新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

10月14日 その3 クライマックスシリーズ観戦記

2016-10-14 22:50:20 | コラム
何も閃かなかったCSファイナルステージ第3戦:

実は今夜の試合は開始前に何の閃きも来なかった。何もないとは如何なることかと思いつつも「そのうち何かがあるさ」と放っておくと、1回裏に大谷の振り逃げだったかが試合の流れを作ったのか、レアードの3点ホームランになってしまった。昨夜の予感だった有原よりも良いかと思っていた千賀がコントロールが定まらず、フォークボールをレアードに仕留められてしまったことが結果において勝負を決めてしまったのだが、私には最後までその帰趨が明確には見えてこなかった。

千賀も東浜も誰もソフトバンクの投手たちは大谷と中田を三振を主にして封じ込めたにも拘わらず、そこまでが精一杯だったらしく近藤とレアードにしてられてしまったという、皮肉な結果だった。こういう試合をサッカーに準えれば「前後半の開始から5~10分間が最も要注意」が常識だが、千賀はものの見事にその時間中にやられてしまった。一方の有原はそこを三者凡退で乗りきって、私には前夜と同じかなと少し危うく感じさせたが、中村のホームラン1本だけの被害で7回まで乗りきってしまった。

もう時間的に遅いので、余りPCをいじっていると神経が高ぶってよく眠れないとも聞いているので、この辺で止めにして明朝良く振り返ってみることにする。だが、予告先発が高梨というのは無理があるかなという気もする。とは言いつつも、セントラルリーグにも触れておくが、私はマスコミが褒め称える「男気(侠気?)」黒田投手をそれほど評価していない」のだ。理由は「MLBでも勝ち負けの数が拮抗していたし、矢張りあのリーグで力を使い果たしてしまった感が深い」からだ。ではあっても、広島の有利は動かない気がする。

正直なところ、今夜はPrime Newsの方が面白そうだったので、両方を半々に見ていたし、森本敏・元防衛大臣、古森義久氏、ケビン・メア氏が何を言われるかに興味を惹かれていたので、野球(如き?失礼)に集中していられなかったのだ。事実、内容は期待通りに充実していたと思う。
ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月14日 その2 閃き通りに... | トップ | 10月15日 Bob Dylanがノーベ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。