パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ヒューゴの不思議な発明(3D)★★★★★       

2012年03月03日 | アクション映画ーハ行
「シャッターアイランド」のマーティン・スコセッシ監督による3Dファンタジー。パリを舞台に、父を亡くした少年ヒューゴが、父の形見の機械人形に隠された秘密を巡って、美少女とともに冒険を繰り広げる。
出演は「シャッター・アイランド」のベン・キングズレー、「シャーロック・ホームズ」のジュード・ロウら演技派から、ヒューゴを演じた期待の子役には「縞模様のパジャマの少年」、「ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ」のエイサ・バターフィールド、「モールス」のクロエ・グレース・モレッツ。駅の公安官にはサシャ・バロン・コーエンなど。
<感想>物語の背景は1930年代。撮影では当時のパリ、モンパルナス駅の構内。機関車は巨大で天井はとても高い。オープニングでカメラがヒューゴを延々と追うシーンには息を飲む。そう物語の世界をより深く、鮮やかに表現するため3Dを駆使したシーンが満載の本作。
流れるようなカメラワークや、当時のパリの風景の広がりで3Dが最大限の効果を発揮し、物語の世界へと浸ってしまう。

物語は、駅の時計台に一人で暮らすヒューゴ少年が、火事で父親を亡くし、時計職人の叔父に預けられるが、やがて叔父も姿を消し彼は一人パリの駅の時計台に隠れ、時計のネジを巻きながら、駅構内をうろつく孤児に目を光らせる鉄道公安官の監視をかいくぐって暮らしていた。

ある日、構内のオモチャ屋の店主ジョルジュに盗みを見とがめられたヒューゴは、父親が亡くなる前まで修復を試みていた“機械人形”の修理方法を書いたノートを取り上げられてしまう。盗んだ分を働いて返してノートを取り戻そうと、ジョルジュの店に通うヒューゴ。

やがて彼は、両親を亡くしジョルジュの養子となった女の子イザベルと仲良しになり、彼女の持つハートのカギが、機械人形を動かすアイテムだと気付く。ヒューゴが自分の住んでいる時計台の棲み家へイザベルを案内し、機械人形を見せてヒューゴがイザベルのカギを差し込むと、機械人形は不思議な絵を描き、ある名前をサインする。
その与えられたヒントを基に、ヒューゴとイザベルはジョルジュの驚くべき正体と、彼の封印された過去へと続く未知の世界へ足を踏み入れて行く。
このシーンでも、ジョルジュの部屋のクローゼットの上の引き出しから大きな箱を取り出し、蓋を開けるとそれはジョルジュの書いた絵コンテが飛び散るさまは、3Dならではの映像。
ジョルジュは映画を一旦忘れ去り、目を閉じてしまった人。映画に夢中で取り組んだけど、夢破れた時に傷心は余りに大きく、だから作品や絵コンテ、セットの全てを焼き払い生涯の仕事を灰にした。そうして過去を封印した彼だけど、子供たちを通して再び映画人の人生に目覚める。

孤独な少年の、亡き父親の遺した機械人形を動かそうとする謎解きから、ジョルジュの秘密を知る前半は、次に何が起こるの?・・・という至福のドラマチックな映画創世記の夢へと発展していき、予想外の感動のクライマックスへと傾れ込む。
そして映画史の始まりを描く、フランス映画の基礎を築いた監督ジョルジュ・メリエスを、フィクションの世界へ招き入れ、彼と子供たちの関係を通して、人生の夢と挫折というテーマになっている。

後半は、映画「月世界旅行」などを手掛けた伝説の監督ジョルジュ・メリエスの知られざる物語が明かされ、メリエスの活躍した映画創世記の描写は、3D効果も相まってドラマチックで、息を飲むほど美しい映像に酔いしれること間違いありません。
太陽光線を取り入れるため、建物の全部をガラスで作った家での撮影風景は、カメラの前に水槽配した海中シーン。劇中でもメリエスの手法の習って撮影しており、その水槽の後ろで演技する様は、まるで海の中で泳いでいるみたい。

映画を始めて体験した1世紀も前の人々の驚きと感動を、新鮮かつリアルに観客に伝える映像の世界は、エッフェル塔を中心にしたキラキラ輝く夜景や、駅に集まる人々のカラフルなファッションなど。さらには列車が迫って来る有名な作品へのオマージュシーンを盛り込みつつ、冒険ドラマと映画愛が合体し、映画ファンにはたまらない展開になっている。
スコセッシ監督による過去の名作へのオマージュがたっぷりだが、監督の熟練の技と遊び心あふれる演出と、子供から大人まで誰もが純粋に楽しめる、映画への愛と夢にあふれた感動作になっている。
2012年、劇場新作鑑賞作品・・・5 a href="http://blog.with2.net/link.php?1426107:1122" title="映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキングへ">映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキングへ 
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (49)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トワイライト・サーガ/ブレ... | トップ | 戦火の馬 ★★★★★ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今晩は☆★ (mezzotint)
2012-03-13 19:20:24
パピのママさん

今晩は☆彡
こちらこそいつもありがとうございます!
gooへようこそ♪

わあ~満点ですね!凄いなあ。
私も3Dで観れば良かった。随分雰囲気が
変わるんでしょうね。残念でした。
無声映画、懐かしく観ました。
今後とも宜しくで~す
こんばんは!(*^^*) (ルナ)
2012-03-14 00:11:31
いつもありがとうございます!

映像もきれいで、映画好きには楽しめる作品でしたね。
最新の3D映像とジョルジュ・メリエスの昔の楽しい撮影の方法の両方が面白かったです。
ヒューゴとジョルジュの不思議な発明 (moondreams)
2012-03-19 20:03:48
こんばんは。はじめまして。
3D版で観てきて大感激!予備知識なしでみたので 最初子供向け映画かな と思った?ところがどっこい!!!サスガ スコセッシ映画愛に満ちた夢と希望(陳腐な表現で御免!)の素敵な映画でしたね。
3Dで再現された『月世界旅行』は名作・伊映画英宇賀”ニューシネマパラダイス”のキスシーンのラストシーンのように感涙ものでした。(古い奴ですみません。)
mezzotintさんへ (パピのママ)
2012-03-25 19:18:56
今晩は、コメントありがとう。
この作品は夢があっていいですよね!(^^)!
昔のモノクロの無声映画の、製作風景も見られて最高でした。
こちらこそ、宜しくです。
ルナさんへ (パピのママ)
2012-03-25 19:21:47
gooのブログへもコメントありがとうございます。
忙しいのに、すみません。
この作品は見て良かったと思いましたね。
映画の中でも、ファンタジックな世界観と昔のオマージュも映像で見せてくれて、本当に素晴らしかった(^_-)-☆
moondreamsさんへ (パピのママ)
2012-03-25 19:29:06
こちらこそ、コメントありがとう!(^^)!
スコセッシ映画愛に満ちた夢と希望>そうですよね、監督は以前はギャング映画を得意としてましたが、まだ娘さんが小さいのですね。
お子さんのために作ったという、ファンタジックな世界観が素晴らしかった。
「ニューシネマパラダイス」・・・この作品も涙ものでした。少年が大人になって映画監督をして、故郷へ帰ってくる物語でしたね。
あの、映写技師のおじさんも良かったし、子役の男の子の演技が上手かった。
こんばんは。ご無沙汰しています。 (健太郎)
2012-07-22 19:35:49
こんばんは。
遅くなってしまいましたが、2012年上半期ベスト5のためにまとめに入っています。

この映画自体は観る予定はなかったのですが、この映画を観た人にメリエスの企画上映の参加権がもらえるので、そっち目当てで観ました。

なので内容は…鉄道公安官の陰険さが最後まで腹が立ちました。

視覚効果以外のアカデミーが空振りなのが納得の出来です。
健太郎さんへ (パピのママ)
2012-08-20 12:24:21
いつもコメントありがとう。
返事が遅くなってすみません。
この映画は、夢があって昔の無声映画の世界を垣間見ることができ、その点では素晴らしい出来でした。
そうでしたね、「メリエスの企画上映」の参加権はもらえましたか?
私は時間の都合で見に行けないと思い断念しました。
そうそう、あの憎き鉄道公安官役は、サシャ・バロン・コーエンですよね。演技が鼻につくような、オーバーアクションでした。

あわせて読む

49 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ヒューゴの不思議な発明』 (こねたみっくす)
夢は映画の中で生まれる。そして夢は今も新たな夢を映画の中で生み続けている。 第84回アカデミー賞で撮影賞を始め技術系5部門を制覇したこの作品は、娯楽映画の父:ジョルジュ・ ...
『ヒューゴの不思議な発明』 (こねたみっくす)
夢は映画の中で生まれる。そして夢は今も新たな夢を映画の中で生み続けている。 第84回アカデミー賞で撮影賞を始め技術系5部門を制覇したこの作品は、娯楽映画の父:ジョルジュ・ ...
ヒューゴと不思議な発明 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画     死んだ父親が残した機械人形を修理することで大冒険が始まると思っていたら ちょっと違いました。邦題では、「不思議な発明」となっていますが ヒューゴやヒューゴの父親が発明し...
「ヒューゴの不思議な発明」 映画讃歌 (はらやんの映画徒然草)
スコセッシがファンタジー?それも3D?なんで?と初めて予告を観たときはたいそう驚
Hugo /ヒューゴの不思議な発明  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 世界中でベストセラーとなったブライアン・セルズニックの冒険ファンタジー小説、 「ユゴーの不思議な発明」をマーティン・スコセッシ監督が描いたファンタジー 毎日NYあちこち歩いてます☆ こっちへ来て...
ヒューゴの不思議な発明 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:HUGO) 【2011年・アメリカ】完成披露試写で鑑賞(★★★★☆) 第37回LA映画批評家協会賞、美術賞(ダンテ・フェレッティ)受賞。 第69回ゴールデングローブ賞、監督賞(マーティン・スコセッシ)受賞。 第17回放送映画批評家協会賞、美術賞(ダンテ・フェレッ...
"夢の発明" マーティン・スコセッシ監督『ヒューゴの不思議な発明』(Hugo) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。マーティン・スコセッシ監督、初の3D作品『ヒューゴの不思議な発明』原作はブライアン セルズニック。出演はエイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、ジュード・ロ
ヒューゴの不思議な発明/Hugo (LOVE Cinemas 調布)
巨匠マーティン・スコセッシが初めて3Dで送るヒューマンファンタジー。ブライアン・セルズニックの小説を原作に、父の形見の機械人形に隠された謎を探る少年の姿を描く。主演は『縞模様のパジャマの少年』のエイサ・バターフィールドと、『モールス』のクロエ・グレース...
映画:ヒューゴの不思議な発明 Hugo スコセッシの映画愛が炸裂! だが今年は... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
某ブログで、 <なるべく予備知識を仕入れずに観ることをオススメします! とあったので、これはさっさと観ようと、NY到着日の深夜に鑑賞。 1930年代のパリ。 巨大な始発駅の構内。 で... あまり予備知識を仕入れずに観ることをオススメしたいので、これ以上は....
ヒューゴの不思議な発明 (3D吹替え) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(13) 冒頭からの奥行き感たっぷり映像に胃が浮いた(笑)
ヒューゴの不思議な発明 (Akira's VOICE)
素晴らしきかな世界。  
ヒューゴの不思議な発明 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【HUGO】 2012/03/01公開 アメリカ 126分監督:マーティン・スコセッシ出演:ベン・キングズレー、ジュード・ロウ、エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、レイ・ウィンストン、エミリー・モーティマー、ヘレン・マックロリー、クリストファー・リー、...
誤解を招きそうな映画。『ヒューゴの不思議な発明』 (水曜日のシネマ日記)
1930年代のパリを舞台に父親が残した機械人形に隠された秘密を探る少年の物語です。
"夢の発明" マーティン・スコセッシ監督『ヒューゴの不思議な発明』(Hugo) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。マーティン・スコセッシ監督、初の3D作品『ヒューゴの不思議な発明』原作はブライアン セルズニック。出演はエイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、ジュード・ロ
映画「ヒューゴの不思議な発明」3D字幕版 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2012/3/1、TOHOシネマズ錦糸町。 映画の日(ファーストデー)で誰でも千円。 TOHOシネマズは3Dは各種割引料金+400円。 さらにMasterImageの3Dメガネを持参すれば 100円引きで、一人1300円。 なお、TOHOシネマズのサイトに...
ヒューゴの不思議な発明 (心のままに映画の風景)
1930年代のパリ。 駅の時計台にひそかに住む少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は、亡き父が残した機械人形の修理を心の拠所にしながら毎日を送っていた。 壊れたままの人形の秘密を探る過程で、...
「ヒューゴの不思議な発明」ぶらぼ~!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ヒューゴの不思議な発明] ブログ村キーワード  巨匠 マーティン・スコセッシ監督が贈る、初の3D映画。「ヒューゴの不思議な発明」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。アカデミー賞では、チョット残念な結果に終わっちゃいました(それでも、“5冠”!)...
映画:ヒューゴの不思議な発明 Hugo スコセッシの映画愛が炸裂! だが今年は... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
某ブログで、 <なるべく予備知識を仕入れずに観ることをオススメします! とあったので、これはさっさと観ようと、NY到着日の深夜に鑑賞。 1930年代のパリ。 巨大な始発駅の構内。 で... あまり予備知識を仕入れずに観ることをオススメしたいので、これ以上は....
映画「ヒューゴの不思議な発明(3D版)」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ヒューゴの不思議な発明」観に行ってきました。ブライアン・ セルズニックの小説「ユゴーの不思議な発明」を原作とする、マーティン・スコセッシ監督の冒険ファンタジー作品...
[映画『ヒューゴの不思議な発明』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆かなり技巧を凝らした作品だった。  3D作品を撮るにあたって、スコセッシ監督が思い描いていたであろうイメージが惜しみなく注ぎ込まれていたと思う(残念ながら、仕事の後、歯医者に行って、それから映画館に向かったので、時間的に2D作品しか上映していなかった...
『ヒューゴの不思議な発明(2D字幕)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ヒューゴの不思議な発明」□監督 マーティン・スコセッシ □脚本 ジョン・ローガン□原作 ブライアン・セルズニック □キャスト エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、ジュード・ロウ、     サシャ・バロン・...
ヒューゴの不思議な発明 (3D・字幕版)/エイサ・バターフィールド (カノンな日々)
このファンタジー映画がマーティン・スコセッシ監督作品だと知ったときはちょっと意外でした。しかも3Dです。もうすぐ70歳になられるというのに素晴らしいチャレンジ精神ですよね。 ...
ヒューゴの不思議な発明 (風に吹かれて)
映画の歴史を知りました見るなら3Dで公式サイト http://www.hugo-movie.jp原作: ユゴーの不思議な発明(ブライアン・セルズニック著/アスペクト文庫)監督: マーティン・スコセッシ
『ヒューゴの不思議な発明』 (こねたみっくす)
夢は映画の中で生まれる。そして夢は今も新たな夢を映画の中で生み続けている。 第84回アカデミー賞で撮影賞を始め技術系5部門を制覇したこの作品は、娯楽映画の父:ジョルジュ・ ...
ヒューゴの不思議な発明 (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ヒューゴの不思議な発明」監督:マーティン・スコセッシ(『シャッター アイランド』)出演:エイサ・バターフィールド(『ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ』)クロエ・グレー ...
ヒューゴの不思議な発明・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
さあ、一緒に夢を観ましょう。 これは、巨匠マーティン・スコセッシ監督が、21世紀のデジタルテクノロジーを駆使し、110年前に作られた最初の“物語映画”と、偉大なる“映画の父”との時空を超えたコラボレー...
『ヒューゴの不思議な発明』 (ラムの大通り)
(英題:Hugo) ----これ、マーティン・スコセッシ監督の新作だよね。 しかも3D。 よく「映画への愛」を描いているって、言われているけど、 それってどういうこと? 「ぼくも、どういうことかなと、 もしかしたら、原作に“映画愛”の要素を加えたのではないかと、 監督...
パパ・ジョルジュ。 【映画】ヒューゴの不思議な発明 (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】ヒューゴの不思議な発明 監督にマーティン・スコセッシ。 撮影賞、美術賞、音響編集賞、録音賞、視覚効果賞 アカデミー賞で5冠を獲得。 【あらすじ】 1930年代のパリ。駅の時計台にひそかに住む孤児の少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)の唯一...
「ヒューゴの不思議な発明」 HUGO (俺の明日はどっちだ)
昔々、映画の創世記にトリックを駆使した数多くの映画で観客を驚かせ、映画史を語る上で欠かせない人物となったジョルジュ・メリエスへの深いオマージュを込めた映画マニアによる映画ファンのための映画愛に満ち満ちた快作! これまで正直言って3G映画にはいささか懐....
「ヒューゴの不思議な発明」3Dの魔力再び (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
アカデミー賞でも美術賞・撮影賞・視覚効果賞・録音賞・音響編集賞と5冠を取った「ヒューゴの不思議な発明」。 映像も美しく、子供にも大人にも夢を与えてくれる素晴らしい作品だ。 だけど・・・あれれ?どこかで体験したような?
ヒューゴの不思議な発明みました-♪ 2D (★ Shaberiba )
3Dでみたらもっと胸が躍ったかな~。
ヒューゴの不思議な発明 (ダイターンクラッシュ!!)
2012年3月6日(火) 19:00~ TOHOシネマズ有楽座 料金:1600円(シネマイレージデイ+メガネ持参3D料金) パンフレット:未確認 『ヒューゴの不思議な発明』公式サイト マーティン・スコセッシらしからぬ。ファンタジーぽくて3Dでパリが舞台。暖かい温もり。 「ユ...
「ヒューゴの不思議な発明」 (或る日の出来事)
ヒューゴ、発明なんてしてないじゃん、と思ったけど、原作は「ユゴーの不思議な発明」なのでした。
ヒューゴの不思議な発明(2011)☆彡HUGO (銅版画制作の日々)
 ヒューゴの<夢の発明>にあなたは驚き、涙する 評価(好き度)=70点 ブライアン・セルズニックのベストセラー小説を「ディパーテッド」のマーティン・スコセッシ監督が自身初の3Dで映画化したファンタジー・アドベンチャーということらしいが、、、、。 どうも...
ヒューゴの不思議な発明 (食はすべての源なり。)
ヒューゴの不思議な発明 ★★★★★(★満点!) ライラの冒険や、ナルニア国物語のようなファンタジーを想像していったのですが、まったくもって予習不足でした。 じ~んと来るセリフがいくつもあって、泣かされましたよ。。。 初めて映画を観た時の感動がキーになっ...
ヒューゴの不思議な発明 (だらだら無気力ブログ!)
ヒューゴって発明してたっけ?
ヒューゴの不思議な発明 映画愛に溢れていて映像が素晴らしくて・・・でもしかし・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=12 -0-】 3Dと吹き替えがとにかく嫌いなので2D字幕版にて金曜日に鑑賞。 あれだけアカデミー賞にノミネートされていたというのに、受賞したカテゴリーは録音賞・音響編集賞・視覚効果賞・美術賞・撮影賞の5つ、物語には関係が無くて技術的な部門ばっかだった。(作品...
ヒューゴの不思議な発明 (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★★ “映画が人々にもたらす幸せを感じます”思うことが色々あって、何から書いていいのか迷ってしまうほど素晴らしい映画でした とても思うことが色々あって、何から書いていいのか迷ってしまうほど素晴らしい映画でした。 マーティン・スコセッシ監督の映画とい...
映画という夢~『ヒューゴの不思議な発明』 【3D・字幕版】 (真紅のthinkingdays)
 HUGO  少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は、パリ駅構内の時計台裏に住み、 亡き父(ジュード・ロウ)が遺した機械人形を修理する日々。ある日彼は、イザ ベル(クロエ・グレー...
ヒューゴの不思議な発明 (ルナのシネマ缶)
スコセッシ監督らしくない ファンタジーものだと思ったけど、 実は、世界初の職業映画監督と言われる 実在の人物ジョルジュ・メリエスに 捧げる映画だったのね~。 映画好きには、楽しめる作品だと 思います。映像もきれいだし、 3D効果もそれなりに楽しめました。...
ヒューゴの不思議な発明 3D (そーれりぽーと)
映画愛に満ちているとの前票を来にしながら『ヒューゴの不思議な発明』を観てきました。 ★★★★★ 映画愛に満ち満ちている。 観終わって、ただただ映画が好きでこの映画が観られて良かったと感じた。 『ニュー・シネマ・パラダイス』を観終わった時を思い出す。 登場...
★ヒューゴの不思議な発明★ (Cinema Collection 2)
HUGO ヒューゴの<夢の発明>にあなたは驚き、涙する 映時間 126分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(パラマウント) 初公開年月 2012/03/01 ジャンル アドベンチャー/ファンタジー 映倫 G 【解説】 ブライアン・セルズニックのベストセラー小説を「グッド...
ヒューゴの不思議な発明 (映画的・絵画的・音楽的)
 『ヒューゴの不思議な発明』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)この映画については、『サラの鍵』や『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を取り上げたエントリにおいて大いなる期待を表明していたところ、その期待以上の優れた出来栄えだと思います。  それ...
フィルムの音 (笑う学生の生活)
14日のことですが、映画「ヒューゴの不思議な発明」を鑑賞しました。 3Dにて見ました。 1930年代 パリ 駅の時計台の隠れて住んでいる孤児のヒューゴ 少女イザベルとの出会い、父の残した機械人形が絡み合って・・・ これがスコセッシ作品と思える感じで 万人に見やす....
『ヒューゴの不思議な発明』 映画愛ではない、とスコセッシは云った (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  本作はなぜ二つの異なる要素から構成されるのだろうか。  『ヒューゴの不思議な発明』の主人公ヒューゴは孤児である。駅の時計台に隠れ住んでおり、かっぱらいをして暮らしている。...
「ヒューゴの不思議な発明」 (Con Gas, Sin Hielo)
一流料理人が丁寧に作り上げた佳作。 この作品、3月1日から公開されていたにも拘らず、最終日の最終回で観ることになった。 というのも、3月は他に観たい作品があって優先度が下に置かれてしまっていたから。 何故下に置かれたかといえば、アカデミー賞の主要部門を獲...
ヒューゴの不思議な発明(3D) (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ヒューゴの不思議な発見 '11:米 ◆原題:HUGO ◆監督:マーティン・スコセッシ「ディパーテッド」「シャッターアイランド」 ◆出演:エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、サシャ・バロン・コーエン、ベン・キングズレー、ジュード・ロウ、レイ・ウ...
『ヒューゴの不思議な発明』3D 2012年28本目 チネ・ラヴィータ (映画とJ-POPの日々)
『ヒューゴの不思議な発明』 観る予定はなかったのですが、企画上映でこの映画で重要人物として描かれているジョルジュ・メリエスの映画の特別上映があって、『ヒューゴの不思議 ...
ヒューゴの不思議な発明 (いやいやえん)
思ってたよりは平凡でしたが、映画ってやっぱりいいよなぁ、と思える作品でしたね。(私はもっぱらDVD鑑賞ですけども~^;) 少年と機械人形とか、お店の中の雑然とした感じとか、素敵と思える部分もたくさんあって、楽しかった、というのが第一印象。 ただしか...