メランコリア

メランコリアの国にようこそ。
ここにあるのはわたしの心象スケッチです。

君はなにがしたい?

2004-03-20 13:28:45 | lyrics
今日が本当に24日かどうか自信がない
ここのところずっとそんな風なので
まったくボンヤリしているようだ

スティーヴン・キングの「skeleton crew」を2編ばかり読んで
ひたすら意識下と無意識下の間を
ユラユラいったりきたりしている


ただひとつ思うのは
なにもはじめる前から
逃げるような失態だけはしまいということだ

実際、今、私が何をしているのかも
よく分かっていない状態だけど

友人からの手紙の一通でも届けば
気分もすっかり変わるだろうに
そんな気配もない


やらなくてはならないことが山積みになって
なんとか期限内に私の手が回ってくることを
切望しているのに、そんな気も起こらない

その気になれば手を貸してくれそうな
2、3の顔も浮かんではくるが
助けを求めようともしない


今は一体なにがしたいか?
君はなにがしたいかね?

そういってるあんたは誰だい?
一体どこから入ってこれたんだい?

裏の戸口が開いていたから、そこだろう
そこから勝手に猫みたいにして
忍び込んできたんだろう?


君は今何が欲しいかい?
一体何が食べたいかい?

なんでも言ってごらん
わたしなら何でももっているよ

ホラ

この手の中にはなんだってある

言ってごらん

言うだけでいい

そしたら、すぐに君の目の前でだしてあげるよ

すぐにね
すぐだ

もうすぐ生まれるよ
新しいなにかが



人間はどこまで意識的に生きられるだろう
その意味は?
誰のために?

自分を生んで、育ててくれたひとのために?
私を愛してくれる人のために?
けれども私に愛される資格があるだろうか?

こんなに無能で
愚鈍で
醜悪で
無愛想な生き物なのに

誰かに大切にされる価値などあるのかしら?
誰かを好きになったり、
想ったりする価値が?

期待されて
働いて
生き長らえる価値はあるかしら?


わたしは今、
この一瞬だけ
平和で安全なテリトリーの中にいる

信じがたいほど
自分と
現実と
時間と
空間を意識しながら


期限はあとたったの1日で
たぶんきっと明日も
今日とまったく同じで

もし誰かがこっそり
明日と今日を並べかえても
誰も気づきはしないだろう

かろうじて外の世界のことを
考えずに済んでいる


ここには、私ひとりで
清潔で
静かで
自由で

つくられた言葉も
つくられた笑顔もなく

辛うじて
責められることも
痛みもなく
試されもせず
進歩も後退もなく

ただ悲しい時間のみが

午下がりの
曖昧だけれども
刻々と流れる
時間だけを
感じている


私はもう大人なのだから
いつのまにやら
そんな責任を負っているのだから

私には自己を証明するものがない
あとは自分で自分を証明するしかない




すごい意識下だ

脳内に流れる
何百万、何千万本もの血管を流れる
血液の音が聴こえる

今ならなんでも考えられそうでいて
実はなにも考えられない


真正面に自分がいる
今までこんなに近くにいる人間を
見たことがあるだろうか?

あんまり近くに感じたので
思わず吐きそうになった

その目の前にいる奴はこっちを見ている
じいっと一心に見つめている

危機がせまってくる
絶対絶命の危機だ


これは夢だろうか?
現実だろうか?
ほかには誰もいない


期限はあと6日

それでも7日目からやらねばならないこと
やり続けなければならないことのほうが
数倍、数十倍も増えるものだから

それに比べれば
この期限内のやらねばならないことなど
取るに足らぬことかもしれない


そうだ
やり続けなければならない

ほかの人もそうしてきたし
そうするつもりなのだから

途中で休んだりできないのだから
義務で
取り引きなのだから



できればわたしは一日中泣いていたい


猫の死体にたかるハエのように
羽を小刻みに震わせながら
体中で鳴きながら過ごしたい


人はどこまで意識的に生きられるだろうか?







1991.3.24記

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

I was following her steps

2004-03-19 21:02:56 | lyrics
僕は彼女の足跡たどっていった

もう何十年も経って
その上には数々の別の足跡が重なり

その中には
僕のものらしき足跡もあった

とにかく唯一の道しるべである足跡を
狂気じみた人々の合い間をくぐって

ヘドと
吸殻の吐き散らされた路上をずっと


明日、
僕は僕自身の足跡をたどる

それははるか黄土色の過去へと
通じていた






1991記


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

満月は走る

2004-03-18 16:04:37 | lyrics
満月は走る
ひと足でもはやく安らかな眠りを届けたいと

太陽は走る
ひと足でもはやく明るく照らして育みたいと

こうして二人していっそう賭けるものだから
一日はぐんぐんぐんぐん過ぎてゆく

わたしたちは星に必死にしがみつき
振り落とされないように浮遊している

魂たちは地上10ミリほど浮かんで
自由に遊んでいる

満月と太陽は
それを一瞬も見逃さない

すべてのいのちが
すべからく等しく
自由に遊んでいるのを見ながら
わらっている

ちょっとここに来て
いっしょにお茶を飲もうか

そんなに一生懸命走るかれらに
ひと言、ありがとう
と言ってあげたいから







2016.7.18


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メディア

2004-03-17 12:29:43 | lyrics
メディアは日々私たちを飽きさせないよう
洪水のようにエンタテイメントを用意してくれるけれども
私たちは日々、絶望を隠して笑いながら生きている

この世は、波乗りの上手い連中には都合よくできているが
エンタテイナーですらとびきりの寂しがり屋たちばかり
たった一瞬の注目を集めるために 血の汗を飛ばしている


つくられた食べ物に
もう愛情がこもっていないのは昔から知っている
もとから持ち合わせていないものを 与えるのは難しい


受けとれる人と 受けとれない人がいる
気づく人と 気づかない人がいる

毎日不平を漏らす人たちと
バカみたいに笑っていられる人たち



私たちは ほんとうの天上を見たことがあるんだ
いや、もう何万回、何億回も見てきた

そして もう一度生まれた時には
すべて忘れてしまう
宇宙最大の秘密によって
また最初から学び直し

それでもその記憶の片鱗は
カラダの底で覚えているはずなんだ

でも

喜びと、苦しみを差し出されると
喜んで苦しみを受け取ってしまう人がいる

「これこそが本物なんだ」
て泥だんごをもらって喜んでいる

なぜみんな忘れてしまったんだろう

あの、なんの枷もなく

なんの柵もなく

果てしなく自由で

すべからく健康で、

自然ばかりの 天上の世界を

それはときどき
日常の中で見ることができる


朝、競って鳴く鳥たちの声

赤んぼうの真剣なまなざし やわらかな手あし

道端の名もない草花

けしてブランドのバッグや革靴ではないし

高層のコンクリートマンションでもない




ねえ、覚えてる?






2014.7.11


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

限界

2004-03-16 17:01:15 | lyrics
そこに限界がある
そして限界を超えようとする人間がいる

私にできないことはたくさんあっても
人間にできないことはなにもない

そこに夢がある
そして夢をつかもうとする人間がいる

最大の幸福が目の前に転がっていることには
だれも気づかずに


そこに私がいる

そして私を演じている

だれかがいる






1991.9.11記


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

summer 1991

2004-03-16 13:33:47 | lyrics
なつ
そとはなつです

あつい
ここはとてもむします

かです
あしがかゆい
はらにいっぱいちをのんで

かぜ
かわいたかぜがふいています
プール開きです

友人
わたしを愛してくれた同級生です

えがお
陽のひかりにあたたまるまるいえがお

のど
のどがひりひりする
かぜです

てがみ
てがみが書きたいです
ワープロですみません

おとな
わたしはおとなです
大きくなった人間です




1991記

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地下

2004-03-15 14:37:54 | lyrics
わたしたちは
穏やかな夢をかじりながら
地下で暮らしている

全力で走り
洞穴からのぞく
わずかな陽の光を横目に
猛烈に地下を移動する
いきものである

ときどき寄ってくる
こどもや老人が
わたしの手や足にからみついて
歩くたびにズルズルと
ひきずらなければならない

けれども

すこうしもれて差し込む
ゆったりとしてあたたかな
陽の光を横目に

わたしたちは
地下で一生を過ごす
いきものである





1991.4.23記

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無言の世界

2004-03-14 13:21:17 | lyrics
ひとのささやきやつくり話に耳を傾けよう

ひとつひとつの言葉のもつ

無意味な響きに気をつけよう

はるかかなたから

永劫につづく

無言の世界が駆けて来る!







1991記


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全てに

2004-03-13 15:53:00 | lyrics
すこしの愛があれば生きていける

けれども

おおきな愛でなければ
生きつづけることはできない


「君はいったい何に絶望しているのかね」
「全てに」

「君にはあの遠くの波が見えるかい。
 君には見えているようで、
 ほんとうは何も見えてはいないのだよ」


「君は挫折したことがあるかい」
「全てに」

「君はいろんなことを喋ってはいるけれど
 本当は何も言わないのとかわりないのさ。
 なぜって、僕たちは悪戯につくられた粘土細工なのだから」


すべて一瞬のうちに消えてなくなれ

疲れた顔も
絶望した顔も、
迷った顔も、
途方に暮れた顔も、
みんな燃えてしまえ

現実や時間がわたしに優しかったことが一度でもあったろうか?

ああ、けれども

坂ののぼりおりも
ほんとうの真実に近づく道であるなら

立ち止まったりせずに
進みつづけるだろうに









1991記


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

発車

2004-03-12 15:23:01 | lyrics
まもなく4番線から特急あさま12号上野行きが発車します。
ご乗車の方は乗り遅れのないようお急ぎください。

この模様はライヴでみなさまにお届けいたします。


♪ポンポロロンロンロン ポンポロロンロンロン


今画面右側に見えておりますのは、私の故郷でございます。
電車からのぞむ長野の山々はまったく壮観ですな。
私の横がずっと空いたままならいいのに。

赤い断面をさらした山肌の上を鷲が一羽飛んでゆきます。
トンネルを抜けます。


あの空はパノラマかしら?
ここはモネの田園風景の中かしら?
何十kmにもわたってのびる裾野の麓に
一体何があるかしら?

蜂の群れる野原?
魔女の怪しい国会議事堂?
それとも、もうどこかの政治家の家が建てているかしら。
私の隣りはまだ空いている。


ここはもう軽井沢です。
車両連結のため3~4分ほどお待ち下さい。

プルルルルルルーーーーー!!


青緑色の橋の欄干
刈られたばかりの稲穂の束が乾いていく
ベンチに座ってひなたぼっこ
黒くて小さな羽虫
お弁当をあけた醤油のにおい


行くぞ 行くぞ
はやいぞ はやいぞ
僕は冷たい風をきって走る
あたたかな特急号!


私はあなたのための他人
私はあなたが呼んだエキストラ

私の前世はなんだったろう?

私に前などなく
私が前になる
私が始まりをつくりだす

無言は囁き
出逢えて終われるなら最高だろう
髪はふり乱したままで








1990.10.26記


コメント
この記事をはてなブックマークに追加