カノケンリール日記。

リールに対しての持論や、日常の出来事などを書いています。

グリス圧入機。

2017-03-25 18:44:53 | 日記
ブログでも良く書いている、ベアリングへの圧入はどうやるんですか?
たまに聞かれます。
僕は上の写真の様な専用の工具を使っています。ベアリングをセット。
上のフタを外してグリスをセット。
フタをして、ムムムと押します。
入りました。
弱点は1つづつしか入れられないので効率は落ちますがゴムシールドの絶縁ベアリングにも確実に入れられます。

釣具店ではほぼ見かけた事は無いですが、僕はラジコンを取り扱っている模型店で見つけたのでラジコンのベアリングにグリスを圧入する為に売っているのかも知れません。
アマゾンとかでも探せばあると思います。
価格は2000~3000円だったと思います。
必要な方は探してみて下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソルトオイル発売開始。

2017-03-23 18:47:52 | 日記
ソルト用リールメンテナンスに適したオイルを発売開始しました。

このオイルは僕がソルト仕様を組む際に実際に使用している物を小分けした物なのでソルト仕様に組んだリールのメンテナンスに相性はバッチリ。
また、ソルト仕様では無いリールもソルトで使用している物ならかなり耐久性が向上します。
粘度が高いので飛距離命の淡水ベイトリールのスプール周りのベアリングには向きませんが、下に落とし込む釣りやたまに至近距離のキャストとかはする両軸リールなら問題無く使用出来ます。

発売前にかなりの数のサンプルを用意したのですが入手出来なかった方はすみませんです。

価格はタップリ20ミリリットル入りで\1500円(消費税別)
複数リールをお持ちの方でも余裕でワンシーズン持ちます。

ラベルを貼ると\200円高くしないといけないのでラベルは貼ってません。
パッケージには入ってます。
ボトルの色は選べません。
通信販売の方は送料\120円です。

HPに載せるほど大量入荷しないので載せませんので興味ある方はオーバーホール依頼の時に一声かけてみて下さい。
オイルだけのお問い合わせでも全然OKです。

よろしくお願い致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

取扱い店紹介。

2017-03-21 08:02:35 | 日記
新たに

「プロショップオオツカ川越水上公園店様」

との取り引きをさせて頂ける事となりました。

製造メーカー様の整備が自分には合って無いと思われる方々など・・・

塩に悩んでいる方など(笑)

埼玉県方面の悩めるオヤジ達の力に少しでもなれる様に頑張ります。

店頭にてご相談頂ければ理想に少しでも近い仕上がりにてお返しします。
100%理想には無理かも知れませんが少しでもストレスを減らし釣りに集中出来る状態を作りましょう。

また、元々SEXY-DYNAMITE'Sは淡水リールの整備から始まったのでバスやトラウトリールも以外に得意だったりしちゃいます。

「プロショップオオツカ川越水上公園店」

を今後よろしくお願い致します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラインローラー。

2017-03-15 23:08:36 | 日記
'14ステラから採用されたラインローラー。
ベアリングと固定されており撥水加工がされておりメンテナンスフリーなんだとか?
ハッキリ言ってトラブル多いです。
原因は売り方が悪いです。
水洗いしてそのままで良いとユーザーは信じてしまいます。
新品で撥水するのは当たり前。
月4回、海水使用で撥水は何ヵ月持ちますか?
真冬でも真夏の炎天下と条件変わっても何ヵ月も持ちますか?
ユーザーが一番知りたいのはそこです。撥水は無視してタップリとグリスを入れてあげましょう。
新品時からが理想だけどゴリゴリがまだ出てなければ間に合います。
爪楊枝で付けてベアリングの内側フレームを回してやれば遠心力で中に入って行きます。
釣具店にてDG14と注文するだけ。
これは'13ステラSWのクラッチとピニオンの隙間に使われているグリスの代用にもなります。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ドラグの好み。

2017-03-12 19:38:05 | 日記
ドラグの出方もある程度は好みに調整する事が出来ます。
写真はコンクのドラグワッシャ。
2列に並べた下側1つがメインギアの下のワッシャ。
上側の3つがメインギアの中に入るワッシャ。
通常なら一種類のドラググリスで仕上げると思いますが、メインギア下側のワッシャはベイト用ドラググリス。
中のワッシャはスピニング用のドラググリスで仕上げます。
混ざる事もあまりありません。
これにより滑り出しは滑らか。
奥に行くに従って粘る特性になります。
逆に仕上げれば逆の特性。
もっと他に面白いやり方があるかも知れません。
これはダイワのリールでも試せます。
ドラグの出方に不満のある方はご依頼時にご相談下さい。

自分で分解、整備の出来る方は試してみて下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加