46 | テニス
 

決勝戦のみNHKの深夜に放送された

3回戦「錦織vsデルポトロ」の結果
6-7 3-6 で負けたのか 第1セットは競ったんだね

マレーもナダルも敗れて、決勝戦は、過去4回ここで優勝しているジョコビッチと
まだATPテニスマスターズ1000の優勝もなく、BIG4に勝てていない20歳の若手ズベレフ


ポイントだけ観た

 

ロッド・レーバーさん(今大会2度の優勝経験あり)、サンタナさん(1965年のファイナリスト)ほか
レジェンドが見つめる中、白い靴下を真っ赤に染めて戦う両者



ジョコビッチは、前の試合、朝の練習ともに好調さを見せていたそうだが
試合中、腰を押さえるシーンもあった どこか痛めた?
去年のトロント以来、ATPテニスマスターズ1000の優勝がないというのも気になるデータ

 

第1セットは、ズベレフが長身(ジョコより高いって!)からのビッグサーヴなどで6-4でとった

第2セットも4-3と、3セットマッチで大きな波が来たが
6分30秒かけて、なんとかしのぐジョコビッチ

その後も、ミスショット等でフラストレーションがたまり
何かゆったことでウォーニング受けてた



5-3とズベレフが大手をかけ、ジョコがダブルフォルト
チャンピオンシップポイントをとって、ついにズベレフがATPテニスマスターズ1000初優勝を飾った

6-4 6-3 はストレートゲームじゃん/驚×5000

 

 

 

勝利の感動を爆発させ、客席にタオルやシャツを投げ、ベンチに腰掛けて
顔を覆っていたのは感激の涙か?





<セレモニー>

 

ズベレフインタビュー

Q:あなたは、好きなサーフェスはないということですが?w

なんといっていいか分かりません
今週に入るまで、ここに立てるとは思っていませんでした
レーバーさんからトロフィをもらえるなんて、きっとずっと覚えていることでしょう
ノヴァクという歴史上もっとも素晴らしい選手と戦えたこともとても嬉しく思います

 

Q:
ここにいる紳士(ノヴァク)が初めてATPテニスマスターズ1000で優勝したのは
19歳の時ですが、それに対して責任を感じますか?(責任てなんだ? 翻訳ミス?

まだ私はノヴァクのキャリアの半分にも満たしていません
あなたは素晴らしいプレーヤーです
今後の活躍を祈ります


 





アナ:
今大会の優勝賞金は、日本円で約1億! 準優勝は5000万円です
ズベレフの優勝で何か変わりますかね

解説者・辻野さん:
ズベレフのインタビューを聞くジョコビッチが、まるでお兄さんのような優しい顔だった

アナ:
後から考えると、男子テニス界を変える瞬間になったかもしれないですね

辻野さん:
この先、10年後どうなっているのか、また楽しみが1つ出来ましたね
(BIG4が引退した後のランキングってこと?

アナ:
このズベレフの優勝で錦織圭ほかの選手も刺激を受けるのでは?

辻野さん:
受けるでしょうね
また、ナダルの強さも戻ってきてますし
マレーもこのまま終わらないと思います



ナダルが19歳で優勝した以来の若手の優勝で終わったローマ戦
セレモニーでは、なんだか穏やかアレンジの♪ヤングマン が流れていたような?w



<ハイライト>

 

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

危険!子どもの指挟み@あさイチ

2017-05-26 11:35:23 | テレビ
危険!子どもの指挟み@あさイチ
 

子どもの指がドアに挟まれた時の圧を計算してみた(見てるだけで痛いいいいい
 

1ヶ月前、玄関のドアに手を挟んだ男の子も、大事にはならなかったものの
まだ内出血のあとが残っている



その後、子どもの母親は、室内のあらゆるドアが心配でならない
下の子どももいるので、いつも見ているわけにもいかず
疲れて気を抜いている時に起こりやすい気がするという

 

 




専門家:
 

ちょっとした隙間から向こう側が見えたりすると
そこに向かって行く、隙間に触ってみたいという発達の段階に多い事故


これまで“親が気をつけていればいい”と言われてきたけれども
同じ事故がこれだけ長い間続いているということを考えると
社会全体として対策を地道にやっていかないと減らないと思う



気をつける場所の例


1位:蝶番 5割
2位:ドアノブ付近 4割
3位:ドアの下の隙間 1割(あんなに開いてるんだ/驚



対策例
1.スポンジ状のストッパー(市販されている)
ドアにはめると、バタンと閉まらず、スポンジ分だけ開いたままになる

 
(こうなるとドア自体要らない感じでは?


2.蛇腹状のものを、子どもの背丈まで間に挟むことで、指が入らない
 
これも市販されているし、牛乳パックでも代用品が作れる

怪我をしない工夫をしたドアなども開発中


ヤナギー:
専門家が言っていたように、同じ事故がずーーーっとあって
子どもの成長段階も変わらないとなると、
国の安全基準をちゃんと作るべきでは?

法律を変えるのに時間がかかるなら、マンションを建てる住宅メーカーや
それを販売する不動産会社がそういう対策を積極的にして、それを売りにすればいい



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『燃える傾斜』眉村卓/著(角川文庫)

2017-05-25 12:15:04 | 
『燃える傾斜』眉村卓/著(角川文庫)
眉村卓/著 カバー/木村光佑(昭和52年初版)

「作家別」カテゴリーに追加しました。


[カバー裏のあらすじ]

その時、シロタの胸に去来したのはあの奇妙でインチキ臭い広告だった。
“今すぐドリーム保険に入りましょう! ドリーム保険は人生のやり直しの保険です・・・”
恋人を奪われ、合理主義万能の社会にイヤ気がさした、はみ出し者シロタは、全財産をこの保険につぎ込む決意をした。
が、その時彼は、これが驚くべき高度な文明を持つエリダヌ人の仕組んだ巨大な罠の一端だとは、夢にも思っていなかった……。
広大な宇宙に飛び出した地球人シロタの冒険を描き、人類文明に巨大な疑問符を投げかける眉村卓の問題SF!”


目次

1 序章
2 万能サービス連立会社
3 ドリーム保険
4 漂着者
5 短い滞在
6 跳航
7 エリダヌン
8 政策島で
9 イースター・ゾーン
10 エスピーヌンたち
11 地球戦団
12 終章


amazonで1冊1円+送料でまとめ買いした9冊を(眉村さん、出版関係者さんスミマセン
これまで持っている本と並べてみたら、カバーの背がうす緑色なのに気づいた

初版が多く、本編の紙は変色しているけれども、ウチにあるのは水色に近いから
私が学生時代に買った同じ昭和50年代の十数版もののほうが経年劣化しているということか
時間の流れを感じるなあ

ウィキで調べて、改めて木村光佑さんによるカバーの角川文庫作品を
手に入る範囲で順番に読もうと思い、手にとった本書は、
眉村さんの記念すべき長編第一作

のちに解説文にもあったが、まず何気ないはじまりからもう景色が見えてきて、
主人公と同化し、次の展開が知りたくて
まさに時間の経つのも忘れて、世界に入り込んでしまう

私の知る中では、一番SFらしいSFという感じで、
宇宙開発がまだまだ始まったばかりの現在の延長線上には
ほんとうにこんな未来があるのでは?と思わせる

それでいて、漂うサラリーマンの哀愁感は残っているからハマってしまうのかな
いつ、この怪しすぎる「ドリーム保険」の夢から覚めるのか
半ばドキドキしながら読んでいたけれども、さすがに夢オチではなかったのでひと安心w

それどころか、どこに行き着くのかという期待と不安の後に、思わず泣いてしまった
ああ、やっぱり素晴らしい作家さんだなあ



あらすじ(ネタバレ注意

シロタは、5年ほど前に建てられたドリーム保険連立会社に向かっていた
大きなポスターには、こう書かれていて、信用する者はいなかった

「ドリーム保険はやり直しのための保険です
 契約金をお払いになるだけで、あなたは人生の再出発が出来ます」




万能サービス連立会社のルームリーダー、テクナは面倒な移転請負の仕事を言い渡し
シロタは冒険のつもりで引き受ける

テ「彼はイースター・ゾーンのあいのこだったっけな」
「変わってますねえ 混血の連中ってのは」

会社の経営首脳陣は、今や人工頭脳に代行されているという噂はたぶん本当だろう


今や人類は150光年の範囲を植民地化している
そして、いまだ人間より優れた生命体は発見されていない
人間は原住民を使役し、殺して食っていた

しかし、イースター・ゾーンは古めかしい非科学的なことを好むため、半ば無視されていた


「まだ立ち退いていないのがいるらしい 見てきてくれないか」と技士に言われて行くと
「私、ここで死んでやるのよ 面白いでしょう」と半狂乱になっている女がいた
シロタは強制的に引きずり出す


調整局の命令で、昨日連れ出した女に、24時間シロタの部屋を貸せと言われる

テ「君は一度も結婚準備の同居申請をしたことがないだろ いい機会じゃないか
  行動は社用ビジョンで監視されるがね

女の名前はカーリ・フルスといった
シロタはなんとも落ち着かない一夜を過ごす



ある日、シロタのいた「906ルームは解散する」と急に降格人事が発表された
新しい配属先822ルームのリーダー、フィッツギボンは、シロタを呼び

「ここでは芸術などという馬鹿げたものはおろか、あらゆる感情は抜きにする
 これからは本気でやりたまえ 地球外の低級生命体相手の勤務につきたくなければな」


この日から何ひとつ空想力を刺激する仕事はなくなった
形にはまらなければ生きてゆけないのか それが順応というものかもしれない

フィ「すでに人間は物質であり、物質が作りあげた精神は、物質により決定される」


822ルームに異動してから、シロタはカーリとずるずる付き合っていた
(カーリと同居申請を出そう)

翌日、サラリー前受制度を利用しに行くと、解雇証をもらったテクナと会う
「これからやる仕事にも困ったら、ドリーム保険に行く」と言う

パンフレットを読むと、今まで得てきたものは何もかも捨てるのが条件で
契約金は1回払いと同時に終身再出発権がもらえる、とある


カーリにフィッツギボンの話をすると、激しく動揺し「一緒には暮らせないわ」と言われる
フィッツギボンの個人記録を覗き見ると、かつて2人は同居していたが、
カーリを低級生命体との人体実験に利用して捨てたことを知る

その後、フィッツギボンからカーリが自殺したことを知らされる
「・・・辞職します」



絶望したシロタは、ドリーム保険に行く
「僕はもうこの地球にいたくないんだ 人間のいない世界に行きたい」
長いテストを受けて「合格した」と言われる

複雑な配線を施したイスに座り、瞬間移動した場所には太陽が2つあった
湖を目指して歩くと、突然建物群が現れ、十数人の人間が見ている

「あなたと同じ人間です 騙されてここに来たんです」
「聖者が来た!」

青い袋のような服を着た、男か女か分からない同じような人間に似た者が来て、塔に案内される
彼らはドリーム保険の連中に似ていた

「我々はエスピーヌン、、、いや、地球人ではない
 ここはあなた方の母星から2000光年離れた惑星 我々はエリダヌ族だ」


シロタの世話をするのはシニュームというエリダヌ族で、翻訳機を使っていろいろと説明をする

ドリーム保険の社員は、エリダヌ族が地球に派遣したスパイ
今、非常に凶暴で謎なエイバアトが侵略に次ぐ侵略を続け、銀河系を全支配しようとしている
ついに「銀河連邦」は崩壊し、弱小な惑星が次々消されていき、エリダヌも地球も危機にさらされている

カーリが生きていると告げ、地球にも協力を求めるためにシロタを調べる必要があるという

「そのカーリのいる地球を守る義務があるとは思わないかね
 あと2年もすれば地球も無事ではいまい 戦って死ぬほうがましだろう」


シロタは改めて、地球での生活を振り返った
追いかけられ、規制され、枠内で辛うじて作りあげるゆとりを悦楽と信じる生活の繰り返し
サラリーをもらって生きる大勢が、いかに微細な範囲で動き、全世界と信じてきたことか


「連邦加盟は51種族 我々エリダヌ人、君たちエスピーヌンといった炭素・酸素系族は、
 数は多いが、銀河系内では、環境に依存する度合いが高いため低級生命体とされている
 エリダヌ族は第16位、君たちは84位
 君たちは1000年前は千位以下だったが、明日には50位以内かもしれないんだ
 こんな異常速度で伸びる種族はいない 何か秘密があると考えた」



催眠教育によりエリダヌ語を話せるようになり、彼らが自分を見下しているのが分かる

エリダヌ族の合理主義は地球以上だった
有機体は進歩していない時、必ず退歩しているというのは常識
エリダヌ人は「芸術はとても非合理的だ」という

中性的な彼らにも、第一性(男)、第二性(女)があると知り、シニュームが女と分かり、戸惑うシロタ

彼らの間には恋愛や結婚はない
科学的合理性、感傷無用という傾向を進めれば、やがて地球も彼らと似た世界になるのではないだろうか

シロタは忘却された学説を思い出す

「もし地球と同じような環境に生物が発生したら、進化の結果、必ず人間と同じものになる
 それほど高能率で、自然に順応しているのである」




エリダヌは、地球の南の島のような色の海と、小さな島で構成されていて大陸がない
古代エリダヌ人は、独立統治体を形成し、中央集権はない

親子関係は断絶され、生まれた子どもは国家で保育される
既存の環境に修正を加えず、文化をもつ星を力で征服したりはしない
ここには本当の意味での歴史学はない

鉱物資源は少なく、植物の大繁栄時代がなければ、エリダヌ人は生きられないという理由から植物をとても大切にしている

シロタは「エスピーヌン1号」と呼ばれた



シニュームは、エスピーヌンの性の仕組み、観念を調べろと命令される
最初、抵抗したシロタも諦め、調査されるままに任せた

「性交は、男女両性の愛の最大の交歓形式なんです」
「それより種族保存の本能でしょう」

エリダヌ人は食事も快楽から外していた
朝食だけは娯楽で、あとの3食は、栄養学的な合成食物


シロタは銀河系のさまざまな種族を映像で見せられる
酸素も食物もいらず、熱エネルギーで生きられる生命体のほうが環境依存度の低さゆえに優者となっている
エイバアト人の実体を見た者は誰もいないが、今では、数万の彼らの軍団は、銀河系無敵だという



シロタは「政策島」に連れていかれる

「ひとつの世界は常に統制のとれた、反措定のない一色であるべきだというのが私たちの考えです
 しかし、エスピーヌンの世界は、いつも闘争や対立がある
 それが進歩の方向に向けられれば、大きな力を発揮するんじゃないか


「協同作業よりも、競争作業のほうがずっと高能率なんですよ」

海を見ながら、銀河2000億の恒星をもつ太陽系、その中の1%は地球と似た条件を具備しているといわれる
今、自分は銀河系内で、もっとも地球に似た惑星にいるのかもしれない



「跳航能力」を持つ珪素生物ハイナンタ族の宇宙船が漂流していて、1人のハイナンタ人を捕える
「跳航」とは、歪められた空間を、歪曲面を通らず、最短距離を突き抜けること

彼らは1000度以下だと岩とソックリだが、高い温度の小部屋に入れると交信可能となる
「エイバアトの侵略に遭って負け、今はカラミン族を攻撃しているだろう」

キータラ「その延長線上には群小種族がいて、その先はエリダヌだ! 計算だとあと1年しかない!」
敵わないとなるとシロタは用済みということになる

「地球と共同戦線は張れないんですか? 我々も訳も分からず滅亡したくない
 僕というサンプルがある 交渉すればきっとうまくいきます」

シロタは説得に成功し、重大な課題を背負う
強力な軍団を持ち、宇宙随一の文化を保持すると自負する地球人を一致団結させ、
エイバアトに対する防衛線を作りあげるという大仕事


エリダヌ人はシロタを中心にグループをつくり、あらゆる方法を考え出す「ブレーン・ストーミング」となり、シロタの独壇場となる
「君たちの弱味は、指揮者の不在ではないか あなたたちは、体制と支配について解っていないようだ」

地球では、今は、個人の力はゼロに等しく、事実上支配している上層階級を説得することが先決
「エスピーヌへ逃げたエリダヌ人に、逃亡の罪を帳消しにする代わり協力を誓わせるんだ」

シニューム「エスピーヌンを一番よく知るのは私です 世論形成のために接触をとります」
次、いつ再会するか分からず、シロタが何気なく彼女の頬にキスすると、なんと顔を赤らめた
すでに彼女は復性のコースをたどっていた



1000名の工作隊が組織され、シロタはラムーと呼ぶ恒星に行き指揮をとる

広告の方法は相変わらずポスターを使うというエリダヌ人

「我々には判らんよ 不条理な色彩や線がいっぱいあるくせに、何の意味もないように思えるんだがね(w
 エスピーヌのどこかで彼らの知らない強力な爆発とか起こしたらどうか」

「まるで三文芝居だ 地球人は気狂いのように全銀河系を相手に見境いなく戦うでしょう」(『スターウォーズ』みたいに?w

次はアフリカに行き、吹き矢にヤラれたというエリダヌ人
シ「あそこは天然記念地域で、未開の民族を集めて保護しているんだ」


瞬送装置などを公開し、ドリーム保険の真相も明かすなどして、1ヶ月の工作が次第に効果を見せはじめる

「イースター・ゾーンを動かせる人間なら、どんな仕事でもやり遂げられる」という金言を利用して、
シロタは自ら乗り込むと、貴族の出迎えを受ける

高官「地球は、完全合理主義に毒されている 多元的同時存在という観念がないんですかな」

最高権者の老人から問答を受けるシロタ
「宇宙は何によって存在するや?」
「自我により認識されるから」

合理主義の鬼であるエリダヌ人に納得させるのは不可能だった
「ここの住民は、直感に憑かれた狂人なんだな」

この世界の物質文明は、もうだいぶ長い間停滞していた

「不必要な発達は、人間の精神に悪影響を与えますからね
 我々は事実よりも、可能性を尊びますから
 芸術や哲学は、必要だから残しているのです」


「イースター・ゾーン」の「イースター」の意味は、東洋を意味する単語から出たものらしい
物質文明を基とする西洋文化は、表面的に東洋を圧倒しながら、いつか、その精神面から多くの影響を受けた
精神が肉体に変化を及ぼすことは、人々はよく知っているが
ヨガなどの形だと、もはや「イースター・ゾーン」でしか扱えなくなっている

「イースター・ゾーン」戦団長タルイは「地球戦団」を作るよう声をかけてくれとシロタに頼む



カーリは、デザインの仕事をし、帰り道にドリーム保険に寄り
「シロタは帰ってきませんか?」と尋ねるのが日課になっていた

新しいポスターをふと見るとシロタが写っていた
「地球の人々に告ぐ 団結しよう 地球連邦のもとに」

エスピーヌ・エリダヌ同盟が結成されると、全人類は体制を整えていった
人類史上最大規模の軍団「地球戦団」

無敵と呼ばれた軍団だが、今度の統括戦団長は、地球を救うという重大な責任から断る者が続出する
「敵を知らず己を知らざれば百戦全敗という言葉がある 勝ち味はほとんどありません」

シロタに戦団長を指名してくれと名簿が来て、
リンゲ・サンという名前の響きだけで決めてしまう



万能サービス連立会社は、多くの部門を縮小していた
フィッツギボンのパートナーとなっているエリダヌンはシニューム

シニュームの実験の話を聞いて、フィッツギボンは自分の話も明かす
会社命令で白鳥座のエンヌ族の心をとらえるため、人体実験が必要となり
涙を飲んでカーリを催眠状態にして交渉を持たせた

2人の気持ちは近づいていくように思えた シニュームなら判ってくれる よく似た魂なのだ



地球の総力をあげた瞬送装置、重力場推進艇が堂々と並んだ
「重力場推進」は、ロケット自身が自由に重力を調節して飛翔すること

総勢1億の兵の中には4000万人の亜人間が含まれているが
このような船団は、もう二度と作られないだろう
軍団には小型原爆がいろどりを添えた

戦団長リンゲ・サンと副戦団長・タルイが会う
リンゲ・サンが正規の軍団長ではないことで、周囲には懐疑心が広まっていた

フィッツギボン「戦団長、最高能力者の人工頭脳で調べたところ、地球戦団は必ず勝つとのことです」
リンゲ「人工頭脳にそんな予言は出来ないよ」と言っても、フィッツギボンは最後まで譲らない

リンゲ・サンは宇宙の子だ 人間同士では下手な付き合いしか出来ないが、
こうした状態に置かれると、白熱した力を持つのだ
あるのはただ、人類の恐るべき戦闘意欲だけだった


テクナはシロタに会いに行き、後に「エスピーヌン2号」となる
シロタは、自分が神格化されていることに唸る
個人の評価は、社会どれほど発達しても、本人とは別の所で作り上げられるのだ


エイバアトの武器は、エネルギー奪取弾だった
彼らは空気も要らず、ただ恒星のエネルギーと、自身の身体があればいい

すでに、銀河系第一1位のヒロソ人を侵略し、他の種族が消されたため、
エリダヌ族は3位、地球人は15位に上がっている

エイバアトは跳航に入り、真っ直ぐにこちらへやってくることが判った
最後の関門であるタルイの率いる連団は、まともにエイバアトとぶつかった
地球側から無数の核融合弾が飛び出した

「他艇との連絡途絶!」

そこで突如、敵軍が消える 集結し、跳航に入るつもりらしい
「させてたまるか 跳航用意」

跳航中の物体の衝突は、恐ろしい大爆発となるのは周知の事実だった
「やろうぜ」 わあっと喚声があがった

しかも、連絡の途絶えた地球軍の数百の艇が同じことをしていたのを、各々の指揮官はついに知らなかった
「地球バンザイ」「アトハタノンダ」という断末魔の送信が全船団に渡った

(まるで第二次世界大戦の特攻隊そのまんまじゃないか/涙


いったんエイバアトの動きが止まる

リンゲ・サン
「彼らの奪取弾の保有量と比べたら問題にならん 地球の伝統的武器を、どうしても使わねばならぬ」

地球軍は核融合を基とする与熱武器で戦う一方、
別働隊は銀河系を大きく迂回してエイバアトの母星に向かい、強力な触媒を打ち込んだ
数日後にはこの太陽は爆発し、新星と化すはずだ

本来、異種族間の争いは、支配圏の確保が最大の目的となるが、
エスピーヌンは、いったん戦いを始めると、まず敵にいかにして打撃を与えるかを考える
地球人の野蛮さは、貴重な要素だった

与熱武器は、エイバアトにエネルギーを与え、どんどん数を増やしていった
地球軍はそれを引っ張って、母星に近づいて行く


記録要員のフィッツギボンは、リンゲ・サンが報告に来るたびに
この秘密作戦について執拗に質問攻めにして困らせ、ついには縛られてしまう

「戦団長、敵が方向転換しております!」

この機を待っていたリンゲ・サンは1000隻の無人艇を発射させる
「完全に包囲されました!」
「あと10秒、9秒、、、1秒、ゼロ」

これほど大量の人間が一度に瞬送できると考えた者はいなかった
意識の隅にでも反対の気があれば、狂ってしまうという瞬送に成功する

エイバアトの全軍が現れ、リンゲ・サン「離脱!」
数百倍にふくれあがる太陽の中にエイバアトの全軍団が呑まれていく頃には、地球軍は飛翔していた

その後、エイバアトがどこにもいないという報告を聞き、にわかに信じられない人々
エイバアトが作った植民地にも誰もいないという

リンゲ・サンらは、タルイらの追悼をする
彼の死は、イースター・ゾーンをもう一度地球の一部として受け入れる最大の布石となるだろう
リンゲ・サン自身も一躍有名な将軍として地球に迎え入れられることとなる



シロタ「これは、終わりなんだろうか それとも、始まりなんだろうか」

テクナ
「どちらでもないさ 終わりや始まりと言えるものは、そうたくさんはないよ

 君は地球文明に対立物としてエリダヌ文明を紹介した
 第二にイースター・ゾーンの文明をもう一度世界の渦へ投げ込んだ
 第三に、個人というものが歴史に残ることを証明した

 歴史に残る人物は、大抵、当事者に、ある世界観と機会があっただけなんだ
 無論、君は作られた英雄さ だがそのことが決定的なんだ



エイバアトは銀河系内に全く存在しなくなったらしいとシロタも聞いた
らしい、というのは、銀河系内すべてを調査するのは到底不可能だからだ

講演を聞きに行く途中、シニュームに会う すっかり地球人の女性の恰好だった

「あなたがエスピーヌン1号だったように、私はエリダヌ1号として一生を送るつもりです
 私は初めて、個人に希望があり、それを達成するのがどれほど楽しいか知ることが出来ました」

1人のエリダヌ人が講壇に立った

「今ではエリダヌンとエスピーヌンが全銀河代表として、生命体諸族の再建、再構成を図らねばならない
 我々はエスピーヌンの多面性、多種性を学ばなくてはなりません」

シロタははっと何かに目覚めた
そうだ 対立物を失った地球文明は停滞する
あまりの合理主義に反発した自分こそ、最も地球的なのではなかったか

これで帰れる・・・と思った

講演はつづく

「エイバアトの侵略法は、惑星の表面を急激に冷却か高熱にして、生物が死滅した後に定着するやり方です
 だがどこにもエイバアトはおろか、死体さえ見つからなかった

 ある意見では、エイバアトは量子体だという説です
 彼らの個人は我々の細胞のようなものだったという説もあります

 私の意見は、エイバアトは“消された”というものです
 荒唐無稽に思う人もいると思いますが、我々は見張られている あるいはそれが“神”かもしれない
 もし、生命体を保護し監視する機構があるとして、エイバアトは銀河系の秩序を乱すものとして
 宇宙から消滅させられたと考えられはしないだろうか

 私は言いたい 宇宙の広大さを知ったがゆえに、自らその視野を狭めるのと同様
 我々は知識を過大評価していないだろうか
 科学的知識で説明のつかないことを無理やり説明づけるか、否定するという二者択一の態度は、もう改めていいのでは
 ある種の“畏れ”をそろそろ復活させてもいいのではないか


博士はシロタに
「我々の発展は常に、より大きなもの、対立するものを必要としていたのですよ
 エリダヌがエスピーヌに求めていたのはそういう精神的把握法だったのです」



講演後、シロタはシニュームからフィッツギボンと結婚したことを聞く(ええ?! 一番嫌な奴じゃん
「あの人は私にはよく解ります 最もエスピーヌンに似たエリダヌ人と
 エリダヌ的なエスピーヌンとの結びつきを奇妙と思いますか?」

シロタはしばし呆然としたが、急いで一度地球に帰ろうと決意する

地球人は待ちに待っているし、エリダヌ人はなんとか引き留めようとして
キータラが久しぶりに来て「教育島の思想学高級講座の講師として招きたい」と誘う

一度作り上げられた評価は、逆に本人に作用する
いつの間にか、シロタは人類の中で役割を与えられ、その通り動かなければならなくなっている
虚像に合わせて生きてゆくことは困難だ 彼には自信がなかった


「また、こちらへやってくるのか?」
「たぶん・・・私がエスピーヌでの存在価値がなくなった時には・・・」



地球では、シロタが瞬送台で帰国するニュースでもちきりだった
カーリは迷った挙句、気づくと宇宙空港に足を向けると、十数万人がすでに集まっていた

瞬送台から出たシロタは「諸君、ぼくは英雄ではない!」
素晴らしい謙遜だと、群衆はわあっとどなった

「カーリ・フルスはいますか」
「ここよ!」

カーリは泣きながら手をあげた そして走った
ずいぶん遠いわ もう涙でよくは見えない





【稲葉明雄解説 内容抜粋メモ】

私は、眉村さんに対して、夢の都会に住む人として以前から憧れている

私は、大阪で生まれたが、父の転勤で転々とし、若くして東京に出てしまったため、
戦前の大阪らしさを知らず、東京も大阪も同じに見えて味気ないかぎり

太宰治の『東京八景』にこんな文章がある

「私は十年以前、初めて東京に住んだ時には、東京全図など買い求める事さえ恥ずかしく躊躇した
 とうとう決意し、買い求め、下宿でこっそり、地図を開いた
 隅田川、浅草、赤坂、ああ、なんでもある 行こうと思えば、いつでも、すぐに行けるのだ
 私は、奇蹟を見るような気さえした・・・」


大阪人の話し言葉の胡散臭さに2通りあって、
使う語彙は関西弁だがイントネーションが標準語風な人と
逆にイントネーションは関西風だが語彙が標準語風な人、どちらもイモだと私は極論する

竹村健一さんの話術は、その意味でまことに痛快だ
関西人の実利主義と、アメリカ仕込みのプラグマティズムが見事に一致している

眉村さんの場合は、その経歴が示すように、仁鶴のような生なエロキューションではない
しかし筋の通ったいい意味でのローカリティが話しぶりからうかがえる


小説家はレッテルを貼られるのを好まない

星新一の「文明批評的未来コント」
小松左京の「超壮大スケール・未来パニック」

光瀬龍の「荘重未来時代劇」
豊田有恒の「古代史ドラマ」
筒井康隆(この先生だけは、形容しがたいが)しいていえば狂気SF(w

眉村さんは、処女作から、一時「企業SF」などと呼ばれていた

今でもそういう一面はあるだろうが、近来はペシミスティックな作品群が目につく
戦後の青春期を確たる抱負もなく過ごし、40を越え、改めて生の意味を見つけようとする
お話づくりに疲れた作者の言い知れぬ黄昏


眉村さんの作品がよく読まれる理由の1つは、その書き出しの上手さにある
なんとなく冒頭からすんなり入り、いつのまにか小説であることを忘れてしまうような上手さだ(なるほど!
こういうのは意外に難しく、半分以上、天性のものではあるまいか


眉村さんには「学園もの」と言われる分野があり、私が最も好きなのはこの手のものなのだ
大いに人気があり、NHKで繰り返し放映されている
『なぞの転校生』『ねらわれた学園』『幕末未来人』(←これ知らないな

SFのSは、本質である「センス・オブ・ワンダー」と解すべきだという説がある
「どこか変だなあ」という感覚を受け入れるのは、もともと子どもの特質なのだ



今作については、昭和38年、東都書房のSFシリーズ第一作として出版され
これ1冊で終わってしまった幻の本だった

まだSFの揺籃期に、眉村さんに賭けた出版担当の原田さんの意気込みは大変なものだったが、
作者自身も書いているように、毀誉褒貶なかば、というよりむしろ風当たりのほうが強かったらしい
(なぜだろう/驚

作者自身の言葉でもあるが、良くも悪くも、眉村さんのすべてが今作に現れている
日本SFの先駆的長編の1つとして、細部まで噛みしめて読んでいただきたい



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

topics~「毎年、推定110万人が大気汚染で亡くなっている」中国 ほか

2017-05-25 11:47:48 | 日記
家の中をまた整理して、出てきた音楽雑誌、ビデオテープを買い取ってもらえまいかと
いくつかに電話したけど、断られてしまった・・・

こないだ行った「まんだらけ」(電話での問い合わせは3件まで)では
音楽雑誌は×、ペットのブログ本も×(BOOK-OFFをすすめられた
マンガは1冊50~100円 これもBOOK-OFFと大差ないな 交通費かけて行くほどじゃない

ぶくろの古書店では、ルー・リードのビデオテープだけ100円程度
店主さん「一般で手に入るようなものは扱わないので」なるほど

ディスクユニオンでも「ビデオテープは需要が少ないんですよ」
カセットテープは、ちょっとブームになったけど、ビデオは絶滅か?
音楽雑誌は、もしかしたらBOOK-OFFよりかはマシかも 「現物を見てから」と言われた
持っていって、買い取りを断られて処分されるくらいなら、持ち帰るけど重いからねえ

神保町の音楽系の店にも電話したら、
店主さん「私は好きでライヴも行くから、一度店に置いたんですけど、売れないんですよねぇ・・・だって

なぜかしら~? ヤフオクやアマゾンでも出てるけど、売れてるのかどうか分からんし

TSUTAYAとか、DVDに替えた時、テープは全部捨てちゃったのかねえ・・・
時代の変化は早い そして、あっという間に“ゴミ”になる



「青空は年に数回しか…」 中国・大気汚染と闘う街
“「毎年、推定110万人が大気汚染で亡くなっている」中国。
 PM2.5の観測データについて、政府はかつてないほどの情報公開をしています”

青空のない未来なんて要らない


日本総合悲劇協会vol.6『業音』@大人計画オフィ

日本総合悲劇協会vol.6『業音』SPOT 30sec





星野源 初のMV集@ゆうちゅうぶ広告
ゆうちゅうぶの広告に源くんが出てきたから、いつもはスキップするところをじっくり見てみた
ふつうなら数秒で終わるところが数分間あって、こういうことも操作できるのか?





ニセさんっ!!



アートシーン


新さんの髪型て、何気に毎回違ってて面白い
落ち着いているように見えて、どこかパンクなんだよね

 

 

横尾さんインタビュー:
分かってやってることなど1つもない
全部分からないでやっている
分かってしまうと たぶんモノを作れないと思う
分からないからやってる



「戸嶋靖昌の見たスペイン」~6.10


「セルバンテス文化センター東京」て初耳
「スペイン国営セルバンテス文化センター東京」は、“市ヶ谷、神楽坂エリアにあるコミュニティー・センター”だって

東京メトロ有楽町線「麹町駅」5,6番出口より徒歩3分
JR/東京メトロ有楽町線・南北線/都営新宿線「市ヶ谷駅」より徒歩6分
JR/東京メトロ丸ノ内線・南北線「四ツ谷駅」麹町出口より徒歩7分


このサイト面白いイベントいろいろ紹介してるんだな

「片山正通的百科全書 Life is hard... Let's go shopping.」@東京オペラシティ アートギャラリー
期 間:2017年4月8日[土]─ 6月25日[日]
会 場:東京オペラシティ アートギャラリー[3Fギャラリー1, 2]
開館時間:11:00 ─ 19:00 (金・土は11:00 ─ 20:00/いずれも最終入場は閉館30分前まで)
休館日:月曜日




追。

最近、眉村卓さんの文庫本を読んでいて、むかーーーーーーーし自分で買った本の中から
角川三姉妹と呼ばれていた頃の原田知世ちゃんのしおりとか出てきた! 可愛い!!





 

・・・でも、ちなみに私は「しおり」は使わない派です/謝


新刊本のチラシにある『晴れ、ときどき殺人』や『湯殿山麓呪い村』は映画で観たし→心の中のベストフィルムまとめ 角川映画
赤川次郎さんの『三毛猫ホームズ』シリーズもハマってた時期があった気がする










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チケットの高額転売@週刊ニュース深読み

2017-05-25 11:29:50 | テレビ
 

<街の声>

男性:
チケットが取れないのは、転売目的で大量に買う人の影響なのかなと思う

男性:
買ったことあります 定価の2倍くらい
ライヴの応募期間が過ぎていて、どうしても観たかったので

男性:
余ったチケットは転売しています
そんなに高い値段では売れないから、定価よりちょっと高いくらい



チケット転売の市場は、600億円規模にのぼる

ダフ屋行為は規制されたが、ネット上ではまだ対策が不十分

登録時に顔写真も添付し、当日、会場で本人かどうか確認するところも出てきた
(そうなると、今度は個人情報流出のほうが心配だ

定価で販売するサイトを立ち上げるなどして対策をとっている


***

こないだもライヴ友さんと、この話をした
以前のダフ屋さんら関連の方々が組織的に大量買いしてるのでは?とかの噂もあり
何万円出しても買う人もいるから、売る人もいるっていうのもあるしね

最近は、チケ争奪戦に参加するのも面倒だから、身近なカフェライヴに行くことが増えた
昔は、真夏の公衆電話ボックスで汗だくになって、ガラケーと両方使って電話をかけたり
ぴあ店頭や、ロッピーなどに早めに行って並んだり・・・

土曜日に全部一緒くたに売るシステムだと絶対取れないから、せめて売る日をズラして欲しいなあ
つながらないから、売り切れたかどうかの情報すら分からないし
ネットで一定期間予約できるのはイイと思う

現代人はお金を求めるあまりに、時間と手間が宝になっちゃってるんだ


***

今ごろ気づいたんだけど、女性キャスターが小野文恵さんから首藤奈知子さんにかわったんだね/驚
小野アナが好きで見てたのに残念すぎ・・・

もっと言えば、男性キャスターも高井正智アナとのコンビの時がよかった
グイグイ系の小松宏司アナに代わってから、気象予報士・南さんのダジャレも減ったような・・・



肝心の「深読みコーナー」でも、小野アナのキレも配慮もある、素直で迅速な進行がないと
だらーんとしちゃった気がするし

まあ、変わっちゃったものは仕方ない
予録がたまってて、テレビを見る時間を減らしたいと思ってるから、逆に幸いって感じもするし




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館(2017.5.23)

2017-05-24 11:37:10 | アート&イベント
新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館(2017.5.23)
開催:5.18~5.31


【ブログ内関連記事】
池袋モンパルナス@東京芸術劇場
旧江戸川乱歩邸@「池袋=自由文化都市プロジェクト」(2015.9.19)


私の好きな「ポポタム」や「ギャラリー上り屋敷」のほうにも足を延ばしたかったけれども、
今回はこないだ壊れた日傘も買いたかったので、近場のみ周ることにした
「熊谷守一美術館」もまた行きたいなあ!


東京芸術劇場に入ると顔はめ看板あり



「ぼくらのアトム展」@東京芸術劇場5F ギャラリー1

入場無料で入れて、展示場内の撮影も自由v

『鉄腕アトム』(ウィキ参照
リアルタイムで観たことがなく、その後も手塚さんの特番でちょっと見るくらい
アメリカでも『ASTRO BOY(アストロ・ボーイ)』として人気があったんだよね
え・・・実写版もあるの? なんだか相当ヤヴァそうな予感




受付の女の子は、羊毛フェルトでちくちくなにか作っているので聞いたら
会場内で一番目を引くアトムの羊毛フェルト人形を作った方/驚



後ろを見ると洋服のようになっていて、実際に着れるし、
顔の部分はかぶれる(目の穴がないから、帽子風にw

今作っているのは、ファッションの展覧会の応募に出す作品で
見たところ、ちょっと腰回りが大きい、キレイな黄緑色のフェルトのパンツ!

以前、これらを着て、ダンスパフォーマンスまでしたそう/驚
羊毛フェルトにこだわらず、いろんな形でファッションに関わりたいって
みんな面白いこと考えるなあ!




展示場内には、ずっと自動演奏でアトムのテーマ曲を奏でる木琴があって
その隣りの鍵盤は鳴らないのかと聞いたら

「1曲が意外と長いので、そのうち鳴ると思います

これは相当長いなww
私が展示物を観て、彼女と話していた十数分間は木琴しか鳴っていなかった












一番奥には、アニメのオープニング映像を、みんなが自由に描いた絵をつないだ
アニメーションが音楽とともに流れていて、いろんな手によって描かれていて面白い
その原画も壁に貼ってある

 


“GPS Drawing”で描いたアトムも、けっこうな大きさで、見事な出来栄え!
いくつものパーツに分かれているから、参加者も多かったのではと想像できる




 


タカハシカオリ 粘土人形展
 



2歳になったブルドッグの息子が、父親の生い立ちを紹介する
粘土人形を実際の風景と一緒に写真に撮り、ぷっと笑ってしまうストーリーが書かれていた






IAG期待の若手作家による大作展@東京芸術劇場5F ギャラリー2


こちらはガラリと変わって、力作!といった感じの大きな絵画が並ぶ
女の子の作家さんも多くて、顔写真の紹介と作品とのギャップも興味深い










廊下の壁にもキルティングのようなアートがある




成増油絵金曜会@東京芸術劇場B1F アトリエイースト


こちらは、回遊美術館の展示はもう終わってしまったのか
おじいちゃん2人が受付をして、日ごろの腕を披露しているといった感じ

ハシビロさんもいる!


静物画、風景画は、個人的にあまり興味がないけれども、明るい幾何学模様の絵はキレイだった





また「フラミンゴ」に入って、以前も食べたオムライスを注文
これが1コイン(500円)てほんとに安い/驚 そして美味しいv




「池袋画廊」


以前から気になっていて、なかなか入る機会がなかったけれども
今日こそは!と行ってみたら、ちょうど会期が終わったところで
次は25日~とのこと 残念

スタッフの奥さまが
「うちは1週間ごとに貸し出しているのよ 観るだけならタダだから、また来てちょうだい

と気軽に声をかけてくださった はい、また来ますv


 

パンフレットを見ると、ちょっと足を延ばせば、
ぶくろにもいろんなギャラリーがあると分かったのも収穫
いつか、1つ1つじっくり観てみたい


日傘も手ごろな値段で無難なものを買えて、食糧を調達してから帰った

今日も真夏日! すっかり半そでの真夏服で大丈夫

いろいろ刺激をもらって佳き1日でした/感謝



<今日拾ったパンフの中身、アドカードなど>

インスタにも随時アップします
最近、カード類も整理して、以前ブログにも載せたのも含めて
インスタにも大量にアップしたので、おひまな方はそちらもどうぞ

 

 

 



 

 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広がる無痛分べん@あさイチ

2017-05-24 11:04:19 | テレビ
広がる無痛分べん@あさイチ
専門家ゲスト:池田智明さん(三重大学医学部教授/産婦人科医)
VTRゲスト:小倉優子さん(タレント)
リポーター:瀬田宙大アナウンサー

【ブログ内関連記事】
日本でも関心が高まる「無痛分娩」@ZIP!


実態調査が始まったばかりで、夏ごろに発表される予定


痛みがまったくないわけではないことから
「和痛分娩」(痛みがやわらぐ)という病院もあるが意味は同じ


芸能界でも広まりをみせている



小倉優子さんインタビュー
友人の口コミや、HPで調べたりして、麻酔を使うか悩んだ時に、
リスクがあるか尋ねたら「もちろんあります」と言われて
迷ったんですけど、麻酔をしてから本当に痛みがなくて、
リラックスしながら赤ちゃんを迎えられたという感じ

町のママの声:

「無痛分べんで2人とも産みました
 何時間も苦しむのは嫌なので、すごく楽になった」

「何も感じなくなったとか聞くと怖いなと思った」

「麻酔で亡くなった例を聞くので不安なイメージ」

無痛分べんと自然分娩の事故率の比較データがないから何も言えないね



順天堂医院を取材~20代 アユミさんの例


2日前に破水して緊急入院 自然分娩の予定だったが、痛みが激しかったため、急遽無痛にかえた

(もうすでに「痛いよー!」てゆってる時点でもう耐えられない
 脊髄の近くに麻酔注射するシーンも直視できない/恐怖×5000

麻酔注射して数分後に痛みがひいた

「麻酔を開始する前の痛みは何点くらいでした?」


アユミさん:
8くらいいってました 今は1~2くらい
さっきがすごく耐えられないほど痛かったので、気持ち的に楽になりました

(この会話をしている間中、近くで大声で痛みで苦しむ絶叫が聞こえていて尋常じゃない・・・
 全部つながってるの? 大勢いるから個室とかムリなのか???



産婦人科医&麻酔科医が24時間体制で注意をはらう
産婦人科医&麻酔科医が24時間常駐し、麻酔後はとくに細心の注意をはらう

角倉さんは、産科専門の麻酔科医
モニターをチェックしつつ、1時間に1回は分娩室に行き
アユミさんの表情や状態を見て把握する

 

医師:頑張れそうですか?
アユミさん:頑張れそうです

6時間後、完全に子宮が開いて出産に入る
麻酔は効いているが、感覚はちゃんと残っているので
陣痛のタイミングに合わせていきむのは自然分娩と同じ

アユミさん:痛くなってきた
看護師:大きく吸って 吐いて!

その後、無事出産し、背中のカテーテルを抜き取り処置する
(これもダメだ ああ、もっと科学と医療が早く進みますように

アユミさん:全部出たなという時も分かりました 冷静に出産することができた


角倉さん:

「それ以外の緊急帝王切開、産褥出血にも対応する
 そういったところまで体制ができれば、リスクよりも利益のほうが大きくなると考えます」



●いろいろな疑問を4つにまとめた答え


池田さん:
この順天堂のケースは理想的
今、全国に2500の分娩施設があるうち、3~4割が無痛分娩に対応している
そのうち7割が産婦人科の医師がやっていて、
とくに、リスクに対応するトレーニングを受けているので安心してください

有働:不測の事態というのは、たとえば?

池田さん:
痛みもそうですが、低血圧は、点滴を打ったり、血圧を上げるクスリを使う




(この“個人差”がくせもの 私は必ず悪いほうに当たるんだ

 

専門家:
麻酔が薄いため、赤ちゃんに移行するのはごく微量で影響はない



専門家:普通の分娩費用+アルファになるので高めになる

ヤナギー:なぜこんなに幅がある?

専門家:病院の規模、地域差による 保健がきかない自由診療にあたるので



良い病院の選び方
麻酔の副作用、合併症について病院がキチンと説明するかどうか
質問にも丁寧に答えてくれるか

専門家:
病院でパンフレットや資料を揃えています
分からないことは、担当のスタッフに気軽に聞いてください



<FAX>

40代女性:
14年前、娘を出産した時、無痛分娩をした方が
「4ヶ月くらい手のしびれがとれない」と言ってて怖かった


専門家:
痛みをとる神経は一番細い 次は触感、運動の神経
どこを傷めたのか分からないけれども、
今は昔より薄い麻酔を使っているので安心してけっこうです


Q:事前に大丈夫かチェックできます?

専門家:
無痛分娩に向いていない方もいます
血液が止まらない人は、脊髄に血がたまってしまう
背中に膿がある人は、注射針を刺すのは危険
でも、必ず、事前に調べるので大丈夫です




(40代でもこの差か・・・じゃあ、実母、義母らを説得させるのはなおさら難しいな/汗×5000


池田さん:
考え方は人による 世代間でも違います
ただ、選択肢が増えたので、自分はどちらを選ぶか、じっくり考えて選んでほしい

私はもちろん無痛分娩派です
今は歯医者さんでも全然痛くない

でも、お産は指を切り落とすほどの痛みがあります
女性だけにこれほどの痛みを経験させていいものかと思います


***

広がる無痛分べん 続編


日本女性&外国人女性100人にアンケート

<日本女性の結果>

自然分娩派 37人 無痛分娩派 13人

37歳 出産経験あり 自然分娩を支持
「痛みも含めて出産だと思っている クスリとか使いたくないし」

34歳 出産経験あり 自然分娩を支持
「全然痛くなかったんで、次もぜひ自然分娩で」(そんな人もいるのかあ/驚

42歳 出産経験なし 無痛分娩を支持
「年齢があれだから、絶対、無痛分娩です
 昔は、自然分娩するのがカッコいいと思っていたけれども
 若くないと、痛みって本当に体力がいる


<外国人女性の結果>

自然分娩派 22人 無痛分娩派 28人

アメリカ 23歳 出産経験なし 無痛分娩を支持
「自然分娩は痛みが酷いから、無痛分娩のほうがいい 理にかなっていると思う」

アメリカ 41歳 出産経験あり 無痛分娩を支持
「アメリカでは圧倒的に無痛分娩が好まれる 私たちはそういう痛みはゴメンだわ」

アメリカ 34歳 出産経験あり 自然分娩を支持
「私の世代ではクスリを使わない自然なやり方が増えている 親の世代は無痛分娩が多い
(この意見は興味深い もういったん無痛分娩の時代が過ぎて、自然分娩に戻っているっていう

メキシコ 41、37、43歳 出産経験あり 自然分娩を支持
「自然分娩が好き」

スイス 37歳 出産経験なし 自然分娩を支持
「スイスでは自然分娩が普通」

オーストラリア 37歳 妊娠7ヶ月 無痛分娩を支持
「とても痛いから 友だちが自然分娩で産んで、とても痛かったと聞いた
 みんな“無痛分娩にしなさい”って言うの “次産む時は無痛分娩にする”って」



海外では、出産の途中でも切り替えられる

アメリカ 36歳 出産経験あり 無痛分娩を支持
「無痛分娩で産みました 自然分娩を試みたけど、痛くてガマンできなかった」

イギリス 37歳 出産経験あり 自然分娩を支持
「自然分娩をしたくても、結局、無痛になる人が多い でも医師が決めることが多い」

オーストラリア 37歳 妊娠7ヶ月 無痛分娩を支持
「はじめは自然分娩を試してみて、辛ければ無痛分娩にできる どの病院でも同じ」

ドイツ 36歳 出産経験なし 自然分娩を支持
「病院で“麻酔が必要”と言えば、すぐに打ってくれる」



●分娩施設の違い~海外は24時間体制、日本は人材不足


池田:
日本では、事前に決めておかないと難しいところが多い
そういった体制の違いがある

逆に海外のデメリットは、無痛分娩を利用できる病院が少ないこと
日本は欧米の4倍あるが、医師が限られていて、
24時間体制が難しいが、すぐにかかれるメリットがある


日本の無痛分娩は、医学的処置として行われることが多い 医療的措置の場合のほうが多い

例:
陣痛の前に破水してしまった
母親の血圧が上昇
糖尿病の合併症のある方 などは、無痛分娩のメリットのほうが高い

デメリットとして、帝王切開率が増えたり、赤ちゃんへのストレスが大きくなり
状態が悪くなって入院するとか、出血が増えたり
率としては多くはないが、自然分娩と比べてリスクがある

課題:
日本は産婦人科医のなり手が少ない リスクがあるため
医師の数は増えているが、産婦人科医は1万人減っている


24時間体制でなくても無痛分娩は可能だが
今後、日本も24時間体制になれば無痛分娩を選ぶ方も増えると思われる
しかし、病院の集約化が必要 近くの病院でかかれるというメリットが下がる



計画分娩(誘発分娩)


「計画分娩」
陣痛を人工的に促す「陣痛促進剤」などを使う

例:
予定日になっても陣痛がこない人や、
子宮の出口が硬い時、やわらかくしたり、広げたりする操作も含む


計画分娩+無痛分娩の組み合わせはリスクのほうが高まるため、
病院によっては土日はしないという所がある
理由は、両方のリスクが重なるため



<FAX>



池田:
リスクは、その人によって刻々と変わる その都度、担当医と相談することが大事

日本は「我慢」「忍耐」を重んじる文化が根強く残っていることも深く関係していると思う



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大河ドラマ「おんな城主 直虎」第16回~20回

2017-05-23 16:04:08 | ドラマ
大河ドラマ「おんな城主 直虎」第16回~20回

第1回~5回
第6回~10回
第11回~15回


第16回「綿毛の案」
方久は、戻った直虎に「麻の代わりに木綿が飛ぶように売れること間違いなし」とすすめる
「その元となる綿の実を井伊で作ってはいかがと?」
「そなたはまことに素晴らしい銭の犬じゃ!」w

甚兵衛「売るほど育てるには人が足りない」と荒れ放題の土地を見せる
直之「戦なら兵を借りるがのう」

今川からの目付け・鈴木に百姓を借りに行く直虎 奥山も一緒
直虎「耕した土地はそのまま百姓のものとする、実って3年は年貢もとらない」

「当方も人手が足りない」と断られる


「但馬の手は借りない! ほかの目付けをあたる」

但馬はしのに叱られるが他に頼るあてもないことを突かれる
なつと亥之助と再会して驚く 風当たりがきついのを心配する但馬
「似ておらぬ姉妹じゃの」

甚兵衛らは今いる人数で綿を植え始める
但馬は雪斎からワケを聞く

近藤らにも断れた
直之「百姓は領主にとって大事な飯の種 それを貸してくれと言うてもおらぬ」

まったく芽が出ないため、他の村も回る直虎だが、どこも人手は余っていない
水を汲みに行くと、水浴びをしている男に会う 誰かと思ったら柳楽くん!(龍雲丸)
彼にも聞くと「人など買えばいいじゃないですか」

 

ついに芽が出た 気温が上がったから
方久「無事、銭の香りがします」

方久
「人の売り買いが起きるのは戦場が多い まず私の茶屋に行きますか?
 ここで人を集めて、諸国の噂を聞いて商いを考えるのです」(さすが

いろんな噂が飛び交う そこへ「噂を流されてはいかがか?」と但馬が助言する 間者の兵法の1つだそう

方久「茶屋の代金を払わなくていいから、この話を行く先々で広めてくれ!」

瀬戸村を歌にして鼓を叩きながら大宣伝して声を枯らすw
(口コミは昔から効果的なのね それに音楽もつければ、覚えやすくなるし CMと同じ

直虎が過労で倒れたのと同じ頃、寿桂尼も倒れて大騒ぎになる


直之「殿を頂いて戦などとなったらと思うとゾッとするのじゃ とても守れない」

直虎「井伊にとっては政次が領主をやるほうが幸せなのではないかと 我にもっと知恵があれば」

和尚「足りぬ知恵は借りればいい」虎松の手習いをするという

但馬が駿府に行くと菅沼と会い、寿桂尼が倒れたと聞く
必死に内密にされている 一命はとりとめたがどうなるか分からない

直虎は、方久と直之から「種子島」と呼ばれる銃を渡され初めて見る





温暖な三河では、早くから綿の栽培が行われていた/綿の神さまが祀られている天竹神社
 

綿は全国的に広まった 市内には木綿の販売等で財を築いた豪商の屋敷がある
 

戦国時代、陣幕などの軍需品にも重宝された 民衆にも使われ、豊かな生活を育んだ




第17回「消された種子島」
直之が銃を撃ってみせると、直虎「これは妖術か!?」


直之「今の井伊には采配をとる者も、武術の心得を持つ者も少ないが、これなら百姓でもわけなく使える」

直虎
「1つ10貫は高すぎる 借金はまだまだある」
 これを井平でつくることは出来ぬか? 刀づくりをする優れた鍛冶がいる
 作れば安く済むし、売れば稼ぐことも出来る!」

井平を視察する直虎ら 方久はゴヘイに銃を見せると職人の意地でやってみるという


但馬は氏真に寿桂尼の様子を聞く
但馬「わが主の後見人を決めたのは大方様ゆえ・・・」

亥之助は、直之が放った銃弾を但馬に見せる 亥之助には「分からない」と答えるが

「種子島だ・・・何故?」


早速、直虎に聞くがとぼける 但馬も寿桂尼のことは伏せる

直久(直之の弟)らは、虎松と碁をやり、手加減しておだてるので
「これよりは手加減無用」と言いつける直虎



元気なく戻った虎松を心配するしの
虎松はなにをやらせてもビリ欠で、とうとう手習いから逃げ出してしまう



しのは「以後、手習いは、傑山らが屋敷に通ってやらせろ」と言ってきた
直虎「井伊の跡継ぎがそうひ弱でどうする!」と反対

仮病を使い、直虎を拒む虎松
しの「跡継ぎにしなくても結構 ご立派なあなた様のようにはなれますまい」
直虎「悔しくないのか虎松!」

旅の者と言った龍雲丸と再会 「実はお宝を探しておりました」
直虎「そなたはどこにでも行けるのじゃのう」

 

虎松のことを相談すると
「なにかで一度勝たせてやったらよいのでは? 勝つ楽しさも覚えるし、やりゃ出来るとも思う」
龍雲丸はまた直虎に会いに来たのでは?


夜に虎松を訪ねる直虎

「われはそなたの父上と幼馴染だった そなたのようにおっとりした男児だった
 なれど、弓も上手く頼もしい男になった なにゆえだと思う?」

「悔しかったから ほんとは誰より強くならないといけないのに」

「勝とう虎松 なにか1つでもよい 皆の鼻を明かしてやろうぞ! われも助けるゆえ」

「虎松は父上のように勝ちたいです!」

しのに「数日でよいから、われに鍛えさせて欲しい」と頼む
しの「必ず勝たせること 負ければ私の言う通りにしてもらいます」
直虎「よし 今から特訓じゃ」

何度やっても直虎が勝つ
(泣きながら碁をするって難しい役を素晴らしいなあ

しの「虎松を取っていかれる気がするのじゃ」
あやめ「直虎さまは母というより父上のようではございませぬか」


対決の日 皆が心配で見に来る
直虎「必ず勝てる秘策を教えてやろう」と耳にごにょごにょ
亥之助も但馬から「碁目並べは、先手に利がある」と教えられていた

亥之助は負けたが「もう一度じゃ!」(勝つまでやるのね!

しの「この上は、亥之助が立派に直親殿の跡を継げるよう鍛えてやってくださいませ」




ゴヘイが来て、種子島が盗まれたといい、但馬が持ってくる
但馬「今川に謀反でも企んでいるのでは?」
直之「今川さまのために蓄えるためじゃ!」

但馬
「かように脇の甘いそなたが井伊を守れるとは到底思えぬ
 大人しく後見をおりられよ 井伊のため、そして御身のためだ」

 


森町はかつて鍛冶や鋳物業で栄えた


良質な砂鉄が採れたこの地には「鋳物師(いもじ)」という職人も多くいた

 

鋳物師が暮らしたという西金谷には、鋳物師の神さまが祀られている


1300年以上の歴史をもつ蓮華寺
 

今川氏は鋳物師に特権を与え厚遇を与えた 彼らとの関係が軍事力を高めていった




第18回「あるいは裏切りという名の鶴」
但馬「このまま駿府へ行き、太子様の前で直にお話いただく」
直之「斬ってしまえばいい! 小野の息の根を止めれば、このようなことが繰り返されるばかり!」

「これでは元が取れない」と泣きそうになっていた方久にひらめいた!(どんな呪文???w


話を聞いて、和尚「その種子島とやらをわしが預かることはできぬか?」

にゃんこ可愛いねえ

和尚が着いた頃には方久が持っていってしまった後だった

直虎
「まこと、われは後見人をおりたほうが井伊のためなのかもしれぬ
 なんとかして大方様にお会いする」

寿桂尼は熱が下がらない 今日、明日が峠という春


方久は種子島をなんと、氏真に直虎からの献上品だといって渡す
「商人でありながら、井伊の末席を汚しております 銭の犬 瀬戸方久と申します」

「この先の部分を駿府で作らせてもらえませぬか?」(「いかがにございましょう?」が3回も響いたw
氏真「よし、乗った!」


但馬は寿桂尼の容態を直虎に告げる そこで方久に会う
「先ほど、直虎さまのご指図だといって、種子島を氏真さまに売り渡してまいりました
 謀反の企みなど、そもそもどこにもござらぬ、ということにございます」



武田義信(信玄嫡男)が謀反で幽閉されたとの知らせが入る
氏真の妹の嫁ぎ先のため、今川・武田の同盟をゆるがす大事件



そこに寿桂尼危篤のしらせも入る
氏真「信玄公にもの申せるのはおばば様しかおりませぬ!」

松平が勢力を伸ばし、井伊は一層難しい立場となる
 

直虎「私は助けられてばかり 私は失策を重ねているだけで 私に井伊を守り、虎松に渡せるものかと」
和尚「知恵など借りられるだけ借りればいい話」

当主を継ぐ者が皆読む書『孫子』を渡す


「お前の良さを殺してしまうと思っての お前の良さは諦めの悪さと
 生まれついての型にはまらぬ考え方にあるゆえな」

「では、これを読めば、政次の手の内が分かるかもしれないということ?」

(直之ですら読んでるんだから、昔の武士は博学だったんだなあ/驚




但馬が疲れているのではと心配してなつが来て、「兄は優しい人です」というので驚く直虎
千賀「なつは情が移っているのかもしれませんね」
たけ「兄弟に嫁ぐことなどよくあることでございましょう」

千賀
ずっとフシギに思っていたのですが、但馬はなにゆえ嫁をとらぬのですかね
 乗っ取りというのは、自らの家を大きくしたいもの どうも腑に落ちぬ
 但馬はなにゆえ後見に執着するのでしょうか?」

『孫子』に「敵を欺くにはまずは味方から」と書いてあることと、但馬の言葉が重なり
夜中に和尚を訪ねて問う

「われはずっと政次に欺かれていたのですか!?
 政次は直親を裏切ることで井伊を守ったのではないですか?」

和尚
「そうであれかしとは思うが分からぬ わしは政次ではないからの
 じゃが、あれは優しい子じゃ もしそうならお主はどうするのじゃ? その思いにどう応えるのじゃ?
 仲良しごっこをしていては、政次が積み上げてきた策は水の泡となるだけぞ」

直虎
「政次の思いを無に帰さぬよう努めようと思います
 でも政次は1つだけ大きな間違いをしております それだけはキチンと伝えたいと思います」


井戸に来て直親に語る政次
「あいつの夢枕にでも立ち言うてくれぬか 危うくなるゆえ、早く下がれと」

 

直虎「話そう政次、われと」
政次「今更、嫁にもろうてもらいたいと言うても願い下げですぞ」

直虎
「敵も味方も欺くというのがあるのじゃな、兵法には
 種子島が今川の手に渡り、この先どうなるか分からぬ

 そなたならどう井伊を守る? そのために何を備える?
 誰より深く井伊を守ろうと考えておるのはそなたであるからじゃ
 井伊を手に入れれば、ここを守らねばならぬ
 そなたのことじゃ まこと緻密な策を練り上げているのであろう?

 政次、われは己で選んだのじゃ この身を直親の写し身とすることを
 誰に望まれるでもなく、強いられるのでもなく

 ゆえにもし、われがおなごであるから守ってやらねばと考えておるのならお門違い 無用の情けじゃ
 われを上手く使え われもそなたを上手く使う


 

政次
「私なら戦わぬ道を探ります 戦わずして勝つ 戦わずに済むよう死力を尽くす
 卑怯者のそしりを受けようとも それが大国に挟まれた小さな井伊が生き延びる唯一の道かと考えます」


(『真田丸』みたいになってきたね 小国はみなそう翻弄されてきたのか

直虎「よいな 実に但馬らしい」

政次「いずれ武田は今川に牙を向けてくる」


それを和尚に伝えると山伏・常慶を訪れよという
「武田の地に近く、松平にも出入りしている 実家は今川に仕える松下家じゃ」

直虎「『孫子』から気に入った言葉も見つかった 戦わずして敵を屈することこそ最上の勝ち、というものじゃ」

武田に息子を解放するよう書を書く寿桂尼
(すげー、勢力争い話で生き返ってる!

井伊で初めて綿の収穫が行われた


川の中流に瀬戸村があった 一代で財を成した方久は、この地で瀬戸を名乗ったという
ある時から「松井」となる (あら方久さんのルーツ話
松井氏は代々今川家に仕え、松井家は二俣城を守っていた
方久は、井伊家に仕えながら、今川家にも巧みに取り入り、戦国時代を裸一貫でのし上がった

 

 

 



第19回「罪と罰」
甚兵衛らは育てた綿で服を作りたいという

近藤康用(今川の目付)が来て、井伊との境で盗人が出たから責任をとれと迫る


直虎:井伊の者がやったと見せかけて近藤の者では!? と食ってかかる
直之:山狩りをして捕えれば分かること

見に行くと近藤だけではなく、井伊の木も伐られていた

(ん? 杉を伐ったのか? なら許す!

常慶は、あちこち行き来しているためまだつかまらない

種子島がなかなか出来上がらず、怒り心頭の氏真

虎松はすっかり碁の腕を上げる
昊天:勝ちはせぬが、負けはせぬ 面白い打ち方をされております(それこそうってつけ!

傑山とまた山に入る そこに呼子が鳴り、犯人が捕えられそうになるが吹き矢にやられる
捕まったのは龍雲丸!


(龍雲丸は、直虎が領主と知って残念なのでは?

直虎「捕えたのはこちら 処分は井伊にて致したく」

直之「盗人は死罪!」


但馬に報告すると、やはり打ち首

直虎:
では、打ち首にはせぬ 但馬が言う通りにすれば、罠にかかると思わぬか?(上手い!
百叩きにでもすれば井伊には二度と踏み込むまい(それも痛い・・・

なんでも喋ってしまう気弱な奥山から、直虎が賊と知り合いと知る但馬

但馬:
賊を打ち首にせねば、噂が広まりさらに賊が集まる 民もさらわれるやもしれぬ

直虎の「タダ働きさせる」という案に渋々同意する但馬

傑山は龍雲丸に聞かれて直虎が尼で領主のわけを話す

傑山:
直虎さまは生まれてこのかた、お家のためにしか生きておらぬかもしれぬの
しかし、あれは竜宮小僧ゆえ、そのようにしか生きられぬのかも



寿桂尼の文が上手くいかなければ、今川は松平と和睦を結ぶかもしれない
井伊は武田と戦う可能性もある



武田はそもそも上杉と戦うために今川・北条と組んでいた
北条は今川とも結んでいる(ややこしや・・・


但馬は直之に近藤の様子を聞いて、龍雲丸を近藤に引き渡すという

直虎は困って、子どもらに手習いと称して「木を盗んだ者の罰をどうするか?」と聞く(子どもに聞くのはいい考えだ

虎松:木を植えさせるのはどうでしょう?(グッドアイデア! 杉以外で!

直之の話を聞いてしまった弟の直久は、直之が但馬の案を受け入れたことを話し、激怒する直虎




直虎:
戦わぬのが最上と言ったではないか!
これでもわれはおなごでな 血など見飽きておる
生きているだけで血が流れる 他に打つ手があることにわざわざ血を流すことはない
血を流させることを力、強さだと言うなら、なんと愚かで無邪気なことか!


(だからトップは女性のほうがまだマシだ 直虎は領主の前に仏教徒だしね


龍雲丸は奥山を眠らせ、穴を掘って逃げた(今と違ってコンクリじゃないからねえw
龍雲丸は賊の頭なのか

直虎:これではわれが阿呆みたいではないか 今度は情けなどかけぬ!

氏真の妹とは離縁の文が来る
寿桂尼は、松平と手を組むことをすすめる

直虎のもとへ千賀が来て「今、直親の娘と申す者が来ている」と言われる





甲府市は武田氏がおさめた地
 


(あの鳥さんは誰だろう?

 

義信は東光寺に幽閉され、約2年、政治の表舞台からしりぞけられた
 
(素晴らしい庭だなあ




第20回「第三の女」
高瀬と名乗る百姓の娘が“直親の娘”だとやって来る 母の名はユキ 直親が当主だったとも知らない様子

直虎は大ショックを受けるが「聞き間違いかもしれません」と身寄りもないのに帰ろうとする娘に
「しばし井伊の屋敷におってはどうじゃ」と引き留める

たけ:もし子なら夫婦約束した時の子ですよね?
誰も直親から子の話は聞いたことがないという

寺で話を聞いた虎松がしのに話してしまい、高瀬を見に来る
「新野のお屋敷にも顔を出すとよい」
(直虎に同情して、自分の嫉妬心の復讐って、どんだけ執念深い

但馬の耳にも入り、詮議でも話題となる
「真に娘ならば家に入れるべきかと!」と迫る直之と奥山
「武田の里から来たということから、武田の間者では? あの年頃なら十分にはたらける」と但馬


三河・駿河城
敵対する今川から書状が来た 手を結びたいという意向を調べさせる


(久々、阿部ちゃん出てきた まだ一人碁してるw


直虎は和尚に相談 松岡から書状が来て、ユキという女は存在し、2人でいたところを見た者もいるという噂

和尚「真に娘かなど誰にも分からぬのでは?」


直虎は但馬にも相談
「いずれ寝返る手も考えて受け入れる可能性は?」
「間者だと言えば、追い出しても格好はつく」

高瀬は掃除をしながら、直親が子どもの頃、笛で吹いていた曲を歌う
死んだ母がよく歌っていたという

 

直虎「あれは、井伊のために直親が遺してくれた忘れ形見じゃ」

直虎は正式に迎えるため、披露の席を設けると聞き、しのと井戸で会う

直虎:
直親は“はいつくばっても井伊に戻ろうと思った”と言った
熱を出した時も“オレが戻ってこられたのも、おとわのお蔭だ”と
“オレはおとわの人生を奪ったのだと思った”とも言った!

しの:
自分の姿が美しいのを知っておられ、それを自在に使っておられるのではないかと
私がやきもちを焼いた時は“しのの怒る顔が見られてよかった”
“オレはしのに井伊を捧げる”と言いました おのれ~すけこましがっ!



 

(2人で嫉妬の愚痴合戦て/爆
 井戸に向かって「王さまの耳はロバの耳~!」みたいなw

直虎:
仕方がないから育ててやるわ そばにいたかったと思うほど良い女子に育ててやる


直虎:そなたは直親の娘で これからはわれの娘じゃ

高瀬は直虎に謝る

(たしかに目元とか、全体の雰囲気はよく似ているけれども・・・まだ分からないぞ




お披露目の席では、姫が増えたと盛り上がるが、虎松は複雑な顔(この子は本当に上手いなあ
但馬「死ぬる直親 生ける2人(直虎としの)を結ばせるか」

和尚は高瀬に「井戸の中の赤子はなぜ助かったのであろうのう」と聞くと
「ご先祖さまは河三郎だったのでは? おらの村では河三郎という妖かしがいて、水の中でも息ができる」と答えたそう

和尚「わしが思うに、ユキという女はどこかお主に似ておったのではないかのう」


常慶がやっと現れる
 
「これを影で操るのは織田にございます 松平を封じることができる 武田は織田より姫を迎えるそう」

但馬に話す 瀬名への文も断られている
直虎:窮屈じゃの 当主というのは

これでやっと1年が過ぎたのか/驚


今川の耳にも高瀬のことが入る
氏真:縁などあてにならぬ 反故にされれば終わりじゃ わしは武田を海には決して出さぬ 心しておけ!

方久:それがしも種子島を完成させたい

臣下:種子島の商いは、今後、駿府の商人・トモノに引き継いでもらう


(ムロさんショッーーーク!!


木綿の布が出来たと喜ぶ

直虎:方久、これを駿府で売れるか?

方久:
駿府などクソ食らえにございます あんなものは、ドーンの、パーンの、ボーンにございます(ww
あのような商いをしていれば、いずれ先細ります
気賀(キガ)に参りましょう あちらは熱い銭の香りがいたします
これからは気賀の時代にございます


(ものすごいドアップw


気賀は今川が格別に扱っている


方久:今川の領地ではありますが、治めるのは武家ではなく商人です

ここにも龍雲丸がいる




長野の盆地はキレイだなあ!
 

直親が約10年過ごした地 松源寺で暮らしていた 創建したのは松岡城主・貞正 住職は弟の文淑
 



ここで直親は子をもうけたという言い伝えがある
(じゃあ、間者じゃないのか ほんとに、昔の将軍は節操がないのう
 まあ、直虎、但馬との三角関係があったかどうかも分からないことだけれども

 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サイバー攻撃、日本で多発@週刊ニュース深読み ほか

2017-05-22 13:03:54 | テレビ
サイバー攻撃、日本で多発@週刊ニュース深読み

あなたも狙われている!?急増するサイバー攻撃@週刊 ニュース深読み

【ゲイリー・コバックス「オンライン追跡者を“逆に”追跡」】2.3 ON AIR@スーパープレゼンテーション


サイバー攻撃による被害は、現在、150か国、30万件以上に達している
イギリスでは、国営病院のコンピュータシステムがウイルスに感染する事態が起きた

「Wanna Cry」(泣きたいという意味のウイルス)


例:
パソコン内のデータを勝手に暗号化して金銭を要求
マイクロソフト社「WINDOWS」の欠陥をついて入り込む

 

欠陥のあるパソコンをネットにつないでいただけでウイルスが侵入
ウイルスを無差別にばら撒き、セキュリティの甘いパソコンに侵入したと考えられる

専門家:
対策により、12日から始まった『Wanna Cry』の拡散は落ち着いているということだが
同じ攻撃方法を模倣した攻撃も確認されている


<ウイルス侵入防ぐ対策法>

1.ウィンドウズが最新の状態かチェックする
コンパネの「ウィンドウズアップデート」で分かる

 

2.マイクロソフトは、XPなど古いOSにも修正ソフトを出しているので適用する

3.消えたら困るデータは、こまめにバックアップをとる
ウィンドウズには「バックアップの作成」という仕組みがある

 

(「バックアップが設定されていません」て出てきたけど、やり方がわからん
 外付けに必要なのは入れてるけど



闇サイト“ダークウェブ”@あさイチ
専門家ゲスト:土屋大洋さん(慶應義塾大学教授)
リポーター:田中逸人アナウンサー

イスラエルのセキュリティ会社 シャイ・アルベル社長:
 


「ダークウェブ」とは?
違法薬物や、免許証などが不正に取引されている
 

アルベル社長:
世界中のクレジットカード情報を扱っている闇の市場を特別にお見せしましょう
日本のクレジットカードもあります

 

日本のクレカの情報が8ドル(約1000円)で売られている



日本がターゲットのブームになっている

アルベル社長:
3ヶ月前に、膨大な日本のカード情報を見つけました
26万6000件のクレジットカードが売りに出されていた

つまり、20万件以上のカード情報が、すでに売られたことになる

はっきりした理由は分からないが、日本での情報流出はどんどん増えている
トレンドとして増加の一途であることを強く認識する必要がある
(金のニオイのするところにミツバチが集まるのでは?


注意:
「ダークウェブ」は、特殊な方法でしか見られない
一般人は見られないし、見れたとしても逆に情報が抜き取られる危険性があるので注意



個人情報の流出はどこから?


例:Bリーグでの被害額は600万円
 

被害に遭った女性(45歳)を取材:
ある時、突然、クレジットカードが使えなくなった

カード会社に問い合わせると
「深夜にオンラインで買い物をされていますか?
 4万円、3日後くらいに7万円の買い物をしています」

と身に覚えのないことを言われて驚いた

カード会社は、使い方がおかしいと判断し、一時的にカードの利用を停止していた

その後、スマホにBリーグからのメールが来た

 


報流出のからくり


1.ネットで買い物をする際、個人情報を登録する

2.個人情報は、ショップのコンピュータに保存される

3.同じソフトウェアがあらゆる所で使われていた→無料で、使い勝手がよいため、世界中に普及している

4.3月、ソフトウェアに欠陥が見つかった

5.「早く対策を!」とネットで呼びかけたため、闇サイト側もそれを見て、対策を打たれる前に情報を抜き取った


なぜ防げない?
ソフトウェアを作っている会社でも把握できない「脆弱性」がある
対策をとっても、新しい手法がどんどん考えられているので、気づいた時にはもう遅い
100%完全に安全なソフトウェアはない、という認識をもつこと


「オープンソース」
情報開示しているため、みんな安心して使えるメリットがある
これを閉じても、やはり100%安全ではない


なぜ日本が狙われている?
これまで日本のセキュリティは安全だといわれていた 理由は、日本語の壁があったから
今では、翻訳ツールが高性能になり、日本人が協力している可能性もある


個人でできる対策

「考えて使う」
100%の安全はないという認識をもつこと
「https」の“s”はセキュリティの意味 暗号化している
これがあるかチェックすることもひとつの手

(知らなかった! なるほど“s”がついてるアドレスある!


「明細をこまめにチェック」
カードを使ったら、明細と合っているか、毎月チェックする
早く気づいて、カード会社に問い合わせることができる
時間が経つほど調べづらくなる


「通知サービスを利用」




<FAX>



専門家:他にも大勢の被害者がいれば救済されることも多いが、1人だけだと難しいので、早く連絡すること




専門家:
ネットショッピングの登録には捨てアドがおすすめ
会社、自宅、スマホのアドレスは使わないようにする





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

topics~誰でも使えるムロツヨシからの結婚お祝いVTR ほか

2017-05-22 12:37:08 | 日記
誰でも使えるムロツヨシからの結婚お祝いVTR

すごい適当/爆 ご馳走食べに来た他人みたいな

NHK1.5chなんてのもあるんだ/驚

『LIFE!』次回放送日決定!祝×5000
6月16日(金) 夜10:00~10:48

その前に『LIFE!が見たくなるSP』6/3 23:25~


バナナの仕入れ値が上がる@ZIP!


スーパー果物担当:(仕入れ値は)2、3年前の倍です

日本で売られているバナナの90%はフィリピンから輸入している
干ばつ+中国での需要が増えたのが原因ではと言われる



そんな中、品種改良された国産バナナ「岡山県産 もんげーバナナ」が注目されている
皮が薄くてカンタンに縦に割れ、皮ごと食べられるのが特徴/驚
しっとりと柔らかい皮と、粘り気のある甘い実

 

 



朝ドラでも、澄子が病院でバナナを食べていて、当時は病人しか食べられないほど貴重な高級品だったのが
今じゃ年中安く手に入るのが当たり前になった

その裏には、大国による大規模な森林伐採をして造られたプランテーション、
児童労働で安く大量に作られている背景があることを知らなければならない


なくならない飲酒運転 お酒を飲んだ後、アルコールが抜けるまでの時間は?


例1:ビール 中ジョッキ1杯には、約20gのアルコールが含まれる


教授:
20gのアルコールは、抜けるまで3時間かかると言われている
翌日の朝まで残っている人は相当いる
(個人差、その日の体調等によっても変わる

例2:日本酒 1合には、約20gのアルコールが含まれる


例2:様々なお酒を飲み合わせると?


教授:
たとえば夜7時から飲み始めたとしたら、翌日の昼1時まではアルコールが残る
日本酒3合以上飲んだ時は、翌日朝まで残っていると思ったほうがいいので
朝早い時間は運転できない

一般の人が思っているより、アルコールというのは残っている
その状態でクルマを運転するのは非常に危険なのでやめてほしい



受動禁煙めぐり厚労省vs自民党で攻防

厚労省は、2020年の東京オリンピックも見据えて、対策を徹底したい考え

喫煙OKのバーのマスターは「吸えなくすると、客足が遠のいてしまうのが心配」

『方舟』の店長は
「客に“全面禁煙になった”と言うと“良かった”という声をいただいている
 売り上げも、禁煙にしてから、先月(3月)は去年より少し上がっている」



電車内で痴漢を指摘されて逃走する人が増えている理由
 

<街の男性の声>

20代学生「とりあえず、その場から立ち去ろうとしますね」

20代学生「とどまっちゃいけないとネットに書いてあった そういう意見が多い」



「逃げたほうが勝ちだという雰囲気ができてしまっている
 刑事訴訟法では、“逃げる”という行為自体が、犯罪を犯したと推定されてしまうので
 やっていないのなら、絶対に逃げてはいけない


ポイント1:その場に留まること→時間が経つほど証拠集めが難しくなるため

弁護士:現場から離れることによって、証拠がなくなってしまいます

ポイント2:目撃者を募る

弁護士:
たとえば「片手にスマホを持っていて、片手はつり革につかまっていた」
という証言がとれれば、無実が証明される可能性がある

ポイント3:相手の会話を録音する


弁護士:
被害者がどういうことを最初に話したかがかなり重要になる
「今後のために録音させてください」とスマホで録音してください

その場で「証拠」を集めることが重要



この時期に増える山火事@あさイチ
乾燥+強風も影響して、広範囲に燃え広がるのが特徴
最悪の場合、近隣の住宅を巻き込んで、死傷者が大勢出る事件となってしまう

出火原因はヒトの不注意が99%
 


花火:山林に飛んでいき、火種となるケース
線香:火をつけた新聞紙が風で飛ばされて燃えうつるケース

2014年5月 兵庫県の大規模な山火事

東京ドーム15個分を燃やした 原因は、バーベキューの火の後始末

<バーベキューを安全に楽しむために>

終わった後の、まだ熱い炭をそのまま捨てていく人が多い


水を上からかけただけでは火種はまだ残っているので注意
その後、3分ほどで水をかける前に戻ってしまった

 

バケツの水に1個ずつ入れて、20秒ほどつける
「ジュー」という音が完全に消えたらOK

専門家:
炭はすごい熱量を持っているので、非常に危険だということを知ってほしい
一番大事なことは確実に消すこと

「火消しつぼ」
 

昔、囲炉裏のそばには必ずあった
フタをして空気を遮断することで炭の火が消える仕組み
中の炭はふたたび使えるから便利

専門家:
もし山火事を起こしてしまったら「刑事責任」にとわれることもある
山林の持ち主との賠償は「民事」となる


<FAX>



専門家:炭は土には還らない 上にあるものに燃えうつる可能性もある



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レオナルド・ダ・ヴィンチ 幻の戦争画大作@日曜美術館

2017-05-21 12:09:13 | アート&イベント
レオナルド・ダ・ヴィンチ 幻の戦争画大作@日曜美術館

出演:
樺山紘一さん(歴史学者 印刷博物館館長)
アレッサンドロ・ヴェッツォージさん(レオナルド・ダ・ヴィンチ理想博物館館長)
ジョヴァンニ・チプリアーニさん(フィレンツェ大学歴史学教授)等

 

「アンギアーリの戦い」(軍旗争奪場面)の下絵ではないかと言われる絵を見るために
世界中から多くの研究者たちが、フィレンツェに集まった。


レオナルドが壁画に取り組んだのは1503年
完成することなく消えた名作 いつ、どう描かれたのか調査が進められた

フィレンツェ国立修復研究所所長マルコさん:
調査の結果、技法や材料は16C前半に使われていたものに適合すると分かった

度重なる修復で、オリジナル箇所がいくつも削られている
直筆かどうかの結論も出なかった


アレッサンドロ・ヴェッツォージさん(レオナルド・ダ・ヴィンチ理想博物館館長):
この絵は謎を秘めていて、「アンギアーリの戦い」のもっとも重要な絵画的証拠でしょう

東京富士美術館で展示されたのか/驚 日本初公開



ルネサンスの都・フィレンツェ
 

市の庁舎ヴェッキオ宮殿では、政治や行政が行われてきた
この大広間の壁に描かれるはずだったのが大作「アンギアーリの戦い」



今は別の画家の戦争画が描かれている




1500年 50歳近くになったレオナルドがフィレンツェに戻った
「最後の晩餐」で高い名声を得て、円熟期を迎えていた

メディチ家は追放され、市民たちによる民主的な国造りを目指していた
議長に就任したピエロは、ヴェッキオ宮殿に民主的国家の象徴としての壁画をレオナルドに依頼した



テーマは約60年前、宿敵ミラノに勝利した「アンギアーリの戦い」
その横に発注したのは、当時注目された若手芸術家ミケランジェロ(28歳)
ライバル心を燃やした2人の天才の対決は大きな話題となった



レオナルドは教会の間で下絵を始めた 戦争画の大作は初めての挑戦


半年経っても作業は進まず、業を煮やした共和国政府が督促状を出した
「月々の報酬を支払っているのに、なぜ絵が完成しないのか?」催促と期限が言い渡された

さまざまな素描が残っている中、軍旗をめぐって両軍が争う場面もある
 

レオナルドの手記より
敗れた者の顔は青白く、悲痛なシワが寄せられている
号泣まじりの声をあげているような口



敵に武器を奪われながら、歯と爪で激しい復讐を試みる者も見えて差し支えない
死んだ馬の前には、多数の死体が累々と覆い重なって見えたに違いない




アレッサンドロ:
レオナルドは、戦争、戦闘に明確なコンセプトを持っていた
獣のような狂気 怒りの感情を大画面にぶつけた
フィレンツェ軍の勝利の様子ではなく、敗北者の憤怒に焦点を当てている



素描をもとに壁画の構造を考えてみる


戦争のむごたらしさを徹底的に表現しようとしていたレオナルドに対して
横に並ぶミケランジェロは何を描こうとしていたのか

「カッシナの戦い」


ピサとフィレンツェの戦いをテーマにした絵だが、
突然の敵の襲来に、水浴びしていた裸の兵士らが慌てふためく様を描こうとした
筋肉の動きが見事に表現されている



上に描かれているのは、レオナルドの描いた軍旗争奪のよう
その下に「カッシナの戦い」が描かれ、2つの絵が並んだ様を想像していたよう
尊敬する先輩の絵とかぶることを避けるためか、ライバルへの挑戦か?

専門家:
2人は事実ライバルでした 生い立ちも違い、絵のスタイルも性格も違っていた
レオナルドはミケランジェロに一目置いていた
もし、2人の絵が並んでいれば、「世界の学校」と言える





当時のイタリアの政情


ゲスト樺山紘一さん(歴史学者 印刷博物館館長):
15~16Cのイタリアは大変、政治的に混迷状態にあった
1つ1つの国が都市国家をつくり、軍備を持っていた

「アンギアーリの戦い」は1940年に起きたと考えられていた

1502年 レオナルドはチェーザレの下で軍事技士として働いていた
チェーザレは、野心に満ちた若き指導者 勇猛な戦いぶりで支配していた



彼はレオナルドを信頼に武器の設計を任せ、常に行動を共にしていた
この時、レオナルドは戦争の現実を目の当たりにしていた


ジョヴァンニ・チプリアーニさん(フィレンツェ大学歴史学教授):

レオナルドは戦争の道具に関して深い経験があった
兵士ではなく参謀として、戦いの作戦などを研究した
知能はずば抜け、しかも画家なので合戦の模様を詳細に想像でき
もっとも効果的な方法で表現した





実際の戦いにはどんな物語があったのか?

舞台となったアンギアーリの街
石造りの壁は中世の面影を残す この平原が戦場となった


戦いのジオラマ
 

その名を轟かせたニッコロ(赤い帽子の男性)は2000人の兵を従えた


両軍の一進一退の攻防が続いた後、連合軍が優勢となり、
散り散りとなったミラノ軍は次々と殺された



絵には激しく叫ぶニッコロ、その下には軍旗を守ろうとする息子、追撃する敵兵
ぶつかり合う馬などで激しさを特徴
特徴はニッコロを中心に描いていること


ジョヴァンニ:
ニッコロが負けたことは、政治的に大きな重みをもつ
フィレンツェは、ミラノ軍に勝っただけではなく、当時一番有名な指揮官を負かしたのが重要なポイント
宿敵を倒した歴史的叙事詩となるため


敵将を主人公にした戦争画はかつてなかった



以前の「アンギアーリの戦い」の絵


ここにも軍旗争奪の場面があるが祭りのような華やかさ
これまでは様式的、装飾的なものが多かった

 

対してレオナルドのリアルな戦争画は、ルネサンスという新しい幕開けになるはずだった


樺山:
これまでは互いの騎士が整列して戦う形式だったので、ほんわかとした雰囲気
レオナルドはもともと軍事技術家として思われていた
激しい殺し合いとして描かれていて、現実感が違う



人体解剖
「アンギアーリの戦い」を描いていた頃、レオナルドが夜毎通っていたのは病院の地下室
ここで人体解剖をしていた



人はどのように手足を動かせるのか、徹底的に見つめた
 


『絵画論』より解剖の必要性についての記述
裸体の人々の身ぶりを上手に描くためには、腱、筋肉、骨の構造を知るための解剖が画家には必要
いかなる筋肉などが運動の原因になっているのか、大きな動きを知るためだ

「最後の晩餐」の際も、街のさまざまな人間の表情をスケッチしている
老人と若者の顔の違い、個性的な顔の違い、表情を徹底的に観察、分析している







「最後の晩餐」は新しい実験だった
「アンギアーリの戦い」同様、登場人物の心の一瞬の動きを的確に、演劇的手法で描くよう試みている
キリストの発した言葉に、それぞれが様々な表情をする様子を見事に描いた

 

手記:
人物画は一瞬にして、その人が何を考え、何を言っているか分かるよう、
それぞれの働きにピッタリした動作をもつべきである


ドメニコ:

レオナルドは表情筋の解剖まで行った(それは死体で?
怒り、痛みの筋肉、これらが感情表現を作り出す


「アンギアーリの戦い」下絵では、ミラノ軍は激しく乱れた表情をしている一方、
フィレンツェ軍は勇猛果敢で有名で、感情が乱れることはなく統率されている
人相学、解剖学の研究によって、感情や動きがリアルに表現された



水の研究


同じ頃、レオナルドは、フィレンツェ近郊の地形を調査し、水の研究もしていた
アルノ川の流れを変えて、敵を混乱させる戦略のため(真田軍みたい

 

洪水の多いフィレンツェでは、怒濤のような水の流れを何度も見て、素描に描いている
ヒトの感情の高まりと共通点があると考えた

レオナルドにとって、水は命のエネルギーと重なっていた
水の渦はどうできるのか 「アンギアーリの戦い」の力を遮るシーンにも用いられ、渦のような表現となっている
レオナルドは、自然のあらゆる現象の中に、関連性、類似性を見つけ、絵に取り入れた



3Dによる研究
「アンギアーリの戦い」にはどのような動きが隠されているのか、3Dがつくられた


研究員:
旗竿を捻って、竿がテコになって、フィレンツェ軍の騎士のたちを馬から落とそうとしているのが分かる


棒を持った絵にも、川を飛び越える映像をつけてみた(3Dすげえ
素描を丹念に観ていくと、人間のいろんな動きの要素があり、感動的でした

 





東京藝術大学では、立体復元を試みた(さすがに上手い!
立体化することで、よりレオナルドの製作意図が正確になったという

 

 

 

北郷さん:

視点が増えるので全体像が見えてくる 絵は瞬間を切り取っていて、時間の前後関係を表現している
写真を切りとったのではなく、時間の流れを伝えようとしているのではないかと思う

さらに上から見ると、馬が右から左に回転するような動きが見える 水が渦巻く動きと似ている


動きへのこだわりは素描にも表れていて、試行錯誤がうかがえる



樺山:
たぶん、作品のために何十枚と素描を描いたと思われる
人間の動き、それが作品にどう表せるかを考えていたのでは

人体、自然、あらゆるものが動いていく 瞬間、瞬間を描きとめていく
画家としても、科学者としても、これが本来の任務だと考えたのでは



●「アンギアーリの戦い」に取り組んだのは「モナ・リザ」と同じ時期 画家としての円熟期
「モナ・リザ」を描くとともに、20mもの戦争画を描こうとしていた
レオナルドは静と動、2つの異なる世界に挑戦していた



「アンギアーリの戦い」が未完に終わった謎


レオナルド「マドリッド手稿」より:
私が最初のひと筆をおろそうとした時、天候が悪くなった
画稿が壊れ、水甕が壊れた 夕方まで土砂降りの雨が降り、夜のように暗かった



もう1つの理由:技法の失敗

バルビさんは技法の失敗を再現


古代ローマの技法を参考にした油彩技法で、カンタンに剥がれ落ちないよう工夫したやり方
絵の具を壁の漆喰にしみこませるため、火を入れた桶で焙っていた時、絵の具が流れ出した
(これは偶然ではないのでは? 敢えて未完の大作にさせて後世の人々にメッセージとなったのか

バルビ:
塗った絵の具の量が、漆喰に染み込む量の限界を超えるほど多かったから、熱により余分な絵の具が溶け出した

 



レオナルドの戦争画への試みは、後の画家に影響を与えた
 
ザッキアの模写はもっとも古いと言われる 甲冑、武器が詳細に描かれている

ラファエロは、下絵を観にわざわざフィレンツェまで来た
 


レオナルドが壁画制作を断念してから約50年後
ジョルジョが描いた戦争画にもどこかレオナルドの絵を彷彿とさせる場面もある
ジョルジョは、レオナルドの壁画について、“驚くほどの熟慮と、卓越さに富んでいる”と絶賛



レオナルドの挑戦は、後世の画家にとって貴重な美の遺産となった



井浦:

もし、という世界はないですが、もしも、「アンギアーリの戦い」が完成して、
ミケランジェロと並んでいたら・・・
(ミケランジェロはどうして止めたの? レオナルドが描けなかったから共倒れ?

樺山:
想像すると身震いがしますね
レオナルドは、絵画だけでなくほんとに謎の多い芸術家
今回、今作の謎が解けたら、あちこちの謎も解けるのではと考えました

井浦:研究、実験には終わりがないですね

樺山:
レオナルドがかけた謎というのは、ほとんどまだ解けていないのかもしれないので
天才とはそういう人のことを言うのかもしれないなという気がしてならない



レオナルドが生まれたヴィンチ村
 

旺盛な好奇心は、この豊かな自然の中で育まれた
(まだまだ地球上には、こんなに素晴らしい自然風景があるんだなあ これをずっと守らないと

レオナルドは、人間を見つめ、自然の本質を探ろうとして
ミラノ、ローマ、フランスに旅をつづけ、67歳の生涯を閉じた



コメント
この記事をはてなブックマークに追加