ガイドさんとわたし~

ヘミシンクをして、ガイドさんを感じることで
ガイドさんは私だったと知りました。
どんなときでも「楽しんで」ですね。

とりくすた

2016-11-30 23:54:33 | 4ばん
今日は、くもりです。





今朝も、娘は元気に歩いて学校に行きました。
ちょっと、遅くなりましたが、班長さんも待ってくれてたし、
娘のアイドルの女子も同時に走って現れたので、いいタイミング~
でした。


空気も心地よくて、大好きな冬の匂いがいい感じでした。夏だと、
暑くて日差しがまぶしいので深呼吸する余裕があまりありません。
「暑い!」とゆう感情が前にくるので・・・どうにもなりません。
「寒い!」とゆう感情は4ばんあたりにくるのかな?
すっきり!ピーンとしてる!日差しがやわらか!さむい!くらい?
どうでもいいな(笑)。





j「ケーキを習いに行こうと思うんだけど、うちの娘が。
  ご近所っぽいから、どんなとこか知ってる?」
w「かわいい教室やで、行ったことないけど、よくチラシが入ってて
  私も行ってみたいな~とは、思ってるお店のような教室♪」


で、ホームページを娘に見せると、ブッシュドノエルが作りたい!と
ちょっと、ノリノリになって、今日は予約してみました。
お返事待ちです。


娘も大きくなったもんだ・・・ちょっと前までどこにも行けない!と
ゆう感じで、いっぱいいっぱいだったのに、まだまだ甘えざかりだけ
ど、何かしてみたい!と、表現してくれるのは楽しいです。
家でも、そっとしておくと(うたた寝)なんか折り紙で公園や人形を
作るので、折り紙の使い方が自由すぎて、かわいいなと思います。
紙ってスゴいです♪


娘も息子も、興味あることしかできないっぽくて・・・
ツォルキンでは、顕在意識が同じなので、笑うしかない感じです。
なんでしょう・・・ヘンに納得して、したくないことさせない感じで
いますが、ヤバいなと感じたらこっそり言ってみますが、声かけ程度
にしておくと、なんか一応後々は気がついていくように見えます。


抵抗してる時間より、できないどうしようどうしたいほんとうは?を
うんと味わって頂く方がいいなと生き生き女子風に思ったりします。
言っても、子どもって聞いてないので、感じてもらう方がいいなと。





とか、書いて子どもたちの帰りを待っていたら、二人ご機嫌で帰宅。
「**君に、ランドセルを何回も開けられて、いややったー。」と
息子がゆうので、嫌って言ったん?と聞くと、何回も言ったらしい。
一年生なので、キツく言えないのと、真面目に下校してるので、
息子は、離れたりランドセルを振ったりするだけの抵抗をしたようで


おやつを食べて、ゆっくりした後に宿題して頂こうとランドセルを
パカッと、いつもなら私が開けることなんかないのに開けると


  ガサガサーっと、落ち葉がいっぱい入っていて「へ?」となり


以前から、だらだら5メートル間を開けて歩いたり、石ころ蹴ったり
娘のランドセルを叩いたり、嫌だなーと思いつつほっといたら、これ


ががーんんっとなって、このままほっといたら、
その子、人をいじめて喜んでる変態になるじゃん?
迷惑かけられるのうちのこじゃん?
嫌じゃん!うまく伝えられないし、真面目なんだから。


私が、直接その男の子に怒った方がはやいな。


と、なぜか思ってしまって、以前からいらっとしてるせいですね。


ピンポン押して、ガチャっとドアが開いて、お母さんが出て

w「すみませんけど、
  うちの子のランドセルに、**くんが、落ち葉入れてきたと、」

母「**入れたん?」

子「うん。入れたよ(当たり前な顔、入れたかったから入れた)。」

w「これ、していいの?これは誰が片づけるの?」

子「僕が片付けます。」

と、キレイな玄関に落とそうとするので、

w「どこに、片づけるの?ここは、ええの?」と聞くと、

母「ちょっと、待って下さいよ!子どもになんてことゆうんですか」

と、めっちゃキレられました。

と、めっちゃキレられました。

母「子どものしたことでしょう!?私が片付けますよ!(キレる)」

私がキレてるのに?これ、リアルに逆ギレされてる!?とビビって

ランドセルを奪って、敷地と道路の隅にバラバラ落とす母親。

母「子どもどうしのことなんだから、
  嫌と言わせたらいいじゃないですかー!呼んで来て下さいよ!」

w「イヤですよ(おかしいやろ、いじめの手前やで、これ)。」

母「謝らしますから、呼んだらいいじゃないですか?」

w「うちの子も、発達に問題があるんですよ。無理です。」

母「子どもどうしなんだから、無理なことないでしょう?

  このへんで、うちの子と遊んでるとき、

  えらそうに、しゃべってんの知ってるんですよ!(とどめ)」

w「問題があるから、無理なんです(帰りは前しか見てない)。」


無理やから、私がきてるんですけど?・・・って、言えなかった。

子どもは私小学生になったら、口が悪くなるって言えなかった。

親だからって、理想どうりに育てられるわけないから、

私が「楽しいいたずら」で終わるうちに、おこっておこうと思ったと

言えなかった。


こわかったーー。


「母親が謝って終わる場面」じゃないのかな?と思ってましたが、

違っていたようです(ちーん)。

で、困ってしまって、学校に電話して、だいたい伝えてみると


先生も、「息子くんはその場にいたんですか?」とゆうので
「いいえ」と言うと、不思議そうな気配が少しだけあって。

気づいたのが、私が息子をあきらめているとゆうこと・・・かと。

先生「息子くん、最近は友達とも言いあえるようになってますよ」

w 「ですが、登下校は前を向いて真面目に歩いてるんです。
   後ろから、なんか言われても、小声でやめろしかいえなくて
   相手の子も、そんなだからもっとちょっかいかけてきてて。
  

   え?・・・落ち葉を入れるって、子どものフツウなんですか?
   何が、正解なんですか?」


先生「落ち葉を入れるのは、いいことではありませんよ。
   子育てに正解も何もないですよ。全部、正解です。」


イヤな気持ちになることを、指導してもらわないととゆうことと
登下校班の順番を変えてもらうように先生にお願いしました。


私は、息子がイヤだと言ってるのに、やめてくれないから困ってると
美しく伝えたらよかったのかも・・・と思いました。
息子の気持ちより、相手をコントロールしようとしたのだー。
スピってないな。
わはは。今更、遅い!仲良くが目標なのに。
私にも、「野の花な部分がある」と言ってもらったのに(わーん)。
ごめんなさい~。


子どもたちのことだから子どもたちに任せるって、お母さんは言って
たけど、それがずうっと無理だったから、私が言うしかないなとなり
そうゆうのも、すっ飛ばして乗りこんでこられたら、ああなるかな?
子どもを守る母親って感じでそれはそれでいいのか?


じゃあ、私も息子を守ろうとしているーで、いいのかな?(謎)




先生は(マニュアル?)「心をしずめてね。報告をありがとう」と
言って下さったので、任せようと思います。
一人で背負い込んでしまうのは、もうしないと決めてるので。
黙らないので(フツウは黙るとこでしょう)。


まわりの子どもたちも、注意しても聞かない子だと知ってるのと
子どもたちが、その子をずっと怒るって、それも悪循環じゃない?
怒ってくれるコワいおじさんがいないから、私が怒ったんですが


とゆうか、お母さんが自分の息子くんを怒る必要がないなと思って
私が怒った(はやいかなと)んですが、


そうゆう理由っぽいの全部カットばしすぎたので、キレられました。


なので、明日**君に手紙でも渡してみます(今、書きました)。


自分の子どもが好きだから、怒られて悲しくなったこと。


自分の子どもが好きだから、イヤなことされて悲しくなったこと。






つらくなって、守れるのは私しかいないと思ったから。


だから、怒ったのは・・・ママも私も同じとゆうこと。






ちなみに、私の顕在意識はトリックスターらしいです。



コメント