朝明けに

聖書のことばから、うれしい一日一日の糧を!

神が住まわれる、神のからだとしてくださり

2017-07-13 08:53:00 | 聖書から
ソロモンは神殿を献堂して言った。
「神は果たして地上にお住まいになるでしょうか。」列王記上8:27

いまだかって、神を見た者はいない。
父のふところにいる独り子である神、
この方が神を示されたのである。ヨハネ1:18

 Ⅰコリント12:19~26
 使徒16:25~40(通読箇所)
  (ローズンゲン日々の聖句7/13;木)

 ソロモンの栄華と言われる、栄華を極めるそのソロモンが建てた神殿についてさえも、
ソロモンは、「天の神、主、『わたしはあるという者』と名乗られる方をお入れすることはできません」と言うのですね。
天は、天の神、主の王座、地は足台だと仰られる方ですから。

 私たち人間は、神をあれこれ考えますが、しかしそれらは、私たち人間の想像、推論あって、必ずしも、神の実態ではないようです。

 使徒ヨハネは言います。
「いまだかって、神を見た者はいない。
父のふところにおられる独り子である神、
この方が神を示されたのである」と。

 独り子である神、「神のことば」の立場におられる方、その方が人となってこの人の世に来られた。
この方によって私たちは神を体験することになるのだそうです。

 そして、このイエスが受けられた十字架刑での処刑に合わせていただいて、
「神のひとりのようになり、善悪を知る者」になっている、自分の〔生まれた時からの私〕という霊を、処刑済みのもの、死んだものとしていただき、
三日目に死人の中より新しい霊のからだに復活し、天に帰り、〔父である神〕の右の座に帰られたイエスが派遣してくださるもう一人の助け主、
〔聖である霊〕と呼ばれる方をお迎えする者は、
神が内に住まわれるところ、神の神殿としていただけるのだそうです。

 そして、この方によって〔父である神〕が私たち一人一人に思っておられる御思いを心に置いていただき、〔父である神〕と思いを一つにして生きる者は、
神の〔からだ〕と呼ばれ、
〔父である神〕が思われるように生きる者にしていただけるのだそうです。

 ちょうど、ある人とそのからだの関係、
からだ、その肢体、手足が、その人の思うように動くように(Ⅰコリント12:19~26)。

 私たち一人一人を、神が住まわれる神殿としてくださり、
神のからだの一部、肢体として、御思いを実現していく者にしてくださるのだそうです。
ピリピでのパウロとシラスのように(使徒16:25~40)。
今日も。
イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]

[269RANKのランキングサイト]

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 御国を受け継ぐことの保証と... | トップ | 慈しみとまことは、互いに出... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。