牛込・神楽坂 酒問屋 升本総本店の別館「涵清閣」 主人が語る

三世紀に亘り問屋を営む升本総本店の徒然を毎日更新!!商品情報からビアガーデン・試飲等イベント情報、酒文化経済・書評等々!

師走だ!第九だ!黄金のワインだ!

2016-12-03 12:15:54 | 酒の本棚(書評?)
                           
                           【公式HPはこちら↑】



目覚まし代わりにかけているラジオ。


12月だからでしょうか。今朝はベートーヴェンの第九(の四楽章)が流れてきました。


夢うつつで聞いていると、むしろ歌詞(ことば)に注意が行くものですね。


第九の歌詞はシラーの「歓喜に寄す」による、というのは知っていますが、実際の内容は「人類みな兄弟」的な部分しか知らないし、もちろんドイツ語はわからないので、どんな歌詞なのかGoogleで検索したら、、、、、


フろイデ シェーネる ゲッテるフンケン トホテる アウス エリーズィウム
ヴィーる べトれーテン フォイエるトゥるンケン ヒムリッシェ ダイン ハイリヒトゥム
ダイネ ツァウベる ビンデン ヴィーデる ヴァス ディー モーデ シュトれング ゲタイルト
アーレ メンシェン ヴェーるデン ブリューデる ヴォー ダイン ザンフテる フリューゲル ヴァイルト
ヤー ヴェーる アオホ ヌーる アイネ ゼーレ ザイン ネント アウフ デム エーるデンるント


何と!歌詞と言ってもカタカタの読み方が出てきてしまいました。


違うんだよなぁ、と調べ直して、訳詞を見ていたのですが、元々のシラーの詩にこんな一節が。




重い苦悩には不屈の勇気を
無実のものが泣いているところには救いを
固い誓いには永遠を
友にも敵にも真実を
(中略)
偽りのやからには没落を!

神聖なる環をより固く閉じよ
 この黄金のワインにかけて誓え
誓約に忠実であることを
 これをあの星空の審判者にかけて誓え!



「黄金のワイン(golden Wein)」というのが出てきています。


ワインの「色」についてはワイン部がらみで以前も書きましたが、これって、特殊なワインなのでしょうか?

強いて言えば、貴腐ワイン-ドイツにもアイスヴァインというのがありますね-のトロッとした金色などは、まさに「黄金のワイン」という気もしますが、そんなに一般的なものとも思えません。

ワインの場合、もともと「黄金色」という表現はありますし、この歌詞の別の部分では「黄金のぶどう」というのが出てきていますので、「聖なるワイン」的な意味なのかもしれませんね。


で、いよいよ師走、今日から夕方までの本格的な土曜営業です!!!


★★★★★酒・ブログランキングにエントリーしています★★★★★
応援何卒よろしくお願い致します

応援のクリックを↑↑↑↑↑

【アルバイト・契約社員募集中!】
(1)飲食部門(フロアスタッフ兼新規開店企画)
(2)酒類営業部門(倉庫管理兼営業企画)
(3)酒類営業部門(通販管理)
日時・時間はご相談。正社員登用もあり。男女問いません。詳細は当社HPまで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

升本ジンはどうなった! ジンジンジングルベル♪ 京都ジン「季の美」です。

2016-12-02 13:00:08 | 新製品のご紹介(評判・評価)
                           
                           【公式HPはこちら↑】




もう12月ですね。


師走の倉庫でこんなものを見つけました。





季の美 京都ドライジン


商品名通りと言ってしまえばそれまでですが、京都産のドライジンです。


「ジン」は極めて高いアルコール度のスピリッツを造った上で、そこに杜松(ねず)の実(ジュニパー・ベリー)を中心に、色々な草木の実や根や皮など(ボタニカル)を入れて再蒸溜してつくります。


どんなボタニカルを入れるかがジンの製法の肝なのですが、この「季の美」の場合、京都ということで、ボタニカルの欄にはこう記されています。

ジュニパーベリー、柚子、山椒、緑茶(玉露)、檜など


柚子、山椒、緑茶(玉露)、檜、、、、確かに京都の雰囲気ですね。
(この他にも、赤紫蘇や笹の葉なども入っているらしい)


前評判も高く、品薄状態なのでまだ味見をしていませんが、なかなかイケるという話。





あ、国産のジンと言えば?、、、、、今年の初めに書いたものを思い出しました。


ブームって本当? ジンジンジングルベル♪ 升本ジン



この記事、「蒸留酒ジンに史上2度目のブーム到来」というAFP配信の記事を読んでのものでした。

その時は、

ウィスキーに比べ、熟成させる必要がないので、色々なバリエーションが比較的早く作れてしまうので、その分稀少性も低く、ブームにはなりにくいかもしれませんね。

でも、何か考えてみようっと。


と、「ウィスキーに比べ早く作れる」ことが競争の点でマイナスでは、と思ったのですが、、、、、ブーム来ましたよ!売れてますよ!
(まだ在庫はありますので、お求めはお早めに!)


逆に言うと、「ブームと見るや、いち早く本格参入」できるという視点が抜けていました。


記事では「でも、何か考えてみようっと。」といいつつ、一年間、何も考えていませんでした。


反省しきりの、師走の月初、でした。


★★★★★酒・ブログランキングにエントリーしています★★★★★
応援何卒よろしくお願い致します

応援のクリックを↑↑↑↑↑

【アルバイト・契約社員募集中!】
(1)飲食部門(フロアスタッフ兼新規開店企画)
(2)酒類営業部門(倉庫管理兼営業企画)
(3)酒類営業部門(通販管理)
日時・時間はご相談。正社員登用もあり。男女問いません。詳細は当社HPまで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お酒は禁止?無料?自由? 経産省が地図記号にもなっている温泉マークを変えるのは国土地理院への嫌がらせ? 

2016-12-01 12:07:53 | 酒の道具など
                           
                           【公式HPはこちら↑】





禁止か、自由か。




朝日新聞です。


温泉を示すマークのうち、湯気が3本立つ現在の分と人の姿を加えた国の新しい案について、大分県別府市が温泉のある自治体に聞いたところ、回答した57自治体のうち「現在の方が良い」は36自治体、「新しい方が良い」は16自治体と反応が割れる結果に。県内の温泉関係者らは現在のマークの存続を国に求める予定だ。

これ、経済産業省が突然?、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、外国人案内用の図記号を変えようとしている、というもの。


現在


なんでも、現在の温泉マークは外国人に「温かい料理」などに見えるとして、人の姿を入れたものに、という方針らしい。


変更案


国際的という意味では、地図(国土地理院の地形図等)の地図記号は結構その辺りに気を使っていますが、それでも三本線の湯気マークでで通していますし、なんで今さら変えるのでしょうか?




それはさておき、アルコール関連のシンボルマークって、以前中央大で見かけた「アルコール禁止」などが思いつきますね。



「禁止」系のシンボルマークの場合、×(バッテン)とか、交通標識の禁止系の赤斜線などで誰でも意味は通じるし、変なことにはならないよなぁ、と思いつつ、ネットで調べてみると、「へぇ~」ということが。


海外では、地域によってはアルコールを禁止しているエリアを指定している例があるのですが、その表示。



ALCOHOL PROHIBITED
読んで字のごとく、「アルコール禁止」です。


これもそうですね。


(分かりやすい)



でも、違う表現もありました。





ALCOHOL FREE ZONE



なるほど、こちらはFREE ZONE。
フリーといっても自由ではないんですね。

英語は得意ではないので、マークが無かったらアルコールを勝手に飲んでいいのかとか、無料で飲めるのかと思っちゃいますよ。

ついでに、こんなのもありました。





DRY ZONE
スーパードライではありません。これも禁止。
(確か、アメリカの禁酒法って、俗な表現でdry-lawって言ってたのを思い出した)


なかなかわかりませんよね。

いやあ、シンボルマークって偉大です。


★★★★★酒・ブログランキングにエントリーしています★★★★★
応援何卒よろしくお願い致します

応援のクリックを↑↑↑↑↑



【アルバイト・契約社員募集中!】
(1)飲食部門(フロアスタッフ兼新規開店企画)
(2)酒類営業部門(倉庫管理兼営業企画)
(3)酒類営業部門(通販管理)
日時・時間はご相談。正社員登用もあり。男女問いません。詳細は当社HPまで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国産ワインの輸入果汁を使っているが、地元ワイナリーのほとんどは日本のブドウを使っている「日本ワイン」です。

2016-11-30 12:50:13 | 附属酒類経済研究所
                           
                           【公式HPはこちら↑】






今日の記事タイトルはこれ


国産ワインの多くは輸入果汁を使っているが、地元ワイナリーのほとんどは日本のブドウを使っている「日本ワイン」です。


なーんかパラドックス、ですね。





ネットニュースでこんな記事を見かけました。

「国産ワイン」2年後になくなる 8割以上が輸入果汁で製造

日本で製造されている「国産ワイン」の8割以上が、原料に輸入品のブドウ果汁を使っている――。こんな事実が、国税庁が2016年11月24日に発表した「国内製造ワインの概況」に関する調査結果で明らかになった。



なかなかショッキングな見出しですが、ちょっと「東スポ」テイストも入っているような。


実際の国税庁の結果を見てみましょう。

データソースは、「国内製造ワインの概況(平成27年度調査分),平成28年11月 国税庁課税部酒税課」です。




これは、果実酒の製造免許(試験製造免許を除く。)を有し、ぶどうを原料とした果実酒を製造している者(平成28年3月31日現在)を対象にアンケート調査を行い、その集計結果を取りまとめた。もの。

対象となったのは、国内のワイナリーで、261者(280場)(平成28年3月末現在)。


ちなみに、この261のうち、回答があったのは247者で、このうち、239者(96.8%)が中小企業者だそうです。


この数字とは違いますが、ワイナリーはどんどん増えているようです。

ほら


で、これらの経営状況ですが、「果実酒事業の営業赤字及び営業利益額50万円未満の企業数の推移(大手5者及び期限付免許者を除く)」を見た限りでは、好転している感じです。




で、ここからが見出しの関連ですが、原料について聞いた結果がこちら



ちょっとわかりにくいので、端的にまとまっている右上のグラフ



要は、これらワイナリーの生産しているワインのうち81.6%は海外から輸入した濃縮ブドウ果汁等を使っていて。2018年の10月から完全に適用される新しい表示基準で「日本ワイン」と称することができるのは全体の18.4%にとどまっている、ということです。


さらに、輸入ワインも含め、国内に流通しているワイン全体での比率を見ると、70.3%が輸入ワインで、国産のワインは29.7%で、「日本ワイン」に該当するものは全体のうち3.7%に過ぎないらしい。




この数字と、現状のルールの「国産ワイン(国内で製造されたワインであれば輸入果汁もOK)」という分類がなくなることから、冒頭の「国産ワイン」2年後になくなる」という見出しになっているんですね。



「なーんだ、売っている国産ワインは輸入果汁から造っているのが大半なんだ」という印象になりかねませんが、これを見てほしい。



ワイナリーの規模別の原料の使用状況ですが、これから明らかなように、規模の大きくないワイナリーは殆ど日本のブドウを使っているんです。



その辺りはちゃんと事実を見て、知って頂きたいですね。



★★★★★酒・ブログランキングにエントリーしています★★★★★
応援何卒よろしくお願い致します

応援のクリックを↑↑↑↑↑



【アルバイト・契約社員募集中!】
(1)飲食部門(フロアスタッフ兼新規開店企画)
(2)酒類営業部門(倉庫管理兼営業企画)
(3)酒類営業部門(通販管理)
日時・時間はご相談。正社員登用もあり。男女問いません。詳細は当社HPまで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

厚生労働省から内閣府への移管?に伴い、飲酒関連のデータが得にくくなったという縦割り行政の話。

2016-11-29 12:50:16 | 附属酒類経済研究所
                           
                           【公式HPはこちら↑】






商売柄、飲酒に関する統計データには関心がありますし、これまでも何度かご紹介してきました。


そんな中、先週、「飲酒者割合」という数字をネットニュースで発見。


こちら


かつてご紹介した「飲酒習慣のある者」の割合が男性3割、女性8%という水準なのに比べ、ずいぶん高いですね。


こういう調査って、厚生労働省で行っているので、厚労省のホームページを見に行きました。


ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 健康


という流れで辿って行ったのですが、その先はこんな感じ。




そう、「たばこ」はあるものの、「お酒(アルコール)」関連はありません。


以前は確かにあったのに何故?



と考えてみて、思い当たりました。

ヒントは、先週(かな)記事にした、「アルコール関連問題啓発週間」


この主催って、内閣府が筆頭でした。


調べてみると、確かに内閣府のホームページにはアルコール障害対策のページがありました。





どうも「アルコール障害対策基本法」という法律が成立した時から、この辺りは内閣府に移管?されたようです。


ただ、移管された内閣府のホームページには、その後の情報しか出ていません、


つまり、昔の情報を得ようとしても、得られない、ということ。


色々検索を進めると、これら昔の情報は、いまでも厚労省のサイトの中にコンテンツそのものは存在していて、googleなどの検索サイトから直接そのコンテンツには飛べるけれども、厚労省のホームページから辿って行くことはできなくなっているようです。


いやぁ、縦割り行政そのものですね。


と、いうことで、ここに自分の備忘用も兼ねて、昔の情報に直接飛ぶ、私設リンクを作っちゃいましょう。


飲酒習慣の状況(性、年齢階級別)


アルコールシンポジウム


アルコール情報ページ


平成23年度「たばこ・アルコール対策担当者講習会」


どうだ!



★★★★★酒・ブログランキングにエントリーしています★★★★★
応援何卒よろしくお願い致します

応援のクリックを↑↑↑↑↑



【アルバイト・契約社員募集中!】
(1)飲食部門(フロアスタッフ兼新規開店企画)
(2)酒類営業部門(倉庫管理兼営業企画)
(3)酒類営業部門(通販管理)
日時・時間はご相談。正社員登用もあり。男女問いません。詳細は当社HPまで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加