牛込・神楽坂 酒問屋 升本総本店の別館「涵清閣」 主人が語る

三世紀に亘り問屋を営む升本総本店の徒然を毎日更新!!商品情報からビアガーデン・試飲等イベント情報、酒文化経済・書評等々!

桜にビール、松に酒。

2017-04-05 12:40:21 | 酒の情報(酒エトセトラ)
                           
                           【公式HPはこちら↑】




お花見シーズン突入、ということで、ニュースなどでもお花見(の宴会)の様子などが報道されています。


犬が人を噛んでもニュースにはならないけど、人が犬を噛んだらニュース、というメディアですから、お花見ネタも「どれだけ前から場所取りに来ている」とか「宴の後の酔っ払いとゴミの山」などが重点的に報じられていますが、そんな中、コメンテーターの人がこんなことを言っていました。




残ったビールを根元に捨てたりすると桜が弱るので止めましょう。





それを聞いて思い出したのが、以前書いた、こんな記事



彦根城の松並木「いろは松」に活力剤として酒の搾り袋の洗い汁を散布した、というお話。

記事そのものは7年前の2010年ですが、ネット上のニュースを検索すると、昨年もやられているようです。


これがその様子


以前の記事にも書きましたように、酒の搾り袋の洗い汁には酒粕が溶けており、微生物などの働きで木が元気になるとのことです。

思い出した瞬間は「酒粕を撒いた」と思っていましたが、酒の搾り袋の洗い汁なんですね。


ちなみに、読み直してみると、こんなことも書いていました。


散布された洗い汁は約1200リットル、豊郷町の蔵元「岡村本家」が提供、辺りにはほのかに酒の香りが漂ったそうです。


おやおや、金亀の岡村本家さん、ではないですか。

分かる人には分かる話ですが、ご縁ですね。


ちなみに、彦根の観光協会のページによれば、この散布は昭和33年より実施しているそうです。

ここまで続いているということは、結果が出ている、ということですね。




★★お酒に関する諸事万端のご相談を承っております(商品企画/情報提供/寄稿等)★★

★★★★酒・ブログランキングにエントリーしています★★★★
応援何卒よろしくお願い致します

応援のクリックを↑↑↑↑↑

【アルバイト・契約社員募集中!】
(1)飲食部門(フロアスタッフ兼新規開店企画)
(2)酒類営業部門(倉庫管理兼営業企画)
(3)酒類営業部門(通販管理)
日時・時間はご相談。正社員登用もあり。男女問いません。詳細は当社HPまで。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天明年間、古酒の配合比率は... | トップ | 回文ではありません。米から... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。