パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

エンダーのゲーム ★★★

2014年01月20日 | アクション映画ーア行
1985年に出版された、オースン・スコット・カードによるSF小説の名作を実写化。昆虫型生命体と人類の戦争を終息させる能力と宿命を背負った少年の成長と苦悩が描かれる。監督は、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』などのギャヴィン・フッド。『ヒューゴの不思議な発明』で注目を浴びたエイサ・バターフィールドが主人公のエンダーを好演、名優ハリソン・フォードやベン・キングズレーなどの実力派が脇を固める。宇宙船の艦隊が銀河を行く戦闘シーンなどのVFXビジュアルも必見。
あらすじ:強大な軍事力を持つ昆虫型生命体、フォーミックとの宇宙戦争を続けている人類。その第2次侵攻に備えるべく、世界中から優れた少年兵士たちが防衛軍ベースキャンプのバトルスクールへと集められ、宇宙で戦う技術と知識をたたき込まれていた。そんな中、戦いを終わらせる特殊な能力を秘めているとして少年エンダー(エイサ・バターフィールド)もベースキャンプに送られる。生命を持つ者同士が戦争で殺し合うことに強い疑問を抱きながらも戦士の才覚を発揮し、少年戦士の指揮官となるエンダーだった。

<感想>2070年を舞台に、宇宙空間での戦いに備え、少年少女たちが訓練を受ける物語なのだが、強さともろさ、攻撃力と冷静さを備えた少年エンダーが、リーダーとして成長していき、過酷な運命に立ち向かう少年のヒューマンドラマになっている。
一見ピュアな少年のようで、実は内面に凶暴性やカリスマ性も秘められている。そんなエンダーが、自分自身とも葛藤しながら、想像を絶する困難に打ち克っていく姿は、最近のアニメの主人公とシンクロしている。

戦いに駆り出される少年少女たち。傷つきやすい主人公の性格、まだ幼い彼が抱えるにはあまりにも大きな宿命など、「機動戦士ガンダム」や「新世紀エヴァンゲリオン」とリンクする点が多いと思います。
オースン・スコット・カードによるSF小説の名作を実写化。そう言われれば共通する部分は多いと思うが、そのあたりを強く意識することなく、重く苦いムードが全体に蔓延する本作では、同じディズニーの「スターシップ・トゥルーパーズ」(97)と比べものにならないほどの宇宙戦争ものである。
異性生命体とのバトルはよくあるパターンだが、本作では少年少女の戦闘員を育成するシステムや、彼らがゲームのように戦闘訓練を行う設定がユニーク。特殊なキーワードも独自の世界観を広げていく。

徹底した少子化政策によって第2子までしか出産を許されないなかで、第3子として生まれてきたエンダー。その出自からしてドロップアウトしている彼が、エリートたちにつまはじきされ虐められながらも、彼らには思いもつかない言動を繰り返すことで、頭角を現していく痛快な姿に「新世紀エヴァ~」の主人公碇シンジを思い浮かべてしまった。
そして、彼と出会ったのを機に、排泄的で優生主義的な考えを改め、友情や絆といったものを学んでいくエリートたち。上官のハリソン・フォード、にベン・キングズレーのベテラン俳優陣に囲まれて、秘めた天才児エンダーの華麗なるステップアップを、嫌味なく受け入れることができた。

また、最大なる見せ場といっていいのが、広大な無重力訓練エリア「バトル・ルーム」で繰り広げられるゲームである。それは、総ガラス張りで、地球を望み、青白い光を鈍く発する星“スター”と呼ばれる障害物があちこちに浮遊するエリアの、幻想的な造形。
そこで様々な陣型を組みながらレーザーガンを撃ちまくっては、他の訓練生チームを倒していく。だが、このシーンは「ゼロ・グラビティ」での、無重力の宇宙空間を遊泳する映像を見た後では物足りなかった。
エンダーをリーダーとした“ドラゴンチーム”の激しくも流麗な戦いぶりに息を飲んでしまうほど。それがシミュレーション・バトルであって、ゲームが好きな人なら尚のこと、きっと夢中になるでしょう。だが、それが訓練のシミュレーションバトルではなく、本当の戦争になるとは考えてもいなかったことで、少年の心は悩み苦しむことに。

主人公のエンダーには、「ヒューゴの不思議な発明」のエイサ・バターフィールドが演じて、ちっとも背が伸びないんだね。でも体が締まって大人びたような、演技もしっかりしてましたね。
エンダーの姉ヴァレンタインの、アビゲイル・ブレスリンちゃん。ぽっちゃり目だが、少し大人になって美人になっていた。「ザ・コール 緊急通報指令室」では、車のトランクに監禁された役を懸命に演じてました。
それに、高いところから見ている年寄の上官たち。頭脳戦となると、少年少女たちの若い知能にはかなわない。だが、エンダーはいつも夢に出て来るフォーミックの女王に、自分の家族を思い浮かべて、自分が彼らの棲みかを攻略してしまったことに悔い、悲しみを浮かべ、彼らの新しい棲みかとなる星を探しに出かけるとは。
驚異のビジュアルと深い人間ドラマが合体した物語。地球の未来での人間の戦争も、子供たちが皆このような考え方があれば、地球での内戦がなくなるのではと、感慨深く思いました。
2014年劇場鑑賞作品・・・15  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セイフ ヘイヴン ★★★ | トップ | 黒執事 ★★.5 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『エンダーのゲーム』 2014年1月10日 TOHOシネマズららぽーと船橋 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『エンダーのゲーム』 を試写会で鑑賞しました。 初めてのTCX、ドルビーATMOSを体験 まだ新築の匂いが少しありました(笑) スクリーンは想像以上に大きく(といっても六ヒルスクリーン7位かな)、 音は凄い重低音で椅子にまで響いて気持ちが良い 【ストーリー】  強大...
エンダーのゲーム (心のままに映画の風景)
産児制限が行われている未来の地球。 地球外生命体フォーミックの侵攻を受けた人類は、辛くも絶滅を免れるが、さらなる侵攻に備え、優秀な子供たちを徴兵し、地球軌道上に設置された訓練施設“バトル・スクール”でエリート戦士の養成が行なっていた。 政府の特別許...
エンダーのゲーム(吹替え) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(AF) 地元イオンシネマでは吹替えしかありませんでした。
エンダーのゲーム (日本語吹替え版) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ENDER'S GAME】 2014/01/18公開 アメリカ 114分監督:ギャヴィン・フッド出演:エイサ・バターフィールド、ハリソン・フォード、ベン・キングズレー、ヴィオラ・デイヴィス、ヘイリー・スタインフェルド、アビゲイル・ブレスリン、アラミス・ナイト、スラージ・パ....
劇場鑑賞「エンダーのゲーム」 (日々“是”精進! ver.F)
人類の勝利は正しかったのか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201401210001/ 【送料無料】オリジナル・サウンドトラック・スコア エンダーのゲーム [ スティーヴ・ジャブロ...価格:2,520円(税込、送料込) 【送...
「エンダーのゲーム」 攻撃性と共感性 (はらやんの映画徒然草)
原作は1978年出版のアメリカのSF小説「エンダーのゲーム」。 ヒューゴー賞・ネ
エンダーのゲーム (IMAX)/エイサ・バターフィールド (カノンな日々)
1985年に出版されたオースン・スコット・カードによるSF小説の名作を『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』などのギャヴィン・フッド監督が映画化した作品。コレって本国ではヒットしているので ...
エンダーのゲーム (風に吹かれて)
幼き新世代の軍師 公式サイト http://disney-studio.jp/movies/ender原作: エンダーのゲーム (オースン・スコット・カード著/ハヤカワ文庫)監督: ギャヴィン・フッド
エンダーのゲーム (とりあえず、コメントです)
オースン・スコット・カード著のベストセラーSF小説を映画化した作品です。 原作をもう何度読んだか分からないほど好きなので、公開を楽しみにしていました。 子供たちが戦い続ける姿に、大人が彼らの無邪気さに求めた残酷さをしみじみと感じるような作品でした。
エンダーのゲーム (もののはじめblog)
家から歩いて20分ほどで行ける9つのスクリーンがあるシネコンに、本作は字幕版はなく吹替版しかなかった。 ポースターを見ても、こどもが主人公のようだから子ども向けと思ったが、・ ・ ・ そうでもない。 新聞の映画紹介欄には、 「どこかで見たような・・・。そ...
エンダーのゲーム(時間の都合で吹替) (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Ender's Game 監督:ギャビン・フッド 出演:エイサ・バターフィールド、ハリソン・フォード、ベン・キングズレー、ビオラ・デイビス、ヘイリー・スタインフェルド 時間の都合で吹替で見たけど、 エンダーの子供っぽさのある声をはじめ、 ハリソ...
エンダーのゲーム・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
彼らは、子供でなければならなかった。 未知のエイリアンとの宇宙戦争に挑む子供たちを描いた、オースン・スコット・カードの傑作SF小説「エンダーのゲーム」初めての映画化である。 監督・脚本は南アフリカ出身で、「ツォツィ」で脚光を浴びたギャヴィン・フッド。 ...
[映画『エンダーのゲーム』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・大作なので観るつもりだったけど、あんまし興味がなく、情報も仕入れていなかったんだけど、なかなか面白かった。  本来ならば、せいぜい三部作にするような流れの物語なのに、無理矢理に一作にしている^^;  宇宙人の侵略の脅威にさらされた世界での、軍事...
『エンダーのゲーム』(2013) (【徒然なるままに・・・】)
宇宙空間でのドンパチが見たい人にはオススメ。圧倒的な科学力を持って攻めてくる異星生命体に対し劣勢を強いられる地球。しかし一人の英雄的行動によって辛くも勝利を収めた。それから20年、地球は異星人の再度の襲来に備え軍備の増強に迫られ、世界中から年端もいかない...
エンダーのゲーム (だらだら無気力ブログ!)
何かと説明不足感が・・・。
エンダーのゲーム (迷宮映画館)
エイサ君は、ジェレミー・レナーに似てない?
エンダーのゲーム 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
SF小説を原作とした映画「エンダーのゲーム」が 公開、アイマックスシアターまで観に行ってきました。 エンダーのゲーム 原題:ENDER'S GAME 製作:2013アメリカ 作品紹介 1985年に出版された、オースン・スコット・カード によるSF小説の名作を実写化。昆虫型生...
映画『エンダーのゲーム』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-10.エンダーのゲーム■原題:Ender's Game■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:114分■料金:1,800円■観賞日:1月26日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) □監督・脚本:ギャヴィン・フッド◆エイサ・バターフィールド◆アビゲイル・...
エンダーのゲーム (銀幕大帝α)
ENDER'S GAME 2013年 アメリカ 114分 SF/アクション 劇場公開(2014/01/18) 監督: ギャヴィン・フッド 『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』 原作: オースン・スコット・カード『エンダーのゲーム』 脚本: ギャヴィン・フッド 出演: エイサ・バタ...
エンダーのゲーム (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ギャヴィン・フッド 出演:エイサ・バターフィールド、ハリソン・フォード、ベン・キングズレー、ヴィオラ・デイヴィス、ヘイリー・スタインフェルド 、アビゲイル・ブレスリン 【解説】 1985年に出版された、オースン・スコット・カードによるSF小説の名作を実写...
エンダーのゲーム (いやいやえん)
世界の命運を、子供たちにゲーム感覚で握られてしまう感じの映画ですよねえ。 映画の中のほとんどが訓練シーンです。マスゲームみたいなもので子供同士が行うので、どこか遊びの延長のような感じがします。この訓練と戦闘で主人公が優秀な指揮官へと成長して行く…と...
敵を理解すれば愛しもする指揮官。~「エンダーのゲーム」~ (ペパーミントの魔術師)
エンダーのゲーム ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2014-05-21by G-Tools GyaO鑑賞。2014年1月公開作品。 なんかね~、ガンダムのアムロか、エヴァのシンジを見てるような気分だった。 違うのは最初から優等生で、な....
映画評「エンダーのゲーム」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督ギャヴィン・フッド ネタバレあり